« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

今朝、コンビニの夜勤のバイトから帰ったら、

やってました。

日本 VS ドイツ

前半の20分くらいから見れました。

 

後半の高原のゴールには、

早朝なのに、大騒ぎしてしまいましたが、

結局は引き分け・・・・

 

この試合に勝ったら、決勝トーナメントに行ける

負けたら、行けない

 

と勝手に決めていたのですが、

引き分けでしたね。

しかも、2点とった後に、追いつかれたあたりが、

心配です。

 

決勝トーナメントに進めるか

微妙なあたりですが、

そこらへんのギリギリさが、

ハラハラドキドキできるのが、

日本を応援していて、楽しいところです。

 

今回のW杯。

中学が、サッカー部のくせに、

そんなに詳しくはありませんが、

ブラジルの一人勝ちなのかなぁ

と思います。

個人的には、

パラグアイイングランドを応援しています。

 

大胆予想!

決勝は、

ブラジル VS イングランド で、

ブラジルの勝ち!

 

さぁーてぇー、あたるかなぁー

 

こんな晴れると、

久々にサッカーしたくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

CO排出量、90年比8%増!

 

らしいです。

 

アメリカのサイン撤回で、

難航続きだったけれど、

ロシアの批准で、ようやく発効された

京都議定書

 

さぁ、どうなっているかなぁ?

と思っていたら、

日本じゃこんな数字が発表されました。

 

京都議定書の日本のノルマは

「08~12年に90年比6%減」

 

排出権取引があるとはいえ、

ちょっとひどすぎるんじゃないかしらん!

 

フロンの方は結構改善されていて、

2100年くらいにはオゾンホールが埋まる

という記事を見たことがあるけれど、

温暖化はかなりやばそう・・・・・

 

気候にも変化がみられるし・・・

もう亜熱帯性だよ。まったく。

 

だから、チャリ推進!

とは言わないまでも、

もう少し、政府もまともな政策をだしてほしい

ですね。

とりあえずは、クールビズ?

 

がんばれ、地球!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月25日 (木)

僕の研究室の動物飼育室には、

マウスのほかに、ハムスターがいる。

 

誰も実験に使っていないのだが、

(2年前は使っていたけど、その人は卒業)

年に1回の学生実習のために、

飼育してある。

まぁ、精子がとれればいいので、

少し年をとっても許容範囲。

 

そうして、ただ飼育しているだけの

ハムスター1匹が

今日死んでいるが発見されました。

かなりの確率で、

寿命による死亡

です。

実験動物の寿命による死亡

初めて経験しました。

 

マウスは増えすぎたら、飼育が面倒なので、

殺す、ほかの研究室にあげます。

なので、実験で(僕に)殺されて死ぬ以外では、

病気か、ほかの動物に攻撃されるかの、

どちらかが死因になります。

 

そのハムスター。

前々から弱っていたんですが、

昨日あたり死にそうだったので、

今日安楽死させてあげようと思っていったら、

僕が手を下す前に死んでいました。

 

前に、

実験動物の殺すのに、実験のためだから、と思って殺すのは、

マウスに、生きる意味を押し付けて、かつ、殺すことであって

人間の傲慢だ

と書きました。

だから、何も思わないようにしていましたが、

その老衰で死んだハムちゃんをみていたら

なんだか、悲しい気分になってしました。

別に、愛着があったわけでもないのに、

泣きたい気分になったのです。

 

それは、いいことじゃないか!

と、思う人がいるかもしれません。

 

ただ、僕は、そう思う10分前まで、

実験のため、

何の心も痛めずに、

ジョークを言い、歌を歌いながら、

十数匹のマウスを殺し、

解剖で、無残な姿にして、

つかれたぁー

と言っていたのです。

 

マウス達には何も思わなかったのに、

老衰で死んだというだけで、

ハムスターの死に泣きたくなる。

 

なんなんだろうなぁ、この感情。

 

きっとこれは、勝手な感情。

心のかけらなんだろうなぁ

 

と思いつつ、

無残なマウスも、老衰のハムちゃんも、

同じ冷凍庫に安置しました。

 

五月晴れなのに、暗い話題。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

数年前、

警察不祥事ラッシュの口火を切った

神奈川県警

 

あれ以降、僕の舞台では、

よく神奈川県警を風刺するセリフ入れていますが、

それは、

 なぜか、

  けっこう

   ウケルから

です。

でも、もう、最近は使えなくなった感じがします。

 

その神奈川県警。

今、何をしているかというと、

自転車二人乗りの

 女子高生を摘発!

して喜んでいます。

 

はあ?????

 

って感じです。

バカ丸出し!

 

神奈川県警曰く、

 

最近、自転車の事故が多いので、

それへの注意を喚起するためにやった

 

らしいです。

広報のおばさんが自信満々に語っていました。

どうも話題作りにしか見えません。

 

その高校生は、近いうちに家庭裁判所に送致されるらしいです。

ちょっとやりすぎな気がします。

 

摘発は一部しかされないのは分かっていますが、

なんで、その子たちだけ?

と、思ってもしまいます。

 

弱者をてっとり早く取り締まって、

私たちは仕事をしています。

と開き直っている姿をみると、

 

勝手に免除して、納付率UPしていた

社保庁を彷彿とさせます。

 

だいたい、環境的にも、

もっと自転車を利用しやすい

法整備や、環境作りを進めていくのが

大切!

置く場所もないくせに、路上に置くな とか

車道走れ、 やら、 歩道走れ、 やら、・・・

自転車を取り巻く環境は、

あいまい、かつ、悪い

それに加えて、

こんな摘発があると、自転車族は泣き出します。

 

二人のりがいいとは思いませんが、

今やるべきことはそんなことなのか?

と思います。

 

最近、環境への関心も下がりがちですが、

健康ブームですし、

車より自転車

な社会になってほしいなぁ、と思います。

| | コメント (1)

2006年5月20日 (土)

はずれそうなほど笑いました。

 

昨日、中間発表会が終わったことだし、

と、映画館へ

特に、見たいのがあるわけでもなかったけど、

気が向いたので見ました。

「プロデューサーズ」

 

ブロードウェイミュージカルの映画版。

トニー賞12部門に輝いた作品

らしいです。

演劇やっているわりに、あまり知りませんでした。

が、

おもしれぇー。

 

お話が・・・というより、

「見ているだけで、笑えて楽しめる」

そんな感じです。

 

思わず噴出したくなるような「変な顔」

思わず噴出したくなるような「動き」

思わず噴出したくなるような「キャラクター」

に圧倒されました。

濃いキャラクターあたりは、

自分の舞台に近いものを感じましたが、

演技がすばらしくて、

 

これがプロだなぁ

 

と久々に演技だけでも圧倒されました。

なんだが、「すごい演劇っぽい映画」でした。

 

特に、ゲイがよかった!

もともとゲイネタは好きですが、

今まで見た中で、最高のゲイ

 

映画館でも、大声で笑う私。

一緒にいる人は恥ずかしいといいますが、

なぜ、コメディを見に来て笑いをこらえているのか?

私にはそのほうが不思議です。

 

「ジョニーイングリッシュ」や「有頂天ホテル」を見たときも

大爆笑は、私とほか、2,3名。

 

日本の映画館しか行ったことないけれど、

コメディ見るときの盛り上がりのなさは、

日本の映画館の嫌なところです。

 

みなさん、ぜひ、笑いましょう!

 

 

でも、気にせず笑います。

昨日は、客も十数人しかいなかったので、

ちゃんとみんな笑っていてさらに楽しめました。

 

この映画は、昨日で終わったところが多いですが、

ぜひ、ビデオで見て、笑ってください。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

本日、研究の学内発表。

修論の中間発表です。 

 

2日間日程で、

僕は、初日の最後の発表です。

学内の発表なので、

そんなに気合をいれる必要はないと、

私服で参加。一応、ジャケットは着る。

 

今日の発表者の中で、私服は二人。

まぁ、関係ありません。

 

もう一人の私服君は、

僕の2つ前に登場。

しかも、

ポロシャツ!

 

私服組として、静かにエールを送っていたが、

その彼は、発表でヘマをし、

自分の指導教官にも怒られ、

A大先生に怒られていました。

結局、2人分の時間を使った彼。

 

その後に登場した男が、今度は凄腕!

いかにも、頭よさそうで、

発表も隙がない。

しかも、ポロシャツ君の直後だったので、

さらに、良さが際立っていました。

 

こいつの後にやるのはやだなぁー

 

と思いつつ、演台に。

 

一応、役者の端くれだし、

学内発表くらいで、ガクガク緊張しているのも

格好悪いなぁ

 

と思い、

 

余裕でいけぇ。余裕だぁー

 

と念じながらスタート。

時間がたくさんあまると質問攻撃に合うので、

後半は微妙にゆっくり話し、絶妙な時間配分で終了。

 

あと、友人に聞いたら、

 

余裕ぶっこきすぎて、やる気なさそうに見えた

 

と言われました。

まぁ、そのくらいでいいのだと思う。

 

僕の研究内容は、

マウスに過重力かけて変化を見る

理解しやすい内容なので、

ほかの学生さんから質問がでたり、

(普通は、質問タイムの質問は先生方することが多い)

帰り際にも、学生さんが質問してきて、

なんだか、

 

親しみやすい研究テーマっていいなぁ

宇宙生物学、万歳!

 

って感じです。

僕は、ほかの学生さんの発表はだいたい分かりません。

やっぱ、自分のやっていることをすぐに理解して、

興味もってもらえると、

 

やっててよかったなぁ

 

と思います。

もう一つの僕の発表のポイントはこれ!

Okuno_1  

と画像がなぜか入らないのが残念。

先生の似顔絵が書いてあって、

全てのスライドの端に入っています!

 

なんてお茶目!

 

これに対する反応はあんまり無かったのが、

残念!

 

次回は、gifアニメの先生の動画でも作って、

発表にユーモアを与えられたらと思います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「ユメモグラ (改名:大江戸線)」

 

公募で決まりかけてた名前を、

就任したての、誰かさんのお兄さんが、

職権乱用で改名された

ユメモグラ・・・・

 

開通当初の、

新線お決まりの客不足の報道

の記憶が強くて、

あまり乗り気ではなかったのですが、

最近、就活でよく使います。 

 

そして、結構使えます。

 

そして、結構込んでます。

 

昨日、山手線内回りがとまったので、

急遽、銀座線経由で、ユメモグラの体内へ。

 

なにやら、制服の五人の団体がいました。

男3人、女2二人。

だれも座ることなく、

座席の前の通路に、

なぜか縦に5人並んでいました。

 

そんなこんでないのに・・・

 

お互い背中しか見えないせいか、

もともと仲が悪いのか、

会話している様子はない。

 

どう見ても、修学旅行生。

そして、絶対に、

残り者のよせ集めのグループに、

間違いない!

 

かわいい子が一人、

イケメンが一人いました。

僕からみたら、

なんで君らがこのグループに?

性格悪いのかなぁ?

と気になりました。

 

せっかくの修学旅行なんだから、

仲良くなくても話せばいいのにぃ

だって東京だよ!

江戸だよ!

ユメモグラの中だよ!

 

と思っていたら、

結局、話す姿を見る前に、

ぞろぞろと赤羽橋で降りていきました。

 

彼らは、ここで、何を見るのだろう・・・

 

昨日は、事務系の説明会に行ったら、

女の子30人の中で、男一人でした。

そして、なぜか、グループワークの発表もやり、

帰ろうとしたら、社員さんに呼ばれて、

個人的に説明してくました。

男一人だったので、気を使ってくれたみたいです。

 

入った瞬間、

女しか採用しないのか!やぱ!

 

と思いましたが、大丈夫だったみたいです。

昨日の女性パワーでなんとか乗り切りたいね。

 

てか、目下、準備中。

 

準備は中途半端。 

 

就活でごたごたしていたから、

 

今日は学内の研究発表。

 

 

彼らなりの作戦だったのか・・・・

横になるとはなさなきゃいけないから、

それより、なんで縦に並んでいたのか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

曇りの日が続いて嫌な気分。

そろそろ元気をつけようと、

ブリちゃんの若かりし頃のCDを聞く。

 

やっぱ、いいねぇ。

ブリちゃん。

声が素敵!

 

ブリちゃんから元気をもらい、

就活も、思い切った舵きり!

方向転換ってやつですな!

 

研究系就職がどうにも行き詰った今、

どうしようかぁ

と興味あるところにしか行っていなかったら、

もう5月も中頃・・・・・

 

そろそろガツンと行こう!

 

と、ブリちゃんの歌には出てこない、

証券系をつついていくことに決定。

 

いろいろなことに焦りつつ、

今日もブリちゃんを聞いてがんばります。

 

淡島通りで、

 青いプジョーのチャリにのり、

  ソニーのヘッドホンをしながら、

なにやら歌をつぶやいている奴がいたら、

気をつけろ!

 

きっとそれは、おいらだぁ!

 

でも、口をよく見てみるといい。

絶対に、口ずさむことのない

    ワンフレーズがあることに

              気がつくから

 

そう。

ONE  MORE  TIME !

なんて、口ずさんじゃいけないよ。

 

さぁ、SUMMER LOVE はすぐそこだぁ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

カムチャッカの若者がきりんの夢を見ているとき、

 

私は、小雨降る中、ブランコに、ただ、一人。

 

上を見上げて、木のてっぺんを眺める。

 

目に雨が入る

 

入らないのは、目を閉じる瞬間だけ。

 

テニスンは言う

 

心は強く

 奮い立ち

  探し求めて

見出そう

 決して屈することなく・・・・

 

きりんの首は長くのび、

今日も木の葉をむしり、食う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

虫の音 に呼ばれたのか

じめじめした気候になりました。

私の心も乾きは癒されましたが、

逆に、じめじめしています。

やっぱ、嫌だわ、結果待ち・・・・

 

交通費をケチるため、小雨ふる中、

チャリで、大学まで行きました。

 

でも、ジメジメした心には、

電車より、チャリです。

 

そんなこんなで、

また、ゲームに手を伸ばすことにしました。

 

「大神」

 

前に、「狼」の語源は、「大神」から来ている

と、聞いたことがありますが、

そのせいなのか、主人公は狼です。

正確には、アマテラス大神が降臨したオオカミです。

 

日本の神話には、忠実ではありませんが、

神話の登場人物たちが登場する

一つのおとぎ話のゲームです。

 

オカルト好き

 神話好き

  犬好き(オオカミだけど・・)

の私のはもってこいの作品です。

 

神話好きなんですが、

日本の神話には、あまり詳しくないので、

その走りきっかけって感じでもありますが。

 

映像が、日本画っぽくて、日本的な美で攻めている

あたりが、斬新です。

綺麗なおねぇちゃんは出てきませんが、

こういう美に触れ合うのも素敵な感じです。

 

操作も、FF12に似ていたので、

ゲームが苦手な私でもなんとかがんばってやってます。

 

アマテラスの化身なので、

主人公の通った後は、植物が生えてきます。

なんか「シシ神」さまを彷彿とさせます。

日本の神話にはよくあることなのかしら?

 

ただ、気になることがあって、

主人公をオオカミにしてくれたのはいいんですが、

どう見たって、

犬!

白いでかい犬!

僕にはオオカミには見えません。

 

それに、日本の神話で、大神として狼を出すなら、

 

ニホンオオカミをモチーフにしてほしかった

 

と、そこだけ残念。

もう、だいぶ前に絶滅したので、

写真か絵でしか見たことないですが、

Study080550p000shizen2  

  

 

瀬戸愛知県館のニホンオオカミの標本

こんな感じで、かっちょいい!わけではない!

 

でも、それが、ニホンオオカミで、

それに愛を向けてほしかったです。

 

日光で、モンゴルから近種をつれてきて、

ニホンオオカミ復活計画!

の報道をだいぶ前に見たのですが、

あれは、どうなったんだろう・・・・ 

 

まぁ、忙しいですが、

やることはガンガンやって、

犬をひざに置きつつ

犬に似たオオカミに癒されようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

昨日

トイレに入ったら、

虫の鳴き声が聞こえました。

 

別に、トイレに入ったら、に意味あるわけでもなく、

トイレに虫がいたわけでもなく、

ただ、トイレの窓の近くにいた虫が鳴いていた

ただ、それだけのことですが、

 

きっと、今年初の 虫の音

聞こえてはいたのかもしれないけれど、

 

あ、虫が鳴いている

 

って認識したのは、今年初。

 

もうすぐ、梅雨がくるのだろうかぁ

 

と、感慨にふけながら、トイレをすましつつ、

頭に浮かんだ一句

 

 乾心

   雨を求める

         虫の音

 

俳句としてどうなのか?は分かりませんが、

春の終わりに鳴く虫が梅雨を呼んでいる気がしました。

 

研究と

 芝居と  

  就活を

なんとか、時間をずらしてやりくりしていましたが、

GWにはいって4日経過した今、

全てがかぶって泡ふいてます。

今までのやり残しのつけを含めて、

こともあろうに3つ同時期に、

僕に襲い掛かっています。

 

第一志望の広告ベンチャーの面接が2日後にせまり

悔いのないように、頭を整理しつつ、

芝居の用事が次々と・・・・

 

でも、今やらねばならぬのは、

2週間後に控えた研究発表会で、

核となる参考論文の和訳!

普段、和訳なんて作らないけど、

これは訳した方がいいと決心し、

さっきから必死こいて訳してます。

 

まぁ、一つ一つやってけば、

終わらない量じゃないので

そんなに心配はしていませんが、

心の奥底にいる焦りが、私を苦しめる。

 

そんなこんなで、

乾いた心を湿らせて!

の俳句だったのかもしれない。

 

でも、まぁ、チャリ族だから、

雨が降ってもらっちゃ困るし、

虫も部屋の中に登場したら、即暗殺なわけで、

 

でも、まぁ、

そんな虫の音に少し心を洗われた

昨日のトイレでした。

チャンチャン!

 

さって、和訳和訳・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

Underworld の初日を、ガラガラにたらしめた

と思われる、映画を見てきました!

 

V for Vendetta

初めは見に行く気がしなかったのですが、

誘われたのでいきました!

 

予想外にガラガラでした!

やっぱ、マトリックスシリーズの失敗の影響だと思いますが。

僕も、そのせいで、行く気がありませんでした。

 

しかし、

そんなこと思ってはいけません。

ちゃんと汚名返上しました。

 

マトリックス1以上の出来です。

本当に久しぶりに、

僕の映画ランキングベスト3が更新されました。

 

本当に面白い。絶対見るべき!

映像の迫力を考えると映画館がお勧めです。

今なら、まだ、空いてます。きっと。

  

主人公の登場シーンの長セリフの言い方が、

 

どうも、シェイクスピアっぽいなぁ

 

と思っていたら、

後々結構シェイクスピアネタが出てきました。

そこのあたりも好きでしたが、

 

この後どうなるんだぁ!

 

V の正体はだれなんだぁ!

 

と、後の展開が気になる作りで、見ててドキドキ!

 

マトリクスシリーズの反省を活かしたのか、

戦闘シーンもダラダラ続くわけでなく、

1つ集中。

それに、新たな技法も美しく、ナイスな出来!

 

結局、V の正体は、明確には示されないけれど、

そのあたりの終わり方に、強烈なメッセージが含まれていて、

心にぐっときました。

 

V の正体は、微妙に分かるようになっていて、

でも、明確に示されないから、

 

あれは誰だったのか?

 

で、見たあとの話が盛り上がれるのも

魅力の一つ。

それと 

「作家は嘘で真実を語る」

というフレーズが、

最近の僕の考えていることに一致して、そこもうれしかった

 

僕の好きな劇作家Kは、

真実を見せてもつまらない。

真実でないものをみせるから夢が持てる

といっていましたが、

僕はそこには同意できず、

虚構の世界の中でひきつけて、その中に真実を語る

って考えで、芝居をやってきたので、

そこのあたり、通じるものがあり、好きだったかも。

 

まぁ、とにかく、

ナタリーポートマン!

彼女を使って正解!

ほかの役者なら、あの知的さでないからねぇ。

ナタリーの演技としても、一番好きな映画でした。

 

ちょっと言っていることが、

STAR WARS っぽいところがあって、

マトリクス1で、エピソード1をつぶしたくせに・・・

とひがんでみたりもした。

  

まぁ、一番驚いたのは、

エンドロールの名前の中に、

ナタリーポートマンの護衛の名前

が出ていたこと・・・

ほかの俳優のはなかった気がするし・・・

  

お勧めです。

見るべきです。

ガソリン代も上がり、酒代もあがったGW!

ここは、まずは、映画館へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »