« 「バッド・エデュケーション」 | トップページ | 「きみに読む物語」 »

2007年1月25日 (木)

ワークショップ

今日は、知り合いの演出家角本さんの

ワークショップに行ってきました。

 

彼のワークショップは、

5月ぐらいに一回行って、2回目です!

 

角本さんとは変な関係で、

mixiで知り合って、実際に会った初めての人です。

高校が同じで、演劇をやっている。

今、駒場の近くにいる。

というつながりだけで会うことになりました。

年は結構違うので、

高校が同じといっても、実際かぶってないのですが。

 

人見知りの僕が、ネットで知り合った人と会う

なんて、珍しいことですが、

勇気を出して会ってよかった!

と思える人です。

 

偶然にも、演劇に関して、

「役者をはけさせない」

「魅せる舞台」

など、偶然にも共通項が多くて、

そして、経験も知識も豊富な方なので、

いろいろお勉強させていただいてます。

 

今日は、駒場のホールで、

いろいろ実験めいたことをやっている中でのワークショップ

だったので、彼の作りかけの舞台をみることができました。

 

あぁいうのを見ると、

そして、実際、稽古を受けると、

僕の求めているものがある

と感じます。

 

僕の求めている全てではないですが、

僕にはなくて、求めているものを

持っている、あるいは、追求している、

まぁ、かぶる部分がある、

と言った方が正確かな?

なので、一部は似たものを求めていて、

それに関して、違う観点からのものを教えてくれるので、

感謝、感謝。

 

そして、僕の頭がすんなり理解する論理の話し方なので、

さらに、感謝。

 

今回は、「聞かせる」方の稽古もしていただいたので、

今日の稽古は、とてもためになりました。

 

そういう部分を抜かしても、ためになった点は、

「他の演出家の稽古を受けられた」ことです。

 

元いた劇研は小さなところですし、

演劇をやっていた先輩方もやめる方が多く、

ここ最近、人の演出を受けていない!

 

自分の演技を上から見てもらうことが

ほとんどないわけです!

 

なので、こういう機会は大切です。

役者なので、従順に演技しよう!

と思いますが、

時に演出病がでてしまったりします。

そうなると、

なんだか自分の演技が恥ずかしくなったりしますが、

今回は、がっつり役者になれました。

次回公演の役者復帰へのいい布石になりました。

 

ただ、違った観点を見せてもらっていたので、

だんだん、それをヒントにいろんなことを思いつき、

そっちに夢中になりそうだったもしましたが。

 

今回の稽古で、

彼の意図したこと、意図してないことを含め、

いろんなアイデアやコンセプトが浮かびました。

 

役者の自分の観点を抜きにしても、

そういう点は、他の演出家さんの稽古にでる良さ!

ですね。

 

ただ、残念だったのは、

自分のアイデアに、

自分の体、演技がついていかないこと!

 

役者になりきれていたので、

新たなアイデアでも、躊躇なく、集中して取り組めたのです。

でも、

形としては、アイデアに沿えましたが、

細かいところ、最後のシメとかがうまくいかない!

 

前は、どうだったか、分かりませんが、

少し体のアイデア反応の柔軟さが減ったなぁー

と思います。

 

でも、僕は、元来、

一回では、うまくいかずに、

反復練習でしか、体得できない性質なので、

このアイデアをつきつめて、

物にしていきたいと思います。

 

ちなみに、そのワークショップ、

うちの役者を一人連れて行きましたが、

他に、早稲田の、北京蝶々の1年生がいました。

 

北京蝶々は、早稲田の劇研のアンサンブル(?)で、

旗揚げ公演か、第2回公演を見に行ったことがあります。

 

そのときは、「魅せる」感じの舞台でしたが、

この子もそういう系統かぁー

と勝手に思いつつ、見てました。

 

魅せ以外でも、なかなか筋がよくて、

見る所もポイントつけていて、

いい感じの子でした。

 

まぁ、そんなに仲良くはならなかったけど、

次のに、でるみたいだし、

これを機に、次の北京蝶々は見にいこうかなぁー

と思いました。

 

あ、そうそう、角本さんに

何か体を動かすの稽古を指示して!

といわれ、とっさに思いついたのが、

うちの劇団で、ストップモーションのためにやってる

だるまさんが転んだ!(IF仕様)

 

くだらない稽古だよ、これ

と思いつつ、

よそ様にお見せする稽古じゃない!

と思いつつ、

それしか思いつかなかったので、

やってもらうことにしました。

 

きっと、あんまりお気に召さなかっただろうなぁー

 

ストップの稽古をしては、効率がいいものでもないけど、

変なくだらなさの中に、クリエイティブの元がある!

と思うから、僕は、やっています。

このことは最近、よく感じています。

最近のうちの劇団の稽古で、

そこのあたりがいい感じに回っているからかもしれません?

 

なにわともわれ、どんなまじめなことを書いても、

僕は、くだらないものが好き

ってことかもしれません。

 

そんなことを書いている中、

 

次回公演、小屋決まりそうです。

今回のアイデアを含めて、

くだらなさも健在で、

いい作品にしていきます!

 

|

« 「バッド・エデュケーション」 | トップページ | 「きみに読む物語」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップ:

« 「バッド・エデュケーション」 | トップページ | 「きみに読む物語」 »