« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

何度も書いてますが、うちには、犬が3匹います。

そのうちの一匹。

Img_1742 Img_1765  

 

 

トイプードルの♂のnavy

もう11歳くらいです。

 

昔から、よく一緒に寝たりしてまいた。

浪人時代は、特に、よく散歩にいきました。

大学時代は、あまり家にいなかったので、

あまり会えませんでしたが、

僕が、大学院に入って以降は、

僕が家にいるときはずっと一緒にいます。

 

あと2匹います。

アメリカンコッカーの5歳のメリー 

イングリュッシュコッカーの1歳のチェリー

メリーはかわいい子ですが、腰と肌が悪く、

寝てる状態がほとんどです。

チェリーははしゃぎすぎで疲れます。

この2匹は、ほとんど母親といます。

 

navyは僕といます。

ちゃんと会話もできますよ!

navyが吠えるときはだいたい、

「トイレに行きたいから散歩に行こう!」

「腹減ったから、餌をくれ」

「腹減ったから、ガムをくれ」

「水をくれ」

「早く寝よう!」

「なんでもいいから遊んでくれ!」

このうちのどれか。

餌を上げた時間、トイレに行った時間、顔つき、などで、

なんと言っているか判断します。

 

僕は、僕で、分かっているのか知りませんが、

彼に話続けます。

部屋から出る時は、だいたい、行き先を彼につげます。

一番やっかいなのは、トイレです。

僕が、

「トイレに行ってくるから座ってなさい」

といってしまうと、

navyは「トイレ」という言葉に反応し、

「そうか、今から散歩にいくんだな!」

と勘違いし、立ち上がりのびをはじめます。

そうすると、トイレにいった後、散歩に行く羽目になります。

反射的に言ってしまう言葉なので、

このくせはまだ治りません。

 

最近TYXHの手伝い等で、家にいないことが多いので、

navyはすこぶる不機嫌です。

やたらと、怒る。吠える。

何を要求しているのか分からないことが多い。

とにかく、散歩にいくか、寝るかで我慢してもらいます。

 

navyももう年なので、目が濁ってきています。

10歳すぎたらよくあることなので、仕方ないのですが、

それで、不安になったりしているのかもしれません。

 

ただ、視覚に頼る人間とは違い、

犬には、匂いがあるので、そんなに影響はない!

と勝手に思っていますが、それは、僕には分からないことです。

 

ただ、思うのは、

頭に映像が浮かび上がるのは不思議だなぁ

ってこと。

目で、ただの電気信号に変換されて、

それが、どっかに映し出されているわけではなく、

電気信号のネットワークとして映像を認知しているわけで・・・

 

光信号ではなく、音波信号で見ている動物もいるので、

匂い信号でも映像を認知できるんじゃないか?

と勝手に思ったりしています。

とにかく、脳は不思議。

 

なぜ、いきなりこんなことを書こうと思ったのか?

1.navyのかわいい写真がとれたから

2.論文を読もうとしたら、家に電子辞書を忘れてきた

  のに気づき、やる気がうせたから

 

さて、正解は?

| | コメント (0)

2006年10月30日 (月)

劇団員の女の子二人から、

誕生日プレゼント

 

袋には薬局のシール!

 

中身は、DHAとカルシウムのサプリメント!

 

このサプリメントのチョイスで、

自分がどんな風に捉えられているのか?

だいたいわかる気がします。

 

ありがとう。

寂しがり屋の僕は、ささいなことでも喜びます。

 

さて、今、僕は、劇団TYXHさんのお手伝いをしています。

横浜市大の劇団は2つあって、僕がいた劇研とは別の劇団。

 

劇団TYXHの今回の演出さんには、

公演の撮影してもらったり、撮影、撮影・・・・

と借りがたくさんあったので、お手伝いすることにしました。

 

うちの劇団unit-IFの高市は、TYXHにも所属。

なので、出演します。

でも、人員不足の劇団TYXH。

ついでに、unit-IFのメンバー、

免出・大須賀・小田桐・渡辺も出演します。

 

登場人物は5人なので、

役者はすべて、unit-IFのメンバー!

ってことになりますが、劇団TYXHの公演です。

 

横浜市大の学園祭の中で、公演します!

学生時代、あまり学祭にいなかったわりに、

卒業してから、ずっといるというのも、変な感じですが、

若さ吸収のためにがんばってきます。

 

ちなみに、劇団TYXHの部室には、

漫画がたくさんあり、お手伝いついでに読んでます。

 

漫画ばかり読んでいるので、

漫画をよむために、お手伝いに来ている

と思われているかもしれません。

  

「MONSTER」

初めて読みました。全部読みました。

面白かった。

でも、途中途中、新しい人がたくさん登場したり、

みんな顔や名前が似ていたりして、

ちょっと混乱しながら読んだので、

読み終わりちょっとすっきりしなかった。

一気に全部読まないと頭が追いつかない!

 

「20世紀少年」

もそんな感じです。

最終章がまた連載始まりますが、

その前に、全部読み直さなきゃです・・・・・・

 

そんなこんなで、

研究の方は、最後の最後で運がつきつつあります。

が、

なんとか頑張っています。

DHA飲んで、頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年10月27日 (金)

25才になりました。

 

24才の終わりに起こったこと

自転車の後輪 大破!

鍵をつけたまま押してしまっただけなのに・・・・・

去年タイヤ換えたばかりなのに・・・・・

でも、もう6年も乗っています。

まだまだ乗ります!

 

日本ハム優勝!

帰ったら、ちょうど最後の打者!

おめでとう!

でも、

監督の胴上げをいつやったのか?

と不思議になりました。

そして、優勝より嬉しいのは、

MVPが稲葉!

ヤクルトファンは皆そこを喜んでいるはず!

ここ数年、マイナーチームが勝ちあがっているので、

日本シリーズはおもしろい!

来年の日本シリーズは、

ヤクルト VS 楽天

を見たいですねぇー

そして、不思議だったのは、

新庄は最後の打席と言われていたが、

アジア杯は出ないのかしら?

 

そんなことを思いながら、誕生日を迎えました。

同じ誕生日の人はあまりいません。

塚本タカシという有名人が一年違いみたいですが、

よくしりません。

大学の劇研の後輩に同じ誕生日がいます。

昔は、よく話しましたが、最近は、あまり話しません。

でも、この日は、

お互い「おめでとう」とメール送りあいます

アホくさいけど、面白い!

 

バースデイメール

携帯をチェックしたら、去年は、意外にたくさん来てました。

ちゃんと保護ってあるあたりが、寂しがり屋の証!

今年は、あまりこないだろうなぁー

と思う。

なにせ、

友人の誕生日にあまりお祝いメール送らないから!

誕生日覚えている友人は、両手で数えれるくらい・・・

マメなはずなのに、そこらへんは疎い

今年から、マメになろうかしら・・・・

 

そんなことおもいつつ、

今朝のニュースでショック!

 

高校の履修不足問題。

都立高校発覚!

しかも、八王子東!

都立の中じゃ、けっこうな進学校

かなりショック!

自分の高校も方針変更でヒットしていたらやだなぁー

と思いつつ、

都立日比谷もヒットした時の石原知事の顔が見たい!

と悪趣味なこと思ってしまいました。

 

25才です。

自分の子供の時に想像していた25才像と比べて、

はるかに、若く、ガキで、でも、頭髪は・・・・・

な状況ですが、

日々是決戦!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

二人ほど知り合いが関わっているので、見に行きました。

劇団サーカス劇場第12回公演

「ノスタルジア」

 

この前、劇団唐ゼミを見に行ったのは書きました。

この劇団が、唐ゼミさんに近い のも聞いてはいましたが、

 

かなり、唐ゼミっぽい!

 

でも、僕として、唐ゼミさんの舞台より好きな舞台でした。

セリフがキレイです。

「音楽のような言葉」

を目指していると書いてありましたが、

まぁ、そういうに値するセリフ

言葉自体は野田さんな感じもして、

ステキな言葉のセリフ!

 

ここは、ぜひ、見習いたいところ

 

照明や人の動きもきれいだったので、

見てて楽しい舞台

でもあり、そこらへんは、自分の求めるところに通じて、

好感が持てました。

 

でも、話がよく分かんない・・・・

よく分かんない というより 

話の進展に興味が湧かない!

 

見た目や、言葉がきれいな舞台によくありがちですが、

物語のおもしろさ

がもっとほしかった。

まぁ、それも人それぞれの感性なんだろうけど・・・・

 

キレイな照明、キレイなセリフ

本当に美しかったですが、連発されたのも

ちょっと飽きが来てしまった感じがします。

 

でも、自分にないものを勉強できてよかった

 

今から帰ります。

どうなっているんだろう、日本シリーズ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あまり書く気がなかったけど、

意外に身近なネタみたいなので、コメントを。

以下はasahi.com

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

新たに15校で判明 

 

必修科目履修漏れ、

 

15道県81校に

2006年10月26日12時12分

 全国の高校で卒業に必要な必修科目を履修させていなかった問題で、北海道3校、長野県3校、栃木県2校、静岡県6校、福岡県1校の公立高校計15校でも、世界史などの履修不足があったことが新たに分かった。朝日新聞の26日正午までの集計では、私立も含め15道県で81校に増えた。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

おとといの、富山の高校の不備発覚から1日で、

どんどん出てきました。

 

青森の県立進学高校に通っていた友人に聞いたら、

一年はみんなで地理。2年からは選択。

と言っていたので、その学校もヒットしてるみたいです。

 

僕の高校は、

一年二年の時に、理系文系関わらず、

地理も日本史も世界史も地学も・・・・・・・

だいたい履修させられました。

 

まぁ、僕は、一応、理系なんですが、

数学とか化学とか生物の授業より、

世界史、日本史の授業の方が、

かなり熱心に聞いていました。

 

受験でやる教科は、自分でいろいろ勉強するから、

むしろ、受験に使わない教科の方が、

新鮮な内容が多いし、その分授業も楽しかった。

 

高校の授業で、

受験のために受けたものはあまりない。

主要科目は予備校頼りだけど、

生物を含めた予備科目はだいたい独学・・・

 

そんな感じが当たり前だと思っていたので、

今回の事件は驚き!

そんな一個か2個の授業削ったって

たいして勉強しないんだから・・・・

とも、思ってしまいますよ。

 

なんと言っても

生徒がかわいそう!

今から補修なんて!

でも、そういう学校なら、

補修はするけど、教室にいさえすれば、

授業は聞かずに、自分の勉強してなさい!

といいそうですが・・・・

 

岩手県は、30ちかくの高校・・・・

教育委員会ぐるみは否定できないよぉー

と思いつつ、ちゃんと責任とって、

みなさん辞職するくらいしてほしいものです。

 

まだ、都立が出てなくて一安心な今日。

 

稲葉が活躍して嬉しい日本シリーズの昨日。

 

今日は、サーカス劇場、見に行きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

ラッキーストライク というタバコ。

200pxlucky_strike

 

よくみると、日本の国旗に似ている

 

これは、広島原爆を象徴している!

と言われているらしい。

下の方に、それを連想させる英語も

小さく書いてある!

と、友人の知り合いのスイス人に言われ、びっくり。

ネットで調べたら、

このデザインは1942年からなので、違うみたいですが、

軍に配給されていたので、

日本を連想している可能性はあるみたいで、

まぁ、それが日本で売っているのは、やはり驚き。

 

かくいう僕は、前は、ラッキーストライクを吸っていた。

無知って怖い・・・・

 

というわけで、日本の核保有議論。

え?だめなの?

と言った中川先生の思惑かどうなのか分からないけど、

核保有の議論はどうなのか?という議論の中で、

すでに、核保有の議論をしている国会

 

それなのに、

タテマエ的に「議論すらだめだ」といっている現状は、

なんて不毛な国会論議なんだろう・・・

と思う。

 

ただ、現状として素敵なのは、

日本の核保有議論が、

日本の有効な外交カードになりつつあること!

 

日本に核を持たせないように、

アメリカは、ちゃんと守るよ!のアピールをしたり、

中国は、少しは、制裁の姿勢を見せたり・・・・

 

その部分だけ見ると

うまい!

と思いますが、

意図的だったのかどうなのかは、疑問の残るところです。

 

先週の土曜、大学時代の理学部の友人と久々に集まった。

なぜか、友人の知り合いのスイス人も同席!

おかげで、国際的な話もしつつ、

日本の核保有の是非の議論になりました。

 

友人たちとこんな話をするなんて意外でしたが、

楽しかったです。

僕は、米国や中国、ロシアと対等外交してほしい

という気持ちから、核保有には賛成。

みんなは、反対でした。

ただ、

アメリカが裏切った時に備えて、

いつでも作れる準備はしておくべきだ!

という意見は、それなりに、同意が多かった気がします。

 

物理の友人いわく、

日本じゃ、簡単なのは、すぐに作れる

らしいですが・・・

 

で、昨日のTVタックル!

三宅さんが、「非核三原則」について、ステキなコメント!

アメリカの核の傘で守ってもらっているのに、

「持ち込ませない」というのは矛盾している。

 

「非核三原則」というのは、

核兵器を、持たず、持ち込ませず、作らず!

佐藤栄作内閣から生まれた政策

 

アメリカの核による抑止力が発揮されるためには、

日本にないと抑止力にならない。

だから、すでに、持ち込まれている!

 

でも、タテマエ的には、

アメリカが「持ち込んでない」というのを信じるだけ。

 

でも、守ってもらわなきゃいけないから、

公に調査などはしない!

 

TVタックルでは言っていました。

 

それを知っていて

アベ総理は、「非核三原則厳守」

国会議員の一部は「議論もだめ」

と言っている。

 

これで、まともな国防がなされるんだろうか?

 

番組内で、大竹さんが言っていましたが、

「タテマエはやめて、本音の議論をしてほしい」

というのが、正論だと思う。

 

国会議員にもいろんな都合があり、

国際社会的にも都合があるんだろうけど、

国防的に危機が近づいているのに、

タテマエの議論しか国民に見せないのは、

無責任じゃないか!

 

と思うのです。

きっと裏ではちゃんと議論しているんだろうけど、

きちんとしたシビリアンコントロールしてもらいたいです。

 

 

そんなことを思いつつ、

ソフトバンクの予想外割引に感動した僕。

CMで「予想外」を連発し、

最後の最後まで秘密にして、発表!

という戦略にかなりの好感を覚えつつ、

ソフトバンクの友人、あまりいないよ!

だから、無料といわれても・・・・

という心のツッコミで、移す気がなくなった僕。

 

まぁ、これで、価格競争が起こることを願ってします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

前の国会で、なんとか流れた共謀罪

今回の臨時国会で採択の動きが出ているようです。

 

共謀罪

 

平成の治安維持法

といってもおおげさではない法律です。

 

実際に犯罪を起こさなくても、

2人以上で集まって、犯罪の話し合いをしただけで

逮捕できる法律

 

前の国会の時に、ニュースなどで

アホな想定映像

がよく流れていました。記憶にあると思います。

あれは、あれで問題があります。

今、「共謀罪」が成立しても、

近所のおばさん同士の会話や居酒屋のジョークで

逮捕されることはない!

と思います。

だから、

あの手の想定映像は現実味を欠いている!

と思うのですが、ある条件が加わると現実味が増します。

今の警察・政府ではなく、

いつかの将来、もっと暴走する警察・政府が生まれたら・・・

 

今はまだ大丈夫だと思います。

でも、歴史を振りかってみてください。

この手の法案は、いつか必ず悪用されます!

都合の悪い人を逮捕する口実には、

絶好の法律です。

だから、こんな法案、通してはいけない!

悪用する政府や警察・検察が現れない保障なんて

どこにもないんですから。

 

特に、劇団なんて、かなり危ない!

定期的に集まって、奇声を上げたり、変な顔したり、

なにやら怪しいことをしている。

 

都合の悪い団体だと認定されたら、

すぐに捕まえられるような組織です。

しかも、多くは、金があまっているわけでもないから、

まともな弁護もされないだろうし・・・・

 

この前見た、劇団バッコスの祭じゃないですが、

国策演劇しかできない時代

がまたくるかもしれないのです。

その可能性を持った法律なんです。

 

僕は、法律は素人です。

ですが、断固として、この法律には反対です。

 

(注:

このブログは、劇団代表としてのブログになってますが、

これは、僕個人の意見であって、

劇団の意思とは無関係です。

unit-IFという劇団は、政治的な集まりではありません。

そのあたり、誤解をなさらないように、お願いします。)

 

22日補選があるみたいです。

O民党に勝たせたら、採択に向かうのだと思います。

どこで補選があるのかも知りませんが、

共O党でも民O党でもいいの買ってほしい

と思います。

 

この件の詳細を、

僕が読んでる小野寺光一さんのメルマガから抜粋しておきます。

ぜひ読んでみてください。

 

メルマガ内の説明では、

きくちゆみさんのブログからの抜粋だそうです。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

二見@みどりのテーブルです。<転載歓迎>

最も成立させたくない法案の一つ、凶暴罪、おっと、誤変換しちまったい、「共謀罪
」の成立の危険性が再び高まってきました。

これまでも共謀罪成立の危機は何度かありましたが、全国の市民団体などからの反発
アクションが功を奏して成立を阻止してきました。

ところが、言論の自由を封殺できる「共謀罪」をなんとしてでも成立させようと、
与党が強行突破に出る可能性が出てきたとの情報を日弁連の海渡雄一弁護士から得ました。
http://www.labornetjp.org/news/2006/1161210261870staff01

つい先日、ニュースなどで「共謀罪の今期国会での成立は絶望的」などとの報道が
流されましたが、意図的な情報をリークして世論を油断させるのは政府の常套手段
なので鵜呑みは危険です。

共謀罪は10月24日法務委員会の法案審議冒頭に強行採決される可能性もあると
のことです。
万が一予測が外れたとしても、最大限の警戒をしておく必要があります。

共謀罪についていまいちピンときてない方は下記HPを参照ください。

■共謀罪(キョウボウザイ)ってなんだ?
http://kyobo.syuriken.jp/


後で後悔しても手遅れだから、打てる手はいま打っておきましょう。
少しの時間で結構です。未来のために、皆さんの現在の時間をメールやFAXアクシ
ョンに少しだけ使って頂けませんか?
衆議院・法務委員会へのFAXが一番効果的です。
http://kyobo.syuriken.jp/iinkai.htm

「共謀罪には反対します!」などの簡単な文面でOKです。
とにかく沢山の反対意思を示しましょう。


■共謀罪成立を目指している自民・公明党の法務委員には抗議のFAXを

法務委員氏名・FAX番号
七条明 03-5251-5200
上川陽子 03-3508-4480
倉田雅年 03-5251-3688
棚橋泰文 03-3508-3909
早川忠孝 03-3592-1747
松浪健太 072-662-7801
赤池誠章 03-3508-3733
稲田朋美 03-3508-3835
近江屋信広 03-3508-3885
奥野信亮 03-3502-5002
後藤田正純 03-3508-3315
笹川堯 03-3502-8865
柴山昌彦 03-3508-7715
杉浦正健 03-3597-2771
三ッ林隆志 03-3504-3026
宮腰光寛 03-5251-0866
武藤容治 03-3508-3829
森山眞弓 03-3597-2753
矢野隆司 03-3501-8818
保岡興治 03-3506-8728
柳本卓治 03-3597-2801
伊藤渉 03-3508-3818


■抗議メールの送付先はこちら

共謀罪成立反対のメールを送ってください。
全ての行をメールのアドレスに貼り付けて送信すればOKです。
下記のアドレスは自民・公明党の衆議院・法務委員のアドレスです。

info@shichijo-akira.com
yoko@kamikawayoko.net
g05623@shugiin.go.jp
e-mail@tanahashi-yasufumi.com
info@hayakawa-chuko.com
info@kentakenta.com
ma@akaike.com
webinfo@gotoda.com
info@e-sasagawa.com
info@shibamasa.net
ss9t-mtby@asahi-net.or.jp
h08648@shugiin.go.jp
webmaster@mayumi.gr.jp
g04640@shugiin.go.jp
mail@t-okubo.jp


愚痴っていても世の中は変わらない。
頭で知っているだけでも世の中は変わらない。
具体的に行動してこそ、世の中は変わっていきます。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

今日の解剖はしんどかったです。

薬品のせいで気持ち悪いです。

でも、今から肉食います。

大学時代の学部の同期たちと・・・・・

| | コメント (0)

2006年10月20日 (金)

どうも。

やっと、ココログが復帰しました。

最近よく、VHSのレンタルをしています。

 

2年前友人から2千円で買ったぼろいPS2が壊れました。

パソコンを学校から移動しないと、部屋でDVD見れません。

あと、近くのツタヤで、

旧作VHSビデオ100円セール

やっているので、よくみています。

馬事公苑の近くのツタヤです。

 

なので、普段見ないような映画を借りてます。

「恋に落ちる確率」

こんななめた題名の映画、普通なら絶対見ませんが、

見ました。

 

んーよく分からない。

映像や音楽がキレイで好きでした。

話はなんとか通じたけど、

やっぱ理解しにくいところが多かったです。

見てると不思議な感じになる映画。

 

見た目のきれいさ と BGMの種類 と

話がちょっとわかんないところ と

ゆっくりなスピードな感じが、

reset-Nという劇団の舞台に似ていました。

お気に入りの劇団なので、

この映画は許容範囲。

 

いろいろ見てますが、

たいしたもんじゃないので、感想はこれくらい。

 

昨日、こんな記事をasahi.comでみつけました。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

世界初のハイブリッド電車

 

燃料電池と蓄電池使用

2006年10月20日10時53分

 JR東日本が開発している燃料電池と蓄電池を組み合わせた世界初のハイブリッド電車が19日、横浜市金沢区の東急車両製造横浜製作所で公開された。屋根にパンタグラフのない電車1両は、約300メートルの試運転線を最高速度50キロほどで走った。07年4月からは営業線を使った実験を始める。

 通常は蓄電池だけで、加速時は燃料電池も使ってモーターを回す。架線や変電所がいらず排出するのは水だけという長所があるが、実用化には、より安価で高出力の燃料電池が必要になる。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

燃料電池電車!

こんな画期的なニュースなのに、

影のニュースになっていて、

日本のメディアは何やってるんだ!

という気になります。

 

燃料電池

知ってますか?

これは、文系の人でも知っておいた方がいい代物です。

酸素と水素を反応させて水になる時のエネルギー

を電気として使う電池です。

電池と言われてますが、発電機です。

 

ふーん

と流さないで下さい。

これが今一番求められている技術です。

 

総理官邸に、燃料電池実用機が使われています。

でも、実用機はまだかなり高いです。でかいです。

だから、家庭用を作るまで研究してもらわなきゃなんです。

自動車への応用も進んでいます。

今のシェアがどうであれ、

燃料電池自動車を完全実用化した会社

が最後には笑う

んじゃないかと思っていますが、私。

 

そこらへんにある酸素、安い水素で発電。

出るのは水だけ! 

なんて、いい発電!

なぜ、今、

やっぱ原子力発電だ!

という機運が高まっているのか理解できません。

プルサーマルにかけるお金があるなら

燃料電池にかけてほしいものです。

 

昨日、フジテレビのアナウンサーが、

風力発電で、頑張れば、30%まかなえる!

って言っていたけど、

ほんとかよ!

って思ってしまいました。キムラさん・・・・

その報道でもありましたが、

風力発電機の野生生物影響・鳥への影響

も危惧されているみたいですし・・・

風力に金をかけるなら、燃料電池へ・・

としつこく思うわたし・・・

  

もし、家庭用の燃料電池が普及した場合の話。

問題になるのは水素源です。

水素自体は反応性が高いですから、

そのままじゃキケンです。

安全な形で水素源を家庭まで運び、そこで水素にする。

 

何が使われると思いますかね?

 

そう。メタンです!

メタンと言われているらしいです。

炭素に4つの水素が付いているのがメタン。

メタンといえば、都市ガスです!

 

というわけで、燃料電池が完全普及すれば、

ガス会社が大儲けするかもしれません。

今のうちに、ガス会社の株を買うのも手かもしれません。

 

でも、まだ、先の話です。早くしてほしいですね。

 

クリーンな発電

で思い出しました。

地球温暖化の原因は二酸化炭素の増加である

と完全認識されていますが、

まだ、証明されていない。まだ、仮説の段階。

って知ってました?

 

他にも、色々原因の候補はあるみたいです。

恐竜のいた時代は、

今の二酸化炭素濃度の2倍以上あった

みたいですし・・・・ 

 

でも、環境問題の鉄則は、

予防原則

証明されなくても、可能性があるなら、なくす方向へ!

環境ホルモンも予防原則で動き始めましたし。

 

なので、よりクリーンを目指すことはいいのですが、

やはり、

仮説の段階なんだってことを忘れないようにしたいなぁー

と思います。

 

なんだか、寒いです。今日。

| | コメント (0)

2006年10月18日 (水)

昨日、今日とココログの管理ページに入れなくて、

最近、変なこと書きすぎたか!

とヒヤヒヤしてましたが、大丈夫でした。

ふぅ、なんて自意識過剰なんだか・・・・

 

先日、大学時代にいた演劇研究部の先輩に

偶然出会った。

結構上の先輩だったけど、仲良くしてもらっていた方。

前までは、役者として活動していたけど、

所属劇団の解散で最近はあまりやってないらしい。

 

今度飲み会に誘ってね!

といわれ、是非誘おう!と思った私。

 

昨日、違う劇研の先輩からメールがあった。

転職先が決まった!

とのメール。

報告まで。返信不要。

と書いてあったけど、

返信しなわけにはいかなだろう!

と思い返信した。

  

忙しくなる前に、先輩方にお会いしたい。

そんな機会を作ろう!

と心のそこでたくらみ中。

 

そんなことを自転車にのって考えていた。

 

まだ五時なのに、こんなに暗くなりました。

もうすぐ、冬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

昨日の夢

台本を書いている

一人劇という名の講演会

夢の半分は台本を書いていた。

次の瞬間、本番。

なぜか、3本立て!

 

客は、かなりいい反応。

内容はあまり覚えていない。

2本目の最後に、

「これは詐欺です。詐欺だということに気が付いて!」

と言っていたのは覚えています。

 

夢の中で、必死に書いていて、

なかなかおもしろい台本だったと思う

 

でも、何も覚えていない。

それが残念で仕方ない。

 

話は変わるけど、

サードステージのマネージメント部が解体らしい

大高も鴻上自身もマネージメントは他に移籍。

どこへ行くサードステージ!

鴻上は、虚構の劇団に入れ込むつもりなのかしら?

それは、それで楽しいけれど・・・・・

 

ついでに、こんなののせておこう。

http://www.harmonicslife.net/PodCasts/2006/Yumi20061012Podcast_V_911InPlaneSite_J.mov 

これは、911ボーイングを探せのダイジェスト版 日本語。

ぜひみてください!

 

どこまで夢の話かわからないほど、

とりとめもなく書いてしまった。

 

最近、頭の回転が遅くなった。

確実に遅くなった。

だれすぎかなぁー

自制しなきゃな、何事も・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

昨日、劇団四季の

「壁抜け男」

を見に行きました。

 

感想

今回も内容を出して書きます。

まだ見てない方で、今後見る予定の方は、

注意してください。

 

で、感想

なんて陳腐!

 

無理やり翻訳

というか、

曲調を日本語が合ってない。

無理やり歌詞を押し込めた!

感じがして、

音楽としてどうなんだ?美しくないぞ!

と感じたわけです。

 

全部歌だったのですが、

あんなむりやりなら、

全てのセリフを歌に押し込める意味がどこにあるのか?

甚だ不思議でなりません。

 

歌自体も、なんか似たような曲が多いし、

そのわりに、役者の方の歌い方も統一されていて、

緩急すら感じない・・・・

 

壁抜けのシーンも一番初めのシーンは、

きれいな仕掛けを使っていたけど、

途中からじっぱーとか使い出したときは唖然!

壁抜けシーンは見せ場ではないのか?

 

話もいまいちぱっとしない。

一目ぼれ と ミーハー の愛

 

愛の始まりに理由はない

と鴻上先生が言っていますし、

愛の始まりは不条理!

でいいんでしょうが、

なんだかって・・・・感じです。

 

一番気になったのが、

みんなが踊っているのに、

一人のおばさんだけ踊ってない!

 

一番体でかくて、真ん中にいて、一番目立つのに、

ちょっとしか動かない。

歌はうまかったけど、なんで踊らないのか不思議・・・

プロの役者ではないのか!あなたは!

 

鴻上先生のミュージカル

「天使は瞳を閉じて」

「リンダリンダ」

ともにすばらしい出来でした。

だから、ミュージカルってものにかなり好感があり、

名のある劇団四季さんですから、

それなりに期待していったわけで・・・・・・

 

自分の作品を多くの人に楽しんでもらおう!

の研究の一環で、最近、少しメジャーなのも、

見るようにしています。

 

それが、前回の唐ゼミさん と

今回の四季だったわけですが、

結局、その二つの良さがまったく見出せずにいます。

 

僕の限界なのかしら・・・・

 

まぁ、四季に関しては、

いつか、もう一個くらい見ようと思います。

ライオンキングとかそこらへん。

 

 

四季を見た後、

友人と、その友人のスイス人と六本木で遊びました。

英語苦手なのに、英語漬け・・・

頑張りました。

 

オールだと言われました。

次の日(今日)稽古があるので、微妙だったのですが、

そのスイス人も面白かったし、

まぁ、いいか

と思ってオール覚悟。

 

楽しかったのですが、

途中、誰かの飲み物が服に

ガバっとかかり、テンションが下がったのと、

やっぱ、稽古があるのし・・・

で、三時くらいに帰りました。

 

六本木から渋谷まで30分歩いて、

大学に置いてあるチャリにのって。

 

おかげで、寝れました。

今、測定終わったので、今から稽古に行きます。

 

ほんと、今日はいい天気です。

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

昨日、

日本ハム優勝を決めた。

稲葉が決めた!

ヤクルトファンとしては嬉しいかぎり!

 

優勝を確認した後、

「バタフライ・エフェクト」

をみました。

うちの劇団の新人が好きな映画らしいので。

 

今回は、見たことを前提にコメントを書きます。

なので、今後見る予定で、まだ見ていない人は、

続きを読まない方がいいです。

 

僕はなんだか、

始めの「カオス理論」の文章は完全にスルーして、

こういうことが脳の働きとして実際起こりるのか?

そしたら、どうつじつまが合うのか?

ばかりを追ってしまっていました。

心理学とか出てきたから、

科学的なつじつまが、合うようにできている!

と思いこんでしまっていました。

 

脳が、蝶々みたいに収縮拡散を繰り返す

画面が出てきていたので、

そういう脳の働きが実際あって、

学術的に「バタフライエフェクト」というのが存在するのか

と思っていました。

 

なので、見終わった後に、

「バタフライエフェクト」の意味に気がつきました。

単なるカオス理論かい!

 

僕の頭の中では、

「初期条件がずれると、思いもよらない結果がでる」

という言葉で、カオス理論定義されていたので、

始めの説明文を完全にスルーしてしまいました。

思い込みは恐ろしい。

僕の頭が固いだけなんですが・・・・

 

それを表現したかったのか!

と思うと、すっきり、あっさり、してしまいます。

 

サイエンスフィクション

というより

フィクションなのね!

 

科学的なつじつま

に焦点をおいていたので、

最後の方の世界の医者の説明が一番気に入っていました

全部創造なんだ。勝手に記憶を埋めただけなんだ!

 

でも、そういうつじつま抜きで考えると、

すっきりまとまっていい作品です。

 

でも、個人的には、ラストの世界では、

母親の死

があってほしかった。

ノートを燃やした後に、それに気が付く。

途中で、父親が警告した予言が現実になる。

一見うまくいったようにみえても・・・・

 

そういうラストの方が、メッセージ的には好き だったな。

でも、そうすると、

彼女との関係から焦点がずれてしまうから

どっちもどっちかも・・・・

 

まぁ、役者が気に入りました。

いろんな世界でちゃんと演じわけしていて

なおかつ、キャラが見えているし。

役者がこの作品の面白さを引き上げている!

感じがしました。

 

ただ、個人的には、やっぱ、

ただのフィクションであっても、

もう少しつじつまを通してほしかった。

 

記憶がなくなっている時間帯で、

実際に未来の自分が活動していた時間帯であるときと、

過去には未来の自分が活動してなくて、

活動したことによって世界が変わるとき

2パターンあって、そこが自分的にはしっくりこなかった。

でも、2パターンあっておもしろいっちゃおもしろいんだけど・・・

 

映像効果をたくさん使っていたけど、

話としては、

映画というより、舞台っぽい話

な感じがしました。

この映画が好きな人は、

イギリスの劇作家アラン・エイクボーン

「ドアをあけると・・・」

は好きだと思います。

この映画のキャッチコピーが、

「切ないハッピーエンド」らしいですが、

そのキャッチが当てはまる戯曲です。

テイストは違いますが、

ラストの感じる感触は似たものがあります。

かなりおすすめ!

 

僕は、実は、「カオス理論」大好きなんですよ。

自分の初めての演出した作品に、

けっこう中心概念として出したくらいに!

 

でも、それを、「バタフライ・エフェクト」

きれいに表現するあたりがステキですね。

見習いたいです・・・・ハイ

 

この映画、テーマ的にも、うちの劇団に繋がるところもあるし、

そういう感じで、好きでした。

その分、ラストがやっぱり・・・・

 

もしも、あのとき、ああしていたら・・・・・

 

なんて思っても仕方ない。

そんなこと、思わないような人生にしていきたいです。

日々是決戦!

 

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月12日 (木)

昨日、ニュースを見てて知ったこと。

日本は、今のままだと、

臨検に参加できないらしい。

 

臨検というのは、

船に武装した人が乗り込んで、荷物チェックすること

をいうらしいです。

 

今回の制裁決議で、国連憲章7章41条が盛り込まれると

臨検が可能になるみたいです。

盛り込まれなくても、

米国は、有志連合で臨検を行うみたいです。

もちろん、有志連合には、日本が含まれます。

 

でも、いまの法ではできない。

周辺事態法 の適応があればできるみたいですが、

北の核実験だけでは周辺事態とは言えない

らしいです。

まぁ、台湾を見越しての法律だから、

適応できないんだろうけど、

周辺事態だろ!

と思ってしまいます。

 

でも、法の外で、自衛隊を活動させるのは、

シビリアンコントロールに反するきっかけになるし、

やらせるにしても、ちゃんと法律を作ってほしいです。

 

ここまでは、ニュースからの話

ここからは、可能性の話です。

 

で、

一番てっとり早い方法はなにか?

と考えたわけです。

 

臨検に限らず、何かやりたいとき、

少しでも攻撃受ければ、面倒はなくなるわけで・・・

 

え?テロ捏造?

 

の可能性もないわけではない。

別に、日本政府がやらなくても、

米の国がやるかもしれないし、

どっかの怪しい団体か、

どっかの利権団体がやるかもしれない。

 

あくまで、可能性の話

 

別の情報によると、

11月の日本の株価が3000円ほど下落する

との予想がされ、

それに乗じて儲けよう!

という一派が存在するらしいです。

詳しくは知りませんそういうのをちょこっと見ました

なぜ、下落するのか?

え?

 

それは、上にかいてあります。

 

でも、今となっては、日経平均が下がるのは他人事ではない!

入社前にそんなに下げられたら、たまったもんじゃありません。

 

まぁ、あくまで、可能性の話です。

 

ただ、もし、日本でテロが起きたら!

 

北の国が攻撃するなら、ミサイルではなくテロだ!

と言われています。

ミサイル撃ったら、後は、平壌が焼け野原になる

のは目に見えているわけで、

誰がやったかわからない、テロを起こす!

テレビで言っていました。

 

すでに、報道戦略が始まっているのかもしれません。

 

もし、日本で、テロが起きたら!

きっと、

北の仕業だ!

という風潮になるでしょう。

北の仕業の可能性十分にあります。

でも、そのほかの可能性も捨てないで考えたい。

特に、メディアが北の仕業一色になったら、怪しいもんです。

 

上の可能性に限らず、

A原死刑に関連する可能性もあるわけですし。

 

こういう時代だからこそ、

いろんな情報をいれて、いろんな可能性を考えていきたい

と思います。

 

なんだか、ニュースみたりしてるいろんなこと考えちゃいます。

でも、やることは、たくさんあるんだ・・・・・ふぅ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

最近見た映画

ナルニア国物語

話は、つまらなくもないけど、面白みがイマイチ。

でも、新しいDVDの楽しさ を教えてくれた。

普段、メイキングなんて見ないけど、

見てみることに・・・・・

 

黄緑のタイツ!

はいてるの。

下半身が馬で、上半身が人間の人たち。

実際の撮影では、後のCG処理のために、

上半身が裸で、下半身に黄緑のタイツ!

しかも、それが、軍隊のように並んでる!

 

あれを、本番の画面で出してもらった方が、おもしろい!

一シーンくらい。いきなり挿入みたいな・・・・・

 

ピンクパンサー

予告編を見てかなり期待してけど、普通。

サスペンスもイマイチだし、

面白いところはほとんど、予告編で出尽くしていて、

なんだか物足りない。

 

RENT

「プロデューサーズ」で僕の中の地位がすごくあがった

ブロードウェイ、ミュージカルもの。

結構期待しましたが・・・・・

ん・・・・・・・・

個々の歌や、メッセージ的には好きなんだけど、

ストーリーがいまいち。

 

この映画は、

ミュージカルを映画で見せる!

って感じが如実に出ていている。

ミュージカルとしては面白そうですが、

でも、これは映画です。

映画としてでも楽しめるような作品にしてほしかった。

その点、「オペラ座の怪人」の映画版と似ている気がする。

まぁ、オペラですがあれは・・・・

「シカゴ」とかは、映画としてでも十分楽しめたけど、

そのへんで、ちょっと残念でした。

 

あと、俳優がなんか中途半端!

すごいキレイなわけでもないし、

面白い顔でもないし、

みんな平均的な顔なの。ゲイも含めて!

2、3人は、入れほしかったですね。そういう俳優。

俳優として一番好きだったの、

大家役の黒人さんだもん。

一番、のけもの扱いの脇役!

 

いやぁ、でも、RENTは、

うちの劇団の新人が好きだと言っていたから見たので、

かなり残念です。

もう一人の新人は、「バタフライエフェクト」が好きと言っていたので、

今度見てみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北の国から

悲しい知らせ

 

核実験してしまいました。

本当にやったのか やってないのか

成功したのか 失敗したのか

明らかにされていませんが、驚きです。

 

最後のカード

といわれた核実験

 

国内政治が息詰まり、士気をあげるために、やったのか?

 

11月選挙にむけてアメリカのスパイが誘導したのか?

 

真相は分かりませんが・・・・・

中国もメンツもつぶされ大変ですが、

一番悲しんでいるのは、ノムヒョンなんじゃないか?

 

支持率下がり気味、死に体といわれ、

ここまできて、太陽政策の方向転換を迫られて・・・・・

 

まぁ、どうなるのか!

 

北の国から何か飛んできた時の逃げる方向は決めました。

 

ちょっと外交の話。

安倍さんが、中国と首脳会議。

土下座外交の再来にならなければいい!

と願っています。

 

「911 テロ捏造」で、

小泉は、アメリカに日本を売った

と書かれていましたが、

そうなのかなぁ 

と僕は思っています。

 

小泉さんのやりたかったことは、

旧橋本派つぶし

親中派、中国に土下座外交、嫌い

ってイメージだったんですけど、

 

で、靖国に行って、中国を挑発しつつ、

中国と対等な外交

を目指したんだと思ってます。

そのためには、アメリカというバックを強くしたかった

かもしれない。

 

安倍さんでどうにか対等な外交ができたら、

次は、中国を使って、

アメリカと対等な外交作りを目指してほしいなぁ

と思います。

 

まぁ、北の国の民主化、すくなくとも体制崩壊があれば、

中国さえおさえていれば、脅威は少なくなるし、

そうすれば、アメリカにコビを売る必要性も少なくなる

 

チャンスが訪れる!

 

素人ながら、こんなこと思っています。

 

でも、どうなるんでしょうねぇー

 

美しい国 より も少し強い国になってほしいです。

個人的には、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

昨日、大雨の中行ってきました

内定式

 

いろいろ驚きました。

 

内定者が12人

募集人数的にもっといるかと思っていました。

 

その中に、女の子が一人

全員男だと思っていたから驚き

 

その中に、既婚者で子持ちが一人

いてもおかしくはないんですが、驚き。

しかも、僕より年下だし・・・

 

小さな会社なのに、収支は結構上位にいるらしい

期待がもてます

 

社長、話すと、亀井静香にそっくり

今の先生に劣らず、面白い方でした。期待。

 

座っていただけなのに、日当がでた。

しかも、それより高い図書券をもらいました。

期待。

 

内定者懇談会、すし屋!

「ここは、トロ発祥の店だよ」

といわれた後に、ウニをとった私・・・

軽く怒られ、すぐに、トロも食べた。

おいしかった。

 

上司の方に「演劇続けなさい」と言われる

感謝感謝。

この会社には、前に、ブーメラン日本代表もいたらしい。

娯楽好きな方が多くて、楽しそうな会社でした。

あとは、稼げるかどうか・・

 

社内で、女性は10人。

100人の会社です。ディーラー特化の会社だから仕方ないですね。

 

内定者懇談会の後、内定者だけの2次会  4人

みんな帰っていきました。

さみしかったです。

でも、4人の交流は深まった気がします。

 

結構飲んだので、疲れています。

でも、今日はいい天気です。

ブイブイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

昨日買った本

「911 テロ捏造」

半分読みました。

 

こういう本なので、

懐疑的な姿勢で読むようにこころがけてます。

 

テレビとかでもそうですが、

OO大学のOO教授 

とか

元・軍人のOOOさん

とかの意見が出てきますが、

あれは、怖い。

 

肩書きは立派だけど、

肩書きだけで、信じろ!って言ってるようなもんですから。

 

専門が近いだけで、全然知らない内容をコメントしてる

のかもしれないし。

 

で、まぁ、懐疑的に読んでます。

ところどころ出てくる統計数字や、

OOO元・軍人のコメントに

どれだけの信憑性があるのか?

と疑いつつ、

 

でも、

おもしろく読んでます。

過去・現在の状況証拠的な観点は、お勉強になります。

「なんのために捏造したのか?」

「戦争中毒なのは、分かるが、なぜぬけだせないのか」

の観点をもっとわかりやすく書いてほしかったですが、

まだ、半分なんで、これからかもしれません。

 

ぜひ、読んでください

別に、

捏造だと信じろ!

というわけでなく、

自分にはない視点を勉強しても損はないし、

そこから判断してほしい

と思います。

読んでね。

近場にいる人は貸しますので!

 

この本では、

アメリカでは、いまや、多くが捏造だと思っている

と書いてありますが、

僕の周りの日本人は、そんなこと思ってません。

 

この本を買った

というと、やっぱ、ちょっとバカ扱いな目をされます。

 

皆さん、読む気ないみたい・・・

 

ただ、もし、捏造が本当なら、大変なことだよ。

僕ら、ものすごく、損して、利用されて、

そのうち、太平洋戦争みたいに敵にされるんだよ!

 

その可能性のある情報なら入れておいて損はない!

と思うのですが・・・・

 

 

ただ、これを読むと、

捏造にしても、アメリカ政府適当すぎだよ!

と感じます。

でも、適当すぎでも、ここまで信じられている!

きゃーーーー

プロパガンタ・刷り込みは恐ろしいです

 

911の映像を初めてみた時、

僕は、2機目が戦闘機に見えました。

すごいものハイジャックしたなぁー 

と思っていたら、

旅客機という報道がなされ、あっさり信じました

 

この本に、

どうみても旅客機ではない!

と書いてあって思い出しました。

恐ろしいです。

 

 

こういう恐ろしいことが起こっている可能性がある

ということを、多くの人に主張したい気分になります。

僕にとって、その手段は、演劇です。

 

一時期は、

こういうのをネタにおとぎ話を作ろう!

と思っていました。

ネタ的にはおもしろい!

 

でも、やめておきます。

舞台では、社会の一問題ではなく、

どう生きるか!

とか、もっと大きい視点を描いていきたい

と思うし、

社会派に偏りすぎるのは、

うちの劇団員や、お客様を裏切ること

に近いんじゃないか?

と最近では考えています。

 

だから、こういう話は、

このブログで、言うことにします。

 

まぁ、でも、微妙なところですね。

社会問題を無視した作品も作れないし、

魅力がないのも、事実ですから。

 

演劇は、時代にうつすもの

と鴻上先生も言っていた気がします。

 

まぁ、この問題に偏りすぎないように、気をつけながら、

いろんな情報を頭にいれて、感じていきたい

と思います。

 

さて、続きを読みます。

こんな頭の中で、明日は、証券の内定式・・・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

買ってしまいました。

911 テロ捏造

419862195001 今年になってから、

捏造なのではないか?

と思い始めました。

 

少なくとも、捏造の可能性はある

と。

このブログでも何度か書きましたが。

イギリスのテロ未遂の時には強く思いました。

 

断定はできません。

が、否定もできません。

 

ただ、今の僕には、もっと情報が必要だ

と思って買いました。

いろんな視点を手に入れて・・・・

そこから判断していきたい

と。

テレビのメディアだけでは頼りになりません。

 

でも、まぁ、陰謀の中で、

自分が騙され、損をするのがいやなだけ

なんですが・・・・・

 

真実は、分からない

けど、

近づく努力はしたい

 

まだ、始めしか読んでませんけど。

 

 

今は、大阪の学会のポスターセッションの

デスカッションを録音したのを聞いて、

まとめています。

 

いろんな意見を言っていただいたので、

まとめて、次につなげるために。

 

ボイスレコーダーって便利!

去年は、その場でメモ取ってたけど、

録音の方がまとめやすい!

 

でも、録音した自分の声が

こんな狐みたいな声だったなんて・・・

と、少しショック!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

は、怖いねぇー

 

昨日は、ロンドンハーツのスペシャルを

3時間全部見ました。

久々に大笑いしました。

 

テレビはあまり見ないんですが、

テレビ朝日はよく見ます。

TVタックル 

ロンドンハーツ

は、毎週見てます。

毎週見ているのは、これだけです。

 

最近、マラソンやったりつまらなかったのですが、

さすが、格付け!

さすが、ブラックメール!

 

ひっかかったら怖い

と思いつつ、

ひっかかりそうだ

と怯えつつ、

南海キャンディーズの山ちゃん、あ、山里さん 

大笑いしました。

かわいいなぁ、山ちゃん。

やらしぃなぁ、山ちゃん。

 

そして、アツシ、やっぱすげぇ。

今回は意外にがさえていたのも面白かった。

 

久々に笑った。

今日は、

「プロデューサーズ」

のレンタル開始だった気がする。

映画で見たけど、また、見ます!

 

まだ、頭痛い。長いよ、偏頭痛。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 2日 (月)

HEN-ZUTU WARS

翻訳:戸口奈津子

今日の今朝、日本のどこかで・・・・・

 

EPISODE1: 睡眠時の脅威

半年以上平和な日々が流れていた。しかし、今日は違った。

睡眠時代羊-daの気が付かない間に、

偏頭痛という脅威が忍びつつあった。

そして、羊-daが気が付いた時には、

すでに、その脅威は現実のものとなっていた。

 

そこで、羊-daは、バファリンを送り込み、

沈静化に成功した。

すべては、うまくいくかに思われた。

 

EPISODE2: クーフク戦争

しかし、クーフク時代バファリンを送り込んだため、

バファリン反分子が、「腹」星を攻撃し始めた。

激痛に苦しむ羊-da

そんなとき、ある存在をしる。

秘密裏に作られ、冷蔵保存されていた「牛乳部隊」

 

他に手はなく、沈静化のために、「牛乳部隊」を送り込み、

バファリン反分子 と 牛乳部隊 の争いが、

「腹」星で始まった。

 

外からの光を見ながら、羊-daはつぶやいた。

「クーフク戦争の始まりだ」

 

EPISODE3: 牛乳の逆襲

バファリン正規軍と牛乳部隊の活躍で、

クーフク戦争も勝つか

と思われた矢先、牛乳部隊が裏切った。

 

「腹」星に別にゲーリー攻撃を加える牛乳部隊。

羊-daの力は急激に弱まる。

 

EPISODE4: 新たなる希望

弱りきった「腹」星と羊-daに新たなる希望が現れる。

おにぎり。

おにぎりを送り込み、やっと「腹」星の沈静化に繋がる。

 

EPISODE5: 偏頭痛の逆襲

今まで、なんとかバファリンの力で抑えられていた偏頭痛

しかし、弱まるバファリン。

偏頭痛の逆襲が始まった。

 

EPISODE6: バファリンの帰還

おにぎりで、クーフク時代を乗り越えた現在、

新たなバファリンの投入が可能になった。

そのバファリンの力のおかげで、

急速に、偏頭痛の力は弱まった。

 

だが、安心してはいけない。

まだ、消し去ったわけではない。

バファリンと偏頭痛の闘いは続く。

 

羊-daは、来る「就職時代」に備え、

バファリンの代わる新たな力を求めて、

「病院」星を訪れることを決心するのであった・・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

さっき、新宿で舞台を観てきました。

母校である戸山高校の演劇部が、

地区大会にでるらしいので、観に行くことにしました。

 

僕のいた演劇部は一度廃部になり、

今ある演劇部はその後作られたものなので、

直接のつながりはありませんが、

うちの芝居を観に来てくれたりしているので、

観にいきました。

 

僕のときは、

部活を作ったばかりだったし、

制限時間が気に食わないのと、

演劇を順位をつけて評価する姿勢

が更に気に食わなかったので、

かつ、顧問と仲が悪かったので、

地区大会には出ませんでした。

なので、高校演劇の地区大会は初。

初なので、標準レベルも分かりません。

 

戸山の舞台は、

松尾スズキさんの作品を脚色したもの

でした。

高校演劇の標準レベルを知らない し、

今回は、稽古の後に行って、他の高校のを見なかったので、

高校演劇として、うまいのか、どうなのか?

は分かりません。

演劇としてだけみたら、問題は山積しているんだけど、

高校演劇部の人員の制限や、

稽古の時間を考えると、それは、しかたのないことで。

そういうことを考えると、

むやみに感想は書けないっす。

 

松尾さんの作品があまり好きではない

ので、なんともいえないのですが、

前回、戸山の公演を見させてもらったときのほうが、

いい出来だったと思います。

 

でも、かなりいい人材もいたし、

前回出ていた子たちが成長しているのを見れて、

嬉しかったです。

学生演劇や若手演劇の楽しさは、やっぱ成長ですからね!

いろいろ大変だと思うけど、

若い感性で頑張っていってほしいと思います。

 

やっぱ、

今の僕にはもうない感性

を持ってますからね。

それを感じる、そして、学ぶには、見るしかないんです!

 

だもんで、また、次も機会があったら観に行きたいと思います。

 

稽古で、久々にダンスをやって体がボロボロ。

僕の役者復帰の最大の関門が、ダンスですので。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »