2018年5月18日 (金)

辻村深月「かがみの孤城」

ワイフが買ったのに、なぜか私が先に読むことになった。

辻村深月「かがみの孤城」

辻村深月さんの本は読んだことないのだけど、装丁が気に入ったのと、本屋大賞とのことだったので、読んでみることにした。


装丁からの印象で、ストーリー推しのファンタジーかと思っていたら、前半は前半ストーリー展開がない。
「これはストーリー推しじゃなくて、内省描写寄りなのか?」と途中でようやく気がつくも、そう思って読んでいなかったので、なかなかテンポが合わない。

しかも、不登校の中学生の話だから心も重くなる…
忘れかけてた中学生の心境を、こんなに深くよく描けるなぁ〜と感心しつつ、
「どうして自分は不登校にならなかったのか?」とか思いながら、どんどんと心が重くなっていき、読み進められない…

それでも、なんとか読み進め、300ページくらいからようやくストーリー展開スタート!
スタート、という感じで、ほんとに一気にスイッチを入れた感覚の展開。ここまで激しいスイッチは、あまり味わったことなくて、戸惑いつつ、新鮮味があったせいか、今までの反動か、がっと入ってしまい。
あっと言う間に読み終えてしまった。

前半の、思わせぶりな伏線をちゃんと綺麗に回収できていて、かつ、メッセージ性もきちんとストーリーにマッチしてる。
前半の飽きはなんだったんだと思うほど、後半の出来がよくってスッキリする!
ただ、前半は何とかしかったな…
本屋大賞だから面白いはず⁉︎と思って頑張って読んだけど、そうでなきゃ途中で諦めてた…
「なんでこれが本屋大賞?」って何度も思ったし。
でも、後半の質の高さと、良質なファンタジーとストーリーのマッチングを目の当たりにしたら、納得、脱帽といった作品でした!

ファンタジー好き、謎解き小説好きな方には、
前半ゆっくりなのを承知の上でオススメの一冊です!



さて、ここからネタバレです。

300ページ以降の展開がやはりすごい!

ただ、パラレルワールドと聞いた時、それより時間差の方がすれ違い感が出るし良かったなぁ〜と思ってしまう。パラレルワールドだとご都合主義すぎるってのもあるし。

とはいえ、不登校だからこそ、「話題にしない、話し合わない」内容にうまく合わせた設定に、丁寧さを感じる。

それと、ファンタジー好き、童話好きとしては、童話になぞらえてるのが、かなり気に入った!ただ、読んでるとき、「オオカミさま」の本性は赤ずきん以外の童話なのかな?って怪しんだりしてたけど、全然「7匹」の方に頭が回っていなくて、ちょっと悔しい…

とか思って読んでいたら、なんと、パラレルワールドでなくて、時間差だった(笑‼︎
時間差だと思って読んでいた時、この中の誰かが喜多嶋先生で、それはアキなんだと思ってたりもしてて、どうなのかなぁ、なかなか出てこないなぁー
と待っていたら、
「オオカミ様がリオンの姉ちゃん!」という全く予想しなかった展開をぶっこまれて、呆気にとられる。若干む無理やり感があるけど、なんか鳥肌くる展開!
そして、「お城のモデルがドールハウス!」

そういう繋げ方か!しかも、姉ちゃんの死後の技ではなく、生きてる時の技、死ぬ間際の技って!

うまさに呆気にとられて続けていると、
喜多嶋先生とアキが繋がって少しはホッとしたりする。


オオカミ様と喜多嶋先生とも何かつながりがあるかと思っていたのだけど、なかなか見えてこなかったですが、

姉ちゃんの医者からのつながり!…細かい伏線まですごく手が込んでいる。

さっき書いたけど、
前半の、思わせぶりな伏線をちゃんと綺麗に丁寧に回さてて、かつ、メッセージ性がストーリーにマッチしてる。
後半はほんとに面白さとともに、小説としての質の良さを感じさせる一冊でした。

前半の内容も、後半の展開のために、心理描写のために必要なものだし、緩急の振り幅があるからこそ入り込み感も高くなるのかもしれないけど、
やはり、もうちょっと前半に、後半での魅力が欲しかったなぁ〜と、勝手に残念がっております。

世界観やストーリーの繋げ方は好きだったし、なざか「良質さ」を欲してるいる時期だったので、今の私にはちょうどいい作品だったかもしれない。

というわけで、辻村深月さんの他の作品を何作か読んでみたいと思います。
ってか、辻村深月さん、一個上か…

この作品も、若すぎる人には、分からない昔の常識とかあるから十分に楽しめないかもなぁ〜と思うと、少し得した気分になったりもしました(笑)

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

「猿の惑星 聖戦記」

公開中に見逃していたら、存在すら忘れていて、見たか見てないか思い出すのも一苦労だったけど、見てなかったので、みた!

「猿の惑星 聖戦記」

「創世記」をみたときのあの感動はどこへいったんだろう…
と思った「新世記」でしたが、今回もそんな感じ…
うーん、なんかなぁ…
ストーリーを追う楽しみはあるけど、どこもパンチというか、起伏にかけてる感じしてしまう。
「このシーン、必要?」とか気が散ってしまったり…

ノバが可愛かったのが救いになったけども…

ただ、これをみた後に、オリジナルの「猿の惑星」を見てみたいとは思った。どう繋げたのかの確認とか。
オリジナル「猿の惑星」も2までしか見てなかった記憶なので、これを機会に、オリジナルを見直してみたい!

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

「殿、利息でござる!」

気にはなってたんだけど、二時間以上は長いなぁ〜と躊躇してた映画をようやくみた。

「殿、利息でござる」

始めの村のシーンを見た瞬間に既視感。
紛れもなく既視感!

このセット、ヨシヒコで使われた気がする…
ってか、まんま使われた気がする…
たしか、ゾンビのとこ???

こういう場所があるのか、ヨシヒコが予算節約でそのまま使ったのか?

そんなことが気になって、冒頭のナレーションが頭に入ってこなくて、何度か巻き戻したので、さらに時間がかかりました。

純粋なコメディかと思ってたら、人間描写の方がメイン。話の展開もうまいし、パンチのある役者さんだらけで、飽きずに、ぐいぐいと世界観に吸い込まれる。

「人のために」って感覚を実感覚として感じられる。
「自分にはこういう感覚、やっぱり欠けてるんだよなぁ〜」ということに再認識させられつつも、歳のせいもあるのか、ストーリー運びがいいのか、そういう感覚に少しの憧れを感じたりさせてくれて、パンチもあって純粋に楽しめる上、見た後もいい気分にさせてくれるいい映画でした。

最近の時代劇コメディ邦画を色々と見てみようかなぁ〜

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

「フラットライナーズ 2017」

予告編で見て気になっていたホラーをようやく見れた。

「フラットライナーズ」

全然知らなかったけど、これ、リメイクなんだ…

医学生が、臨死体験を実験として行ったら、不思議なことが起き始めて…

ってな内容です。

展開が想像通りに進まなかった点はよかったかもしれないけど、想像よりパンチの少ない感じで終わってしまい…なんか、「そんな終わり方、別に望んでなかったんだけど…え?」みたいな…

ホラーの種類も、ドッキリばーん!系で、不気味さが弱かったのは助かったけど、なんかもっとあってもいいんじゃないか?って気もする。
まぁ、目の前で何度も手で塞いで、隙間から見てた私が言えることではないし、あの程度でも、映画館で見るのは無理だっただろうけど、
もうちょいパンチがあってもいいような…

ホラー映画あるあるの、色気もあるようでないような感じだし…

映像は綺麗だったし、エレンペイジは好きな女優なんでふが、なんか望んでた映画とは違う感じで、残念でありました。
ドッキリばーん系つながりで、久々にスクリーム1を見たくなった気もしたけど、シリーズ全部見る羽目になるので、少しタイミングをはかりたいと思います。

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

「リング」「らせん」「リング2」

怖すぎて眠れなくなるので、ほとんど見てこなかった日本のホラー映画

面白そうな映画はだいたいみてしまった感があり、ちょいと日常の疲れからパンチがあるものを見たくなったのもあり、昼間はごちゃごちゃしてた三連休の夜の空いた時間にみてしまった…

「リング」「らせん」「リング2」

ワイフからリングは2より1の方が怖いと聞いていたけど、2の方が全然怖い。

後半はほぼ目の前を手で覆い、微かな視界でしか見れてない。こんなの映画館で見れない…

「リング」はもっとホラーっぽさで攻めてるのかと思ってたけど、(最近のだけど)「残穢」に近いんだなって少し安心した。じわじわくる怖さだけど、物語的な深みもあるし、怖さだけない面白さがある。
「着信アリ」のような音楽攻めがなくて、その点は、怖さが弱まってよかった。

「らせん」は正規の続編らしいけど、ちょっと何がしたいのかわからなくて、ポカーン!
「パラサイトイブ」とか思い出したけど、この時期にやられてそうな遺伝子SFネタだなぁって感じたし、思想的にはエヴァに近い世紀末的によくやられてそうな雰囲気を感じて、ちょいと懐かしい。
科学的なこじつけは好きなんだけど、「生前の記憶がDNAに宿る」って時点で心がとんでしまった。
まぁ、高山の絵のラストシーンはうまい!と思ってしまったが。

インパンクトがあった「リング」の後にこれを見せられた当時の観客の心境って、複雑そうな気がする。

まぁ、続編を同時上映できるっていうのは、当時の映画の良さでもあったんだろうけど。
今の無理やり二部作よりは好感が持てる。

続編としては、「リング2」の方が好きだけど、日をまたいで見たから、「らせん」と記憶が混じってるのがちょいと難点かしら。

と、感想をかいてみたけど、怖すぎて、眠れない感半端ないので、お休みのお薬に頼るしかなさそうです。
お薬強くて、明日の仕事に遅刻しないことを願って…
「リング2が怖すぎて眠れなかったので休みます」とかさすがに通用しないな…

なんか、パンチがあるもの!って思って見たけど、求めてたものとは違うみたいだなぁ。上質な喜劇とか、なんかいいのないかしら(笑)

とりあえず、明るい見てから寝たい。

| | コメント (0)

«「ウォーキングデッド シーズン8」後編