« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

やっと内定いただきました。

就活をはじめてから、本当に長い歳月が流れましたが、

終止符が打たれたわけです。

来年からは、証券マンです。

 

いろいろ所を回り、いろいろ興味を惹かれましたが、

一番演劇を続ける環境が整っていて、

やりがいもある仕事につけたので、満足しています。

 

途中で、早めに決めたくてSEに走り、

けど、やはり、やりたいことを!

と思い、途中辞退の山を築いたかいがありました。

 

ブラジル代表のアドリアーノがこんなことを言っていました。

幸運とは、ひたむきに努力しつづける中で、

自分に回ってくるのを待つものだ。

 

この言葉に勇気をもらったのも事実。

だから、ブラジルに今回優勝してほしいのです。

就活は、長く、嫌でしたが、

ベンチャーもいろいろな業界を見て回ったせいか

地味な仕事含め、いろんな仕事があるのを知ることができて、

社会の流れというのが見れて勉強になりました。

 

あと、スピリッツに連載されていた

「たくなび」

という漫画にも力や情報を頂き、感謝しています。

就活中の主人公が恋愛に苦しみながら、

自分を見つめていく

という話です。

これから就活するひとはぜひ読んでください!

 

いやぁホントに長かったです。

心配してくださった方、

相談にのってくださったり、

愚痴を聞いてくださったりした方、

ありがとうございました。

 

これで、腰を落ち着けて、

最後の研究を取り組みつつ、

あと1ヶ月の芝居の稽古に取り組めます。

 

就活は終わったけど、

まだまだ、人生は続きます。

引き続き、頑張っていきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ちゃんと勝った!

2点目はオフサイドだったけど、

でも、勝った!

もっともっと調子を上げていってほしいです。

 

始めにブラジルが1点入れたからか、

守りに入ったブラジル

攻めるガーナ

おもしろかったです。

 

ガーナのサッカーも美しく、

みて楽しかったですが、

後は、最後の決めところですかね。

4年後に期待します。

 

眠いので、この試合が終わって寝たのですが、

朝起きたら・・・・

 

スペインが負けてる!

 

ジダンが活躍したみたいで・・・・

 

ブラジルもそろそろ調子上げてほしいですね。

次は、フランス戦。

個人的には、予想外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

展開のサッカーでした。

イタリア VS オーストラリア

 

イタリアの圧勝かな、

と思いながら、見始めました。

 

まぁ、互角のまま、前半が終わり、

後半の初めに、イタリアは10人に!

 

10人になってからの試合が面白かった!

イタリアは守りを固め、時々カウンターするけどうまくいかず、

ほぼ攻めつつけるオーストラリア!

 

後半も中盤にさしかかり、

イタリア、交代最後の一枚が

デルピエロ から トッティ

 

イタリア国内では、トッティ起用に関して、

世論が割れているみたいですが、

この交代で、イタリアにも攻撃のリズムが戻る。

 

0-0のまま、ロスタイム。

もう延長かな?

と思っているときに、イタリアは最後の猛攻で、

47分30秒で、PKゲット!

ロスタイムは3分。

 

トッティが落ち着いて、PKをきめ、

06062712 そのまま、終了。

 

 

こんな、ほんとのぎりぎりできまるんだなぁー

サヨナラシュート!

最後まで、気が抜けねぇー

 

いろんなことに対しても気を抜かないように、

今を一歩でも前へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

負けてしまいましたね。

まぁ、仕方ないです。

でも、W杯で、ブラジルに、奇跡でなく、

ちゃんとした形で1点とれたのは、嬉しかったです。

 

なんだか、いい結果がなくて、

日本としては記憶に残らないW杯になりそうでしたが、

あの1点は覚えていようと思います。

 

負けたけど、ジーコへのプレゼントの1点になりましたね。

 

まぁ、これから、誰になるか分かりませんが、

監督が変わって、もっと若い人を入れた

新しい日本代表を作っていってほしいです。

 

そして、

これが日本のサッカーだ!

というスタイルを確立してほしいと思います。

これだけは負けないという強み、スタイルをもってほしいと、

今回のW杯の各国の試合を見て思いました。

 

話は変わりますが、

ガーナ、決勝トーナメントに進出です。

次、ブラジルというのが不運ですが、

頑張ってほしいと思います。

 

面接も終わったし、決勝トーナメントだし、

また、眠れない日が続きます・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

今日は、第1回公演で使用する劇場タイニイアリス

の方のインタビューを受けてきました。

ノースアイランド舎の北嶋孝さんがインタビューアー。

うちの舞台監督と二人で、新宿の地下で受けてきました。

 

なんとか、うまく劇団の宣伝が出来たかしら?

と思いつつ、うまく話せた気がしません。

再来週くらいにアップされます。

アップされたらここでも告知します。

 

昨日買った本

「俳優になりたいあなたへ」

テレビや映画関係の話があり、

なかなか知らない情報も多く、

役に立ちました。

俳優になりたくて、

演技的にも、状況的にも、停滞している人にはお勧め。

 

もう一つ、買った本。

「ヘルメットをかぶった君に会いたい」

やはり、自伝に近い小説でした。

まだ、読み途中です。

どこからがどこまでがフィクションか分からないあたりが

微妙であり、面白いです。

学生運動に関しての記述が多く、

あまり知らない僕にとっては、

こんなことがあったのかい!

と新鮮でした。

 

明日はまた面接です!

イメトレして頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

私がいつもマウスを解剖している部屋があります。

解剖するときは、麻酔をかけます。

麻酔が部屋に充満すると、

マウスが死ぬんですから、

人間でも気持ち悪くなります。

それに引火性なので危険です。

 

いままでそんな悪条件で解剖していたので、

解剖はあまり好きではありませんでしたが、

今日、換気扇をつけました。

 

市販の業務用のでかい換気扇です。

本当は、マウスに重力かけている部屋につけるために買った

換気扇でしたが、あまり吸引力が強くなかったので、

解剖部屋用になりました。

 

窓の上に換気扇用の穴だけ開いていたので、

そこにまず換気扇をつっこみます。

突っ込むといってもサイズが合わないので、

天井近くに足場を作ってあげて、のっけて、

穴にあわせる作業です。

そして、黄色のでかホースをつけて終了!

Img_1497  こんな感じ。

 

 

 

しかも、換気扇の向きが逆で、もう一度やり直しました。

 

一人で、しかも、スーツで。

さすがに、Yシャツ姿ですが、

なんとも疲れた。

 

でも、がんばったよ!スーツン!

 

でも、後日、次は、

重力かけている巨大遠心機のある部屋に、

換気扇を追加設置しなきゃなりません。

 

なんだか、もう、換気扇屋・・・・・

| | コメント (3)

昨日もサッカーを見ずにすごしました。

今日の面接の準備にあけくれていました。

 

面接が順調に終わったので、

気分よかった私は、大学に帰る前に、

渋谷のBOOK1st に寄りました。

 

古典の戯曲でも読もうと、

ニール=サイモン やら、 

アーサー=ミラー やら、

モリエール やらを買おうとしたのですが、

それ系は、ニール=サイモンの全集しかなく断念。

今度、新宿南口の紀伊国屋まで行きます。

 

演劇関係エリアにいた私。

鴻上尚司が、新しい本をたくさんだしているのを発見。

3,4冊ありました。

ドンキホーテシリーズは、SPA!で連載を読んでるから買わず、

孤独の本、も暗そうだからやめました。

 

「ヘルメットをかぶった君に会いたい」

というタイトルがあり、

これは小説です!

とでかでか書いてありましたが、

中を見ると、鴻上の自っぽいので買うことにしました。

 

あと、1冊、買いました。

「俳優になりたいあなたへ」

 

別に、これを読んだから

プロの俳優になれる!

とは思っていませんが、

いろんな業界予備知識がつくだろうし、

うちの劇団の役者たちにアドバイスできたら

という気持ちで買うことにしました。

 

2冊持って、レジ向かう私。

ふと、買う本に目を落とす。

目に入ってくるのは、

「俳優になりたいあなたへ」

そして、レジいるおねぇさんを見ました。

 

よくみると、すごいタイトルです。

「うまく人と話せる方法」とかの類の本に匹敵します。

 

それに、就活帰りですから、当然、私はスーツ姿

 

最近、おでこの広がりが少し気になってきましたが、

普段着を着ているときは、

見た目は、実年齢より若い!

と自負しています。

でも、さすがに、スーツを着たら

そこら辺のおっさんの仲間入りをするわけで・・・・

 

この姿で、この本を買ったら、

レジのおねぇさんに、

「営業の合間に本屋で、これを買うのね。この人。

 これを読んだら俳優になれると思っているのね。

 社会の疲れたのかしら。まぁ私は本屋のレジで、

 堅実に稼ぐわ!」

と思われるんじゃないか!

とか思いつつ、躊躇。

 

けれど、私は、unit-IFの代表。

働きながらでも、質の高い舞台を作れる!作ろう! 

という劇団の代表なわけで、

そんなことで躊躇するわけにもいかず、

一瞬したけど・・・・・

レジに向かいました。

 

「俳優になりたいあなたへ」

 

とても分かりやすい題名ですが、

やっぱ、すごいタイトルです。

 

就活の時の電車の中では、

必ず、この本をカバーをかけずに読みたい!

そう思った梅雨の一日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

1試合もサッカーを見ませんでした。

 

就活やら、ゼミの準備やら、

 

今週は、先生の実験の授業のお手伝いもあり・・・

 

で、サッカーは見られませんでした。 

 

それにしても、クロアチア戦!

なんだかなぁー

と思ってしまいました。

すごかったのは川口のPKセーブのみ!

 

後半は、両国とも、

中途半端なカウンターばっかで、

サッカーというより、玉蹴り!?

疲れているのはわかるけど、

最後、サントスはDFをしていたのだろうか・・

と疑問符が!

 

日本人だから、ハラハラして見れたけど、

第3国の人から見たらつまんないダラダラ試合だよなぁ

と思いつつ・・・・

 

第3国の人も楽しめる試合がしてほしかったです。

 

でも、まぁ、ブラジルが、

きちんとイエローカードをたくさんもらいつつ、

きちんと勝ったし、

 

オリンピックでブラジルに勝ったときのメンバーもいるし、

宮本は出れないし、

 

少しは希望持てるブラジル戦ではありますが・・・

 

2点差以上で勝つのは、難しいかもですね。

でも、いい試合をしてほしいです。

 

正直、クロアチア戦後の中田の

「また、勝てる試合を落とした」

というセリフを聞いて、

メンタルを含めた自分たちの実力を認めきれない姿が

少し悲しかったです。

 

まぁ、自分にも似た節がありますので、

僕もきちんとがんばりたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

やっと来ました、アフリカ勢!

ガーナ VS チェコ

 

昨日の夜見てましたが、

ガーナ、いい試合でした。 

今回のW杯は、

順当勝ちだらけで、

アジア・アフリカ勢の苦戦が多く、

3日前くらいから、アジアアフリカ勢の応援!

 

強いチームが勝って、

いいプレイが見られるのもいいですが、

やはり、W杯では、一カ国くらい意外な国に

勝ち上がってもらいたいし、その方がおもしろい!

 

それに、アフリカ勢。

試合も惜しい試合が多く、

最後の所で負ける試合が多くて残念でした!

 

でも、勝った!ガーナ!

しかも、イタリアがアメリカと引き分け、混戦E組!

 

やっと、混戦の組がでてきた!

これも、ガーナの番狂わせのおかげ!

 

このまま、進んで勝っていってほしいです。

ガーナ!

 

さぁ、日本も今日はがんばれるか!

オーストラリアも台風の目になりそうな気がしますが、

ブラジルに相手にどんな試合をするのか!

  

今日は寝れそうにないですね・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

アルゼンチンVSセルビアモンテネグロ

すごい!

 

何がすごいって

マラドーナのはしゃぎよう!

 

母親が清水出身で、

小さい頃からサッカーに親しんでいた僕にとって、

マラドーナは、スーパー選手!

 

そして、そのマラドーナの目の前で、

15分で、

1アシスト、1ゴールの結果を出した

メッシ!

 

マラドーナの後継者

今まで、いろんな人が言われてきたけれど、

きちんと結果を出すあたりがすばらしい!

 

これで、いい結果をだして、

マラドーナだけじゃないアルゼンチンを見せてほしいです。

 

アルゼンチン強し!

決勝で、ブラジルとあたるのは、

イングランドかアルゼンチンか!

楽しみですねぇ。

 

だんだん、かなり、盛り上がってきました

W杯

 

僕も、大型テレビで勝ったみたいだし、

まだまだがんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

順当に1位2位が決まったA組をよそ目に、

B組は、番狂わせで、混戦にならないかなぁ

と思いながら、

昨日のW杯を見ていました。

 

イングランドVSトリニダード・トバゴ

 

イングランド代表が、

ほぼプレミアリーグで固められている一方、

トリニダード・トバゴの選手は、

ほとんどが、その2部、3部のチームに属している

個々のレベルにはかなり開きのある試合でしたが、

いい試合でした。

 

今回の僕が見たW杯の試合の中で、

ベストゲーム!

 

トリニダード・トバゴの監督が、

「うちは、気力と、勇気と団結力で勝負する」

と言った言葉通り、

団結して守り続けるトリニダード・トバゴ

 

後半は、DFを2枚にしてまで攻め続けるイングランド

 

でも、堅い守りに阻まれて、得点は遠い。

逆に、

カウンター、セットプレー狙いのトリニダード・トバゴにも、

あわやゴールのシーンも多く、

見ている方は、ハラハラドキドキの試合でした。

 

守って守って、隙を突いて攻めるサッカー

 

が、最近、見ていておもいしろく感じます。

フランス大会のパラグアイの試合を見て、

その傾向が、決定づけられました。

パラグアイVSフランス

は、僕の記憶に中に残る名勝負!

負けた後、泣き崩れる同僚を抱えるチラベルトの姿が、

印象的でした。

 

トリニダード・トバゴは、

結局、後半38分に、

Rtr200606160001 倉内

ではなく、

クラウチ

ヘディングで決められてしまい、その後も1点決められましたが、

いい試合でした。

 

攻め続けて、きちんと結果を出した

               イングランドに拍手!

各上に対して、必死に守った

               トリニダード・トバゴに拍手!

そして、主審の日本人のおじさんにも拍手!

 

番狂わせにはならなかったけど、いい試合でした。

初出場なので、1勝してもらいたいけど、

次の相手は、僕の好きなパラグアイ!

 

今回のW杯は、スウェーデンにも負け、

最後の最後の粘り強さが見せられずにいる

パラグアイですから、

次は勝ってほしいとも思うのです。

 

というわけで、

パラグアイVSトリニダード・トバゴ

堅い守りVS堅い守り、どんな試合になるか楽しみです。

 

イングランド勝ってよかったね。

でも、クラウチが、どう見ても、

アンガールズに見えるのは、

僕だけでしょうか・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

今日は久々に面接に行ってきました。

最近は、途中で辞退したり、

性格診断でおとされてたり、

と、なかなか面接がなかったんです。

 

で、まぁ、本命に近いところなので、

対策を練ったわけです。

今までは、せりふを作って覚えていったのですが、

結果が出てないので、

徹底的にイメージトレーニングをして攻めていくことにしました。

 

イメトレの方が、いつもやっているの効果的だと思ったのです。

演出をやるときは、だいたい、稽古の前に、イメトレをします。

きっとは、あいつはここらへんが微妙だろう

とか、

今日は、ここで、こんなダメだしするんだろう

とか、

だいたいイメージしてから、稽古に行きます。

 

イメージ通りに、役者が動いて、

予想通りのダメだしをするときは、

うれしいのか、かなしいのか分からなくなりますが、

まぁ、イメージ通りのことはよくあります。

時々、予想外にうまい演技をしたり、変なことをやったり、

逆に、問題外の演技をしたりするのを見ると、

その意外性におもしろくなります。

そうやって、僕の舞台は膨らんでいくんですが・・・

 

なので、イメトレは日常茶飯事!

いざ勝負!

 

圧迫面接という情報があったので、

気合を入れていったのですが、

そんな圧迫という感じでもなく、

意外に反応がよくて安心しました。

 

ただ、面接官との距離が遠かったですが・・・

 

オーストラリア戦の感想を聞かれたりして、

終盤に差し掛かったとき、

 

「お金があったらほしいものはなんですか?」

 

ときかれました。

僕としては、想定外だったので、

「親に院の学費を借りているのでまず返したい、

親に恩返しをしたい」

といいながら、時間稼ぎ。

 

向こうが何を狙って聞いているのか全然分からない。

お金あったらほしいのは、

自分の劇場だけど、そんな演劇前面にだすのもなぁー

と思っていたら、

 

案の定

「自分のでほしいものは?」

ときかれ、

とっさに、

「サッカーを大画面で見たいので、大型液晶テレビ!」

と答えました。

 

つながりもあるし、われながらいい返答だ

と思っていたのですが、

大学に戻り、友人に話したら、

「そんなんじゃだめだよ!欲がなさすぎ!

証券なら、もっと欲をアピールしないと!

どっかの会社を買い取るとか!」

といわれショック!

えーーーーーーー! 

そういう狙いのなのか?

でも、

1つ1つ積み重ねる社風

とか言っていたしどうなんだろう?

 

それに、この状態で、この会社に落ちたら、

僕の中での敗戦理由は、

「大型テレビ」

になるわけで・・・・・・

 

でも、まぁ、それだけで判断されるわけないし、

考えても無駄なので、

芝居のイメトレとゼミの準備をします。

 

雨が強くなってきました。もう梅雨本番!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

この前のサッカーの試合で、

メンタルは大切だ、と実感したばかりなのに、

なんだか、昨日から気が緩んで困っています。

 

僕は、普段、

怒りとか、焦りとか、不安とか、

あまり表に出さない方なんですが・・・

(周りに、違うといわれるかも・・・・

 少なくとも、出す方ではないんです)

だから、結構、内にいろいろ詰まっていて、

まぁ、全ての人が詰まっているんだろうけど、

表に出したら、際限ないから出さないだけで、

というか、

顕著に出す方法が分からない

という方が当てはまっていますが。

で、詰まり溜まったものは、

勝手に消化されて、消えるのを待つだけなんです。

「おなら」に相当する残り滓は表にでているかもですが・・

 

それに、マイナスの感情は考えるだけで、膨らんでいくので

心の中でも、あまり考えないようにしています。

 

2重にしばってあるわけです。

 

で、昨日からなんか気が緩んで、

溜まっていたものが、僕の心を取り巻いて、

いやぁーな気分になっているのです。

 

あまり、表には出てませんが、

心の中の糸は完全に解かれました。

 

原因は分かっています。

先のブログで書きましたが、

日本対豪国 の試合を見ていたときに

友人から電話がかかってきました。

 

高校の時からの友人で、

四国の大学に行ってしまったので、

向こうが帰省したときしか会えないので、

本当に、久しぶりの会話でした。

 

別に、愚痴を言ったわけでもなく、

ただ、話していただけなんですけど、

今まで張り詰めていた気が、

自然に、スルっと緩んでしまったんです。

 

本当に信頼できる友人と話して、

安心したのかもしれません。

そう思える友人は、あまり持っていませんが・・・

 

それに、その人は高校で演劇部が一緒だったのですが、

四国に行ってしまったので、

大学以降の僕の舞台を見たことがなく、

今度の舞台を見に行けるかもしれない

といわれ、嬉しくなったからもあるのだろうと思います。

話せてうれしかったけど、

ただ、この緩んだ気には困っています。

 

不安やら、怒りやら、

心の中をグルグルと回りだして、

あぁーって感じです。

 

今はやっと、すこしだけ、気合を入れなおしましたが、

早めに普通の心境に戻りたいです。

 

ちゃんとブラジル勝ちましたね!

テレ朝の中継で、トルシエがでていてびっくり!

知的な顔のわりに、言うことは普通でしたが・・・

 

クロアチア善戦!

負けましたが、きちんと守って、きちんと攻めれていました。

あらぁ、日本は勝てるのかしら?

と、思いつつ・・・・

 

緩んだ気分の再生中・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

昨日の日本対オーストラリア

ぎゃー

って感じでしたね。

 

キーパーチャージ気味な1点目のあと、

久々な友人から電話がかかってきて、

45分くらい話ながら見ていましたが・・・・

 

電話切った後くらいに、

追いつかれて、逆転されました。

 

川口のファインセーブが続いただけに、

3失点は川口がかわいそう!

 

なんだか、この前のドイツ戦を見ている感じで。

なにかの糸がプツンと切れたように、

DFが崩壊!

後半39分まで、耐えたんだから、

疲れや、技術というより、

メンタル面の実力が出てしまった気がします。

 

個人的には、最後の大黒投入には疑問ですが。

 

オーストラリアは、今後アジア予選に参加だった気がしますが、

これから、もっとアジア予選も接戦が増えて楽しみが増えますね。

 

オーストラリアには負けましたが、

ブラジル戦が、最終戦というのが、まだ、救いか!

 

とにかく、ブラジルに2勝してもらって、

日本もクロアチアにきちんと勝って!

うまい具合に、トーナメント行ってほしいですね。

 

結局、得失点差勝負になりそうだから、

昨日最後の一点が、やはりショック!

 

日本を応援しつつ、自分にも応援。

 

がんばれ、パラグアイ!

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

村上氏逮捕!

天罰が下った

とか盛り上がっていますが、

なんだかなぁ

と思います。

 

本人も記者会見で、

コンプライアンスは厳重にやっていた

と言っていましたが、

そうなんだろう

と思います。

村上氏なら

神経質までにやっていそうな気が

勝手にします。

でも、逮捕されたんですよ。

 

本人は

インサイダー取引の認識はなかった

と言っていました。

ライブドア元幹部の方も、

私も同じ認識だ

といい、

法の解釈の違いによる。

私の認識が甘いのかもしれない

とも言っていました。

 

は?解釈?

 

疑問符が!

ということは、

 

たとえ、法を守っていても

検察が、違法と解釈すれば違法!

 

という事態も、おおげさではなく、

起こりうるのではないのかしら?

共謀罪のこともあるし、

なんか怖いなぁ

と思ってしまいました。

 

法律を守っているなら何やってもいい

というのはおかしい

 

というのが、最近、力を得ていますが、

おかしいわけないのです。

それは、法律がいけないだけで、

政治家のせいの方が大きいのではないか

と思います。

 

まがりなりにも、グローバル化が進み、

外資も多く進出してきている中で、

守るべき基準は、

今や、慣習法ではなく、

明文法であるべきだと思います。

 

法の解釈ですべてが決まるなら、

まともな自由競争もできないし、

どんどん検察がでしゃばるだけな気がします。

いけないことがあるなら、それがだめだと、

議論した上で、書くべきだ、と思うのです。

 

もっとちゃんと法整備が必要で、

マスコミは

天罰だ

とか言ってる暇ではない気がします。

 

エレベーター事故のエレベーター会社の

シンドラー社の社長が昨日テレビにでてきました。

悪役トムクルーズって感じの人。

ずっとノーコメントを貫きましたが、

その態度が、なんと横柄

しかも、記者もなぜか腰が引けている。

あの画像をみると、

上のことをさらに痛切に感じます。

 

話は変わりますが、

今週の「SPA!」の特集に、

「下流臭い、男の言動」

というのがありました。

なんか読んでいると、

うちの劇団の稽古中の会話やら、

まわりの人の会話やらが

結構当てはまっていて、

なんだか、微妙・・・・

 

さらに、

「毎号、SPA!を読んでいる」

のも下流臭いらしく、

僕も当てはまり・・・・・・・・

 

さて、今回動いた検察は、下流臭いか否か!

ま、どっちでもいいことですが・・・・・ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

やっとのことで、

第1回公演のチケット販売開始!

予約も開始!

http://unit-if.com/ 

同時に、WEBの完全更新になりました。

unit-IF第1回公演
「S.A.S. ~遠い水平線~」

演出  小山一羊
脚本  織方葵

共通点のない5人の男女が、

目が覚めたら、見知らぬ場所に閉じ込められていた

 

という、本当にありきたりな話から始まります。

ありきたりです。

でも、お話の内容はありきたりではありません。

おもしろいです!

 

この「S.A.S.」っていうのは、

実は、5年前に僕が初めて演出した作品の題名です。

今回は、再演というより、リメイクっていう方が近いかな?

題名とモチーフは同じですが、

話の内容は全然違います!

 

基本的に「再演」というのは、あまり好きではないのですが、

この「S.A.S.」には、

思い入れもあり、けれど、

5年前の出来も客の数も、決していい結果ではなかったので、

作り直すことにしました。

 

本番まで、あと2ヶ月。

週一の稽古ですが、いい作品に仕上げていきたいと思います。

 

がんばろう!

 

気がつけば、もう梅雨・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

明日は、

研究室公開の日!

学内のいろんなひとに研究室を公開して、

どんなことをやっているか、紹介する日です。

1,2年生で、まだ、進路を決めていない人に

向けての宣伝も意味もあるんだろうと思います。

 

というわけで、今日は、その準備

会社説明会が終わり、

学校に向かい、研究室の前に着く。

 

鍵がかかっている・・・・

 

え? あれ? 僕一人?

 

中を見ると、誰もいない。

準備のかけらもされていない・・

 

昨日、

明日、僕が戻ってきたら準備ね!

って言ったのにぃ・・・・

 

現状、僕の研究室には、

院生は僕1人で、あとは4年生が二人。

僕が、まぁ、一番上なわけで、

やらなければいけないわけです。

さっき、聞いたら、

後輩の一人は親戚の不幸で田舎に帰ったらしく、

ほんとやるしかない。

 

まぁ、今日の行った会社、

筆記試験はボロボロだったけど、

とてもいい会社だったので、

気分がよかった私は、

一人でがんばることにしました。

 

やけくそで、かなり目立つ看板をつくりました。

Dsc00451  

 

 

 

あまり目立ってないかもですが、

廊下にはこれしかないので、

Dsc00452  

 

 

 

こんな感じで、かなり浮いてます。

 

先生は、目立つよぉーと笑っていました。

 

こんな目立たせてどうするんだろう。

 

と今になっておもいます。

 

明日は、説明するのは2人しかいないし、

ほかにやることあるから、

あんまり説明したくないし・・・・

 

明日、たくさん来たらやだなぁ、

と思いつつ、

おもむろに、

芝居のポスターも飾っておこう

と、たくらみつつ、

今日はもう帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »