« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

さっきの記事で今年終わりのはずが、

嬉しさのあまり、書きます!

 

実験終了です。

今年の実験の終了です。

そして、僕の修士課程の実験の修了です。

 

まだ、やるとしたら、

後輩の手伝いと来年の新人に教えるくらいです。

 

今回は、先日失敗したのと似たような実験でしたが、

ちゃんと成功しました。

 

やっぱkitのせいだな。

 

成功したんですが、摩訶不思議な結果です!

この実験の前回の結果も摩訶不思議でしたが、

今回のを加えると、さらに、摩訶不思議になります。

 

まぁ、でも、それは年明けの仕事です。

結果からの考察は、1月の1日から3日の仕事。

4日には、論文を終わらせます。

 

今年最後の実験、ちゃんと結果がでてよかったです。

ちゃんとバックアップもとったし、一安心!

 

家に帰ります。

ビールでも買って、TVタックルかなぁー

 

今年一年お世話になりました。

来年もよろしくお願いします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ちょっと前の記事に書いたゲーム

ヴァルキリープロファイル2 

シルメリア

終了しました。

 

昨日帰って、一回だけラスボスと戦ったら、

勝てました!

 

やっぱ、策ですよ。策!

 

セラフィックゲートという特別編みたいなのがあって、

まだ、続けられるのですが、

本流の話はクリアしたので、満足してます。

 

本当に、いいゲームでした。

僕は、あまりゲームはやりませんが、

僕の中では、一番すばらしいゲーム!

 

ゲーム操作もそうですが、

物語の流れがすばらしい!

1の話と、密接に関わっているだけでなく、

北欧神話をモチーフにした広い世界観!

話の展開も、面白く、

ドンデン返しの連続で。

 

それに、メッセージ的にも、

愛がすばらしい

とか、そんなチンケなものではなく、

神々に翻弄される人間たちの、そして、神々の、

どう生きるか?

をきちんと描いていました。

 

ネットを見ると、後半の展開速い!

とかの意見もあるみたいですが、

僕としては、葛藤などをきちんと表現できていた

と思います。

 

FFも作っているスクウェアエニックスが作ってます。

FFが、前にCGで映画されましたが、

なんで、これを映画化しなかったのか?

不思議です。

 

3部作にして、計7時間くらいの長作映画で作ってほしいです。

絶対にヒットします。

 

PSPを買って、偶然見つけてやった、

前作1

 

攻略本とか好きではないので、

見ないでやっていたのですが、

どうしても進めない所があったので、

攻略サイトのお世話。

 

そのサイトを見ながら、結局2回クリアしました。

1は、セラフィックゲートもクリアしました。

 

今回は、しかけは1に似ていたので、

攻略サイトのお世話になることなく、

スムーズに進めました。

 

でも、さっき、攻略サイトみたら、

こんなのがあったのね?

と見落としがたくさんあることを発見しましたが、

今回は、もう1度やる気力はありません。

 

ただ、設定資料集が出るらしいので、

それは買おうと思います。

 

FF12の時も思いましたが、

RPGをやって、終わると寂しい・・・・

もう会えないのかと思うと寂しい・・・・・

 

今回の終わり方的に、続編はなさそうですが、

次は、ぜひ、ヴァルキリーではなく、

ロキを主人公に作ってほしいです。

 

気がつけば、もう、大晦日です。

今年最後のブログの内容が、

演劇ではなく、ゲームというのが変な話ですが、

今年は、苦難も多かったですが、

止まらずに進み続けられて、よかったです。

 

さて、今日は、実験室に僕一人。

そろそろ今年最後の実験を始めます。

がんばります!

| | コメント (2)

2006年12月30日 (土)

昨日、一昨日の記事で書いてきた実験

昨日も失敗。

先生と話した結果、

kitの不良だろう!

ってことになり、交換のメールを打つ。

 

でも、注文先は、すでにお休み。

返事がくるのは、4日。

スムーズに発送してくれても、間に合いそうにありません。

修論は前のデータでやるしかなさそうです。

 

そんなやさぐれた私の前に、

上機嫌そうな隣の研究室の先輩

 

二人で話して、仕事納め会をすることになりました。

 

先生の部屋で、飲んでいたら、

隣の研究室や、向かいの研究室からも参戦!

 

意外にたくさん集まりました。

久々にすごい酔った。

そして、すごいしゃべった!

楽しくて、陰謀説の話までしてしまいました!

 

とはいっても、仕事納めなわけではありません。

今日も明日も頑張ります。

 

でも、今日は、親と2匹の犬が遠出して、

家に、僕のわんちゃんが1人で留守番してるので、

早めにかえらなきゃ!です。

実験はしないで、家で、データ整理と論文作成です。

 

そんな今日のお昼!

Dsc00035 ぺヤングソースやきそば

超大盛り!

こしょうと唐辛子、ラー油を加えて、

よく混ぜて、生たまごいれてできあがり!

 

スパイスの辛さと卵の甘さが絶妙にマッチして、

おいしいです!

ちなみに、コップの中は、白湯。

水が好き!

 

フセインの死刑が執行されたみたいです。

早すぎる執行です。

戦争裁判は戦勝国有利で進んでしまいますが、

こういうものこそ、国連にがんばってほしいものです

 

フセインは確かにひどいことをしてきましたが、

そういう責任追及を含め、

また、今後のイラク情勢安定化のために、

プラスになるような裁判をしてほしかったです。

 

早めに、死刑執行するなら、

見つけたその場で射殺しても変わらないじゃん!

と思ってしまいます。

 

そんなことを思いつつ、今年もわずか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

昨日は、へこんで帰りました。

へこんだので、夜はずっとゲームです。

ヴァルキリー・プロファイル2

 

昨日の話の展開は本当に面白くて

わくわくどきどきしながら、

知らぬ間に、ラスボスに!

 

完敗しました。

この話はクリアしてから、詳しく書こう。

きっと明日には書ける!

 

なぜ、へこんで帰ったか?

昨日の記事で書いた実験

失敗しました。

 

自分では、手順的に失敗したつもりはなかったのですが、

データになりません。

 

同じサンプルを2個測定して平均をとるのです。

同じサンプルなので、

だいたい同じ値が出るはず。

 

今まではちゃんと出ていた。

でも、昨日はぐちゃぐちゃ。

 

でも、同じサンプルだから、

ミスったのは、僕の確率が高い。

それか、

キット付属の96穴に問題あるか

 

僕のミスかぁー?

マルチピペットに頼ったせいかな?

でも、ちゃんとやるとこはやったのに。

 

今日、もう一度できそうなので、

マルチはあまり使わずに、

1個1個で、96穴と戦いたいと思います。

 

今日も今日で、神経質に!

 

だんだん鼻がかゆくなってきました。

もうそろそろ花粉の時期ですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

今日は、実験。

とっても神経を使う実験です。

 

前回のサンプルの時、

この測定に失敗し、10万がとんでいきました。

今回に限らず、失敗は許されません。

しかも、今回は、お金だけじゃなくて、

データもなきゃ困る時期なんで、

神経質になってやってます。

 

やっと、2時間の待ち時間。

そんな中、見つけたニュース!

asahi.comから。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

元スパイ殺害、ユコス

 

元幹部関与の可能性

 

ロシア最高検

2006年12月28日10時51分

 ロシア最高検は27日、ロンドンで元情報将校のリトビネンコ氏が殺害された事件について、ロシア政府から巨額の追徴税を課せられて破産に追い込まれた石油会社ユコスの元幹部が殺害を指示した可能性があるとする声明を発表した。

 ロシア最高検から名指しされたのはユコスの元幹部ネブズリン氏。イスラエルに亡命中で、別の殺人や脱税事件などに関与した疑いでロシア政府から指名手配を受けている。ネブズリン氏の弁護人はロイター通信に対し、「旧ソ連国家保安委員会(KGB)のやり方だ。ばかげている」と、容疑を全面否定した。

 ネブズリン氏は先月末、生前のリトビネンコ氏と面会してユコス事件がらみでロシア政府に不利な内容を含む書類を受け取っていたとイスラエルの報道機関に証言。リトビネンコ氏の死がユコス事件と関係しているとの見方を示していた。

 ロシア最高検は容疑の具体的根拠については公表していないが、新たに捜査チームを編成する方針を明らかにしている。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

赤字にしたところ!

ポイントですかね?

 

本物の犯罪者の開き直り

ロシア政府の陰謀

 

911での、ビンラディンのような存在に、

このネブズリンさんはされそうになってる!

ってわけですね。恐ろしい。

 

ここまで、書けば分かるように、

僕は、根拠なく、後者の説を支持しています。

911もテロ捏造だと思っています。

 

まぁ、世にはばかる陰謀説のようなものは、

どうも、白黒はっきりしすぎている!

のが、怪しいと思うのです。

まぁ、そうしないと、話は面白くならないのだろうけど。

 

だから、陰謀説を鵜呑みにしないようにしつつ、

いろんな情報を得て行きたいなぁー

と思います。

 

灰色 を見つつ、権力の怖さ も感じつつ・・・・

 

まぁ、でも、プーチンさん、好きだったんですけどね。

ちょっと強権に走りすぎですよ・・・・・・・

 

やっぱ、ロシアの大統領には、

t.A.T.u.のどっちかになってもらうしかないなぁ・・・・・

 

・・・・・・はい。

 

この前。

リトビネンコさんの本、この前本屋でぱっと探したら、

なかったです。

 

まぁ、今は、そんな読む気はしませんが、

修論終わったら、読みたいと思います。

 

さって、またまた神経質な実験へ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

昨日、僕の実験最後にサンプリングが終わりました。

サンプリング

というと聞こえがいいですが、俗にいう

ネズミ殺し

です。

 

昨日は、いつもの2倍の量、解剖したので、

死にそうでした。

いろいろやることはあったですが、

気持ち悪くて、帰りました。

 

そして、強風、雷をよそに、

ゲームをずっとやって、気分転換。

 

VALKYIE PROFILE

SILMERIA

 

やりはじめて、2週間くらいです。

夜、時々、やり続けます。

 

PSPで1をやって以降やりたかったのですが、

忙しくて、やっと、2週間前買いました。

今も忙しいですが、

今の試練には、こういう息抜きが必要です。

 

北欧神話はベースになっていて、

かつ、

1との話のつながりが強くて、

 

そのあたり、感動します。

 

昨日は、ディパン城のシーン!

バルバロッサの処刑のシーン!

ぞくぞくしました。

 

使えるメンバーはたくさんいるんですが、

同時に使えるのは4人だけ。

 

始めは万遍なくレベルをあげていったのですが、

ラチがあかないので、途中から一部に絞りました。

 

物語上、明らかに裏切りそうな2人は、

途中から完全放棄!

 

案の定、いなくなりました。

 

が!

 

こいつらは、ずっといるだろう!

と思っていた3人のうち、2人が、

物語の都合上、いなくなりました。

 

えええええ!

 

って感じです。

 

主人公のぬかせば、へなちょこ3人。

残りのメンバーも、大量に解放してしまったので、

代えも効かず、かなりショックな感じです。

 

まぁ、主人公は、強いので、

なんとかなってほしいです。

 

夜だけのゲームタイム。

 

今日は、朝から、劇場の下見

なかなかよい場所でした。

で、午後から実験と思ったのですが、

頭痛が・・・・・・・

 

うーん。ゲームやりすぎたか?

修論日程的には、今日休んでもなんとかなるけれど。

 

少し休んでみてから、決めたいと思います。

 

がんばろう。年末!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

昨日・今日とアクセス数が増えています。

M-1のことを書いたせいなのか?

はたまた、

エラゴンのことを書いたせいなのか?

 

エラゴン

大事なポイントを見落としてました。

 

最後に、なんかあるかな?

と思って、

エンドロールをずっとみてました。

そしたら、来ました。

すごいのが!

 

翻訳・戸田奈津子!

 

えぇぇええええええ!

 

チネチッタに見に行きました、

正直、小さいシアターでの上映。

そして、話題にはなったけど、

そんな大ヒットって感じでもない。

 

僕は好きだったけど、

映像はきれいだったけど、

確かに、話の内容は薄かった。

でも、必見よ!

 

なのに!戸田奈津子!

 

制作側・配給側はやっぱきたいしてるのね!

続編に期待ってことだな。

 

公式HP見てたら、

TOHOシネマズで主なイベントがあったみたいで、

もしかしたら、

ドラゴンぬいぐるみもTOHOにいけばあるかも!

今度探しに行きたいです。

でも、修論があります。

行けません。

TOHOシネマズ行った方、情報お願いしまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月25日 (月)

昨日、昼に見た映画!

eragon

 

とっても気にいりました。

なにがいいって、ドラゴンがいい!

子供ドラゴンはかわいいし!

大人ドラゴンは美しい!

 

残念ながら、子供ドラゴンの画像は探せなかったので、

大人ドラゴンの画像。

Era2  

 

実は、ドラゴン好きな私!

今まで思い描いてきたドラゴン像を、

どんぴしゃに描いているこの映画!

虜になります。

 

絵のようなキレイなシーンも多くあり、 

見ているだけで飽きない映画。

必見です!

ぜひ、見てください。

 

もう一つ必見なポイントがあります。

話の展開が、

スターウォーズ エピソード4 に 酷似!

 

気になる方はぜひ見に行って下さい!

スターウォーズファン必見!

 

ここから内容に触れます。

見に行く方は、ここでストップ!

 

どこが似ているか?

・シェイドが魔法でクビを締めるシーン

 ベイダーがフォースでやるのに、そっくり!

・続いては、ここ。Era1

田舎にとどまる主人公が、

夕日を見つめるシーン。

アングルまでそっくりです。

 

このシーンを見てから酷似しているんじゃないか?

と思い始め、次はどこがくるのか?

楽しみになりました。

 

まだまだ出てきました!

・旅立つ決心をするのはおじさんの死亡!

・村人が変人扱いする老人・ブラムは、

 実は、ジェダイ、じゃなくて、ドラゴンライダー!

・敵地に乗り込んで、お姫様救出!

・でも、オビワン、じゃなくて、ブロムが死亡。

・残るライダーは、主人公と敵の王様のみ

 

なかなかです。

 

制作者は、この映画を

第2のスターウォーズ

にしたいんじゃないか?

と思ってしまいます。

 

それに、昔はライダーたちの治世が続き、

裏切り者が王になり、帝国になった!

あたりが、

スターウォーズでいう

エピソード1から3 も作れる設定になっている!

 

エラゴン2で、

・ブロムが亡霊で出てくる

・敵の王様が、主人公のお父さん

 

だったら、その場で、拍手をするでしょう!

 

話題つくりのためにも、是非、そうしてほしいです。

 

確かに、話の流れに深みがなかったけど、

映像はきれいだし、面白いです。

次回は、話の深みも増して、

大ヒットしてほしいです!

 

ただ、残念なのは、

ドラゴンのぬいぐるみがほしかったのに、

売ってなかったこと・・・・・

 

ネットで売ってないかしら?

 

楽しみできるシリーズものの映画が出てきて、

嬉しいクリスマスでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

M-1グランプリ

優勝は、チュートリアル!

納得!

 

でも、納得なのは、最終決戦だけ。

まぁ、3組なら、ダントツでしたが、

決勝9組の審査は・・・・・・

 

笑い飯、今年は完全に面白かったのに、

残念です。

 

客にも投票権とかあげてほしいです。

 

ってか、M-1より、W-1にして、

お笑い一般で勝負してほしいなぁ

とも思います。

 

クリスマス・イブ楽しかったですが、

笑い飯、優勝を一年間待っていた私としては、

残念な結果でした。

来年に期待!

 

今日は酔ってるので、この辺で。

続きは明日。

では、メリークリスマス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、M-1見てます。

楽しかったクリスマスのラストに見ています。

しかし!

 

笑い飯、予選敗退!

 

今年は面白かった!

 

茶碗がしゃべって!おかかいり!

 

充分面白かったのに、疑問!

 

なぜ、不完全燃焼のフットボールアワーが残って、

笑い飯が落ちるのだ!

 

これこそ、採点を公表してほしい。

ってか、まず、審査員を一般投票で決めてほしい。

 

アマチュアの変ホ長調の審査のときにも思ったが、

審査員の頭固すぎ!

プロの頭で理解できないスタイルでも、

面白いなら認めるべきではないか?

 

プロの人の変なプライド、変なしがみつき、

を感じざるえません。

 

今から、最終決戦。

見る気うせたけど、

麒麟に期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

遅々としてすすまない修論をよそに、

クリスマスがせまってきます。

 

そんな中で、見つけた記事。

asahi.com

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

米ウォルマートは

 

 「クリスマス」陣営に 

 

 呼称論争は下火

2006年12月23日10時27分

 「メリークリスマス」と「ハッピーホリデーズ」の対立が続いてきた米国のこの季節に、今年は少し静寂が戻った感がある。店員に「ハッピーホリデーズ」と言うことを奨励してきた大手小売店が「メリークリスマスも認めます」と宣言、柔軟姿勢を示したことなどで対立が見えにくくなったことが背景にある。

 クリスマスを祝う伝統の「メリークリスマス」の代わりに「ハッピーホリデーズ」と言う傾向は90年代からじわじわ広まった。1年のこの時期はキリスト教のクリスマスだけでなく、ユダヤ社会の「ハヌカの祝い」やアフリカ系米国人の「クワンザの祭り」が重なることから、少数者への配慮が「ハッピー」の広まりの背景にあった。しかし、特にここ2、3年はキリスト教右派などがこれをクリスマスに対する攻撃だとして「メリークリスマス」の復権を強く求める運動に出た。

 昨年まで店員に「ハッピーホリデーズ」を奨励した小売り最大手ウォルマートは年末商戦前の11月、クリスマス飾りを売る区画を「ホリデーショップ」から「クリスマスショップ」に改めるなどの方向転換を発表。「クリスマス」表示の商品を60%増やすとした。追随業者も出て、昨年は「メリークリスマス」支持者の不買の動きまで起きた小売業界という最大の衝突前線がなくなった。

 ただ、今年もいくつかの宗教的なあつれきは生じている。シカゴでは市が運営にかかわったマーケットでキリスト生誕物語の映画の宣伝ビデオの上映を許可するかどうかでもめた。クリスマスツリーばかり14本を飾ったシアトルの空港でハヌカのメノラ飾りをユダヤ教の宗教指導者が求め、ツリーの大半が一時撤去される騒ぎもあった。

 「メリークリスマス」復権のため90年代から活動し、宗教ラジオ局で番組のホストを務めるドン・クロウさんは「大手小売店が正しい決断をしたことで、クリスマスをめぐる戦いは収束に向かっているように見えるが、消えたわけではない。政治的な正しさの名の下で宗教に対する攻撃は続くだろう。闘い続けなければならない」と話す。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

アメリカでは、こんなことがあったのね!

初めて知りました。

 

なんかアメリカらしい問題だなぁー

と勝手におもいつつ。

 

そのキリスト教右派の方々は、

なんで、そこまで、押し付けたがるのか?

 

他の宗教の方がいるところなら、妥協してもいいのに・・・

キリスト教徒はたくさんいるし、

その人たちがしっかりしていれば、

クリスマスが風化することはないのに・・・・

 

なんかこの記事をよむと、

他の宗教の方にクリスマスを押し付けてる感じ

がして、ちょっと嫌ですね。

 

でも、あまり信者もいなくて、

仏教徒が多いはずの日本で、

これだけ、クリスマス言われてる

のを見ると、

この記事とのずれ が楽しく感じてきます。

 

でもね、その一方で、日本の大方の人は、

一神教信者に厳しい気がします。

 

小学校の行事で、よく、七夕とか、

修学旅行で寺(神社?)に行って、お祓いとか、

当たり前にように、スケジュールに、組まれていますが

これはこれで、上の記事のキリスト教右派の人たちに、

つながるものだと思うのです。

 

日本の文化だ!

といわれればそれまでなんですが、

一神教だと、他の神をまつっちゃいけないわけで、

そこらへんに対して、配慮がない気がします。

 

で、

そんな配慮は必要ない!

と思ってる人も多いんじゃないかなぁー

と思うとちょっと怖くなりますが。

 

でも、僕は、今は、いろんな神話に、はまっている

にわかキリスト教信者であるわけです。

 

さて、遊びに行くまで、もうひとふんばり!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

自転車が車道を走れなくなる

そんな法律ができつつあるようです。

 

本来は車道を走るべき自転車が車道もダメ。

じゃあ、どこを走れ!というのか?

 

僕は、このことを最近知りました。

なにで、知ったかというと、

僕のお気に入りの劇団reset-Nの

主宰の夏井さんのブログです。

http://natsui.cocolog-nifty.com/

 

勝手にリンクはってしまっていますが、

お許しを!

詳しくは、このブログを見てください。

とても詳しく書いてあります。

次の舞台は、自転車の話かなぁー

と思うくらい詳しく書いてあります。

ちなみに、夏井さんは今は、フランスにいらっしゃって、

ヨーロッパの方の自転車事情も書いてあります。

 

自転車派閥の方も、

自転車嫌いの方も、

ぜひ、見てください。

とても、参考になります。

 

なので、詳しいことは、そちらをみてもらうことにして、

ここでは、僕の考えを書こうと思います。

 

まず、僕は、チャリラーです。

自転車好きです。

今、大学へは片道30分の自転車です。

世田谷通り と 淡島通り を通っています。

 

やっぱ、歩道は走りにくい。

第一の理由は、ご老人

基本、後ろの存在に気がついてくれません。

鈴を鳴らしても気づいてくれません。

仕方なく、車道にでて、抜かすことが多い。

 

でも、車道は、なかなか走れない!

淡島通りはまだ空いてるからいいけど、

世田谷通りは無理。

246はもっと無理。

 

なるべくなら、車道を走りたいし、

夏井さんいわく、それが世界の常識!

 

そのために、路上駐車をなくすこと!

そして、

バイクの規制です。

 

車道を自転車で走る際

一番の敵は、車ではなく、バイクです。

 

だいたい、道路の端を走ります。

変な車じゃないかぎり、道はかぶりません。

が、車を追い越そうとするバイクと、

自転車の道はかぶります。

バイクに後ろにつかれると困る。

無理に抜く奴もいる。

あれは、怖い。

 

自転車のマナーも問題ですが、

なぜ、自転車だけ叩かれるのか?

不思議です。

自動車よりは、自転車優先。

自転車よりは、歩行者優先。

なら、分かりますが、

自転車よりは、自動車優先。

自転車よりは、歩行者優先。

って・・・・でも、それが、今の現状な気がする。

 

自転車のマナーはちゃんと気をつけています。

無灯火 と 二人乗り はやめています。

無灯火は危険です。

昔、大雨の中、無灯火で激走してたら、

逆から来た無灯火の自転車に、お互い気がつかず、

正面衝突したことがありました。

 

相手に気づいてもらうためにも、

無灯火は、やめましょう・・・

 

話が、ずれましたが、一番いいたいことは、ここから。

省エネ技術が進んでる日本。

今や、省エネのために、

クールビズとか言ってる世の中です。

なのに、なんで、自転車の地位は上がらないのか?

車を減らして、自転車へ!

その流れがなんで、できないのか?

 

田舎は仕方ないかもしれません。

でも、都会くらい、その流れができてほしいなぁ

と思います。

 

 

話は変わりますが、

知人から、山の手事情社の公演がよかった。

と連絡がありました。

けど、昨日と今日だけみたいです。

行きたかったのですが、

修論で無理そうです。

先生の無言の圧力がありました。

 

圧力といっても、

早くやりなさい

的なものじゃなくて、

月曜に、作業部会の研究発表を見に行ってください。

と、机の上に、紙がおいてあるだけでした。

今まで何にも言わなかったのに、なんで今言うんだ!

と、ちょこっと憤慨しながら、

月曜の分も頑張らなくちゃいけなくなりました。

 

ブログもこの辺にして、頑張ろうと思います。

では。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年12月21日 (木)

昨日は、それなりに修論がんばったはずなのに、

イライラしてました。

家に帰っても、

亀田が勝っても、

イライラしてました。

 

亀田君がんばったねぇ。

見ててつまらなかった

という意見もあるみたいだけど、

自分の幅を広げて頑張る姿は、やっぱステキです。

 

でも、イライラはきえない。

かかってきた電話にも不機嫌で対応してしまったし・・・・

 

そんな中、昨日の夢はステキでした。

中学の友人にばったり、駅であって話す

ってただそれだけの夢だったのですが、

出てきたのが、これまた、珍しい友人で、

しかも、会いたい人だったから、嬉しかったです。

 

しかも、なぜか、

最近の、人には言えない悩みを相談。

それに的確に答えてくれる友人!

最後は衝撃のラストで締めくくられました!

 

でも、これ、僕の夢なんですよ。

夢の中で、悩みを言って、それに答えてるわけで、

自問自答してるようなもの。

 

ただ、夢でもなんでも、人に言うってすごい楽になる!

まぁ、日記に書いて、書いてるうちに、自分の考えがまとまってくる

のに近いのかしら?

 

とりあえず、目覚めはよかったです。

あとは、今日のがんばりかな?

がんばろう!

と、思ったらショックなニュース。

カンニングの中島さん死去

竹山さんも、カンニングとしてがんばってきたのに・・・

残念です。

結構、ショックです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

小田和正の歌ではありません。

キラキラ と

心が揺れる のではありません。

 

イライラ が

心の積もっているのです。

 

僕は、あまり、イライラしない方だ!

と自分では思っています。

でも、最近はイライラ!

 

それは、なぜか?

なぜだ!

 

イライラを増幅させるのは、

他人です。

 

イライラしていると、

普段は流しているような、

他人の悪口や悪態や気に食わない言動を思い出し、

思い出すから、増幅し、

増幅するから、また、思い出す

の悪循環にはまります。

 

でも、始めのイライラを生み出す原因は、

自分です。

 

今の自分に満足できないとき

僕は、確実にイライラします。

 

やならきゃならないことをやらない自分

できることをやらない自分

やりたいのに動かない自分

は、許しがたい。

他人には、他人の事情があるから!

と少しは許す心がでてくるけど、

自分はちょっとね・・・・・・・

 

ちゃんと、遊ぶ時間も休む時間もあげているのに、

動かないとは、どういうことだ!

 

そうです。修士論文です。

来週は、最後のサンプリングと測定があり、

論文はかけません。

論文の提出は9日ですので、

元日に全部データがでて、

そこから論文が完成できます。

 

なので、今週中に、データと関係ない、

序論とか方法とか書き上げて、

先生にチェックを受けないといけません。

 

でも、まだ、全然スイッチが入らない。

ほとんど書いてない。

 

 

でも、イライラを、人や物に当てるのも好きじゃない。

多くの人に甘えてはいるのだけど、

甘えきっちゃいけない、と思うこのごろ。

こういう時に、人や物に甘えきったら、

一人立てなくなって、前にも進めなくなる。

そう。なるべく、甘えないように努力!

 

むしろ、こういうときこそ、甘えられる方が、

自分できちっと立って、前に進める気がする。

 

家に帰って、犬のネイヴィーがいて、

こっちはイライラしてるのに、

遊ぼうとせがんでくる。

一瞬怒りそうになるけど、

この子は、一日一人でがまんしていたのだ!

と思うと、遊んであげる気がでてきます。

そういう気持ちが次につながる!

と勝手に信じています。

 

ってなわけで、今日はがんばろう!

 

まぁ、ここにこういうことを書くことは、

少し甘えていることになるのですが、

ここで踏みとどまろう

と思います。

 

がんばって、立ち続けよう!

 

今夜、亀田の試合を、快く見るためにも、

がんばってしまおう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

ノロウィルス

流行してますね。

僕が、11月末に風邪をひいた、とこのブログに書きましたが、

症状的に、ノロウィルスだったんだなぁー

と今になって思います。

後輩に冗談で、

ノロウィルスじゃないか?

って言われてましたけど、

そんなのしらねぇーよ。

と跳ね返してましたが、

こんなに流行してるのをみると、

そうだったのかもしれません。

 

今朝、もう一人の後輩が、

ノロウィルスに侵されて、登校してました。

4日目らしいです。

僕も、2日はいて、その後、2日下痢で、

完全回復に1週間要したので、

彼はこれからが踏ん張り所。

 

1、2日で治る

ってのはデマ情報じゃないのか?

と思います。

それか、今年のウィルスが強いのか?

 

で、まぁ、一応、僕らは、生物系の研究室なので、

ノロウィルスについて語ったわけです。

まずは、構造から。Norovirus  

 

 

 

こんな形してるみたいですが、

僕らは、医学系でもないし、

これをみてもよく分からない。

Noroviruss  

 

 

こんな顕微鏡写真らしいですが、

うちの専門は、精子ですから、

よくわかりません。

 

よくわからないし、

まともな情報を得ないまま、

口コミ情報だけに頼って、

ノロウィルスディスカッション!

午前のゼミでは、静かだったのに、

ここでは、元気です。

 

ノロウィルスは一度かかったら、かからないか?

これが、今日の議題。

つまり、抗体はできるのか?

後輩情報によると、

下痢の段階まで進んだ後、絶食するのがよい。

ノロウィルスに対してヒョウリョウ攻め!

それで弱り、下痢で流されるのを待つ!

らしいです。

それが、正しい情報なら、

抗体はできないわけじゃ!

いなくなるまで待つのが一番の解決策なら、

抗体はできない。

つまり、まだ、一度かかった僕でも、またかかる?

 

この結論で、

ノロ後輩は、今日の忘年会は断念し帰りました。

 

僕は、11月にかかった時、

自分も栄養不足で死にそうだったので、

なるべく食べました。

そして、ビオフェルミン攻撃!

根拠なく、

ビィフィズス菌がウィルスを退治することを信じて、

ビオフェルミンをたくさん飲みました。

 

僕は、小2で胃腸炎をやって以来、胃腸が悪いのです。

で、今では、ビオフェルミンは常備薬です。

一瓶なくなると、金節約のため、買いませんが、

飲まない時期が長くなると、お腹の調子が悪くなり、

また、買って飲み始めます。

 

11月の時は、ちょうどその飲んでない時期だったので、

嘔吐と下痢の後、買いにいって、ひたすら飲みました。

 

根拠なくビフィズス菌信奉者です。僕。

 

で、まぁ、ノロウィルスの話に戻ります。

この前、テレビで、

嘔吐の殺菌の仕方

をやってまして、驚いたのは、

アルコール系じゃきかない。

塩素系洗剤とかじゃなきゃ、

ノロウィルスは死なない!

って言ってました。

ひゃー

って感じです。

それなら、手を洗っても意味ないじゃん!

キレイキレイも、無意味?

 

ウィルスを物理的に流すのには、効果ある気がしますが、

塩素系じゃなきゃ!

と言われたら、

うーん

となってしまいます。

 

まぁ、とりあえず、感染してしまったら、

とにかく気をつけるのは脱水症状!

お腹の異物を外にだそうと、

体は、水をたくさんつかって、下痢を作り出します。

下痢の時の一番の敵は、脱水症状!

下痢を止めたら、ウィルスは居座っちゃうので、

ガンガンのんで、ガンガン出す!

 

僕の場合は、よく、

ポカリ か 

を飲みますね。

 

って、この話題で、こんな長く書いてしまった。

根拠なきディスカッションで、

再発あり!

の結論が出たので、

とりあえず、気をつけようと思います。

再発したら、修士論文がまずいので・・・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

昨日で、我が劇団unit-IFの今年の稽古は終了!

今年最後の稽古は、

究極のストップモーションの練習

だるまさんが転んだ IFヴァージョン! 

 

最後に一本締めして終わり。

その前日に、大学の劇研の忘年会に参加し、

久々にフィーヴァー!した翌日だったので、

すこし辛かったのですが、

 

稽古後は、unit-IFの忘年会。

一年の締めくくりです!

 

明日は研究室の忘年会です。

でも、飲んでばかりもいられない。

そろそろ修士論文をまとめなきゃ!です。

 

年末年始は、友人たちが東京に戻ってくるので、

ちゃんと遊べるように、

今からがんばります! 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月16日 (土)

改悪ということばはあまり好きではないのですが、

今回は、これを使いたい。

教育基本法!改悪!

 

ちょっと、asahi.comから抜粋

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

恵泉女学園が反対声明

 教育基本法改正

2006年12月16日08時02分

 中学・高校・大学を経営する学校法人、恵泉女学園(東京都世田谷区)は、大口邦雄学園長名で、基本法改正に反対する声明を出していた。キリスト教系の同学園は、戦後に教育基本法をまとめた教育刷新委員会に参加した河井道(みち)(1877~1953)が創立者だ。教職員約170人も賛同する署名を寄せた。

 声明では、「河井道が基本法の制定に尽力したのは、それなしに憲法の理想を支えることは難しいと考えたからにほかならない。その根本理念を揺るがすような改定を容認することができない」と訴えている。

 河井の教えの一つは「自分で考えて判断できる人間になりなさい」ということだった。自立し、良心に照らした判断を徹底するのが学園の伝統だ。大口学園長は「指一本触れるなと言っているわけではないが、根本を動かされては困る。教育は教える者から教えられる者への強制であってはならない」と話す。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

別に、この学校と僕は何の関係もありませんが、

赤字にした部分は、

まさに、その通りだ!

と思う。

 

僕が、そういう教育ばかり受けてきたのにも、

原因があるかもしれませんが、

資源ない、子供もいないこの国に必要な教育は、

全体主義なんだろうか?

と思うのです。

 

個々の国民の幸せをどう捉えているのか?

 

郷土を愛する心は必要ないとは言わないけど、

そんなもん、教育の法律に書くもの?

って感じです。

 

感情論ばかりの批判になってしまいましたが、

僕に書けるのは、こんなものです。

 

押し付けられたものでなく、

教えられたものの鵜呑みでなく、

自分で考え、自分から出てきたものが、

自分にとって一番の力となり、理解となり、

かけがえのないものなんじゃないか?

と思います。

 

僕は、劇団で演出をやらせてもらってますが、

演出するにあたって思うのは、このことです。

僕の意図するところは、役者に説明しますが、

僕が最終的に求めるのは、

役者やスタッフが、それを理解するだけでなく、

そこを踏まえて生まれるもの

です。

それは、役者の演技の自信にも、

舞台の感性の幅の広がりにも、

つながるものだと思っています。

 

今朝、何かの番組で、渡辺淳一さんが、

 

「雪が解けて( )になる」

の( )を埋めてください。

 

という問いを出しました。

一般的な答えは、「水」ですが、

どこかの小学生が、「春」と答えたらしいです。

 

でも、小学校では、

それは、間違えで「水」と書きなさい

と言われます。

でも、「春」はずばらしい答えです。

 

でも、僕が小学生の時は、

「水」と書くのを当たり前に受け入れたと思います。

僕が、こんなになったのは、中学の末くらいからです。

 

就活の時、ベンチャー企業の説明会に行った時に、

今までやっていなかったこと

その中でも、必要なこと

に目をつけて、成功している例によく遭遇しました。

 

今の日本に求められ、より成長させていくために、

そして、いろんな意味で豊かにしていくために、

必要なものは、

「春」と答える、観察力や感性ではないのか?

と思います。

 

そういう方向で改正してもらいたかったなぁー

企業は、この法律でいいんでしょうかねぇ?

 

と思いつつ、

今は、自分のことで、ちょっと手一杯だったりします。

 

このブログ、昨日で、1年を迎えました!

いやぁ、続いてる続いてる。

まとまりのないブログですが、

今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

PRISON BREAK

「24」みたいな海外ドラマ

 

僕は、まだ、「24」は見たことない。

けど、これは見る!

 

12月2日にvol8から10までがレンタル解禁になったのに、

岩手に行ってたり、ほかにやることがあったりで、

なかなか見られなかったのですが、ついに見ました!

 

もともとvol7くらいで終わるはずの話が、

人気だったから伸びてる!

という噂を聞いたのですが・・・・・・

 

内容も少し書くので、

これから見る予定の人は、

これから先は、見ないでください。

 

 

で、まずは、驚きのvol.9!

過去の回想で一話分埋まってる!

しかも、

特に、新しい情報がない!

 

完全なる時間稼ぎじゃないのか?あれは?

 

あと、ボイラー室のやけど!

あれはなんだ?

なんで真後ろにいるのに気がつかないんだ?

 

計画変更で、地上を走る?

なんだそりゃ?

今までの知的で緻密な脱獄から一変、

普通の脱獄と変わんないじゃないか!

 

あと、人間関係のつながりね。

そことそこまでつなげちゃうの?

ちょっとやりずぎじゃん!

 

みたいな不満が勃発!

今までみたいなハラハラドキドキ感の薄れたし、

ちょっと期待しすぎたか?

 

でも、嬉しかったのは、

アブルーチ復活!

過去の回想で、

なんでアブルーチの過去は出てこないんだ!

と不満に思っていた矢先に、

アブルーチ!

 

いや、なんか顔が好き。

 

それに、vol.10の終わり方は、

やっぱ気になる終わり方だったので、

まぁ、よしとします。

早く、続きが見たいです。

 

ただ、これをみると、

自分も坊主頭にしたい!

と思うのは、僕だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

うちには、3匹犬がいますが、

一番仲いいのは、♂のトイプードルネイヴィ

もう10歳です。

 

今の家に引っ越してきて、すぐに飼った犬。

今は、トイプードルは人気犬種ですが、

10年前は、ちょっと人気が落ちていた時期で、

近所にあまりトイプードルがいませんでした。

 

そんな中で、早くから知り合いになり、

よく遊んでくれたトイプードルがいました。

「もとい」くんという犬で、

出会った当初は7歳

いつもおじいさんがつれて散歩してました。

 

犬種も性別も毛の色も同じで、

近所にあまり同じ犬種がいないことから、

うちのネイヴィとは、兄貴と弟分として、

交流してきました。

少なくとも、飼い主の間では。

 

最近は、もとい君も飼い主のおじいさんも年をとって、

二人ともフラフラしながら散歩してて、

この二人は大丈夫なのか?

と思っていましたが、元気そうでした。

 

もとい君、昨日亡くなったそうです。

ちゃんと、朝晩ご飯を食べて、静かに眠ったそうです。

 

犬で17歳ですから、長生きした方です。

寿命をまっとうしたんだな。

と思うのですが、やっぱ悲しいもんです。

 

しかも、ネイヴィが、そのことを知らないのがもっと悲しい。

 

毎日、実験でネズミを殺して、

この前は岩手で、鮭が腹を裂かれてるのを見て、

なんとも思ってないのに、悲しむのは、

人間のエゴなんだろうけど、

 

やっぱ悲しいもんです。

 

ネイヴィはあとどれだけいてくれるのか?

考えてしまいますが、

まぁ、いつかは終わりくる。

 

今、いれる時間を大切にしようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

昨日は、岩手からの帰り。

ずっと、車。

先生の「暴走」のような走りにヒヤヒヤしながら、

11時過ぎに家につきました。

家についたら、なにやら小包が!

 

なんと、

就活で僕を落とした会社からの荷物!

 

なにかと思ってあけたら、

カレンダー!手帳!

しかも、かっちょいい!

来年の買わなくて、よかった!

 

その会社は、広告系の会社で、

カッチョいいデザインの会社パンフやら、なにやら、

作っている会社です。

 

長い就活の中で、かなり気に入った会社!

まぁ、もちろん一番気にいったのは、内定先ですが!

 

会社の雰囲気やっている内容社長の話給料

いい会社でした。

 

そんな会社から、ステキな贈り物。

 

びっくりしたのもあって、かなり嬉しかったです。

 

説明会や面接の雰囲気もよく、

落ちた後も、こんなものくれるなんて!

 

応援したくなっちゃうよ!この会社。

いつか、会社の広報になったら、

絶対、この会社に任せますね!

って現実味が薄い過程ですが・・・・

 

就活中のみなさん、ぜひ、

パラドックス・クリエイティブ

という会社を覗いてみてください。

 

いかなくても、覗くだけでも、勉強になる会社です。

 

朝からマウスを殺して、テンション低い私ですが、

今から、稽古に行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

今まで、2回ブログに書いた、鮭の精子取り。

今日で、岩手の実験は最終日なので、

今朝が、人生最後の鮭の精子取り!

 

寒さにも慣れてきて、

精子取りにも慣れてきましたが、

まぁ、もうやりたくはありません。

 

今日は、実験最終日だったので、

忙しいです。やっと、合間を見つけて、ネット。

 

そんな中、asahi.comで見つけた記事。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

2年生半数、留年危機 

英語力検定が壁 横市大の学部

2006年12月08日16時27分

 横浜市立大学(横浜市金沢区)で、05年春に誕生した国際総合科学部の2年生の半数以上が留年の危機にひんしている。同学部の学生の英語力を就職時の売りにしたい大学が、英語力検定として国際的に使われているTOEFLで500点以上取ることを3年進級の必修単位にしたが、それが大きな壁として立ちはだかってしまった。

 「1年のときは余裕だと思っていたが、後がなくなりいまは必死。すでに進級をあきらめた友人もいる」。500点に達していない2年生の男子学生(19)は、大学の図書館やLL教室で連日英語漬けだ。

 「TOEIC600点以上」「英検準1級」でも進級を認めているが、1期生の2年生約740人のうち、到達した学生はまだ357人。

 商、国際文化、理の3学部を統合し、国際総合科学部を新設した大学は「国際社会で通用する人材の育成」を掲げている。「TOEFL500点」は英語教育の充実度を示す象徴として、学外にPRもしてきた。

 予想外の未達成者の数に、大学も頭を悩ませている。このままだと留年者が出るのは避けられないし、点数を緩めれば学部の評判が落ち、志願者減につながりかねない。このため、この夏には2週間で67・5時間もの補習を実施した。

 藤野次雄・国際総合科学部長は「TOEFL500点は専門知識を大学で学ぶうえで出発点でしかなく、基準は緩められない。勉強方法での支援しかできない」と話す。大学が今年度中に実施するTOEFLの検定は、今月16日と2月の2回のみだ。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

私の母校、横浜市大です!

劇研の後輩たちもヒーコラ言っていましたが、

半数って・・・・・

って感じです。

 

なんかこういう記事でると、

横浜市大のバカさが強調されていやだね。

と、今の研究室の後輩に言ったら。

うちの大学(東大)でやっても、きっとこんな感じですよ。

とあっさり返されました。

 

それを真に受ける私。

いやぁ、横浜市大も頑張ってのし上がろうとしてるんだな!

と実感しました。

ぜひ、東大でも、同じ必修やってみてほしいですね。

どんな結果になるか!

 

入るのはむずかしくて、でるのは簡単

といわれる日本の大学ですから、

こんくらいはあっていいんじゃないか?

と思います。

必修とかじゃなきゃ勉強しないし、

少しくらいは勉強しないとね!

と・・・・・・

 

まぁ、僕は、英語の資格は持ってないので、

なんとも言えませんが・・・・・・・・・

 

さって、実験に戻ろう!

明日は、長いドライブで、帰ります。

 

雨降るなぁー、雪降るなぁー!

| | コメント (0)

2006年12月 7日 (木)

非常に怪しいタイトルですが、

今朝の我らの状態。

 

昨日の記事をみると分かるように、

研究用の精子を取りに、鮭取り小屋行きます。

Koya こんなちっちゃな小屋。

その中で、

鮭を棒でたたき、気絶させ、

漁師さんは作業し、われらは精子をとります。

 

気絶していたはずの鮭は突然暴れだします。

漁師さんたちは、気絶させると、いろんなところに投げます、

鮭を。

棒で殴るから、血が出た鮭!

 

当然、血が飛ぶ。

精子も飛ぶ。

 

水滴がたくさん、顔にかかります。

めがねが、だんだん水滴だらけ。

髪にもかかってるんだろう・・・・

 

顔は洗ったけど、きっと、鮭臭いよ、今。

 

昨日の記事の写真。

鮭を一網打尽!

川のせき止めは、Kawatome

こんな感じです。

全部、網!

ここではないけど、

こんな感じで、一箇所に鮭を集めるしかけがあります。

そして、集められた鮭。

Sake Motiage  

 

 

そのまま持ち上げられて、落とされ、

ベルトにのって、さっきの小屋に入れられ、

棒で叩かれるってわけです。

 

なんかよくできてるけど、

寒いっす。

北の冬の朝の川は。

 

明日が最後の精子取り。

気合いれていきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

まだ、岩手にいます。

鮭の精子の研究に来たので、

毎朝、鮭取り場にいって、新鮮な精子をとりにいきます。

 

川に上がってきた鮭は、食用には適さないらしく、

いくらをとって、精子をかけて、

受精卵を、上流でながす。

残りの体は、干して売るみたいです。

 

だから、メスは、腹を裂かれて、いくらをとりだされ、

オスはよけられて待機。

その待機のオスをお借りして、

精子を頂く我らなのです!

 

川の漁のむごいさ を感じたところは、

生まれ故郷に戻ろうと川を上る鮭。

それをとるのに、なんと、

川全部、横一面に網が張ってある!

その網が一箇所に最後集まるようになってます。

これ逃げられませんわ。

まさに、打尽!

逃げ所がないって・・・・・・

結構すごいことなさってるんですね、漁師さん。

と、ちょっとびっくりしました。

 

ほんとちぃっちゃい小屋でやってます。

あまり、いい写真がとれてないので、のせませんが。

 

さて、腹を裂くにも、精子を取るにも、

がんがんに元気な状態じゃ無理ってモンです。

なので、気絶してもらっています。

さて、鮭を気絶させる方法は???

 

棒で殴る!

 

正解!

 

棒で殴るそうです。

小さな小屋の中で、

あげられた鮭を、まず、漁師さんたちが殴ります。

ひたすら、なぐってます。

これが漁なの?

ってくらい殴ってます。

まさに、一網尽!

すごい光景です。

社会科見学にはもってこいです。

 

その脇で精子を取る我らでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

だいぶ前に廃盤になり、

ちょっと前に復刻した、

ちび黒サンボ

 

さて、問題。

サンボのお母さんの名前はマンボですが、

お父さんの名前はなんでしょう?

 

正解は、

ジャンボ です。

食べてきました、ジャンボラーメン!

Dsc00008 ほんとにでかい。

なぜか、でかいから揚げ2個!

食べきれないと思ったけど、

がんばって食べきりました。

 

後輩は、これを食べた後にクレープ食べてました。

 

先生は宿に帰ってからつまみの料理。

漁港の近くの店で買った、

いわしとするめいかをさばく。

 

まだ、食べるの?

の思いつつ、

 と いか と いわし

 

おいしかったですが、お腹が・・・・

 

テレビはなぜか、まともにうつるのがNHKだけ。

で、みました。キャンディーズ特集。

なんだか、昭和ノスタルジーを感じつつ、

キャンディーズの曲、結構いいじゃん!

といまさらながらに思う私。

だいたい、生まれる前に普通の女の子に戻ってるし・・・

でも、東京帰ったら、きっと、聞き始めます。

 

深夜から今朝にかけて案の定お腹を壊す。

今も若干痛い。

 

今朝は、また、鮭取り場にいって、

鮭の精子をもらいにいきました。

 

うちの研究室は、主に、精子の研究室なのです。

で、シーズンの鮭の精子を求めて、

わざわざ、岩手まで来て実験してるわけです。

 

それにしても、鮭取り場、ひどい。すごい。

って、この話は、また、今度。

 

寒すぎて、寒すぎて、幸せなのは、風呂のみだったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

北の零年

僕の好きな女優・石原さとみさんが出演してる映画です

まだ、見てません。

でも、なぜ、タイトルに?

 

今、先生の研究の手伝いで岩手に来てます。

昨日、東京から岩手に車で!

途中、北上市で夕飯を食べました。

Dsc00002  

岩手といえば、

冷麺。

そう!

北の・・・・・

 

はい。

ちなみに僕は違うのを食べたので、

この画像のは、後輩のです。

しかも、食べかけ。

 

この店の横に面白いのがありました。

Dsc00003  

すごい名前。

インターネット&未来マンガ喫茶

未来「インターネット&マンガ」喫茶

なら分かります。

ありそうな名前です。

でも、この名前だと、未来がマンガだけにかかっています

つまり、インターネットと「未来マンガ」の喫茶ってこと?

ドラえもんとかしかないってこと?

 

真相は確かめられませんでした。

 

今、大槌にいます。ここは晴れてますが、

昨日、宮城や北上市とかは雪でした。

Dsc00001 雪なのに、

峠なのに、

先生がスピードだすので、

死にそうでした。

しかも、車内テレビは、だいたい、

必殺!仕事人!

 

岩手は寒いです。

あまり動けません。

でも、仕事人めざして、頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

一昨日、舞台見に行きました。

ポツドールvol.15

「恋の渦」

 

脚本・演出の三浦氏が岸田戯曲賞をとったのをきっかけに

見に行った前作「夢の城」は、

セリフはまったくなく、

全身裸の男と下半身半裸の女がやりつづける。

聞こえるのは、あえぎ声とテレビの音だけ、

という衝撃的な舞台だったポツドールです。

 

今回、気合いれてチケットとったら、

前から3列目だったので、

こりゃまた、見に行く時は気合いれていったわけです。

 

今回、ちゃんとセリフありました

よかった。

なんか前作は、女優の方がきれいじゃなくて、

半裸でやり続けられてもなんとも感じなかったわけですが、

今回は、きれいな方が多かったです。

 

メイクの力なのか?(悪くするのも、よくするのも、)

役者が違うのか?

いまいち分からないのですが、

まぁ、今度調べます。

 

でも、今回は、そういうシーンはほとんどなかったので、

ちょっと残念でした

・・・・・・・え?

あの女優さんたちが、あのメイクの女優さんたちが、

やり続けられたら、大変なことになっていたかもしれません

・・・・・・・・はい。

 

話的には、恋の話。

会話劇の描き方

恋の、心の描き方

丁寧に描いていて、勉強になりました。

 

恋を描くのには

人間のいやな部分を多く描かなきゃだよな、

やっぱ

と改めて実感しました。

 

僕の次回作は、恋の話です。

純粋な恋の話

もう台本の第1稿はできています。

 

次回の演出の参考にできたし、

なにより、ギャグのセンスがすばらしかった!

笑いまくった!

満足な舞台でした。

 

また、次もきっと行きます。

 

今から、岩手に行きます。

僕の修士論文の研究には関係ない

先生の実験の手伝い でいきます。

先生の車で行きます。

事故らないことを願っています。

 

この前の先生の運転。

夜だったので、

先生が寝そうでひやひやでした。

 

今回、先生が眠りそうになったら、

こんなこと聞いて、目を覚ましてあげようと思います。

 

先生、不倫したことありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »