演劇動画「オンライン」

新作演劇動画

 

「オンライン」

unit-IF独特の不可思議なファンタジーで描くワンシチュエーションコメディの15分演劇動画
【あらすじ】
2018年秋、達也が家に帰ると食事の準備をしているはずの妻・佳純がソファーに座ったまま動かない。達也が佳純の肩に手をかけると、佳純は口だけ動かしこう言った。「アップデートが必要です。接続をオンラインにして、ライセンス認証を行ってください」
友人の慎吾と由美が訪問してくる中、達也は元の佳純に戻すことができるのか!?
【脚本】
小山一羊
【出演】
達也-ロンリー小山(unit-IF)
佳純-藻瑚(unit-IF)
由美-中村ゆり子
慎吾-櫻井遼太
フラノ-フラノ
【製作】
unit-IF

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

城ヶ崎海岸に行ってきた。

犬も連れて行ける観光スポットとして先月テレビで紹介されていた城ヶ崎海岸に行ってきました!


ザブーン!

行きはスムーズに行って2時間半!
テレビ紹介から少し時間経ったせいか、程よい込み具合で、天気もいいし、暑すぎないし、見晴らしいいし、気持ちちょこっと旅でした!

吊り橋も犬が歩けます。


まぁ、私は心配性なので、すぐに抱えて歩きましたが。


その前に私は高所恐怖症で、吊り橋はマジで苦手なので、橋の中央にだけ目線を集めて前に進んでたので、吊り橋からの景色はほとんどみれてません(笑)
ワイフが撮った写真で楽しみます…



普段、散歩では歩くのか嫌いなフラノが、ここでは、よく歩く!
塩の匂いが、気に行ったせいなのか?



若干舗装された石段の上り下りも積極的にチャレンジしていたので(家の中にある階段の上り下りはできません)よほど楽しかったのかと思います。



そんなフラノを見てるとまた、来たくなります。
他にもワンチャン連れが多かったので、気も楽だし。

外ではほとんどおすわり、伏せをしないのに、
よほど気に入ったのか、岩場で伏せ。


岸壁付近で、頑張ってカメラ目線!


それを撮ってる私…


石段が多かったので、運動不足の私は足がパンパン(笑)でも、トトロみたいな道もあったり、リスがいたり楽しい!先まで歩いてよかった癒しの道!



とりあえず、それっぽい写真もとりました!


ワイフ一押し(笑)





近くにある「ぼら納屋」という食事処で、名前が怪しいので、一瞬入るの迷いましたが、もう足が疲れて、とりあえずすぐにはいりたかったのです…
犬も入れる別棟があります。込んでいたのか、食事出てくるのに時間かかりましたが、思った以上美味しくて満足!

とにかく、サザエのつぼ焼きが美味しかった!


最近、都内で頼むと、切られた状態で出てきますが、久々のくり抜くタイプ!しかも、うまい!満足!

と、足も疲れたので、早めに帰り出したのですが、やはり、こっち側は帰りが鬼門ですね。
工事渋滞と、事故渋滞にはまり、結局、帰りは5時間以上かかってしまいました…
流石に最後は、運転を、変わってもらい熟睡。

帰ってからも、お風呂入って、すぐに寝てしまいました(笑
フラノも久々に長く歩いて、長いドライブおつかれモード




体は疲れましたが、是非ともまた行きたいところです!近くに犬が遊べる場所も多いし、ちゃんと調べた上で、どこかに泊まってゆったり遊ぶのもありかなぁと思いました!




| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

映画「モリーズ・ゲーム」

友人に薦められていたのだけど、ネット配信で見当たらなくて、ようやくiTunesで見つけたから見た!

「モリーズ・ゲーム」

若い頃モーグルの有力選手だったモリーズは、怪我で引退。その後、ポーカークラブの立ち上げて、がっつり稼ぐのだけど、FBIに捕まって…

というような実話的なストーリー。

宣伝画像が「女神の見えざる手」に似ていたので、最後にどんでん返して、すっきりするような展開だと思っていたけども、ほんと、1人の女性の生き方のお話、家族の話って感じでした。

とにかく、情報量が多いのに、話すのが早くて、字幕で見てるのに全然ついていけなくて、何度か巻き戻したり(笑)そのくせ尺が長かったので、見たあと、頭が疲れて、でも、頭が覚醒してしまったせいか、その後、ベッドに入ったのに二、三時間寝付けなかった(笑)


「小枝につまずいただけ」って言葉が妙に心に響いた上、「ウィンストン・チャーチル」の言葉で締めくくられてたのが、印象的で、
やっぱり、くじけず、腐らず、進み続けるのが大切なんだなぁと、頑張ろ!って気にしてくれた映画でした。

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

映画「カメラを止めるな!」

話題になっていた映画「カメラを止めるな!」をようやく見ました。

映画館で見ようかと思った時くらいに、原作、原案問題の報道があり、劇団PEACEの元劇団員のツイートとかを見てしまった後だと、素直に見られなそうだなって思って見ていなかったのですが、
先日乗った飛行機でやっていたので、見ることにしました。

原作(原案)といわれる劇団PEACEの舞台GHOST IN THE BOX(初演の方かな?)を見ているので、結局、なんとく比較目線で見てしまった。
まぁ、舞台見たのはだいぶ前なので、記憶は印象程度だけども。

予め映画化の話があった、という話なので、「原作」でもいいかもしれないけど、芝居と映画は、似た構成の別物に感じたってのが正直な感想ではありました。

前半の惹きつけの弱さは、舞台の方も似ていて、後半の展開が、「がっ!」ってすごいのがくる感じ。

舞台の方は後半コメディ主体で勢いあったけど、
映画の方は、笑いはあるけど、「ネタあかし」とか家族関係・人間関係の描写メインとしてた分、勢いは足りなかったけど、映画としての完成度が高かった気がする
映画はむしろ三谷作品の方を彷彿とさせられた。
(まぁ、舞台を見た時も、三谷作品がちらついたのだけど)

原作、原案についてはよく分からないけれど、このように映画化されたとしても、芝居として上演権は解散してても劇団PEACEの関係者に残して欲しいなぁ。


今回の問題を聞いた時に一番思ったのが、劇団PEACE側が連絡が取れない時期あったにしても、専門学校をやっていて、若手を育てている側のENBUゼミが、若い人の作品・才能をこのような形で、お粗末に扱い、結局、騒動にさせてしまった方が、残念でしかない、ということ。

最近、報道されなくなったけど、この問題でおもてだって責められるべきは監督でも劇団側の和田さんでもなくて、主にはENBUゼミな気がしてならなかった。

映画に限らず、そういう業界なんだろうし、ENBUゼミのこと詳しく知らないけど、若手の養成を主にやってるとこがやることなのかなぁ、と…

映画としては結構面白かったし、これによって、少し小劇場演劇に、目が向いたのは喜ばしいことだけども…

そういう意味で、見終わった後に、悲しさが残る映画ではありました。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

二度目の中国出張

今年は海外出張が多いみたいで、二度目の中国出張に行ってきました。

深センと広州の展示会に用があったのだけど、深セン直通便があまりなかったので、香港から電車で深セン、広州へと移動の1週間旅。移動も多くて、展示会の規模が大きいので1日半ずつ歩きっぱなしのせいで、足パンパンの体力的には一番きつかった海外出張でした(笑

なにせ、パブロン断ち1週間目、iQOSも持っていかないという、この出張を耐えれば、パブロン断ちは2週間、禁煙も1週間達成できるという、自分で勝手に別の試練も追加してたり…


香港で見た夜のライトアップがすごかった。



音楽もついててカッコいい!
「初めて見た!」と思っていたのですが、前回来た時はクルーズから見てたらしい記録がでてきました。
その時は音楽はあったのかなぁ…
海外に行く甲斐がない私だったりします。


深センは初めて行きましたが、タクシーでもほとんど英語が通じない…私の英語が悪いのか、ここが通じないのか…
中国語が話せる関係者さんが同伴の出張だったのでそこのあたり心配なかったのですが、今後一人で行くとなるとなかなかキツイ場所だなぁ…
広州でも、街中やタクシーであまり英語が通じない気がしたし。
タイとかマレーシアとかで英語で通じていたのでそんなつもりでいたせいか、中国の第三、第四の都市と聞いていたのでちょっとそこがびっくり。まぁ、外国人観光客からみたら、日本でもほとんど通じないんでしょうけどね。

深センはごちゃごちゃした感じで、日本でいうと川崎な感じ?
広州の方が深センよりも都会っぽく、人々も洗練はされている感じしたけど道がボコボコ。
前に上海に行った時よりクラクションは少なかった気がするけど車の割り込みが激しくて、ここじゃ、絶対運転できないわ、私。

街中の物価はあまり変わらないけど、どこもQRコード決済で、そこらへんも同伴者がいて良かった(笑笑

深センの方がルールらしくて厳しくてタクシーでは「シートベルトしてなきゃだめだ」って言われたり
広州では、タクシーが言い値交渉してきたので同伴者が対応してたら、ビデオカメラ持った私服警察に囲まれて、かなりびびった。「メーターを使え!」というタクシーへの取り締りのようで、タクシーの運転手は何やら書かされていましたが、我々は別のメーターのタクシーに乗せられて一安心。
Uberみたいのは横行しているのに、警察官の目の前で、みんな乗り込んでいるのに、「そこは厳しいのか」と基準がよく分からなかった。
一人だったら、テキトーに言い値交渉のタクシーに乗ってるとこだったな、きっと。怖い…

ご飯はなかなか美味しいかったけど、やはり油物は油が合わないのか気持ち悪くなったりしちゃって難儀な私。その上。たくさん食べられないし、この点は、同行者に気を使わせちゃってなんだか申し訳ない…
店は選んだお陰で、基本美味しくいただけました!







小籠包や北京ダックが一番安定の味!



中華系に飽きた時、日本料理屋に入って、日本式カレーなるものがあり、挑戦したみたけど、少し水っぽかっただけで、なかなか美味しかったです。

ただ、ビールの種類のが…
置いてあるのが国内品ばかりで、日本のものはアサヒくらい。コロナなど色々置いてる店を探しきることができず…国産ビールはあまり合わなくて、そこがちょい残念でしたわ。それでも、歩いた後なので、美味しくいただきしましたが(笑笑


帰国した今、卵かけご飯と、いつものサントリープレモルの香るエールのビールが飲みたいね!


マッサージはあまり行かない私ですが、さすがに足マッサージにいきました!
広州の同伴者が調べてくれたここは良かったです。





お店も綺麗だし、雰囲気もある!
まぁ、トイレの英語すら通じないですが、60分で188元とお安い!足だけなのに、お着替えさせられましたが…

その翌日も夕飯前に足マッサージ行きたかったのですが、同伴者は別の用事でいなくて、自分でネットで探す。「広州 マッサージ」で出てきた近いとこに向かったけど、そのあたりをウロウロ歩き回るも見つからず、ただ、足を酷使しただけ。

日本で探していくかなぁと諦めていましたが、
広州空港第二ターミナルに早めについたので、
とりあえず探してみることに。



綺麗でかっこよくて、大きい空港!
ここまで大きければあるだろうと探したら、端の方にありました!



足だけマッサージで、60分で258元くらい。空港なのでさすがに英語が通じるし、着替えなくてよくて気軽にゆったりできました。

中国からの出国審査の際、パスポートの顔と実際の顔がどうにも同じに見えないらしくて、手荷物検査と出国と二回も長い時間かけられました(笑笑
初めて「名前を言ってみて」って言われたし。
そりゃ、おでこはだいぶ広くなってるけどさ…
カメラついてるんだし、顔認識システムではないのかい?

海外に行った時は、何か置物かぬいぐるみを買うと決めていたのですが、今回はいいのがなくて買えませんでした。こういう自分ルールが守られないのって、結構嫌なんですが、まぁ、中国は二回目だからということで、自分を、ごまかしておきます。

日本に帰ってきたら、「冬、来たる」って感じで寒かったので、明日はゆっくり過ごして体調壊さないようにしたいと思います。

まぁ、パブロン断ちには再び成功しつつあるんですが、元々の体調が悪いのは変わらないので、今回の足マッサージを機に、日本でも色々とマッサージを探して、薬に頼らないような生活を目指してみたいと思える出張でした!

| | コメント (0)

2018年10月27日 (土)

37歳になりました。

ハロウィンが市民権を得始めて、狛江にも仮装した人々が歩いてるのを見ると、自分の誕生日がハロウィンに近かったんだということに、今更ながら、初めて気がついた!というか、実感しました!

毎年今年こそ健康になるって言ってる気がしますが…
36歳の折、二ヶ月は禁パブロン成功したのですが、再び舞い降りてきて…iQOSのせいで、たばこも増えるし…

一週間前から再度禁パブロンを開始し、iQOSも故障中なのでこのまま修理しないようにして、朝と夜の運動も、短くても継続するように心がけて、誕生日を迎えております。

37歳、いいスタートダッシュを切りたいですね。

色々と若い時は同じようには進まなくなってきたし、色々迷走したりもしてますが、
芝居も仕事も日々の暮らしも、できることから一つずつ着実に実施して、多くの他人に望まれるような、まぁ、少なくとも自分が望むような人間には近づけたらなぁと思っています。

これからもよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (0)

«映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」