« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

昨日、気がついたこと。

発表は、いまや15分にまで縮まりました

でも、

証券外務員試験の方がヤバイ!

ということに気がつきました。

昨日からペースをあげましたが、

なかなか進みません。

 

まとめなきゃ覚えられないのに、

全部まとめる集中力はあるのか?

という葛藤に直面!

 

院試の時も似た葛藤がありました。

あのときはエッセンシャルという

太い生物の本をまとめていたのですが、

 

まとめをやめて、読むだけにしたり、

また、まとめ始めたり、

と効率の悪いことをしていました。

結局全部まとめしたが、それは、生物だからできた技!

 

証券の勉強のいやなところは、イメージが湧かない

 

やばいよ!受かるのかい!

といいながら、勉強。

 

葛藤をよそに、まとめるしかない!

  

集中きれたから、研究室でビールを飲みながら勉強。

 

そして、あまり進んでないのに、疲れ果て、

ネットに走る。

偶然、面白いサイトに出会いました。

 

「風の谷のナウシカ」のマンガの方に出てくる

「巨神兵オーマ」のフィギィアの自作!

の制作日記!

 

細かいところまでやって、大変だなぁー

と思いつつ、全部読んでしまいました。

 

何事も一つ一つの積み重ね!

そんなことを思いつつ、また、頑張らなきゃです。

そのサイトのURLは、

http://homepage2.nifty.com/SYU/ohma/oh00.htm

面白いので、是非!

 

僕は、また、お勉強・・・・

| | コメント (0)

今週の土曜に修論発表

来週の金曜に資格の試験

 

暇じゃないのに、

忙しいのに、

 

昨日の劇団のホームページの更新が

自分なりに気に食わなかったから、

再度、今日、更新しました。

 

またしても、メンバーページ一新です!

見やすくなりました。

ぜひ、ご覧下さい。

http://unit-if.com/

シドニーシェルダンがお亡くなりになられたそうです。

残念です。

 

柳沢大臣は辞任しないそうです。

残念です。

失言したことよりも、

いまどき、あんな考えを持っている人が、

まだ、政治家にいるのか?

と驚くばかりです。

 

並べて書いたら、

シドニーシェルダンに失礼じゃないか?

と今、気がつきました。

 

並べて書いても失礼じゃない政府になってほしいですね。

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

前の記事「不都合な真実」の記事を、

多くの人に読んでもらいたかったので、

ブログを更新していませんでしたが、

そろそろ、また、書き始めます。

 

と、その前に、

僕の劇団unit-IFのホームページが更新!

されましたので、お知らせしておきます。

 

次回公演の情報が追加されました!

まだ、先ですが、ぜひ、チェック!

 

メンバーのプロフィールも更新されました!

新しくなったプロフィールで、

メンバーたちの新たな一面を見ることができます。

ぜひ、見てください。

しかし、写真の方は、

準備が遅れたので、そのままです。

すいません。

 

2月中には、

写真を含めて、メンバーページを更新します。

その更新の時には、

劇団紹介的なページも増やしていこう

と思っていますので、お待ち下さい。

 

公演のない時期から更新を頑張っているのは、

より多くのお客様と出会い、

より多くの仲間を見つける!

ためでございます。

ぜひ、一度ご覧下さいませ!

URLは

http://unit-if.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

一緒に観に行く人が見つからず、一人で見に来ました。

「不都合な真実」

一人で映画なんて、スターウォーズ特別編EP5以来!

 

上映時間15分前に劇場に入ったら、僕一人。

びっくりしました。

さすがに、後から人が入ってきましたが、

かなりガラガラでした。

なのに、僕の両隣には人がいる!

しかも、男!

不都合な位置取りで、見ることになったわけです。

 

さて、ここまで読んでくださった方々に、

お願いがあります。

ここからの文章を、つたない文章ですが、

必ず、全部読んでください。お願いします。

それは、ぜひ、観に行ってほしいからです。

本当に、オススメです。

観に行こう!と思っていただくために、少し内容は出します。

なので、絶対に観に行く!という方はご注意を。

それ以外の方、読んでみてください。

劇場に行くパワーはない、のなら、

つたない文章ですが、せめて、

この文章を全部読んでいただけたら

と思います。

 

この映画を観る前、この映画は、

ただ温暖化の危機をあおるだけのもの

今までの知識をグラフィック化しただけのもの

なのかもしれない!

と思いながら、観に行きました。

予告編だけを見るとそう感じます。

 

しかし、予告編と本編は全然、質が違います!

 

まず、初めに書いておきたいことは、

この映画で司会を務めている元大統領候補アル=ゴアは、

科学に対して真摯な態度をとっている!

ということです。

ただ、あおるのでなく、

科学的な観測データを基に、

地球上で起こっているとされる現象について、

分かりやすく説明しています。

 

映画とかテレビだと、

出されたデータの信憑性

が気になります。

データの出所は説明してましたが、

その真意は僕には測れません。

あれは、丁寧さの限界なのかなぁーとも思います。

論文ではないので、そこを詳しく言うのも無理なのでしょう。

 

そこの疑問は置いておくにしても、

この映画は、僕の知る中で、温暖化に関して、

一番分かりやすく、説得力のあるものだ

と思います。

 

そういうデータ以外の話で

アル=ゴアが大学の時に、温暖化の可能性を教えられ、

政治家になってから、それを訴えてきたこと。

それに対するアメリカ政府の対応も含めて描かれています。

 

それと、ジョークもかなり効いています

特に、ブッシュにかけたジョークはかなり面白いです。

なので、笑いながらみることができます。

アル=ゴアは話し上手です。

 

僕自身は、高校の時から、環境科学に興味を持ち始め、

その頃、医学部志望から、理学部志望に変えました。

第一志望ではありませんでしたが、環境をやるために、

環境ホルモンで有名な井口先生がいる横浜市大に入りました。

東大の院に移って、研究も宇宙生物にかわり、

また、演劇に没頭する中で、環境意識は前より薄れてきましたが、

一般の人よりは、環境問題に対する知識はあるほうだ

と思っています。

 

この映画をみる前は、

そんなに新しい情報はないだろう!

と思ってみたのですが、

僕が甘かったです!

 

映画の冒頭に、

「問題なのは無知ではなく、

 知っていると思い込むことだ」

というマーク=トウェインの言葉が紹介されましたが、

まさに、その通りです。

 

僕が知らないだけなのかもしれませんが、

僕にとって、新しい情報を少しここで紹介させていただきます。

大きく3コ紹介します。

 

1つ目。

僕は、温暖化は現実問題だと思っていますが、

温暖化はあくまで説である

ということも忘れないようにしています。

僕の中にある温暖化の他の説は、

地球のただの温度サイクル!

ってのがあります。

氷河期と間氷期が自然に移るように、

温度も自然に上げ下げする!

その一環じゃないのか?

と。

しかし、この映画で納得!

過去7回の氷河期と間氷期の温度の変化と

その時期の大気中CO2濃度に、相関がある!

というデータを出してくれました。

 

つまり、氷河期のCO2濃度は低く、

間氷期のCO2濃度は高い!

 

このデータは初めて知ったので、驚きでした。

ただ、

自然はどうやってCO2を上下させてきたのか?

は説明してくれませんでした。

ちょっと気になるところです。

(後で、調べないといけませんね)

でも、今回の焦点はそこではないのです。

過去6回の間氷期でのCO2濃度は、

ほとんど同じ高さであるにもかかわらず、

ここ10年のCO2濃度は、

それらの濃度をはるかに上回っている!

 

つまり、地球のサイクルをぬけた形で、

CO2が上昇しているわけで、

それは、人の力による可能性が大きいってわけです。

 

2つ目。

温暖化でよくいわれる海面上昇についてです。

上昇するにしてもまだまだ先、

自分には影響はない!

と思っていましたが、

そうではなさそう!

 

アル=ゴアは、まず、

海流や気流、気候は、非線形系だ!

と言いました。

非線形!

言葉の範囲も広く、なじみのない言葉ですが、

僕なりに言い換えると、

海流や気流、気候は、カオス理論的に動く!

ってことになるんじゃないかと思います。 

違うかな?分かりやすくもないか。

 

つまり、

あるとき、急に激変する可能性がある系だ!

ってことです。

天気予報が当たらないのは、こういう複雑な系だから!

と言う方がイメージがつくでしょうか?

 

話を海面上昇に戻します。

南極やグリーンランドの氷が溶けるから

海面上昇する ってわけですね。

それらが、時間とともにじわじわ溶ける!

と思うと、まだ、先のこと!

ってことになりますが、

 

そこでさっきの非線形の話です。

それらの氷は時間と共にじわじわ溶けるだけじゃない!

ある小さなきっかけが起きるだけで、

大きな氷が、一ヶ月程度で海に沈む!

らしいです。

南極での一部の地域の話を例に説明してくれました。

 

だんだん他人事ではなくなってきました。

 

3つ目。

これは映画ではあまり触れてくれませんでしたが、

僕が一番心配していることなので、書きます。

ウィルスです。

温暖化で、マラリア媒介蚊の生息範囲が広がり、

日本もその中に入る

って話は聞いたことあると思います。

映画によると、

様々なウィルス媒介動物の生息範囲が拡大する

らしいです。

 

ここからは、僕の心配です。

それは、感染範囲が広がるだけでなく、

もっと厄介な問題を生み出すんじゃないか?

つまりは、

生息範囲が広がることで、

前のところにいなかったけど感染する動物に出会う!

新しい宿主をえることで、

ウィルスの突然変異率があがるんじゃないのか?

そうしたら、

怖いウィルスが出てくる確率があがるんじゃないのか?

と勝手な予想をして心配しています。

 

ただ、今まででさえ、

ウィルス進化のスピード と 医療の発達のスピードは

同じくらいか、ウィルスの方が早かったのに、

更に上がる状況になったらヤバイんじゃないのか?

と本当に心配しています。

 

結構、他人事ではなくなってきました。

 

映画での、僕にとって新らしいのは、これくらいです。

 

最後に、映画との食い違いを!

この映画の中で、

温暖化は事実で理論ではない!

と言っていましたが、

それはどうか?

と思います。

データから見ると温暖化は事実です。

でも、

温暖化のメカニズムはやはり理論であり説です。

 

しかし、

だからこそ、多くの情報を得る必要がある!

のだと思います。

一方向から見たものは、偏りがあるもので、

だからこそ、いろいろな方向から見て、検証する。

可能限りの方向からみても限りがあります。

だから、信じることはできても、断定はできない。

と思っています。

 

だからこそ、この映画を観てください。

情報を得るには、とても素晴らしいツールです。

僕にとっては一番理解が深まったので、

わかりやすくもあると思います。

 

情報を得て、それを理解する。

信じるか、信じないかは、その後だと思います。

知らないで後悔する前に、ぜひ、情報を得てください。

知っていると思わず、貪欲に常に情報を求めてください。

 

さて、温暖化を信じた!としましょう。

その後の問題は、「どうすべきか?」です。

 

この映画でもいっていましたが、

解決方法は、2つ同時にやること。

一つは、個人で出来る配慮!

     これは、個人がやるしかない!

2つ目は、政治家の決断です!

 特に、まず、先進国なのに、環境を無視してるアメリカと中国

 ここの方向転換。

 

 ここまでは映画でいっていました。

 あとは、絶対必要なのは、

 発展途上国への先進国からの支援

 だと、僕は、思います。

 無償で省エネ技術提供とか金とか。

 今まで散々よごしてきた先進国が、やめろ!といって、

 発展国がやめるわけがなく、

 でも、本気でどうにかしたいなら、

 そこのあたりまでやっていかないと!

 って思います。

 そのために、まずは政治家が動くことです。

 そういう政策をとったときに従えることも重要ですね。

 そのために、いい政治家を選ぶことから

 始めなければいけないのかもしれません。

 そして、自らも情報を得る!

 

 この映画を観て、

 あの時、もし、ブッシュでなくて、ゴアが大統領になってたら、

 今頃どうなっていたんだろう?

 と思いました。でも、見ているうちに、

 「もし」なんてない!

 ヒラリーには悪いけど、

 ゴアに、次の大統領になってほしいなぁー

 と思いました。

 案外、この映画がその布石かもしれませんが・・・・

 

 この映画を観て、思い出したもう一つ。

 オゾンホールは解決に向かっている!

 ってこと。

 温暖化も、間に合わないことはない!

 その事実が、その思わせてくれました。

 

この映画の最後で、

なぜか、泣きました。

 

男一人で観に来ていて、しかも、感動物でもなく、

隣にはカップルがいて、

恥ずかしいから、堪えたのですが、

涙が出てきました。

 

そんなに感動的な映像ってわけでもなかったのですが・・・

 

あの涙は、 

環境意識を薄くしていた最近の自分への

ふがいなさだったのかもしれません。

 

長く書きました。

読んでくれた方ありがとうございます。

ぜひ、観に行ってください。

特に、教員の方はぜひ!

そして、子供たちに、正しい情報を伝えてあげてください。

 

これを読んで、きちんとした情報を知るために、

この映画を観に行ってくださることを願っています。

| | コメント (2)

最近、見る映画、見るDVD、ヒットがありませんでしたが、

やっときました!

 

発表のスライドの修正がなんとか終わったから、

研究室の顕微鏡用の暗室に、

パソコンを持ち込んで、見ました!

 

「きみに読む物語」

 

原題は、「THE NOTEBOOK」

 

ステキな恋の、愛のお話です。

 

主人公の女の子

レイチェル・マクアダムス

 

すごいタイプ!ってわけじゃなかったけど、

なんとなく、ヒンギスっぽくて、

好きな感じの女優さんでした。

 

そんなに純愛物とかみないのですが、

このお話は、僕の心にドンピシャ!

 

選択 と 可能性

そして、

自分が何を望むか?

 

僕が、愛に対してだけでなく、

いつも思っていること に近かったので、

純愛の話でも、がっつり楽しめました。

 

次回の僕の作品につながるところが多々あって、

そこらへんでも、集中してみれました。

 

一度失った可能性を、

もう一度得ることのできた偶然

だけでも、ステキでしたし、

 

選択によって失う可能性に対して、

ある日、後悔しないように、

自分を見つめ、自分の望みを探る。

ってことは僕のテーマでもありますから、

そこらへんが描かれていて、

世界に引き込まれていきました!

  

失う痛み と 失われた可能性の痛み

得られた喜び

が、特に、きれいに描かれていたと思います。

 

愛の奇跡だけなく、それが、

科学には限界がある

科学に全ては分からない!

分からないことを知れ!

ってことを暗示していたのも、

(と僕が勝手に思っただけかもでしれないけど)

気に入ったし、

 

なにより、

ホイットマン!

がでてきたときには嬉しかったです。

 

こんな理屈を述べていますが、

恋や愛を感じて楽しめたのも事実です。

 

が、言葉たらずで、ここには書けないだけです。

  

いろいろな痛みを含めた、愛や恋の感情の描き方も、

大変勉強になりました。

 

本当に、ステキなお話でした。

 

そういうことを抜きにしても、

老人になったノアはさらにステキだと思います。

ノアはなんど辛い思いをしたのだろう・・・

そんなことを思いながら、

ステキなラストでした。

 

満足、満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

今日は、知り合いの演出家角本さんの

ワークショップに行ってきました。

 

彼のワークショップは、

5月ぐらいに一回行って、2回目です!

 

角本さんとは変な関係で、

mixiで知り合って、実際に会った初めての人です。

高校が同じで、演劇をやっている。

今、駒場の近くにいる。

というつながりだけで会うことになりました。

年は結構違うので、

高校が同じといっても、実際かぶってないのですが。

 

人見知りの僕が、ネットで知り合った人と会う

なんて、珍しいことですが、

勇気を出して会ってよかった!

と思える人です。

 

偶然にも、演劇に関して、

「役者をはけさせない」

「魅せる舞台」

など、偶然にも共通項が多くて、

そして、経験も知識も豊富な方なので、

いろいろお勉強させていただいてます。

 

今日は、駒場のホールで、

いろいろ実験めいたことをやっている中でのワークショップ

だったので、彼の作りかけの舞台をみることができました。

 

あぁいうのを見ると、

そして、実際、稽古を受けると、

僕の求めているものがある

と感じます。

 

僕の求めている全てではないですが、

僕にはなくて、求めているものを

持っている、あるいは、追求している、

まぁ、かぶる部分がある、

と言った方が正確かな?

なので、一部は似たものを求めていて、

それに関して、違う観点からのものを教えてくれるので、

感謝、感謝。

 

そして、僕の頭がすんなり理解する論理の話し方なので、

さらに、感謝。

 

今回は、「聞かせる」方の稽古もしていただいたので、

今日の稽古は、とてもためになりました。

 

そういう部分を抜かしても、ためになった点は、

「他の演出家の稽古を受けられた」ことです。

 

元いた劇研は小さなところですし、

演劇をやっていた先輩方もやめる方が多く、

ここ最近、人の演出を受けていない!

 

自分の演技を上から見てもらうことが

ほとんどないわけです!

 

なので、こういう機会は大切です。

役者なので、従順に演技しよう!

と思いますが、

時に演出病がでてしまったりします。

そうなると、

なんだか自分の演技が恥ずかしくなったりしますが、

今回は、がっつり役者になれました。

次回公演の役者復帰へのいい布石になりました。

 

ただ、違った観点を見せてもらっていたので、

だんだん、それをヒントにいろんなことを思いつき、

そっちに夢中になりそうだったもしましたが。

 

今回の稽古で、

彼の意図したこと、意図してないことを含め、

いろんなアイデアやコンセプトが浮かびました。

 

役者の自分の観点を抜きにしても、

そういう点は、他の演出家さんの稽古にでる良さ!

ですね。

 

ただ、残念だったのは、

自分のアイデアに、

自分の体、演技がついていかないこと!

 

役者になりきれていたので、

新たなアイデアでも、躊躇なく、集中して取り組めたのです。

でも、

形としては、アイデアに沿えましたが、

細かいところ、最後のシメとかがうまくいかない!

 

前は、どうだったか、分かりませんが、

少し体のアイデア反応の柔軟さが減ったなぁー

と思います。

 

でも、僕は、元来、

一回では、うまくいかずに、

反復練習でしか、体得できない性質なので、

このアイデアをつきつめて、

物にしていきたいと思います。

 

ちなみに、そのワークショップ、

うちの役者を一人連れて行きましたが、

他に、早稲田の、北京蝶々の1年生がいました。

 

北京蝶々は、早稲田の劇研のアンサンブル(?)で、

旗揚げ公演か、第2回公演を見に行ったことがあります。

 

そのときは、「魅せる」感じの舞台でしたが、

この子もそういう系統かぁー

と勝手に思いつつ、見てました。

 

魅せ以外でも、なかなか筋がよくて、

見る所もポイントつけていて、

いい感じの子でした。

 

まぁ、そんなに仲良くはならなかったけど、

次のに、でるみたいだし、

これを機に、次の北京蝶々は見にいこうかなぁー

と思いました。

 

あ、そうそう、角本さんに

何か体を動かすの稽古を指示して!

といわれ、とっさに思いついたのが、

うちの劇団で、ストップモーションのためにやってる

だるまさんが転んだ!(IF仕様)

 

くだらない稽古だよ、これ

と思いつつ、

よそ様にお見せする稽古じゃない!

と思いつつ、

それしか思いつかなかったので、

やってもらうことにしました。

 

きっと、あんまりお気に召さなかっただろうなぁー

 

ストップの稽古をしては、効率がいいものでもないけど、

変なくだらなさの中に、クリエイティブの元がある!

と思うから、僕は、やっています。

このことは最近、よく感じています。

最近のうちの劇団の稽古で、

そこのあたりがいい感じに回っているからかもしれません?

 

なにわともわれ、どんなまじめなことを書いても、

僕は、くだらないものが好き

ってことかもしれません。

 

そんなことを書いている中、

 

次回公演、小屋決まりそうです。

今回のアイデアを含めて、

くだらなさも健在で、

いい作品にしていきます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先ほど、見ました。

「バッド・エデュケーション」

 

邦題は、

「渡る世間はゲイばかり」

 

ではありません。

邦題も「バッド・エデュケーション」

 

ゲイの話です。

 

ゲイとは、男性の同性愛者の方です。

まず、言葉を整理しましょう。

ホモ・セクシャルとは、同性愛者の方のことです。

その対義語は、

ヘテロ・セクシャルです。異性愛者の方ですね。

「ヘテロ」というと、遺伝学を連想しますが、

異性愛者のことはヘテロって僕は言ってます。

 

で、僕の持っている古い辞書によると、

ゲイは、男の同性愛者

レズは、女の同性愛者

って書いてありました。

 

様々な言葉を整理しましたが、

この映画には、ゲイしか出てきません。

ちょこっと、ヘテロ。

でも、この映画は進みます。

オープニングはB級ホラーっぽいですが、

ゲイの話です。

 

こんなことはめったにないのですが、

僕、この映画、

途中でリタイア!

 

だって、ゲイばっかりなんだもん!

でてくる人、みんなゲイゲイゲイ!

ある意味すゲイ、じゃなくて、すごい

 

別に、ゲイが嫌いなわけじゃないです。

ただ、ゲイしか出てこないと

疲れる。

少しは、女性が見たい。

いや。

女性が見たい。

 

ただの女好き

と思われてもいいです。

主人公はホサカナオキみたいで、かっこよかったけど、

男ばかりはきつい!

 

ちなみに、

どこでリタイアしたか?というと、

主人公がプールに入りながら、

もう一人の男がブリーフ脱ぐのを

じっと見ているシーンで、

ストップ。

 

構図的にはきれいでしたが、

男のあれを見る気分でもなかったので、

ストップ!

 

ちょっと機嫌が悪かったせいもあるのかもですが、

リタイアです。

あの後どうなったか、気にはなりますが、

きっと、もう見ません。

 

今日は、こんな遅くにブログ。

なぜって?

 

それは、眠れないからです。

何のオチもない。

 

ゲイとかけよう!

と思ってもなにも思いつかない。

そんな夜。

| | コメント (2)

2007年1月24日 (水)

宮崎県の鳥インフル 大変そうですね。

東国原さんも処理判断誤って、

早期退陣にならなきゃいいですが。

 

そういえば、「不都合な真実」

アカデミーノミネートらしいですね。

アカデミー賞は、最高峰の映画賞と言われるわりに、

好みに偏りがありすぎな気がするので、

最近、ひいた目で見ていますが

ちょこっと嬉しいです。

 

アカデミーといえば、衣装賞ノミネート!

あの中じゃ、

マリーアントワネット しか見てないけど、

とれるかどうか!?

 

で、この話とは関係なく見ました

「シークレット・ウィンドウ」

スティーブン・キングですね!

 

あの主人公の役をジョニ-デップが演じていると、

どことなく 本木 雅弘 に見えてくるのは、

私だけ?・・・・・・・・

 

お話としては、まぁ、面白かったです。

話のオチを自分なりに考えながら見てました。

実際、わかりやすく、ありがちなオチだったのですが、

自分が考えた勝手なオチにとらわれすぎて、

すっかり騙されました。

スコトマ!

 

ありがちなオチでも、よそ目させる技術は大切だ!

改めて感じました。

 

そして、名前ネタ!

名前ネタの使い方にも、新たな見方を示してくれて、

勉強になりました!

 

全体的に、怖い雰囲気も漂わせていたし、

満足であります。

まぁ、もう少し緩急がほしかったけど・・・・

 

ただ、最初の映像が、

「悪魔の住む家」の最後の映像に似ていた気が、

怖い。

 

ここからネタバレ!

 

まぁ、僕は、ケンの言葉にひっかかったのです。

「シューターは依頼人に頼まれた。

 依頼以上の行動を勝手にとりだした」

ってやつです。

これで、僕は、

「実は、小説のネタに困った主人公が、

 盗作の脅しをかけるように彼に依頼した。」

と思ってしまったわけです。

なぜ、それを忘れているのか?

は不明ですが・・・・・

 

あと、不明だったのは、

シューターが本を書いたといった1997年とは、

どこから出たのか・・・・

 

シューターの車のナンバーに何か意味はあったのか?

 

それらは、観客の焦点を分散させるための技術で、

実は、意味がないのか?

 

そこらへんが気になりました。

気になって終わりました。

 

以上。

 

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

今日3つ目の記事です。

まだ、「不都合な真実」を見に行っていませんが、

環境問題についての序章。

asahi.comからの抜粋。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

温暖化CO2、海の酸性化

   

も招く サンゴが死滅危機

2007年01月23日

 化石燃料などから出る二酸化炭素(CO2)が温暖化だけでなく、海の「酸性化」も招き、サンゴを死滅させるなど生態系に大きな影響を与える恐れがある――。世界各国でそんな研究が相次ぎ、注目を集めている。日本でも北海道大と海洋研究開発機構のグループが、影響を評価するための研究を始めた。

 海は大気に放出されたCO2の約3分の1を吸収するとされ、それによって海水のアルカリ性が弱まる酸性化が起きる。現在の海水は水素イオン濃度指数(pH)が8.1で、産業革命当時より約0.1酸性化した。大気中のCO2が年に1%ずつ増える場合は、21世紀末にpH7.8まで酸性化が進むと予測されている。

 水温や水圧などにもよるが、酸性化が進むと、炭酸カルシウムでできたプランクトンの殻やサンゴの骨格が溶け出す恐れがある。ただ、従来は、影響が出るのは遠い将来と考えられていた。

 だが、日本を含む国際共同チームは05年にまとめた報告で、50年ごろにCO2濃度が500ppmになるとすると南極海の一部で炭酸カルシウムが溶け出し、21世紀末に780ppmになるとすると南極海全体と北太平洋の一部に広がる恐れがある=図=と警告した。

 これを受け、英王立協会や全米科学財団などが相次いで研究の必要性を訴える報告書をまとめた。日本ではスパコンを使って、今後100年の酸性化の進行を季節変動や地域性も考えて詳細に予測。生態系の変化も推定することになった。

 山中康裕・北海道大助教授(地球環境科学)は「酸性化は広範囲で起こり、生態系が大打撃を受ける可能性がある。水産資源への影響を予測したい」と言っている。

    ◇

 〈キーワード:海の酸性化〉 海は現在、水素イオン濃度指数(pH)が8.1と弱アルカリ性だ。CO2が海に吸収されると、水と反応して水素イオンが増えるため、酸性には至らないが中性(pH7)に近づき、アルカリ性が弱まる。この反応を「酸性化」と呼ぶ。

 増えた水素イオンは海水中の炭酸イオンと反応し、炭酸イオン濃度を下げる。炭酸イオン濃度が一定の値より低くなると、炭酸カルシウムを主成分とするサンゴ礁などが溶け出す恐れがある。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

太青字にしたところが疑問点です。2つですね。

 

まず、

産業革命から今まで0.1しか下がらなかったpHが、

21世紀末までに、0.3も下がる!

仮定として、「年に1%ずつ大気中COがあがる」

といっているが、それはどうなのか?

 

2点目。これは、朝日新聞の記者が書いた解説だろうけど、

まったく意味不明だ!

この説明は、増えたのが水素イオンだけなら納得がいく。

でも、この話は、CO2が海水に溶けて酸性化するって話。

CO2が海水にとける際、水素イオンと共に、

炭酸水素イオンが発生する。

増えるのは、水素イオンだけでなくて、

炭酸水素イオンもそう。

 

でも、この説明だと、増えた水素イオンを減らすために、

炭酸イオンと反応とあるけど、

それで発生するのは、炭酸水素イオンでは?

それは、平衡的にありうるの?

 

むしろ、増えた炭酸水素イオンによって、

炭酸カルシウムは増える方向ではないのか?

 

電気陰性度が関係するのかしら?

 

化学のことをすっかり忘れてしましましたが、

とりあえず、

なんで、サンゴが溶け出すのか?

分かりません。

pHがそこまで下がれば、死ぬのかぁー

ってイメージできるけど、

なんで、溶け出すのでしょうか?

 

化学の知識を思い出そうとしても、これが精一杯です。

すいません。亀田先生、榊原先生・・・・・

こんなことしか考えられないっす。

どなたか教えてくださーい。

 

もう少し勉強しないとなぁー

ちなみに、このニュースの内容について、

いいコメントをしている、友人のブログ

http://sea-urchin.cocolog-nifty.com/seaurchinblues/2007/01/post_01d0.html

「ぺこちゃん復活なるか」のところ、

見てみてください!

 

環境のことを書くつもりが、

普通の化学の話になってしまった・・・・・

 

環境のことは、「不都合な真実」みた後にしよう。

| | コメント (0)

ネットを見ていたら、

ある人が書いた羊の性質がのっていました。

http://www.pref.fukushima.jp/kokusai/non_contents/find-new/info-nz-jp1.html

リンク元です。

 

羊の性質、紹介します。

そして、といえば、僕、「1匹の羊」君です。

僕と照らし合わせてみてみましょう!

 

(一)羊は頑固な動物です。離乳させた後、

   草がある場所から羊を離すのはとても困難です。

確かに、僕は頑固だ。

草のある場所は、離れたくないほど好きではないが・・・・

好きな食べ物は飽きるまで食べるし、

好きなものはとことん好きになるし、

一度がっとなると抜け出しにくいね。うん。

 

(二)羊は気が短く、すぐ突き進んで来ようとする動物です。

 僕は、気は短くないぞ!

 でも、すぐに突き進むのは同じだ!

 単純だ。僕!

  

(三)しかし、それほど賢くないので簡単に逃げられます。

   怒っている羊におそわれたら、足を広く開いた姿勢で立って、

   羊の背中を飛び越えることだけで逃げられます。

 賢くないのか・・・ 

 それは認めたくないなぁー

 でも、簡単にかわされるのは同じかもしれない。

 頑張って突き進んでもかわされて、

 しかも、それにすら、気づいていない自分がいるかもしれない。

 僕が、がっとなったら、馬とびすればいいですよ!

 でも、女性の方は、ちゃんとミニスカで、馬とびしてくださいね!

  

(四)ペットとして扱ったら、羊は人ととても強い絆を結びます。

   自分が羊であることを忘れて、

   別れる時、人間のように泣きます。

 僕の場合でいうと、

 人間であることを忘れて、

 別れるときは、羊のように泣く!

 わけだな!確かにそうかもしれない。

 めぇめぇめぇめぇ

 ってアホか!

 とりあえず、僕と絆を結びたい時は、

 ペットのように扱うのがいいみたいです。

 

要するに、この記事で僕が言いたかったのは、

名は体を表す!

ってことなのかもしれない・・・・・・

 

・・・・・・・

 

・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は、必死に、研究発表のスライド作り

夕方までに、「最後のまとめ」以外残してスライドは完了!

そこで、力つきました。

体力があるけど、気力はない!

 

なので、帰ることにしました。

けど、帰っても気力は湧かず、

そのまま就寝

 

朝早く起きて、

ネイビーの散歩にいって、

シザーシスターズ聞きながら、

自転車で学校へ!

 

朝から必死に、

発表用原稿を作り、その後、

最後のまとめのページを作る!

発表は10時からですが、9時50分くらいに完成!

全部で24枚のスライドになりました。

 

発表の持ち時間は20分!

発表13分、質疑応答6分、交代時間で1分!

 

スライド24枚で13分!

一枚30秒!

一般的には1枚1分ですが、

僕はいつも早口の発表なので、そのくらいのペースです。

いけそうです!

 

ちなみに、スライドはこんな感じ

Back2_mac_1 このくらいなら、

みせても問題にならないかな?

 

左上に、地球がいてグルグル回る仕組みにしてあります。

右下に、先生の似顔絵がいます。

 

今回の発表の目標は、

ストーリーテリング!

研究の背景から目的、実験、結果、考察、

次の実験、結果、考察

ストーリーのようにわかりやすく展開!

それで、最後はきちっと〆て終わりにしたいなぁ

と思っています。

 

さて、いざ、発表予行!

かんだり、図の説明でもたついたりしましたが、

10分前に完成した原稿のわりには、

うまくいきました!

 

で、終了です!

 

そのとき、隣の研究室の先輩が一言!

 

27分

 

え?

 

27分!

 

に、に、にじゅうななふん!?

 

1枚1分以上ジャン、じゃん、じゃん!

 

これじゃ、早口で話しても、20分。

けずらなきゃなりません!

 

先生を含め、色々な方に意見を頂き、

修正箇所はみえました。

 

修正はいいのです

問題は、削ることです。

削る方が至難の業です。

 

それに、

削ったら、ストーリーテリングが!!!

 

まぁ、僕のスライドは文字が多いので、

そこのあたりを削りつつ頑張りたいです。

 

とりあえず、形はできたので、一安心です。

スライド直して、レベルアップさせて、

早口の練習です。

 

仕掛けていたネタですが、

結構うけました。

よかったです!

 

隣の先輩いわく、

あの程度じゃ修士剥奪にはならない

らしいです。

よかったです!

 

安心して、内容の修正をします。

| | コメント (2)

2007年1月22日 (月)

不二家の不祥事報道

 

これでもか!

ってくらい段階的に、断続的に、

発覚し、報道されている現在ですが、

 

この状況をみて、この前、

僕のことを「陰謀マニア」と思っている友人が、

これも陰謀?

と聞いてきました。

間違っても、僕は「陰謀マニア」ではありません!

 

そのときは、

陰謀かもしれないね

と答えただけで終わった記憶がありますが、

陰謀かもしれないらしいです!

 

小野寺光一さんのメールマガジンによると、

今回の不祥事の前後の不二家株の売り買いで、

某外資証券が、大きな儲けを得た!

らしいです。

 

最近、小野寺光一のメルマガでは、

離婚するような人間にいい政治ができるわけない!

というような、ちょっと

え?

というようなことも書かれていたりして、

全て信じるのは危険だとは思いますが、

 

広い情報を!広い視野を!

ってことで、僕は読んでます。

 

今回は、

こういう情報もあります!

ってことでここに書きました。

 

詳しい情報が知りたい方は、

そのメールマガジンの内容をどっかで入手してください。

 

明日、修論発表の予行です。

まだ、スライドできてません。

今日はふんばり所!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨日に引き続き、

マリーアントワネット!

 

ネタバレを含めた感想です。

僕が見て不思議だった点、2点!

 

一つ目!

なぜ、ルイはマリーに興奮しなかったのか!

なぜ、夜のお勤めをしなかったのか!

 

子供ができないで苦しむマリーの姿が

主に描かれてました

豪華絢爛に走った主な原因として描かれていた

と僕は感じましたが、

 

その原因の元となる

なぜ、ルイは子作りに励まなかったのか!

というところが、あまり描かれていなく、残念!

 

あんなステキな女性なのに、なぜやらない!

憤慨な僕!

そこで、僕なりに理由を考えてみました!

その結果、

マリーがきれいすぎた! 

きれいすぎて、緊張しちゃった!

もう少しブスの方がよかった!

 

と思っていました。でも説得力に欠けます。

 

帰りに、いっしょに見に行った人が言うのは、

ルイはホモだった!

らしいです。

 

ホモかぁーホモならしょうがないかぁー

とおもいつつ、僕としては、

王家の勤めがかかってるんだから、

ホモでもやるだろう!

キレイなんだし!なぜ、やらない!

とそれでも納得がいかない!

 

歴史的事実を知らない僕が見ても分かるように、

そこのあたりもちゃんと描いてほしかった!

そこは大切なポイントだよ!

マリー役がブスなら納得が行くけど・・・・・

 

第2の不思議な点

なぜ、英語?

 

ヴェルサイユ宮殿を撮影で使ったらしいし、

フランスの歴史なのに・・・・・・

  

そこは頑張ってほしかったなぁー

 

 

2つの記事にわたって感想を書くなんて珍しい!

ただ、初日に行ったのに、席がガラガラでした!

頑張れ洋画!

 

そして、早く、「不都合な真実」を見に行きたい僕。

今週中はきついかな・・・・でも、行きたいな。

ただ、一緒に行ってくれる人がいません。

誰か一緒に行ってくれる人募集!

環境に興味ある方、ぜひ募集!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

昨日、川崎に観に行きました

マリーアントワネット

 

感想

うーん。よくもなく、悪くもなくって感じです。

 

確かに、衣装は素敵だったし、

キルスティン・ダンストも素敵だった!

 

というか、

大人になっても、こんないい役もらえてよかったね!

と、スパイダーマンの時にも思ったことを思いました。

 

彼女の演技力なのか、メイクの力か分かりませんが、

年の経過に関しても、違和感なく見れました。

 

ただ、僕にとっての問題は、

歴史映画の域を出なかったことです。

 

制作者の描くマリーアントアワネット像を描いていました。

それでいいのですが、

問題は、

僕がマリーアントワネットについて全然知らない!

ってことです!

 

基礎知識があれば、

制作者の意図が分かったり、新鮮さがあったりしたのでしょうが、

それがなかったので、

十分消化しきれませんでした。

 

「monster's ball」の記事にも似たようなことを書いたなぁー

まぁ、ダヴィンチコードはちゃんと楽しめましたからな・・・・

 

いま、テレビを見ていたら、

そのまんま東、宮崎県知事選 当確!

らしいです!

 

どうした!宮崎県民!

タレントに入れるな!

とは一概には思いませんが、

青山さんやノックさんを見てても、

まだ、タレント候補が勝つのかー

とちょっとショックを受けました。

 

汚職がないだけで終わるか、

汚職で終わるか、

はたまた、偉大な知事になるのか・・・・・・

 

まぁ、いずれにせよ、彼には、もう、

最後を共にしてくれるマリーのような奥さんは、

既にいないわけですが・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月20日 (土)

昨日は、結構まじめにやって、遅くに帰る。

それから、ネイビーの散歩ついでに、

X-MEN を返しに、TSUTAYAにいく。

半額クーポンだ!

 

借りました。

「MONSTER'S BALL」(怪物の舞踏会)

邦題「チョコレート」

 

ゆっくり見たかったのですが、

また、ネイビーが吠え出す。

しかたなく、10分寝た振りをして、

ネイビーを深い眠りに落としてから

見だしました。

なんか赤子をあやすおっさんみたですわ・・・・

 

X-MENからハルベリーつながりのチョイスです。

黒人初のアカデミー賞主演女優賞!

 

脚本賞にもノミネートされたみたいです。

 

まぁ、SFばっか見てないで、

少しは人の描き方を学ぼう!

と思ったわけでもあります。

で、映画ですが、

見ている時の感触「クラッシュ」に似ている感じでした。

静か静かに物語が進行しているのに、

あまり飽きずに、集中してみれる。

それが、「この先どうなるのか?」によるものではなく、

「人の感情やつながりを描くこと」によってもたらされている。

 

うまく描いている!からこそできる技なんだと思います。

すごい!

そこらへん、なんか現代演劇っぽいね・・・・

僕は、そこらへんがまだまだなので、

こういう描き方はもっと学ばなければいけません。

 

ただ、「クラッシュ」の時もそうでしたが、

僕が、こういう作品を見るときのは、

人種差別です。

 

僕は、アメリカの人種差別を知りません。

情報だけは知っているけど、感じたことがない

 

そんなものはもうないだろう!

と勝手に思っているけど、

実際まだあることに驚かされている!

そんな人間です。

 

こういう作品を見て、

そのことを少しでも感じることができるのはいいことだけど、

 

アメリカの人種差別のことを知らない、実感がないので、

作品としては、半分くらいしか楽しめてないのではないか?

と思います。

そういうことを含めて楽しめたら、

もっと楽しいかもしれません。

 

ダヴィンチ・コードが、

一般的なキリスト教徒がもつ教養がないと

十分に楽しめないのと似ているのかもしれません。

 

僕のたとえ話は的外れなものが多い!

とよく言われるので、適切なたとえではないかもしれませんが、

筋を見てもらえれば、分かる例えだと思います。

 

というわけで、

いい話でしたけど、スーパー評価を出せないのは、

そこらへんのことがあるのかもでしれません。

 

まぁ、それを含めても、

「クラッシュ」の方が、僕は好きです。

 

でも、両方お勧めなので、ぜひ!

 

ただ、あれですね。アカデミー会員は、

トムハンクスだけでなく、

こういうのも好きなんですかね?

 

僕、

ラジー賞に選ばれる作品の方が

自分に合っているんじゃないか?

って思っています。

ケビンコストナーの「ポストマン」

あの作品は、僕の中で、かなり上位です!

でも、ラジー賞!

 

だから、次もハルベリーつながりを維持するのであれば、

自然と作品は決まります。

「キャットウーマン」・・・・・・・・

 

でも、その前に、今日は、夜に川崎に行って、

映画を見てきます。

「マリーアントアネット」!

そういえば、今日、初雪!?

センターの日は雪!

もうお決まりになりつつありますね・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月19日 (金)

この前、「守り と 攻め」の記事にも書きました

修論発表会のスライド作り!

発表会にユーモアを!

って話をしました。

 

さて、昨日は、まじめに、

発表用のスライドの中身を作っていました。

先生に相談とかしたり、夕食食べて力をいれて、

かなり、まじめにつくっていました!

が、

ある瞬間に降臨してしまいました!

 

くだらないネタが次々に思いつく!

思いつきながら、ニタニタ笑い、

思いつきが実現できるのがどうか?

パソコン上で、実験!修正!実験!

これが研究だぁー!

と言わんばかりに、中身とは関係のない、

発表会に笑いをもたらすネタに力を注ぐこと二時間!

 

これが楽しい!

だから、創作はやめられない!

とテンションマックスで、完成しました。

地味なネタ と 爆発一発ネタ

 

もちろん、パワーポイントのスライドの中に仕掛けてあります。

これは、かなり面白いです。

 

自分の舞台で、これは絶対いける!と思うネタと同等くらい

おもしろいです!

 

研究室の後輩たちに見せたところ、

反応はかなりよかったです。

 

が、ちょっとやりすぎかもしれません。

修士剥奪は逃れなければいけません。

 

とりあえず、来週、隣の研究室の人を含めた、

発表練習があるので、

そこで、先生たちの反応を見ようと思います。

 

まぁ、そんなことやってたおかげで、

中身は全然進んでません・・・・

 

でも、見せたいなぁー

みんなに見せたいよぉー

 

発表会にこられる人はぜひ来てくださいね!

 

見せたいといえば、

X-MEN ファイナルデシジョン!

見ました!

 

英語の副題は、THE LAST STAND だったので、

これなら、そのままでいいじゃないか!

と思いましたが、ファイナルデシジョンです!

 

話が早すぎて、全体的にあっさりしすぎ!

最後なら、もっと、こってりやってほしかった!

それをぬけば、そこそこ面白かったですが、

あっさり描きすぎでもったいない!

予算がなかったのかしら?

 

感想がいつもより短いですが、

それは、ネイビー(犬)が暴れて吠えてたため、

途切れ途切れにみたからであります。

 

正月とか機嫌よかったのに、

最近、不機嫌なネイビー

 

昨日は何が気に食わないのか

映画を見てる僕に、ずっと吠え立ててました。

 

餌をあげても、だめ

ガムをあげても、だめ

散歩いっても、だめ

高い高いしても、だめ

マッサージも効かない!

 

一瞬はおさまるのですが、

また、すぐに吠えます。

 

やっと見終わって、寝ようとしたら、

急に、静かになり、隣に来て寝だしました。

 

でも、ベッドで携帯をいじっていると、

また、起きて吠え始めます。

 

昨日の「シロの話」の記事にも書きましたが、

犬が何を感じ、考えているのか?

結局のところ、分からない!

という話を、思い出しました。

 

昨日の現象!

ほほえましい解釈をすると、

ネイビーは、やきもちを焼いていた!

ということになります。

テレビなんか見ないで、携帯なんかみないで、

僕だけを見て、僕と遊んでおくれー!

 

なんともほほえましい。かわいい犬です。

でも、別の解釈があることに気がつきました。

 

早く寝ろ!うるさいんだよ。

テレビも、携帯も、光も、

目障りなんだよ!

何もしないで、電気消してさっさとねろ!

 

といっていたのかもしれません。

この解釈をさらに考察すると、

あの部屋はネイビーの縄張りネイビーの部屋ってことで、

は、ただ居候させてもらっている人になります。

居候ですから、静かにしなければいけません。

でも、あの部屋は僕の部屋だよ!

 

ただ、一日中あの部屋にいるのは、ネイビーで、

僕は、夜しかいなくて、ほとんど寝ていて・・・・・・

ネイビーの気持ちも分からなくもない!

 

犬は階級を作って、交流するらしいですが、

僕が上にいるのか、下にいるのか、

よく分かりません。

別に、下でもいいのですが、

映画は静かに見させてください。

勉強は、作業は、させてください。

 

まぁ、でも、

ネイビーは、一日、ぼんやり暇していたんだなぁー

と思うと、

遊んであげなきゃかわいそう。遊ぼう。

とも思うのですがね。

むずかしいところです。

 

まぁ、後者の解釈だったら、

すごい犬だなぁー!

 

すごいといえば、このニュース!

asahi.comから。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

不二家チョコ、

  

ガの幼虫混入 

   

旭川で昨秋販売

2007年01月19日11時18分

 北海道旭川市内のスーパーで昨年10月に販売された「不二家」のチョコレート菓子の箱の中に、ガの幼虫が混入していたことが分かった。不二家は事実を確認し、指摘した同市内の男性に対して調査報告書を提出した。同じ製品の自主回収などはしなかったという。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

ガの昆虫

はインパクトでかいですね。

ひどいですね。まったく。

 

今日は、よく書きますね、僕。

機嫌がいいんでしょうか?

 

この調子で、スライドの中身を作りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月18日 (木)

http://www.ossya.com/fup/show/393.php

偶然見つけたフラッシュです。

タイトルは、

クレヨンしんちゃんの13年後

 

ぜひ、見てください。

シロの話です。

犬好きな方、必見!

動物好きな方、必見!

 

飼っている動物が

何を感じているのかは、

本人たちにしか分からない。

 

飼っているのも人間のエゴだし、

人間と同じように感じていると思うのもエゴ。

 

でも、ずっと一緒にいると、

そう感じているように思ってしまいます。

 

だけど、何を感じているかは、分からない。

でも、それは、動物じゃなくても、

人でも変わらないのかもしれない。

 

もっと一緒にいよう!と思います。

いつも、思っていますが、

このフラッシュを見て、

また、思いました。

 

必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dsc00047 タイトルとは関係なく、

まずは、うちの犬の一人

メリーです。

アメリカンコッカー

もう6歳です。

ブリーダーさんから直接買ったので、

うちに来た時は、超チビでした。

350mlアルミ缶くらいの犬でした。

昔はおてんばでしたが、

2年前からは腰を痛めて、座りっぱなしの日々。

そのせいで、静かになり、

いまでは、うちの3匹の中で、

一番いい子の座

に位置しています。

顔立ちがいいでしょ?

美人顔!

 

美人顔といえば、

ミラ様です!

「バイオハザード」で、

「スクリーム」のネーブ・キャンベルを蹴落として、

僕の中の「戦う女優ランキングNO1」の座についた

ミラ・ジョボビッチ

 

昨日、見ました!

「ウルトラバイトレット」

 

ヘモファージウィルスに感染し、

超人的な力を持った人々、ファージ!

 

ウィルスに感染したからって、

ファージとは!なんとも安易なネーミング!

 

そんなやすい呼び名で呼ばれる

かわいそうなファージを迎え撃つのは、

人間、ホモサピエンス

こちらも安易なネーミングを適応して、

ホモピ!

(間違っても、字幕でも、英語でも、

 ホモピとは言ってませんが・・・)

 

ファージ VS ホモピ の戦いの話です。

 

ちなみに、

ヘモファージとは、バンパイアの意味で使われてるものもあり、

実際、ファージたちは、犬歯が出てたし、

そこからとったネーミングかもしれません。

案外、安易ではないかも・・・・・・

 

まぁ、その両者の戦いに、

ミラ様扮するスゴムラさんが参加します。

スゴムラさんというのは、

ウルトラバイオレットの日本語訳の略称です。

これも、間違っても、字幕にはでてきませんが・・・

 

で、とりあえず、映画としては、

バイトレット、と題名に入っているのにふさわしく

紫を基調にしたきれいな映像の連続!

 

そこにミラ様の美しい顔と体が加わり、

映像のきれいさ はすばらしく、

見て楽しむ映画

って感じがしました。

 

でも、内容が薄い!ない!

あるのかもしれないけど、

キレイな映像の連続で頭がぼーっとしてるのに加え、

セリフのない戦闘シーンが長い!

戦闘以外のシーンは、あるけど、短すぎて、断片的です。

一応、ドンデン返しも用意されていますが、

容易に予想できる範疇です。

 

この内容の薄さといい、

映像のきれいさといい、

「ゴット・ディーバ」を思い出しました。

あれは、青が基調でしたが・・・・

 

ただ、ほんとうにきれいな映像で、

立ち居地の形もステキだし、

一瞬一瞬が絵になる感じです。

この映画は映画館で見たかったなぁー

と思いました。

見てたのしい、こういう映画は好きなんです!

でも、こういうのの多くは内容がありません。

見た目も、内容も、求めてほしいものです。

 

ここから、少しネタばれに入ります。

ばらすほどの内容もありませんが、

これからこの映画を見る人は要注意!

 

とりあえず、

ホモピ弱すぎ!

同士討ち多すぎ!

他のファージ弱すぎ!

ガース、所さんっぽい!

ってか、

スゴムラさんすごすぎ!強すぎ!

 

最後の方に、

私、凄腕の殺し屋なの!

私、強いの!

って言ってるけど、

それだけで片付けないでよ!

 

強すぎの理由をもう少し付加してほしかったです。

 

うん。まぁ、バイオハザードの番外編って感じですね。

内容を含めて、バイオハザード続編に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月17日 (水)

仮面ライダー電王

28日から放映される仮面ライダー

だそうです。

 

仮面ライダーは、

最近、見てません。

最近というか、全然見てません。

小学校低学年までは見てましたが、

それ以降は、ほとんど見てません。

 

でも、これについて、ブログを書く!

なぜか!

 

最近、僕が気に入っている

新人グラビア(女優)がいます。

白鳥百合子!

 

この仮面ライダー電王に

彼女がヒロインででることになったそうです。

 

だから、少しは見てみようかな?

という気にはなっています。

けど、日曜朝8時!

見れるのだろうか?

 

番組のホームページを見てビックリ!

キャッチコピーがすごい!

 

「時刻(とき)」を超えて、俺、参上!!

 

05e539c2_1

俺、参上!!ってあんた!

 

敵は、未来からの侵略者イマジン!

実体がないエネルギー体!

だから、イマジンなのでしょうか?

オノヨーコが怒りだしそうな敵の名前だ!

 

悪い人間さんによって、実体を得る

らしい。

ヴァルキュリープロファイルでいう

マテリアライズみたいなものだ、きっと。

 

イマジンは、現在にきて実体化して、

過去にいって、暴れて、

過去を変えて、未来を変える!

らしいです。

 

肝心の仮面ライダー電王さんですが、

「時の運行を守る」ため

列車デンライナーに乗り込み、

イマジンを追う!

 

つまり、電王さんも過去に行くわけで、

え?

列車デンライナー!?

なに?

電車だから、電王なの?

電王は、電車男?

 

そんなのあり!?

だって、仮面ライダーでしょ?

 

広辞苑を見てみると

ライダー  (オートバイなどの)乗り手

 

電車「など」に含まれるわけか!

そうか、そうなのか。

 

って、おい!

 

まぁ、すでに、バッタじゃなくてカブトムシもいるらしいし、

何でもいいんでしょうが・・・・・・

 

白鳥さんのおかげで、

最近の仮面ライダーについて知ることができました。

 

日曜、早起きしたら、

最近の仮面ライダーの中身も楽しんでみたいと思います。

 

今から言っておくと、きっと

楽しかった!

と書くはずです。

 

白鳥百合子を見れるだけ満足してます。

きっと。

 

でも、この仮定には、一つだけ例外があります。

彼女の演技がものすごいヤバイ場合です。

そしたら、見るのをやめます。

 

でもさ、

元々、グラビア志望じゃなくて、役者志望だろうし、

きっと、大丈夫だろう!

面食いな僕は思うのです。

 

こんなですが、演出やってます。

 

でも、

自分の演出では、こんなこと微塵も思ってないので、

ご安心下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

僕は、まとめるのが好きです。

特に、お勉強系。

 

いつからこの癖がついたのか?

今となっては定かではありませんが、

中学の中間、期末の時は、

授業ノートの他に、まとめノートを作ってました。

 

浪人の時が顕著で、

化学と生物と倫理に関しては、全分野、

自分の手でまとめたノートをこしらえました。

 

大学の試験の時はさらに顕著になって、

過去問の完全なる回答集

暗記すべき例文集

を手書きで全て作ってました。

 

大学院入試でも、

エッセンシャルをほぼ全部まとめました。

 

まとめ好きです。

 

なぜ、まとめるのか!

 

参考書とか教科書とか

体系的なんだけど、教えるための体系で、

やはり、各論の話になると、そこを詳しく書きすぎる!

 

だから、本筋が見えにくい、全体像が見えにくい!

 

僕は、本筋がないとなかなか理解できないタイプです。

各論を理解するときでも、

頭の中で一回本筋に照らしてからでないと理解できません。

だから、人の話を聞いて理解するまで、

その分、時間がかかります。

 

あとは、人がまとめたものは、

理解しにくし、覚えられない!

 

自分の言葉が一番理解しやすく、

自分でまとめた体系が一番覚えやすい!

 

そうやって、理解し、覚えることに、

慣れてしまったのもあります。

 

だから、人の話を理解しようとする時、

さらに時間がかかる!

自分の言葉に返還できないと理解できないのです。

 

だから、ある程度の理解体系ができてないと

意見を聞いて、すぐに自分の意見とか言えません。

ゼミとか研究発表会で質問が出てこないのは、

そのせいだと思っています。

理解体系ができたら、それなりの意見を言えるとは思うのですが。

 

以上の2つが、自分でまとめる理由です。

一見効率悪いです。

自分が納得するまとめを作るのには、

かなりの時間を要します。

けれど、覚える となると、

そっちの方が効率がよかったりします。

 

大学の時は、ほぼ一夜漬けでしたが、

徹夜でまとめをつくり、

覚えるのは電車だけ。

がほとんど!

 

たとえ、時間かかってもまとめることが大切!

たいして頭のよくない僕が、

頑張ってこれたのは、まとめ癖のおかげだと思っています。

 

まとめ というステップを踏まずに、

頑張ってこれたのは、

修士課程 と 演劇 くらい?

 

この2つは、まとめる というよりは、

小さな理解の蓄積が、

勝手に頭で体系を作ってきた感じです。

 

僕のとっちゃ珍しい部類です。

 

前置きが長くなりましたが、

証券外務員試験!

の話です。 

参考書を読んでても、全然分からず、

一問一答問題集を買ったけど、

なかなか覚えられないで

焦っていました!

 

原点回帰!

 

時間かかるけど、まとめることにしました。

 

いまさら、他分野に進出です。

他人が書いたものだけ読んで分かるわけがない!

 

1章まとめました!

久々のまとめ作業だったのもあって、

楽しく進めました!

 

参考書は14章編成!

あと、13章!頑張ります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

最近、守りに入ることが多い!

 

今日書きたいのは、それに対する懸念と考察

さっき長々と書いたのですが、

不慮の事故によって消えたので、

今回は、短めに書きます。

 

最近、守りに入ることが多い

自分に対してそう感じます。

 

とはいっても、

舞台でも、生きる上でも、

攻めまくっています。

 

僕は、

やる前に諦めるな。

諦める前にどうすべきか考えろ!

と自分に言い聞かせて、生きています。

 

攻めるの大好きです

 

でも、最近、

前に比べて、守りが増えたなぁー

と思います。

 

別に、守ってもいいです。

結局は、自分が何を望むか?

攻めたから、得られるもの、失うもの

守ったから、保てるもの、失うチャンス

それら全部ひっくるめて、総合的に考えて、感じて、

自分が何を望むか?

 

その結果、守ると結論をだせたら、守る!

 

そうなんですが、そうして、守りにはいると、

何、守りに入っているんだ!

大人のふりしてるんじゃない!

生きることの精髄を吸い尽くせ!

と怒る自分が自分の中にいます。

  

そうして、葛藤が続くのです。

 

前は、そういう自分が強くて、攻めてました。

攻めは、時に、無謀です。

無謀な攻めは、多くを失います。

攻めたら、必ず、何かを失います。

でも、攻めなきゃいけないときもあるんだろう

と思います。

 

最近、守りが多いのは、

攻めることで失うもの、守ることで保たれるもの、

その比重が大きくなってきた。そういうものが増えてきた。

からなんじゃないかって気がしてきています。

 

でも、やっぱ、

自分の望みなんか、そう簡単には見えてきません。

葛藤を続けることでしか、

自分の望みを垣間見させてもらえない

そんなことも思います。

 

まぁ、望みが見えたら見えたで、守りに入る場合は、

攻めたい心を押さえて、守りに徹する力

が必要になってきます。

僕は、攻める気持ちが強いから、

今は、そんな力を欲しつつ、

葛藤し続けることが、その力の一つなんじゃないか!

って気もしてきます。

 

失わないように攻めることもできる

でも、失わなきゃ攻めれないこともある

そんなことも忘れず、

あまり守りすぎないように

無謀な攻めはしないように

葛藤していきたい 

と思います。

 

今日は、こんなことばっか考えてました。

 

だから、ゼミの発表以外まともなことはしてません。

一回読んだと思っていた、発表する用の論文が、

実は1ぺージしか読んでなくて、そのおかげで、

昨日は、ゼミの準備にかなり時間をさきましたが、

今日は、ほとんど何もしてません。

 

こんなことを考えるのは、一段落ついたからかもです。

また、やらなきゃならないことの渦に巻き込まれ、

せっせと泳ぐ中に入ったら、こんなことは考えない

きっと、そうだ。

 

頭の中の葛藤のような文章で、

よく分からないかもしれないので、

一つ具体例を。

 

修論発表会

5月にあった中間発表会では、

研究室のバナーとして

全スライドの端に、先生の似顔絵を貼り付けました。

なぜ、そんなことをしたかというと、

発表会にユーモアを!

 

学術的な発表会ですから、

研究内容で盛り上がるのが一番です。

でも、数時間の発表会で、それだけではきつい。

しかも、みんなダラダラ話してます。

 

そこで、こう思うのです。

発表会にもユーモアを!

 

研究内容にユーモアがあるのが一番。

それは、わかっていますし、それを目指していますが、

一番のものだけせめても、もったいない!

内容でもせめて、他でも攻める!

 

そんな考えで、先生の似顔絵が貼られました。

で、2月頭の修論発表会!

研究室バナーの使いまわしでは、芸がない!

ので、今考えてます。

 

ただ、やりすぎて、修士剥奪なんてなったらいやだなぁ

とか、守りの気持ちもでてきたりしながら考えてます。

変な葛藤ですが、

そんな葛藤もしたりしてますが、

もっと、まともな葛藤もしてますよ。

 

この具体例で、

もっと分からなくなったかもしれませんが・・・ 

さて、まず、

基となる発表内容の発表の仕方を先に考えることにします。

| | コメント (2)

2007年1月15日 (月)

修士論文提出してきました!

 

予想以上に進まなくて結構困りましたが、

なんとか提出です。

 

協力してくださった方々、

励ましてくれた方々、

ありがとうございます。

 

 

これからの予定としては、

発表用のスライド

証券外務員試験

の2つ。

 

ほぼ同時期にあるので、

まだまだ、気を抜かずにがんばらなくてはいけません。

 

あと、明日のゼミ

後輩が卒論終わらなそうだったので、

急遽おととい当番を代わってあげました。

やさしさアピールです。

なので、まだ、なんにも準備していません。

今日、がんばります。

 

昨日の稽古は、人が少なかったけど、

テンション高かったので、楽しかったです。

なので、今日は気分がいい!

1月15日!

いい日だね、今日は!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月14日 (日)

昨日の夜、精子研究会が終わり、

研究室で、一息

さぁ、帰ろう!

というとき、一通のメール

急な予定のため、明日の稽古休みます。

と、役者からメール

 

なんだよ。稽古プラン練り直しかい!

 

と思っていたら、もう一通のメール。

卒論終わらないから休ませてちょ!

と、別の役者からのメール。

 

さすがに、「ちょ」はついてなかったけど、ショック。

予想はしていたが・・・・・

まぁ、留年されても困るので承認。

 

僕の修論が終わっていてよかった。

終わってなかったら、僕は切れてましたよ。

でも、ちゃんと終わってますから!

 

ほかの卒論組に連絡して、出欠を確認。

一人はちゃんと出るようなので、上出来です。

 

そんなこんなで、少し沈んだ心で帰宅。

思っていたより疲れていたので、

すぐに寝ました。

 

夢がひどい!

灰色のはずの僕の犬茶色になってました。

それだけなら、まだいい。

 

なぜか、就職初日の風景。

タイムカードの押し方を習ってます。

簡単なはずなのに、なぜかよく分からない。

みんながみてるのに、全然分からない!

仕方なく上司に、

もう一度教えてください!

って言ったら、変なテキストを音読させられました。

 

会社のパンフを見せられて、

証券なのに、なぜか工場がたくさんあるし、

東京に一社しかないはずなのに、

地方や海外にまで支社がある!

話がちがうじゃないか!

と焦る。

起きて気がついたことは、群馬県前橋市であるところが、

 夢の中では、前原市になっていたこと。

 僕の夢は適当です)

 

そんな不快な夢から目がさめる。

起こしてくれたのは、携帯の目覚まし

鳴っているのは、

宇宙戦艦ヤマトの着メロ!

 

いい曲だから、一曲まるまる聴いてやろう!

と思い、まだ、ベッドにいたら、

いい感じの曲の途中で、

 

ぴーーーーーーーーーー

 

な、なんだ?波動砲発射か?

い、いつの間に!

と思ってみたら、

 

で、で、でん、でん、でんちが切れた!

 

その一瞬で目が覚めました。

ある意味、いい目覚ましです。

 

その次の瞬間、気がついたこと。

携帯の充電池は、大学!

 

今日は、大学によらずに稽古に行こう

と思っていたのに、予定変更です。

大学にいかなきゃです。

予定より早めに家を出る。

 

もう、どんどん心は沈みます。

 

自転車にまたがり、今日の通学の曲は、

シザーシスターズ!

 

気まぐれなチョイスでしたが、

これがよかった!

沈んだ心が一気に吹き飛びました。

 

寒い朝

すんだ空

シザーシスターズ!

 

自転車で進みながら、僕の目に映る風景は、

まるで、ミニシアター系映画のオープニングにでも

でてきそうな、そんな素敵な感じでした。

 

気分爽快。

おかげで、今、ブログなんて書いちゃってます。

 

僕にとっての、今朝のシザーシスターズのような

そんな舞台を作りたいんだろうなぁ、僕

 

ちょっと大げさだ。

 

そんなことを思いながら、

新たな稽古プランを胸に、稽古に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

綾瀬はるか の大ファンではありませんが、

今朝、ポカリスウェットを2本

自動販売機で買いました。

寝巻きのままの薄着で、

寒い朝に・・・・・・・・

 

それはなぜか?

 

の中で、

ポカリを2本、一気飲みしてました

では満足したんですが、

今朝、起きた時に気がつきました。

あれは、夢で、実際には飲んでいない!

飲みたい!

 

そう、のどが渇いていたんです!

で、買いにいきました。

 

さずがに、現実では、2本一気飲みは無理でしたが、

1本飲んで、また、寝ました。

 

残りの1本は今飲んでいます。

 

最近、体調がよくなかったのですが、

それは、水分不足だったのかな?

と思います。

僕は、普段から、人一倍水分をとります。

よく水、じゃなくて、白湯を飲みます。

最近は乾燥しているのに、

いつも同じくらいしか飲んでないのです!

乾燥してるなら、いつもの2倍とらなきゃ!です。

だから、2本買いました。

 

という数字がどこから来たのは不明です。

 

で、今朝は、

なぜ、そんなにも、のどが渇いていたか?

 

昨日お酒を飲んだからです。

中学の友人らと。

また、よくしゃべった。

ほとんどは思い出話で話が進みましたが、

なぜか、最後の話の内容は、

911テロ捏造

の話になっていました!

 

この1ヶ月に2回もこの話を飲み会でするとは!

 

今回は、もう一人の友達もなぜか詳しくて、

残り一人に、2人して説明してました。

もう、まさに、

鳥の中のかご!

逆だよ!

しかも、使い方も違うし!

 

そのかいあって、今回は少しは成果がありました。

しかし、何が成果なのか?と聞かれたら、

僕には答えられません。

 

でも、まぁ、まだ、意外に知られてないもんだなぁ

と驚きつつ、このネタばかりでも芸がないので、

近々リトビネンコ氏の本を読もうと思います。

でも、その前に、アル=ゴアの「不都合な真実」

を見に行きたいと思います。

 

 

なんか、今日はテンション高いですね。

ポカリのせいでしょうか?

そうかもしれません。

しかし、もう一つあります!

今日は、精子研究会!

 

精子のミニ学会みたいなもんです。

去年はなかなかおもしろい発表が多かったです。

 

畜産の体外受精関連で、

Y染色体精子とX染色体精子の電価での分け方とか

あとは、

体外受精の精子をゲットするの装置の写真!

どんな装置かというと、簡単に言えば、

牛版のダッチワイフ!

 

でも、牝牛のケツの形をしただけのなんとも無機質なもんです。

ウッシーたちは、(人間もそうみたいですが)

腰の形で興奮するらしく、それ向かって交尾を始めるようです。

 

かなり衝撃的な発表でした。

 

今年は、どんな発表があるのか!

楽しみです。

でも、まぁ、会場の手伝いをしなきゃならないので、

落ち着いて見てられないのですが・・・・

 

がんばります!

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

最近、話題になっております。

ホワイトカラーエグゼンプション

 

総理はこそこそと隠れて、あっけらかんとしてるのに、

知らぬ間に恐ろしい法案を通しまくる安部政権

また、やる気でしょうか?

 

時間より仕事の内容で評価

ってのは、とてもすばらしいことだと思います。

その方が、実力がある人がより評価されるわけだし、

労働者のやる気もでてくる気がします。

まぁ一部の仕事は、

時間で評価するしかないもののあると思いますけど。

 

で、年俸制度にして、自分の時間を作る!

ってのもステキだと思います。

 

だから、この考え方にはそんなに反対ではないのです。

けど、今の現状でやるの?

って感じです。

 

バイトにサービス残業を強いているような社会です。

ただの賃金カットのためにしか

使われない気がします。

一部の会社では、ちゃんと使うのでしょうが、

それ以上に、他が暴走する気がしてなりません。

 

年収900万以上で、対象者は20万人!

といっていますが、

対象が20万しかいないなら

わざわざこんな反対受けてまでやる必要がなく、

どんどん基準を下げていきますよ!

と言っているようなもんです。

 

内容は好きですが、今の状況では・・・・

と思います。

 

僕は、unit-IFという劇団の代表をやってますが、

自分の可能性を大切にしながら生きる!

ってことを掲げています。

 

その中には、

仕事をして、きちんと稼ぎながらでも、

自分の可能性、趣味を大切にして、

人生を深く、心底まで楽しむ

ってことも含まれいます。

(別に、仕事オンリーを批判しているわけではないです。

 仕事に全ての生きがいを感じれるのなら、それは、

 ステキなことだと思っています。)

 

特に、演劇です。

学生まであんなに熱くやっていたのに、

社会にでることでまったく諦めてしまった人は、

たくさんいると思います。

 

そういう人たちでも、演劇を続けることができる劇団。

でも、それにいいわけせずに、舞台の質は高い舞台。

 

そういうものを目指しながら、僕は、劇団をやっています。

 

好きなことやっても、貧しいのは嫌だし、

仕事である程度稼いでも、人生を謳歌できる社会

を望んでいます。

  

望んでいますが、

どんな社会でも、そうできるどうかは、

最終的には、個々の行動によるのだとは思います。

 

だから、まず、自分で頑張ろう

と、頑張っているのです。

 

でも、社会が逆の流れになってほしくなぁー

この制度が、そういう社会を目指すのに、

プラスになるのか

マイナスになるのか

 

 

| | コメント (0)

2007年1月10日 (水)

これで、今日3つ目の記事。

どうしてだ?

 

それは、僕の集中力が、

1時間半くらいしかもたないからです。

 

そして、asahi.comをみてしまいます。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

伊吹氏の政治団体も

 

不適切処理 

 

事務所費で飲食代

2007年01月10日17時20分

 伊吹文部科学相(自民、衆院京都1区)の二つの政治団体が05年、家賃のかからない議員会館を事務所としながら年間総額約4700万円を事務所費に支出したと政治資金収支報告書に記載していることが分かった。伊吹氏の事務所は朝日新聞の取材に対し「東京と京都の別の事務所の賃料にあてていた」と説明。両団体の事務所費のうち総額1200万円程度を会食費などに充てていたとも明かし、実体と食い違った経理処理をしていた疑いが強くなった。

 昨年末には佐田玄一郎前行革担当相が事務所経費の付け替えなどを「不適切な会計処理」として閣僚を辞任しており、伊吹氏の進退問題に発展する可能性もある。松岡農林水産相も資金管理団体が議員会館を事務所の所在地としているのに年間約2500万~3300万円を事務所費として支出していたと政治資金収支報告書に記載していることが明らかになっている。

 収支報告書によると、伊吹氏の資金管理団体「明風会」は05年、事務所費として4146万円を支出。同じ議員会館を事務所の所在地としている政治団体「構造改革研究会」も事務所費として590万円を計上している。

 伊吹氏の事務所は、明風会について「収支報告書には事務所を議員会館と報告しているが、実際の活動は京都市や東京都千代田区にある事務所でも行っており、両事務所の賃料についても明風会の事務所費として計上していた」と説明。その上で「議員などの会食費など年間500万~600万円を事務所費として計上していた」と説明した。

 構造改革研究会については「現在、活動しておらず、事務所費として計上していた金額は、議員の会食代などにあてていた」と述べた。

 政治資金収支報告書によると、京都市の事務所については、伊吹氏が代表を務める政党支部が事務所地として申請しており、05年には157万円を事務所費として支出している。千代田区の事務所についても、政治団体「明友会」が事務所として申請し、222万円を事務所費として計上している。

 政治資金規正法施行規則によると、交際費については、人件費や事務所費などの経常経費ではなく、政治活動費に計上するとしている。これに対し、伊吹氏側は「事務所費に含まれる交際費もあると考える」としている。

 総務省によると、事務所費に含まれるものは事務所の家賃のほか、火災保険などの保険料、電話使用料、切手購入費、修繕費など事務所の維持に通常必要とされるものと規定されている。

 政治団体の支出については、政治活動費には1件5万円以上の支出に限り収支報告書に領収書の添付が求められるが、事務所費や人件費など経常経費には領収書の添付は義務づけられておらず、使途の明細を報告する必要もない。

 佐田氏の辞任問題に続き閣僚による政治資金問題が相次いだことで、25日開会の通常国会では野党側が追及を強める見通しだ。伊吹氏の進退問題が浮上すれば、安倍政権に対するダメージは加速しそうだ。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

次々に出てきます

安部政権官僚の不正

 

次々に出てきますが、

都合がいいくらいに段階的にでてくるので、

どこかが仕組んで報道している!

としか思えませんが、

一体、どんな狙いがあるのでしょう?

 

政治家は、一つくらい不正はあるもんだと思うので、

この段階的報道は、なんか怖いです。

 

本当に、どこが、どんな狙いで?

不 思 議

 

で、

安部総理の不信任案が通ったらどうなる?

と思ったわけです。

 

頑張って夏までひっぱって、衆院解散!

衆参両院選挙!

も面白いなぁー

とは思いつつ、

 

このままだと、夏までももちそうないなぁー

 

まぁ、もたなくていいんだけどね。

 

うふ。

そんなことより、

修論修論。

 

あと、少し!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

ついさっき、見つけたニュース。

asahi.comから

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

繁殖業者の犬で

「ブルセラ症」が集団発症 

大阪

2007年01月10日09時29分

 大阪府和泉市内の繁殖業者が飼育していた犬が、流産や死産を繰り返す「ブルセラ症」に集団感染していたことがわかった。府は11日に実態調査に乗り出す方針。

 府によると、業者は犬約260匹を民家で飼育していた。昨年末、府は「虐待の可能性がある」との通報を受けて立ち入り検査。虐待は確認されなかったが、業者側は19匹がブルセラ症に感染していると申告したという。今年に入って業者は経営難から犬の所有権を放棄し、動物保護団体などが世話を続けている。

 ブルセラ症は日本での報告例こそ少ないが、世界的には家畜を中心に広く知られている。人にも感染し、発熱や疲労などの症状が出るが、犬から人への感染はまれという。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

目次を見て

ブルセラ症ってなんだよ!

すげぇ、病気だなぁー

と思っていたら、まじめ病気でした。

 

しかも、ブルセラって菌の名前みたいです。

ブルセラ菌!

命名者だれだぁー!

犬から人への感染は稀

らしいですが、

ブルセラ症です

っていうのもはずかしい・・・・・

 

しかし、これをここに書く僕も一体・・・・・

って感じがしてならない!

うん。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば10日です。

修論の提出は、9日から18日

 

9日に出そう!

という初期の目標は達成されず、

12日に出そう!

ということになってます。

 

昨日、全部先生に出したので、

その添削の直しをするだけなのですが、

きっとかなり直されているので、

時間がかかりそうです。

 

とりあえず、12日は製本だけの状況にしたいので、

今日明日、ガンガンにやらねばです。

 

残りの仕事

といえば、

「すき屋」がアルバイトに残業代を払ってなかったそうで。

 

労働者をなめてる!

としかいいようがありませんね。

僕、バイトをしてたときは、15分でも払われないと

文句をいったりしてましたが、

 

うちの劇団員からも、無料残業の話は聞いたことあります。

まぁ、すき屋ではありませんが・・・・・・

だいぶ前から無料残業の話をしているので、

今、その分もらったら相当なもんになるんじゃないの?

と思います。結構大手なんですけどね。

どうなってるんでしょうね?

 

まぁ、今はそんなことより、

自分のこと!

今日も頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

爪は堅い

そして、

詰めは進み難い

 

そろそろ修論も詰めに入りました。

詰めは詰めで進み難い。

 

終わりが見えちゃうのがいけないんだろうなぁ

 

まだまだ、終わりが見えない時期は、

一つ一つ積み重ねるしかない!

と思い、積み重ねていきますが、

終わりが見えちゃうと、

終わりにヒトットビ!したくなっちゃいます。

 

でも、現実は、ヒトットビなんてできず、

最後の最後まで、積み重ねていくしかないんですが。

でも、終わりを見ちゃう。

そこで、少し焦って、進みがたくなってしまう。

 

そんなだから、このブログのタイトルバーも変わってしまう。

劇団仕様にしてみましたが、

いかかでしょう?

 

あと、少しでございます。

先を見すぎず、逃げず、

今を見て、がんばります。

 

ファイト!ファイト!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

今日は、稽古初め!

今年、初めの稽古です。

 

そして、8月の舞台の初稽古でもありました。

あ、写真とるの忘れた!

初稽古とかは写真をよくとるのですが忘れました。

ま、いいか。

 

今回は、客演が一人います。

高藤麻有さんです。

 

彼女は大学の劇研の同じ学年の人間で、

フリーの役者をしています。

パワフルな役者です。

ぜひ、ご期待してください!

 

みんなに会うには3週間ぶり!

客演の高藤のハイテンションもあり、

雰囲気よく稽古がすすみました。

 

今回の舞台は、「デ=スッパ」演劇が本格化します。

「デ=ズッパ」演劇というのは、

我が劇団unit-IFが追求しているスタイルで、

1. 大掛かりな舞台セットはなく、はけ口もない。

 
2. 全ての役者が、常に舞台上に存在する。

 
3. シーンに登場していない役に扮する役者は、ストップやスローなどを用いて、いなくなったり、そのシーンの物(椅子や机など)になったりする。
 

舞台です。

僕の求める「見て楽しい舞台」の一環です。

この前の公演では、1と2までしか追求できませんでしたが、

今回は、3にも取り組みます。

 

どこで、どういう風に物になるのか?

イメージではうまくいくものを作っていても、

いざ実際やってもらうとうまくいかなかったり、

物をやってる、と体力使ったり・・・・・・

 

一筋縄ではいかなそうな感じです。

けど、カンタンにいってもらっても困ります。

 

大変ですが、そこから得られる効果は大きいものだと

思いますので、がんばっていきます!

 

アイデアと技術で乗り越えて、素敵な舞台を作っていきます。

ご期待ください。

 

テンション上がってきましたが、

9時間がっつり稽古はさすがに疲れます。

 

明日、気合で修論を形にしなきゃいけません。

なので、今日は、お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

昨日の夜、中学プチ同窓会がありました。

始めは、4人の予定だったのですが、

口コミで増えて、7人。

プラス途中から1人。

 

3月に中学同学年の大きな同窓会があるにも関わらず、

プチ同窓会!

大きな同窓会で、久々すぎて、うかないようにするための布石

ではありませんよ!別に。

 

店を予約するのが面倒だったのですが、

店が見つからなくて、みんなに怒られるのも嫌なので、

早めに新宿行って、店を予約。

あっさり見つかって、時間が空いたから、

紀伊国屋で、神話の本を立ち読み。

 

口コミで広がったから、

意外な人も来ておもしろかった。

 

 

親友の林野庁君

中学卒業以来、林野庁君の次によくあってる香港さん

香港さんつながりで、去年からよく会い始めた研究屋さん

高校も一緒だったのに、高校では交流がなかったうんた君

高校で塾が一緒だった数学科君

本当に10年ぶりのトヨタ君

 

そして、途中から

セレブ社長

が現れました!

 

ビール と 泡盛 しか飲まなかったから、

悪酔いはしなかったのですが、よくしゃべりました。

 

みんな変わらないなぁー

と思いつつ、

変わってないんじゃなくて、

昔に戻ってるんじゃないのかな

って感じました。

 

自分がそんな感じだった気がします。

同じ年の人と飲む久しぶりの機会で、

しかも、久々に会えて、

嬉しくてはしゃいでいたのもあるんでしょうけど、

はしゃぎすぎ!た僕。

 

今の普段のキャラとは違う気がしました。

今だけでも、

研究室でのキャラ と

劇団でのキャラ も

無意識的に結構違うんじゃないか

と思うのですが、

それらとは、また、違ったキャラでした。

 

昔は、こんなキャラだったのかなぁー

と、自分で自分をかえりみる。

 

勝手にはしゃいで、

しゃべりまくって、

周りに甘えて・・・・・・・・

 

今と変わらないじゃないか!

とつっこまれそうですが、

なんだか、フラフラな感じで、

みんなに甘えてる感じが強かった気がします。

 

まぁ、昔は、ちっちゃかったから、

チヤホヤされてた感じだったので、

それがでたのかもしれません。

それか、頼りなさ全快でも、何の支障ないからなのか・・・

 

同窓会の話のつもりが、

自分のキャラの自己分析をしてしまってますね。

演出病かしら?

 

なにはともあれ、楽しかったです。

幹事であることを忘れて、

楽しんでました。

 

でも、十年ぶりで、しかも、

当時仲良かったわけでもない集団で、

こんなに仲良く話せるんだなぁー

と思ってました。

そういうところで広がる知り合いの輪も、

ステキだから、いいなぁと思います。

 

3月のビックな同窓会が楽しみになりました!

 

すっかり、修論のことを忘れてます。

忘れすぎて、書くことも忘れてますが、

7日から芝居の稽古も再開するので、

早めに終わらせたいです。

 

でも、その前に、耳鼻科に行きます。

そして、1年以上はいてる靴が、

昨日ではきつぶれたので、靴を買いに行きます

がんばるのだ!

まだ、年は明けたばかり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

春が来た

春が来た

どこにきたー

 

鼻にきた

のどにきた

目にもきたー!

 

はい。だんだん春が来ました。

 

僕は、もう、鼻がかゆいです。

のども少し、目も少しかゆいです。

 

風邪じゃないです。

です。花粉です。

 

今年の花粉は例年の3分の1みたいですが、

重病者には、

2倍も、3分の1も変わらないようです。

 

大学の裏の耳鼻科に行ったら、休みでした。

明日からだそうです。

 

ちょっと怒りました!

だって、かゆいんだもん。

 

修士論文

今夜まで終わらせる予定でしたが、

どうやら、無理そうです。

 

昨日頑張った!

家に帰って動けなるほどがんばった!

でも、今夜までには終わりません。

 

結構進んだし、いい出来にはなってきてるんですけどね。

 

今夜は、中学の友人たちに会います。

始め4人の予定でしたが、

少しずつふくらみました。

まだ、店の予約はしてません・・・・・

 

修論を終わらせて、いい気分で、

会いたかったのですが、

無理そうです。

 

でも、終わらなくても、

いい気分で会えるように、

今一つ、頑張ろう!と思います。

 

ファイト!ファイト!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

岩手に行った時に、

偶然、特番を見て、気に入ったキャンディーズ

 

遅れ遅れて、やっと昨日CD借りました!

 

いいねぇ、昭和ノスタルジー!

 

昨日の夜から、キャンディーズ聞きながら、

修論を書いてますが、

進む進む。

 

口ずさみながらやってるので、変な奴です。

この時代にキャンディーズを口ずさんでる!

 

親が聞いたら、どう思うんだろう?

隣の家にまで、聞こえてるのかしら?

 

まぁ、研究室で流してる時は、

試薬の営業の人が来るときだけは、

気をつけようと思います。

 

でも、今は、研究室一人だし、

心配ありません!

 

目標は明日の夜までに、書き上げることなので、

頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 2日 (火)

昨日は、なかなか進まず、いらいら。

元日からテンション低い僕。

 

友達に電話すると、

いらいらしている僕のために、

俳句を作ってくれました。

 

正月に

 

 

 

でるでるでるでる

 

 

 

 

腹がでる

 

 

僕にとってはかなり面白俳句でした。

 

昨日は、つたやにいったら、

PRISON BREAK の11巻と12巻が

レンタルされていて借りました。

 

ここからネタバレです!気をつけろ!

 

なんじゃ、ありゃ!

終わらないの?

 

セカンドシーズンの予告編、見たけど

プリズンをブレイクしてないじゃん!

セカンドシーズン、タイトルごと変えたほうがいいよ。

脱獄者とか!

 

でも、はじめにはまった僕は、もう抜け出せない。

見るしかない!

制作会社の罠にはめられています。

 

どんどん人間描写も薄くなるし、

そのわりに、人が増え、

人が死ぬまくり!

 

まぁ、一番かわいそうなのは、

リンカンの息子!

捕まって以降でてきてないし!

 

と文句たらたらですが、

セカンドシーズンは

ファーストシーズンの前半くらい面白くしてほしい

ですね。

 

さって、今日は、DVDに逃げずに、がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

今年を記念して、顔写真を横につけました。

前までのプロフィール写真は、

「山で迷った羊」を僕が書いた画伯級の絵だったのですが、

さすがに、横につけると恥ずかしいので、

昔の舞台の時の写真です。

これは、これで、また、恥ずかしい・・・・・

そのうち、また、変わります。

 

今年もよろしくです。

 

今朝、学校までのチャリ。

道が空いていて走りやすかったです!

 

結局、年末は、

TVタックル と K-1

犬と2人でテレビの前。

でも、どっちもあまりおもしろくなくて、

しかも、ビールで酔って、くらくら。

 

今年から、年賀メールは心をこめて、個別に送ろう!

(今までは、一括送信だったのですが・・・・・)

と決心したので、

テレビをみながら、酔いながら、

年賀メールを作ってました。

50件以上作ったので、年越しギリギリまでかかりました。

 

ボーンと新年を迎え、 

で、年越えたら、送信大会です!

30分かけて全部送りました。

 

今年、一番最初の返信は、中学からの親友!

なんか嬉しかったです。

年賀メールは、

お世話になった人への感謝と、

あまり会えなかった友人に連絡するいい機会なので、

かなり好きなイベントだったりします。

今年は、年賀状は作らなかったので、

メールに心を込めました。

 

そう!

今年になって初めて気がついたこと。

今の家に住んで10年以上経つのですが、

今年初めて気がつきました。

 

年始の鐘の音が聞こえる!

 

きっと、近くの松蔭神社の鐘なんだろうけど、

あんなにはっきり聞こえたのは、

初めてでした。

鐘の音がいい感じで、すぐに眠れました。

 

初夢は、残酷なホラー!

いつも、夢はこんななので、気にはしませんが、

なんか、いい気分はしません。

 

朝起きて、年賀メールの返信が、徐々に来て、

楽しい気分。

そして、届きました!年賀状!

 

こないと思っていたけど、来たら嬉しいもんです。

 

早速、今から、作らないといけません。

かわいいの作って送ります。

 

実験結果の整理はその後です。

仕事始めです!

頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »