« あけました! | トップページ | WBCとイチロー »

2006年1月14日 (土)

ESデータ捏造!

久々にじとじとした雨です。

今日は、先輩の結婚式だというのに・・・

こういう日には、じとじとした話題を・・・

少し古くなりましたが、

韓国、黄先生のESデータ捏造!

僕は、発生はやっていませんが、生物学に携わるものとして、

かなりショックでした!

でも、韓国では、科学者でなくても、国民の大半が大ショックみたい。

彼は、ヒーローだったらしいです。

貧乏な幼少時代から、のし上がって、成功し、

人格的にも、尊敬に値する人だったらしいのです。

でも、失墜した!

比べたら失礼だけど、なんとなく、姉歯さんを思い出します。

以前、韓国のあるドキュメンタリー番組が、内部告発を受けて、

このデータ捏造問題を取り上げて、黄批判を行ったらしいですが、

スポンサーや国民の批判に合い、

その番組は、その回で終わったみたいです。

こうなるのを分かっていながら放送した、この番組関係者はすごい!

ひどい話です。

黄先生も国民のプレッシャーを裏切れなかったらしいですけど。

だから、国民の中には、

黄先生だけじゃなくて社会の責任

という意見もあるみたいです。

十分反省してほしいですけどね!

K泉改革も、後に似たような国民感情にならなきゃいいなぁ・・・

問題は、ほかの研究者が確認実験できなかったこと。

受精卵実験が認められ、かつ、その実験の環境が整っているのが

韓国だけだったから仕方ないらしいですが・・・

韓国の研究者が、確認実験すればよかったのになぁ、と思うけど、

韓国の研究室は、上にものをいえないほど、上が強いらしいです。

日本の中にも、いろんな雰囲気の研究室があるけど、

僕は、ここでよかった

とつくづく思います。

研究職もシビアだなぁと思います。

足を踏み入れるかもしれないだけに怖いです。

次の勤め先は、大体、論文で決まるそうだから、命がけなんだろうなぁ。

今回の問題は、科学的にみたら、

ES研究、特に、サルなどでの基礎実験に遅れが出た!こと?

そのせいで、医療への実用の時期が確実に遅れ、

そのせいで、助かるべき人も助からない状況が生まれるのが悲劇ですね。

実学に直結している研究は、かなり重い責任があるんだなぁ、と

「宇宙に行ったら」

の研究をしている僕は、ぼんやり思いました。

いい点は、皮肉なことに、

興味なかった人でも、ES研究について少しは知ったことではないでしょうか?

そうでもないのかな?

でも、今後の医療にとっては大事な問題だと思います。

多くの人に知ってもらいたいですね。

いつか、「ES cell」とかいう舞台でも作ろうかしら・・・やめとけ!

|

« あけました! | トップページ | WBCとイチロー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESデータ捏造!:

« あけました! | トップページ | WBCとイチロー »