2019年6月17日 (月)

ビールも飲めなくなった私

私はお酒が好きだった。

とくに、大学時代はバカのように飲み、記憶を飛ばして、暴れて、周りの皆様に本当に迷惑をかけていました。ごめんなさい。

 

ただ、だんだんと飲めるお酒が減っていく

二日酔いがきつくなりすぎるので日本酒をたち、

頭が痛くなるのでワインをたち、

記憶が完全の飛ぶので泡盛をたち、

もはや、ビールしか残ってなかったので、

ビールばかり飲んできました。

 

それでも、最近はさらにお酒に弱くなり、ビール二杯がやっと。後は、炭酸水で飲み繋ぐ感じで…

 

とはいえ、毎晩、一缶ビールは飲んではいたんです。

 

今月頭に公演が終わり、それを機に健康になろうと、パブロンをやめ、ビールもやめました。タバコは三ヶ月前からやめているので、色々やめているのですが…

 

ビールだけは我慢できずに、一週間後飲んでしまったんですね。

そしたら、急激な腹痛と下痢。下痢だけならいつもことなのですが一日中続く腹痛は耐えがたい。

 

初めは原因がわからずに、また、欲に負けて、ビールを2回ほど飲んだわけなんですが(笑)

 その2回とも、夜から腹痛と下痢が展開されまして、原因はビールと断定されたわけです。 

ここまで続き辛い腹痛なので、色々考えてみたんですが、この一週間の飲食を考えると、ビールしかおもいつかないんですよねぇ。

私の体は、ニンニクをはじめ、NG食材が多いんですが、また一つ、メジャーなものがそのリストに追加されてしまったというわけです。

 

日常はまだ炭酸水飲んでればいいんですが、飲み会がなぁ…烏龍茶だけだと味気ないし、炭酸水頼み続けるのもなんか気がひけるし(メニューに載ってないことが多く…)

 

ビール封じられた今、そんなに飲まなくなると思いますが、やっぱり飲みたくはなると思うので、レモンサワーとか、飲めそうなものを確認していきたいと思います…

 

体質が変わってしまったのか…歳なのか…禁酒を決めたのにすぐに再開した私への罰なのか…全体的に健康になって、新たな一歩をガツガツ進もう!って思ってたのに、健康になろうとする努力の最中にこれ…

心折れずに、色々試みて頑張って、日々健康マンになりたいと思います。


ビールが原因ではなく、ほかのやばい病気だったら嫌ですが…

それなら、ビールを飲まなくなった方がましですね。

土曜日の夜ビール飲んで、月曜日の朝の今でも痛いって…あんまり経験したことないから、ビールじゃないのかもって、このタイトルで書いた後に思い始めていますが…

とりあえず、しばらくはビール飲まずに様子見ます。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」

久々に映画館に映画を観に行った

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」


あんまり期待してなかったが、それくらいな感じではあった。ちょっと長い…

もうネタバレなので、注意ですが、

怪獣シーンは迫力あって面白かったが、とにかく、人間ドラマがいらない。主人公の三人家族がそろいも揃って自分勝手で、イライラしつづる。あのシーンは半分以下でいい気がする。

怪獣シーンは素敵だった。

ゴジラの形状はあまり好みではなかったが、モスラが、可愛い。可愛いてけなげ。でも、弱い…

そして、ラドン…お前…

ギドラも迫力があって良かった!

怪獣たちの戦いだけならいい。

 

というか放射線問題はどこへ行ったのか?最後の戦いを、あんなに間近にいて大丈夫な設定なら、芹沢博士も放射線で死なせる必要なかったのでは??

まぁ、古代遺跡に、カタカナの落書きがあったのには、笑えましたが…

中国の研究者がなんで双子である必要があったんだろう?と思っていたのだけど、ワイフが「モスラだからじゃね?」って言って少し納得。

  

まぁ、それくらいかなぁ…

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

unit-IF第12回公演「隣の家の父」終演いたしました!

unit-IF第12回公演「隣の家の父」終演いたしました!

ご来場いただきました方々、ありがとうございました!

 

今回は、ウォークダンスを復活させつつのワンシチュエーションに織り交ぜる構成で、役者も、新しい若い役者と長年一緒にやってきた役者とを絡み合わせながら、作り上げた作品!

 

いつも自信をもって作品はお送りしてますが、今回は強い気持ちを持って本番を迎えておりました。

とはいえ、お客様に楽しんでいただけるのか!?本番中、お客様の笑い声に包まれ、上演後、嬉しいお言葉を多くいただき、少し安心できました(笑)


ロンリー小山の名前も少ししんとうしてきたのか?前説で温かい拍手もいただきありがとうございます!最近は、拍手に負けないように、なぜか、前説にかなりの力を注ぎつつあるロンリー小山になっております。


まだ、次回公演も決まっていませんし、次の脚本のネタもありませんが…日々、目を光らせて、ネタを貯める生活に戻りたいと思います。

 

結局、五月中旬からまたパブロンを始め、本番もパブロンに頼ってしまったので、まずは、パブロン抜いて(笑)、健康な体を手に入れたいと思います。

 

やっぱり、体力が落ちてきているので、これからも満足できる作品を作るためには、もはや、健康な体が必須!

 

まずは、そこから、新たな作品作りを始めたいと思います(笑)


今回の上演台本は、kindleにて販売しております。unlimited対象です。

お気に召した方々、見逃された方々、是非ともご利用ください。

http://u0u0.net/nTwh


今後のunit-IFの活動は

Facebook 、Twitter、ホームページにて、随時更新予定です!

時々ご確認いただけましたら幸いです!

(mixiはアカウントありません…)


それでは、unit-IFを今後ともよろしくおねがいいたします!


| | コメント (0)

2019年5月26日 (日)

第12回公演「隣の家の父」まであと一週間!

unit-IF第12回公演「隣の家の父」まであと一週間となりました!

 

今回は、ファンタジーなしのワンシチュエーションコメディ!
今までも「笑い」を大切にしてきましたが、今回は、作品として「コメディ」を意識しつつ、
ご近所トラブルをベースに、明るく気軽に楽しめる作品に仕上がっております。

シングルキャストである、
新しい劇団員の揺村、安達、そして、客演の櫻井君の魅力を掘り起こながら、
第9回、11回の主役の徳弘譲を、今までと違うアプローチで、新たな演技を引き出しながら、

そして、
ダブルキャストの
濃い二人 佐藤高宏とキノトサキ
若い客演三谷君と私ロンリー小山

作品として、新たな作風を作り上げております。
前回から挑戦を始めたダブルキャストも、今回と特に違った作品に仕上がりました。

20歳の三谷君と36歳の佐藤高宏が、同じ大学生を演じます。
独特の空気感のキノトサキとロンリー小山のダブルキャスト!

もはや、別物です!お時間、許すのでしたら、ぜひとも両チームとも見てほしい!

正式に公開していませんが、リピート割、あります!

 

まだ、ご予約していない方、ご予約はこちらから!

https://www.quartet-online.net/ticket/unit_if_tonachichi

 

既にご予約された方!
劇場へのアクセスは、こちらを参照ください!

https://www.unit-if.com/access/

開場は開演の30分前です! 

 

私としては、毎回、これが最高作と思ってお送りしておりますが、
今回は、特に、多くの人に楽しんでもらえる「自己最高の作品」として準備段階は仕上がったと自負しております。
そして、本番に、お客様と、その作品の空間を、作り上げられたらと思っております!

 

いままでの稽古の様子は、facebookやTwitterでアップしております。
SNSやっていないという方も、劇団ウェブサイトから、最近の投稿は確認できます!

動画もたくさんありますので、ぜひともご覧ください!
https://www.unit-if.com/

 

ご来場、心よりお待ちしております!

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終話

とうとう来てしまった!

だいぶ前にGABAの講師から勧められて、

案の定、ものすごくハマって追いかけ続けたこのドラマも、

最後となってしまいました!

 

「ゲーム・オブ・スローンズ」最終話

 

2話前までであれば、誰もが納得できなかっただろう結末

 

でも、結局、誰もが納得できただろう結末 

 

全てが予定調和のごとく、皆が在るべき場所にいて、

欲望にまみれた争いの後に、不自由な者たちが上に立ち、

そして、結局、スタークが、 

ウェスタロスを、西を、北を、そして、さらに北を統べているだろう結末

 

誰もが抱える心の氷と炎の歌を、そのバランスを取るかのような結末

 

正直、ターガリエン推しだったし、

デナーリス推しだったし、

最悪、ジョン推しだったから、

なんかすっきりはしないんだけど、

 ほんと、すっきりした〜って結末ではないんだけど、

これだけ壮大な「物語」を締めくくれる、唯一の素晴らしい結末だったのでないかと思って、

それは、それで満足!

 

デナーリスが新たな夜の王になるって展開も予想したりしてたんだけど、

そんな安直な終わり方でなく、じんわりと納得させられる、

大きな衝撃でなく、少しだけ心温まるような終わり方で、

こういう方が、「締めくくり」をきちんと感じさせられるいい終わり方なんだろうな。

 

ドラカリスが母をおもい、そして、椅子を溶かしてたあの想いが、一番切なく、

大狼が生き残ってくれていて、最後に出てきてくれて、満足でした!

 

ここまで見てきてよかったと思えるいいラストでひた!

 

製作・キャストの方々、お疲れ様でした!

これからの各々の活躍を期待して、いろんなドラマや映画で楽しませてもらえるのを

楽しみにしていきたいと思います!

| | コメント (0)

«「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン8 第五話