« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月24日 (火)

人生には3つの坂がある。

上り坂

 下り坂

  そして、

   まさか!

と、誰かが言ってました。誰かは忘れました。

でも、いい言葉ですよね。

岸田國士戯曲賞が発表されました。

劇団B級遊撃隊の佃典彦氏(41)と

劇団ポツドールの三浦大輔氏(30)です。

僕は、この人たちを知りません。

だって、

まだ、ペンギンプルペイパイルズも見に行っていないんです・・・・・

でも、最近、どんなものが評価されているか、

みなきゃなぁーと思います。

ポツドールは見に行きます。

でも、名古屋は遠いなぁ。

今、彼らは上り坂。

堀江社長、逮捕されました。

次の舞台は、法廷になるんでしょうか?

それは、また、楽しみです。

堀江がんばれ!

挑戦に意味があるんだ!

一度の失敗にめげずに、あがいてあがいて、

一度地に落ちても、もう一度がんばってほしい。

今、彼は、下り坂。

いつか、また、上ってほしいなぁ。

でも、上り坂の両氏も、下り坂の堀江氏も

まさか!

だったのかしら?

下り坂の民主党ですが、

ここにもまさかの一言がありました!

前原代表が、久々にうまいこと言ってました。

実態がないのに、大きくみせる。

そんな堀江氏を担いだ自民党の

昨年の選挙の大勝利こそ、

まさに、粉飾決算だ!

なかなかうまいこと言います。

それを聞いた岡田氏の苦笑い。

岡田さん、あんたには言えないよコリャ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

ライブドアの一連の疑惑

堀江社長に非がないとも思えないけど、

多くのメディアの手の返しっぷり

はいかがなものか・・・

株式分割で会社が大きくなったのも、

法律ギリギリのことをやってきたことも、

前から分かっていること。

それを承知で、「ホリエモン」とはやし立て、

ヒーローに仕立てたのは、メディア

最近、ニュースを見ると、どの局でも、

堀江批判のエコノミストや政治家が登場。

捜査が入っただけで、

いまや、小嶋と並ぶ完全なる悪!

といわんばかり・・・

株のことはよく分からないけど、

これだけ「売り」が殺到したのにも、

メディアの責任があるんじゃないか?

その責任についてはどの局も口を閉ざす。

法律違反の疑惑があるから捜査が入った。

それは、地検特捜部の見解であって、

全メディアがその見解に従う必要性はどこにもない。

むしろ、局ごとに、

観点を変え、見解を変えて見せなければ、

視聴者は全容がつかめない。

一つの見解にしたがって、

同じもの、狭いものしか見せない。

それが偏ったポピュリズムを生んでいるでは?

ちゃんとスタンスを持って、自分たちの報道に

を通してほしいです。

今まで賞賛していたのに、捜査が入っただけで、

手のひらを返すしりの軽さには見えない。

さらに、むかつくのは、

小泉改革やベンチャーの進出で、

隅に追いやられつつあった既成権力者が、

魚が水を得たように食いついてくること。

あれは、無様だ!あ、亀さんとかかい?

もっとむかつくのは、

証言して会社が倒産したら補償できない。

住民のために証言拒否したんだ

とぬかした小嶋!

でも、さっきの考えだと、

小嶋擁護の局もあるべきだよなぁ。テレ東の深夜?

まぁ、それはそれで見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

人気アニメ「ドラえもんの主人公であるドラえもんが、

「ホリエモン」ことライブドア堀江社長と

自称「オジャマモン」ことフューザー小嶋社長を

本日、名誉毀損で告発した。

「・・・モン」の二人が犯罪者になりつつある今、

僕も含めて「・・・モン」犯罪者トリオと思われかねない。

心外だ!子供の夢を壊さないで!

と、ドラえもんは訴えているとのこと。

なんて記事が出てもおかしくない今日この頃。

あ、実際は出てませんよ。あたりまえだろ!

ただ、

でもね、ドラえもん。

君は、他人のうちに勝手に入ったり、

勝手に外国に入ったり、

十分犯罪者なんだよ!

って言ってあげたいですね。ドラえもん。

堀江社長も急に素直になってどうしたものかと・・・

法制の不備で攻めるかと思ったのに・・・

彼には、何でもいいから、権力等と戦ってほしいですね。

でも、小嶋さんには絶対言ってほしくないな。

「法制の不備だ!」

とかね。言いそうだけど・・・

でも、あの人、すごい

なんで、あんな恥知らずなんだろう・・・・

21世紀最強悪人10人に既に入った気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

まぁーついもでないー

いーぐちもでないー

でも、イチローは出る!

古畑でも、野球選手にしては堂々の演技を魅せた

イチロー!

大リーガーの辞退が続く中で、

WBC、やる気満々のイチロー!

この試合が、プラスになるか、自分次第!

あくまで、攻めの姿勢を崩さないイチローに脱帽!

もし、WBCがしょぼくても、見たいと思わせるイチローの意気込み!

最近のイチローのコメントを見ると感動します。

僕もがんばろうと思います。

このWBCを機に、松井を横に並ばせない、

日本のスーパースター イチロー

になってほしいです。

いや、なるでしょう。

個人的に、松井には、かなりがっかりしました。

チームの意向も、調整もあるでしょうが、

次を担う子供たちのことを考えればでてほしかった!

僕は、夢の競演が見たかったです。

でも、イチローがいます。

がんばってほしいです。

そして、

ヤクルトの青木!

彼とイチローの、

日本で200安打達成コンビ

楽しみで仕方ありません!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

久々にじとじとした雨です。

今日は、先輩の結婚式だというのに・・・

こういう日には、じとじとした話題を・・・

少し古くなりましたが、

韓国、黄先生のESデータ捏造!

僕は、発生はやっていませんが、生物学に携わるものとして、

かなりショックでした!

でも、韓国では、科学者でなくても、国民の大半が大ショックみたい。

彼は、ヒーローだったらしいです。

貧乏な幼少時代から、のし上がって、成功し、

人格的にも、尊敬に値する人だったらしいのです。

でも、失墜した!

比べたら失礼だけど、なんとなく、姉歯さんを思い出します。

以前、韓国のあるドキュメンタリー番組が、内部告発を受けて、

このデータ捏造問題を取り上げて、黄批判を行ったらしいですが、

スポンサーや国民の批判に合い、

その番組は、その回で終わったみたいです。

こうなるのを分かっていながら放送した、この番組関係者はすごい!

ひどい話です。

黄先生も国民のプレッシャーを裏切れなかったらしいですけど。

だから、国民の中には、

黄先生だけじゃなくて社会の責任

という意見もあるみたいです。

十分反省してほしいですけどね!

K泉改革も、後に似たような国民感情にならなきゃいいなぁ・・・

問題は、ほかの研究者が確認実験できなかったこと。

受精卵実験が認められ、かつ、その実験の環境が整っているのが

韓国だけだったから仕方ないらしいですが・・・

韓国の研究者が、確認実験すればよかったのになぁ、と思うけど、

韓国の研究室は、上にものをいえないほど、上が強いらしいです。

日本の中にも、いろんな雰囲気の研究室があるけど、

僕は、ここでよかった

とつくづく思います。

研究職もシビアだなぁと思います。

足を踏み入れるかもしれないだけに怖いです。

次の勤め先は、大体、論文で決まるそうだから、命がけなんだろうなぁ。

今回の問題は、科学的にみたら、

ES研究、特に、サルなどでの基礎実験に遅れが出た!こと?

そのせいで、医療への実用の時期が確実に遅れ、

そのせいで、助かるべき人も助からない状況が生まれるのが悲劇ですね。

実学に直結している研究は、かなり重い責任があるんだなぁ、と

「宇宙に行ったら」

の研究をしている僕は、ぼんやり思いました。

いい点は、皮肉なことに、

興味なかった人でも、ES研究について少しは知ったことではないでしょうか?

そうでもないのかな?

でも、今後の医療にとっては大事な問題だと思います。

多くの人に知ってもらいたいですね。

いつか、「ES cell」とかいう舞台でも作ろうかしら・・・やめとけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

もう3日ですが、あけましておめでとうございます。遅いよ、まったく・・・

今年もよろしくお願いします。

新年、元日は、バイトをして、その後、ビデオ見ました。

スピシーズ3

なかなか面白かったです。

特に、ラストが!

なんか、エイリアンの話を通じて、

地球上のヒト以外の種に対する人間模様について、

考えさせるラストになってました。

だから、題名も、エイリアンとかじゃなくて、

スピシーズ

なのか!と納得の行く、ラスト!

ただのエロティックな映画だと思っている方が多いでしょうが、

「種」を真っ向から捕らえたら、エロティックな部分は

当然必要になってくるんじゃないかなぁ。

結構まじめに作っていたんじゃないかしら?

というか、こんな深いテーマが隠されていたのか!

と思ったとき、

2が駄作で、3のラストがすばらしかった

スクリーム3部作

のラストを見たときの感動を思い出しました。

思わぬ深い伏線が好きな方、ぜひ、この二つを!

ちゃんと3部作ぶっつづけで!

まだ、休みは一日ありますから!一日でみれるのかよ・・・・

というわけで、今年もよろしくお願いします。おいらもよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »