« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月25日 (土)

奈良県に鹿がたくさんいるのは

有名ですが、

奈良県議会には、

○鹿がたくさんいるが明らかになりました。

  

○の中は、もちろん、

 

よくは知りませんが、奈良県の条例で、

少年を補導する枠を広めたそうです。

その少年を補導する枠を定めたのが、

不良条項

 

名前からして、

なんだよ、不良って・・・

って感じですが、

この中身がひどい!

  

夜10時以降は出歩くな。家にいろ!

まぁ、これは、東京でもあるけど・・

でも、今問題のDVの観点はなし?

家にいればいいって問題でもないでしょ?

  

学校に遅刻したら補導!

まぁ、そりゃそうだけど、

先生だって遅刻するし、なんだか、

ってか、お腹弱い子は、

朝、駅のトイレによらなくちゃならないから

遅刻しやすいんだよ!

トイレ行くなって?

  

ここらへんまでは、まだなんとかですが、

アダルトビデオを見ただけ補導対象。

エロ本(有害図書)もっているだけで、

補導!

しかも、

それらを知っているのに通報しなかったら

大人でも犯罪!

  

意味不明です。

性への欲求の高まりの時期なのに。

ってか、

性欲は、動物である人間には当たり前!

なわけで・・・・

しかも、有害図書って表記がね・・・

なにが、有害なのか!

  

有害なのは、性暴力であって、

性行為ではないはず。

  

こんな法制じゃ逆効果!

それらの本やビデオの

性暴力の描写を制限したりとか、

もっと目的を明確にした法制がほしいですね。

  

ちなみに、

近畿地方での補導件数が一番少ないのは、

奈良県みたいです。

まぁ、人口の問題もあるだろうけど、

締め付けによる教育

って、そんなことしか考えられない政治家は

きっと寂しい人生送ってきたんだろうなぁ

って気持ちになります。

  

奈良県議員に、鹿の糞をなげてやりたい。

そして、不良条項に、

議員に鹿の糞をなげつける

ってのを加えさせてやりたいよ。

 

そんなのが入ってもおかしくないくらい

その条項がおかしいんだと、

憤慨!

 

糞害!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

最近、ミニロトやってます。

  

ロト6だと、1等1億円くらい。

なんだか、実感湧かない値段だし、

あたらなそうなにおいぷんぷん。

かといって、ナンバーズは安いし・・・

  

と思って、

  

ミニロト!

  

あたれば、1千万だし、なんだか、

まだ希望が持てます。

  

で、

  

なんと!

  

あたりました!

    

4等・・・・・

  

お決まりパターン。

900円ゲット!

しかも、4等の存在なんか知らなかったから

くじ屋の前を今日素通りしてきました。

あらら。

明日行きます。

  

最近、就活をしていて、

会社の前にくじ屋があるところがあり、

帰りにミニロトを買うわけです。

  

会社がおちたらくじはあたる。

くじが外れたら、会社はうかる。

  

と、元々ある運の量を考えずに、

へんな理屈をつけて、買っています。

  

で、あたちゃったわけですよ。

900円だけど・・・

そこの会社は唯一選考が進んでいるところで、

そこが落ちたら、また、ふりだしに戻るわけで。

しかも、今日面接してきたのですよ。

  

900円で落ちたらたまりません・・・・

  

今となっては、

  

あれは変な理屈なんだ。

  

と思い込むしかなく、

でも、明日、900円はもらいにいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年3月22日 (水)

WBCも優勝し、

盛り上がるスポーツ界。

  

でも、さっきasahicomを見たら

すごい写真がのっていた。

  

Index0322006 織田選手、

スタンディング

オベーション!

この見出しなのに、なんでこの写真?

どうみても、踊るゴリラ!

  

綺麗だ!

といわれている女性の選手の写真も

こんなのが多いですよね・・・まったく。

特に、フィギアとかテニスとか・・・

  

確かに、

競技的に一番輝いている瞬間

なのかもしれないけど、

写真は一瞬をとらえるもの

というのを忘れないでほしいなぁ。

  

僕は、いい見出しにのせるなら、

綺麗な写真を載せてほしいけど。

  

選手の人はどうなんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外にはまっています。

FFトエルブ!

  

やっと、パーティにきれいなお姉さんが登場して

やる気もあがってきました。

  

FFの制作者も、あんなにCGに凝るなら、

もっと綺麗なお姉さんだらけにしてくれてもいいのに

  

と、思いながら、

主人公の人柄や顔が気に入らないまま、

でも、

はまっています。

  

でも、まぁ、やることはたくさんあるわけで。

やるのは寝る前なんですが。

  

夢が、FFに犯されつつある。

  

夢のはじめは、FFつながりなんだけど、

後半は、めちゃくちゃなファンタジー!

  

最近は暗い日常の夢しかみてなかっただけに

収穫!

  

今朝の夢は、

ホラー映画と童話をかなり巧妙にまぜた怖い話

で、しにそうな思いをしましたが、

  

あれを舞台にしたらおもしろい!

  

と思いつつ、

細かくは覚えていない。

  

でも、まぁ、イマジネーションは確実にUPしている。

これ、FFの功績・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

僕は、あまりテレビゲームをやらない。

はまったことがない。

  

家は厳しかったので、

小学校の頃は、時間制限があり、

はまることはなく、読書にはまり、

中学のときは、

映画に興味を持ち始め、

高校のときには、

演劇に出会い、

大学入ってからは、

演劇とバイトの毎日・・・・

  

はまる機会がなかったのか・・・

  

いや、そうでもない。

2,3ヶ月まえから、

劇団の旗揚げも落ち着いたし、

今の研究にもなれたので、

ゲームをやろうとしたけれど、

いざ買いに行っても、

やりたそうなものがない!

と思って買わずに終わる。

  

PSPをプレゼントでもらって、

暇つぶしにやるようになったが、

はまりはしなかった。

  

ただ、僕はすごい心配性!

何もしていないといろいろ考えてしまい、

気疲れしてしまい、パワー消耗!

それに、最近は、

研究やら、就活やら、バイトやら、稽古やら?

で、忙しく、さらに、気疲れするから

ぁぁぁ・・・・・

って感じになっていて、ま、全ては就活のせいなんですが、

思った。

  

何も考えない時間を作ろう!

  

そこで、ゲーム!

最近、どこいっても、FFなので、

少し興味を持ち始めていた私は、

思い立ったら即実行!

  

買いに行きました。

FFなんか、3以来やったことがなく、

それ以降見てもいなかったから、

なんだかすごい。

 

とりあえず、説明書を読むが、

むずかしそうだ!

  

こんなのみんなやっているのか!

  

と感心する一方。

  

小学生でもできるんだから、

  

と、とにかく初めてみる。

  

親切だ!

  

やはり、はじめたら、ゲームの中で、

親切に教えてくれて

僕でも、できそうな感じ。

  

年をとった私は、何事も慎重に進める。

昨日、3、4時間やって思ったこと。

  

RPGはやはり時間がかかる!

  

それなりに進み、

それなりにレベルが上がった感じであったが、

振り返れば、

まだ、初期装備のままだし、魔法も使えない・・・

  

道のりは長そうだ!

でも、ちゃんと、物語がこまめにつくってあって、

小さな映画みたいだなぁ

と思いました。

  

ただ、あえて突っ込みをいれるなら、

  

盗賊としてつかまったのに、

所持金がゼロになっていないこと!

  

ゼロになっていないくて安心したけれど、

それはどうかなぁ

と思った瞬間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

Navy 犬はいびきをかく

犬は寝言を言う

  

犬を飼っていない人には驚きかもですが

僕の犬は、実際やってます。

  

うちには3匹いますが、

上の写真は、「NAVY

トイプードルの♂。10才。

  

家で寝るときは、いつも一緒に寝ます。

腕枕をして、僕は、彼の頭に鼻をつけて寝ます。

  

で、時々、NAVYが、

いびきをかいたり、

寝ながら、小さく吠えたりうなったり、

寝言特有の変な声をだしたりします。

  

それを聞くと、

犬も夢を見ているんだなぁ

と思い、

何を見ているのか、気になります。

その音で、僕は起きてしまいますが、

まぁ、それはそれでOK。

彼はもう十歳。

犬的にはいつ死んでもおかしくないわけで、

ときどき妙に静かに寝ているときは、

すごい心配になります。

鼻息を確認したり、肺が動いているかと!

時には、起こして確かめます。

彼にしたらいい迷惑ですが、

お互い様です。

  

家に居るときは、大抵一緒にいますが、

大抵、彼は、寝ています。

もうおじいちゃんですから。

  

それなのに、かわいい。

そして、餌には敏感!

  

まだ、まだ、若く元気でいてほしいですね。

  

僕の日々の活力の大半は

彼がくれています。

  

僕も誰かにとってそういう存在になれたら

いいなぁと思いつつ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

一応、劇団の代表のブログなのに、

映画やスポーツの話しか書いてないから

どうしたもんかなぁ

と、思っていたけど、

昨日、久々に舞台を見に行きました。

  

岸田戯曲賞とった三浦大輔氏率いる

ポツドール!

vol.14 「夢の城

を見てきました。

  

ただ、ミーハー的に見に行ったので、

内容とかまったく調べて行かなかったので、

唖然!

  

セリフがない!

  

え?戯曲賞とったんでしょ?

  

と、かなり焦る私。

  

あまりいうと、ネタばれになりそうだけど、

  

全裸の男が歩き回り、女も下半裸で、

ずっとやってました。

  

その繰り返し。

そして、それだけ。

  

なんで、これが賞をとり、

こんなに客がいるのか!

  

舞台の内容よりそこが気になりました。

  

ただ、ずっと見てると、

その光景が普通に思えてくる

この脱日常感覚

  

これは、ここでしか味わえないのは確か。

  

一日たった今、

その感覚が懐かしく、

病みつきになりそうで怖い自分がここに。  

  

舞台セットは、細かくすばらしく、

音響効果的にも、かなり斬新で、

それなのに、舞台でやっていることは

ただ、セックス。

   

でも、完全に一つの空間を作りきれていました。

セリフがなく、きっと緻密な段取りで、

あそこまで、きれいに空間を作れるのはさすが!

空間を作りきれていなかったら、

この、今の僕の、不安は、ない気がします。

  

でも、やっぱ、気になるのは、

この舞台にこれだけの客が来ること。

  

僕には、思いもつかない感性の世界が、

がつんと存在していました。

そして、お客様が殺到していました。

  

人が何を求めているのか?

人の感性の奥深さを実感。

  

まだ、まだ、視野を広げないと、です。

解釈は絶望の表現

  

僕の舞台空間を一つにしつつ、

もっと広げていきたい。

  

唖然としたけど、いい勉強になった

そんな舞台でした。

  

講義料金3300円。

うん。

ちょっと高いかも。

  

二度目見に行くかは分からない。

次の公演の案内を見たとき、

あの感覚を渇望したら、

行くんだと思います。

  

そこの気持ちを利用できるような

巧みな感性の舞台

  

作っていきたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

アカデミー作品賞

をとりましたね。

  

見に行った報告を、このブログにも書きましたが、

意外な感じです。

  

ってか、日本の配給会社の見る目のなさ?

日本じゃ、

バリバリ単館上映だったから・・・

  

もう少したったら、全国上映になるのかな?

 

まぁ、でも、日本じゃうけなさそうな内容ではあるけど。

  

評価の高かったゲイ映画は、

監督賞のみってのが・・・

  

期待していただけにちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インファナル・アフェアの3作目

この前やっと見ました。

もちろん、ビデオで。

結局3作とも映画館ではみませんでした。

  

結構緻密な構成で、

しかも、

僕は前の作品を覚えていないたちなので、

こういうのは、普通、復習してから見るのですが、

今回は強行突破!

  

3作目はさらに構成が複雑で、

1、2作目の内容があいまいなのに、

過去と現在を行き来し、

しかも、精神世界、

いわゆる、妄想世界が混ざっていて、

何度か巻き戻しつつ

見ました。

  

見た後の感想。

傑作!

 

分かりにくかったけど、

最後の方で、うまくまとめました。

  

展開的な意外性もあるけれど、

それだけじゃなく、

3作品に通じる、

  もう一つの

    そして、奥深いテーマ

のようなものが感じ取れて、

最後に、心にどーんと衝撃をうけました。

  

ただのホラー映画で、

  衝撃と意外なラスト

だけを売りにしていたけれど、

3作目の最後で、

3作通じる、もう一つのテーマを

見せてくれた

スクリームシリーズ

を彷彿とさせてくれました。

  

1作目の衝撃と、

2作目のものたりなさを

3作目で、違った世界へと昇華した

あたりで、

スクリームと同様、

インファナル・アフェア

かなりお気に入りの作品となりました。

  

最後のカットも、予想できる範疇だったけど、

すてきだったな。

  

なんか、

もっと自分もがんばんなきゃ、

まだまだ、生きることに手を抜いている

実感した感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

僕の出身は、

都立戸山高校です。

 

今年の志願倍率は2.3倍らしいです。

僕の居たときは、

ずっと定員割れでした。

  

某朝日新聞には、

進学指導重点校の指定

が主な原因みたいなことが書いて

あったのですが、

絶対に違います。

日比谷や西校はそうかもしれませんが、

戸山は違います。

 

ただ

校舎がきれいになったから

にすぎないと思うのは、

僕だけでしょうか?

  

最近mixi なんてものをやっています。

連絡のとれなくなった中高の友人と

コンタクトを取るのが目的だったんですが、

思わぬ出会いが!

  

僕、高校では演劇部でした。

入学したときにはつぶれていたので、

執行部の友人に頼みつつ、

人を集めて再建しました。

でも、3年間で、またつぶれたみたい。

幻の「劇団のり」。

  

で、mixiで、戸山の演劇部の先輩と

出会ったわけです。

顔も名前もしらない人たちの

書き込みがあってびっくり!

  

しかも、演劇続けてる人もいて

感激でした。

  

遊眠社の設立メンバーがいたり、

阿佐ヶ谷スパイダースの設立が

戸山の卒業生が中心だったり、

と、

びっくりしまくり!

  

戸山の演劇部なんて、

いつも廃部寸前で、

部室もさびれていたけど、

卒業後、皆さんがんばっているんだなぁ

と、うれしくなりました。

演劇部じゃない卒業生も

演劇やっていたり。

意外に演劇色強かったんだぁ

と思う今日この頃。

  

戸山卒業というつながりだけで、

unit-IF

見に来ていただけたら幸い!

  

そして、後輩自慢してもらえるような

作品を作っていきたいと思うのでした 丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »