« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

お金もないので、

花粉が少ない部屋に閉じこもっている僕です。

 

今朝の夢は幸せな夢でした。

昨日、youtubeで仮面ライダー電王を見すぎたせいか?

とてもいい夢でした。

だいたいどんな夢か想像ついちゃいますね・・・・

 

いつも、怖い夢ばかり見るので、

幸せな夢を見るのは珍しく、

珍しいから、さらに、嬉しい!

 

そんなこととは関係なく、

いまさらって感じですが、

この間見た映画

「TRICK 劇場版2」 

 

トリックは好きですが、

やはり、一番始めの放送の時が一番好き。

で、どんどん、どんどん見なくなり・・・・

 

なので、劇場版とかはあまり見ないです。

劇場版1もDVDで見ました。

 

劇場版2の感想!

あまりトリックがない!

 

箱のトリックもいたって単純だし、

滑車の原理も単純!

 

最後の「滑車の原理の登場」も、

滑車にこだわる姿勢は評価しますが、

ちょいとありきたりの再登場だし、

町を消すってのも、

ミラクルミツイの時に似たようなことを・・・

 

いまいちでした!

 

話の流れ的にも、普通の流れで、イマイチ!

 

この映画はくだらなさ勝負!

って感じです。

ただ、

くだらないのは大好きなので、

そこのあたりは楽しみまくりました!

 

一番驚いたのは、

北ヒマラヤ市!

 

でも、くだらなさ勝負なら、

もっと生瀬さんの登場を増やしてほしかった・・・・

 

一番嬉しかったのは、

困った時に一言

「おかぁ~さま~」

が出てきたこと。

劇場版1でも出てきて感動しましたが、

今回も感動!

 

トリック第一話の一番印象的な言葉ですよね。

おかぁ~さま~

 

トリックの話の中では、

あの第一話のおかぁさまシリーズが一番好きです。

 

深夜、偶然テレビをつけてはまったトリック

それが、あの第一話!

 

それをここまでひっぱってくれることに

感動したわけです。

 

ちなみに、次に好きな話は、

おかあさまの次に出てきた

ミラクルミツイ!

 

ありゃ、やばすぎです。

 

と、トリックの回想になってしまいましたが、

劇場版2の感想としては、

くだらなさは好きだったけど、

トリックで唸らせてほしいなぁー

と思うのでした。

 

家にいますが、やる作業がたくさんあります!

がんばるぞー!

| | コメント (0)

書き忘れていましたが、

「不都合な真実」

アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ですね。

おめでとうございます。

 

そのほかの賞については・・・・・・・

 

最近、気になるニュースが多いですが、

コメントするのはやめておきます。

 

というわけで、お知らせです!

僕が代表をしている劇団

unit-IFのHP更新情報!

 

メンバー画像が更新されました!

ぜひぜひご覧下さい!

うちの役者やスタッフの一面を見ることができます!

 

頻繁に公演は打てないので、

そのかわりに、

HPをおもしろく!

と努力しているのであります。

 

ぜひご覧下さい!

 

左上にリンクがあるので、ご利用ください。

念のために、URLも。

http://unit-if.com/

| | コメント (1)

2007年2月27日 (火)

ぼーっとすぎて、

何もしないでいたら、

はっていた糸が緩みました。

 

緩むとロクなことはありません。

余計なことが口から出て、

いろんな制御も利かなくなり、

足元からぐらつく。

 

予想はしていた

わかっていたことだけど、

まったく何もしないのは、向かない。

 

やることはたくさんある。

そろそろ、また、動き始めよう。

止まるのはもう十分だ。

立ち続け、進み続ける!

 

ぼーっとするのは楽しいけれど、

なめている時は甘いけれど、

後味は悪いかもしれない。

 

ハードキャンディ

 

むりやりこじつけてしまった感がいなめないが、

DVDで見ました。

「ハードキャンディ」

 

ネットの出会い系で、

自称優等生の少女と

ロリコンかもしれないカメラマンが知り合う。

というお話。

 

DVDのパッケージにはこう書いてある。

男が目を覚ますと

キッチン台の上にいた。

手足を縛り付けられ、

下半身は裸。股間には氷。

 

少女が仕掛ける復讐劇。

真実はどちらなのか?

 

そういうお話です。

 

男は過去にどんな罪を犯したのか?

本当に、罪を犯したのか?

あるいは、ただの少女の思い違いか?

そして、少女は何者なのか?

男は、そして、少女は助かるのか?

 

そんな感じで話はすすんで行きます。

 

レンタルの宣伝文句には、

赤頭巾が男に復讐!

って書いてありました。

赤頭巾の物語が、

男性が女性を食い物にしてる!

オオカミには気をつけろ!

って解釈なら、

その逆の映画!と言われて納得する映画です。

 

少女の赤いパーカーは印象的だったけど、

制作者がそこを意図して作ったのかは、

僕には不明です。

それなら、すばらしい!

と思いますが、

それならそれでもっと童話とのリンクがほしかったよ・・・

って気持ちも浮かびます。

 

映画的には、

登場人物も少なく、撮影場所も限られていて、

あまりお金のかかっていない映画。

ほとんど、2人の会話だけの映画。

 

だけど、飽きを感じさせずに、全て見ることができました。

 

上に書いた疑問を持ちながら見れたので、

先の展開が楽しみに見れたことと

少女の、そして、の、理不尽さに対して、

不快感を感じつつ、納得もさせられる。

 

そのようなものがあいまって、

飽きずにに見ることができた。

見終わった後の感触は大満足!って感じではないけれど、

いろいろきちんと描いていたのでお勧めです。

 

ここからチョイネタバレです。

注意!

 

結局、少女は何者だったのか?

ちょっと気になるところです。

 

赤頭巾の童話の、赤頭巾やオオカミが何者でもないように、

この話の少女も何者でもなく、ただの象徴だ

といわれれば、納得はしますが、

もう少し、ジェフとのつながりが知りたかったところ。

 

でも、まぁ、自分で作品作るときは、

そういうところをあきらかにしないことが多いので、

つながりを見せないままでも納得ですが。

 

近所のの婦人がが一見、中国人に見えたのに、

トクダ

と名乗ってビックリしました。

日本人かい!

 

そして、最後に、もう一山を、

トクダさんが作ってほしかったなぁー

と思う。

ひっぱったわりに、存在意義がそんなになくて、

少しがっかりしました。

 

あと、

始めの方に言ったセリフを持ち出して、

だから、始めに言ったでしょ?

って所や、

第三者に、犯罪者の罪を問う

あたりが、

SAWシリーズを彷彿とさせますし、

似たようなことを考えさせられました。

 

ただ、

少女すごすぎ!

なんで、そんなに情報持ってるの?

優等生の一言でかたすのかい!

 

って思いつつ、

象徴ならなんでもありか・・・・

 

 

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

今、テレビ東京のニュース番組

ワールドビジネスサテライトを見ていたら、

とびこんできたニュース!

 

日興証券、シティグループの傘下に!

らしいです。

外資の日本買い?

まぁ、こんな言葉で多くに一くくりにするのもどうかと思うし、

外資をひとくくりにして考えるのも正しいとはいえませんが、

ただ、

怖いなぁー

と思うのです。

 

不祥事を報道させて、株価を下げて、外資が食う!

そんなことを聞いたことがありますが、

(どこで聞いたかは、さておき・・・)

それが現実となるニュースがまた一つ!

って感じです。

 

これ偶然か?陰謀か?

 

安くなったから買ったのか?

安くさせて買ったのか?

どっちかは分からないですけどね・・・

日興証券に不祥事があったのは事実だろうし・・・

 

考えすぎかもなんですが、

可能性がある以上、不気味に怖いですね。

 

とりあえず、

内定先が日興証券じゃなくてよかった!

と再び思う今日この頃。 

 

こんな時代だからこそ?

いつでもそうかもしれないけど、

ちゃんとスキルを身につけなきゃ!

って思い直しました。

4月からガツガツがんばります!

| | コメント (1)

2007年2月22日 (木)

今日は学校に行かずに、家にいます。

しかし、隣の家がなにやら工事をしています。

壁を洗浄しているのか?

リハウスしているのか?

定かではありませんが、

足場が作られて、家を囲んでいます。

 

うちの家と隣の家の間は、1mありません。

30cmくらいかもしれません。

全然ありません。

そこに足場があります。

 

僕の部屋の窓は、工事している家側にあります。

狭いを足場を移動している工事のお兄さんが見えます。

しかも、彼らの顔の位置が、窓の真ん中の高さ!

ジャストミート(死語)な位置取りで彼らを見ることができます。

時々、目も合います。

彼らの独り言も聞こえます。

 

正直、居心地悪いです。

せっかく、家でゴロゴロしたいのに、

居心地悪かとです(ヒロシ)。

 

だから、ビッグなBGMの中、掃除しました。

いろんなものをたくさん捨てます。

今は、疲れて、休憩です。

 

今、気がつきましたが、この記事のタイトルは、

「香水のつけ方」

 

香水なんぞつけていない私ですが、

香りは大切なポイントだと思い続けてきました。

 

就活の時、一時期、香料会社が志望トップだったこともあります。

香りは、つかみところがないし、

脳などにもがっつり働き、感情にも作用する!

大切なポイントだと思ってます。

 

映画館とか、新たなテレビとか、

次に新しいオプションつけるなら、

香りだと思います。

 

特に、映画で言えば、

「パーヒューム」が公開されたか、そろそろ公開ですが、

あの映画で、香りが感じられたら、どんなにいいだろう!

とか思うのです。

 

舞台の方が、早く実現できそうな気がします。

そんなことを思い、自分の舞台では、

香りを取り入れてはいるのですが、

まだまだ追求段階なので、

十分に効果を出せるのは、まだ先のことだと思います。

 

映画館やテレビでやるには、

色みたいに、基本のものを作って、混ぜていく。

その中での分類を作っていかなきゃなんだろう!

さらに、それをどこでも再現できるようにしなきゃか!

と思いますが、大変そうですね。

仮に、それが、出来たとしても、

十分、演出効果が出る香りをシーンごとに選んだり、

制作者側のスキルもあげなきゃいけないし、

なかなか大変そうです。

香料会社の説明会にいろいろ行きましたが、

そういうこと言ってる会社はなかったですし・・・・

香りの科学がもっと進んで、実現してほしいものです。

 

また、話がずれましたが、

そろそろオイラも香水なんてものをつけてみよう!

と思っているのであります。

 

香水つける前に、他に直すところがあるだろう!

と怒られそうですが、

まぁ、好奇心です。

 

ただ、今まで、自分につけることに関しては

全然興味がなかったので、

つけ方が分からない!

 

姉にはなかなか会わないし、

女友達に聞くのもなんか恥ずかしい

 

ってことで、ネットです。

面白いサイトがありました。

http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/7382/index.html

 

このサイトは、香水のつけ方に関して、

いろいろ書いてあります。特に、

男のつけ方

のコーナーは結構面白いです。

 

ただ、驚いたことに、このサイトを作っているのは、

20歳の女の子!

 

若いじゃんけぇー(?)

思うけれど、まともなことが書いてあります!

納得の連続です!

 

見知らぬ20歳の女の子の助言に従い、

そろそろデビューします。

 

とりあえず、3日坊主にはならないように頑張ります。

| | コメント (4)

2007年2月21日 (水)

さっきまで、見てました。

ドラマ「ハケンの品格」

 

泣きました

たった1シーンで涙が込みあがってきました。

 

1人のハケンがでしゃばったことで、

派遣されている会社をクビにされました。

ハケンを派遣している側の会社の担当者に、

一ツ木さんって人がいます。

 

一ツ木さんが、そのハケンに、

クビになったことを告げるシーン

です。 

一ツ木さんは

でしゃばったそのハケンを攻めるのでなく、

「残念だったね」で終わらせるのでなく、

悔しがったのです!

 

「社風に合わない」って理由のクビは、

よくあります。

でも、それは、こじつけです!

と言って、彼は悔しがったのです。

 

ドラマとしては、

ハケンの仕事態度の悪さ

と示しつつ、

正等に評価されないハケン

の2つの局面を描いています。

 

そして、その後者を描くにあたって、

もっとも象徴的なシーンが、

あの一ツ木さんの悔しさだったと思います。

 

一ツ木さんのあの悔しさは、

社会に対してであり、

同時に、

自分に対してでもあった!

 

そして、そのシーンで泣きました。

一ツ木さんはほとんど映らなかったのに、

泣きました。

もう少し、一ツ木さんが映っていたら、

僕は、もうグシャグシャになっていたことでしょう。

 

 

僕はあまり泣きません。

特に、悲しさでは泣きません。

僕が泣くのは、唯一、悔しさです。

 

頑張っているのに、どうしようもない姿

そんなのを見せられると、泣きそうになります。

しかも、それが、社会の不条理さによって、

さらに、どうしようもなくなっている現実を見せられると、

もうだめです。

同時に、自分の無力さを感じさせられると、

グシャグシャになります。

 

映画やドラマとかでなく、

ただ自分で泣くのも、

自分がそのような状況に置かれた時です。

 

過去一番泣いた映画は、

韓国映画の「シルミド」です。

 

次に泣いたのは、

「ホテル・ルワンダ」の最後のシーンです。

あの映画では、

日本はなにをやっているんだ!

自分は何をやっているんだ!

とただただ泣くしかありませんでした。

 

そして、今日の一ツ木さん。

 

 

頑張っても、

どうしようもなくても、

ただ、ただ、進み続けるしかない。

 

それは、悔しいことだけど、

進み続ける。

 

自分に力がつくか?

社会が変わるか?

それで、事態が打開できるかもしれない

 

打開できないかもしれない。

 

打開できるかどうかも分からないけれど、

進み続けるしかないんだ

と、改めて思いました。

 

あぁ、一ツ木さん、ありがとう。

 

ハケンの品格

最後まで見ようと思います。

| | コメント (0)

2007年2月20日 (火)

今朝は研究室のゼミがありました。

隣の研究室と合同でやっている週一のゼミナール!

僕が出る最後のゼミです!

 

頑張って、定刻に行ったのに、

誰もこない!

ゼミ室の鍵をを忘れて、扉の前で待つが、

誰も来ない。

隣の研究室の先輩が来たけど、どっかに行ってしまった。

 

待つこと、10分。

しかたなく、隣の研究室に行き、聞くと、

今日は30分遅く開始!

といわれました。

教えてくださいよぉー

 

最後のゼミはいつもように進みました。

最後、隣の研究室の先輩が、

僕のために、

海の酸性化についての論文を紹介してくれました。

今度読ませていただきます。

 

そんなこんなゼミも終わり、

さらに、やることがない、後の一ヶ月半です。

 

友人には、

最後の学生生活有意義に使いなさい!

と言われました。

旅行にでも行って来い!

と。 

でも、僕、

旅行好きでもないのです。

だから、どうすごそうか考えています。

 

そんなことを考えながら、

先日、後輩の公演の打ち上げに参加したのです。

僕は、ほとんど飲まずに、端の方で傍観していたのですが、

後輩たちはいい感じで酔っていました。

 

3月に卒業する後輩たちの姿をみつつ、

彼らは、いまや、先輩なんだなぁー

としみじみ感じ、

自分の大学時代を少し思い出したり・・・・

 

僕は、まったくといっていいいほど、

過去を振り返りません。

だいぶ前に、

なんか過去を見るのって今に失礼な気がするから。

その分、今をよくすごすことに力をいれよう!

って思いがあり、振り返らないようにしました。

今では、それに慣れて、

全然振り返らないようになってしまいました。

 

でも、先日は振り返りました。

酔った後輩たちを見ながら、

バカだなぁー

と感じつつ、自分の大学時代を振り返れば、

僕は、もっとバカだったなぁー

と思い、

きっと今でも同じくらいバカなんだろう

と思う。

 

それでもって、

前は前で楽しかったけど、

今は今で、前とは違う形だけど楽しめるよう、

ちゃんと前に進もう!

と、急に前向きなことを思ったり・・・・・

 

次、劇研で飲むときはいい感じに酔ってやる!

と、変な野心も燃やすであります!

 

気をつけろ!

 

そんなことを考えていたら、

学生最後の有意義な時間とは、

なんともない時間を過ごすこと?

って思いついた!

 

一番学生っぽいし、

これからは出来なそうだよ!

 

そんなことを思い、

少なくとも2月はそう過ごそう!

と決めたのであります。

 

ただ、やるべきことをリストアップしたら、

やることがかなりたくさんあることに気がつきました。

 

まぁ、2月は、ちょこちょこやりつつ、3月に・・・・・

 

今は、なんともない時間を過ごしたいと思います。

 

なんともないって言ったって、

きっとほとんど読書映画ですが・・・・・・・

| | コメント (2)

2007年2月18日 (日)

さて、昨日の記事にも書きましたが、

僕が所属していた、横浜市大の劇研の卒業公演を観に行きました。

unit-IFのメンバーも四人役者で参加。

うち一人が、脚本演出。

この4人が、劇研の方で出演するのは、

この舞台で最後になります。

 

劇研の後輩達の舞台を見るときは、

いろんな感情や思考が邪魔をしてしまい、

純粋に客として観ることができにくいので、

今まで、ここには、感想を書かないできました。

 

しかし、昨日の舞台は、

期待しすぎた状態で、観に行ったおかげか、

作品としては、客の気持ちで見ることが出来たので書きます。

 

劇研の今までの作品の中では、かなりいい作品

という感じでしたが、

一般的な客として見て、ブラボー!

まではいきませんでした。

 

しかし、

期待しすぎた状態で見て、満足できたので、

いい作品だったのだと思います。

 

照明の色や当て方

そして、衣装と舞台も含めた色のコントラストが、

僕が大好きな感性とドンピシャ!だったので、

ほれぼれ。

見てるだけドキドキ。

 

布を使った舞台も素敵だったし、

ところどころの布を使った照明もステキでした。

音響効果的にも、

凝っているのが不自然に感じられず、

きちんと空間を作れていたので、よかったと思います。

 

そして、

動きを魅せるシーン!

その色のコントラストをうまく使いつつ、

曲にも合い、緩急も上手く使ってたので、

とてもきれいでした。

 

こんなことを書いたら怒られるかもしれませんが、

脚本演出の子の感性 と 僕の感性は、

比較的(特に、劇研内に限定すると)、近いものがある。

と思っていました。

まぁ、違うところもたくさんあるわけですが。

 

なので、今回、

僕がやりたいことのイメージの一部を、

具現化したものをみることができて、

しかも、感性が近く、出来もよかったので、

見てるだけ嬉しくなり、

勉強にもなりました。

 

まぁ、稽古時間が足りなかったせいか、

動きが小さいところや、動きの細かな精度が低かったのが、

残念でしたが、

全体としてみたら、キレイでした。

 

お話としては、

SF。

近未来。

大好きなジャンルです。

 

話の趣旨、テーマが、僕の心にいい感じに響きました。

うまく言葉にできないので、書きませんが、

ただ、こういう趣旨の作品を、脚本演出の子が作ったことに関しては、

勝手に感動をしていたのであります。

そして、見ているとき、見終わったあとも、

彼女に「ありがとう」と伝えてたい気持ちでいっぱいです。

 

まぁ、昨日、ちゃんと言いましたが・・・・・

 

いくつかのドンデン返しも、いいところに設置してあり、

見事騙されました。

まぁ、僕はもともと騙されやすいのですが・・・・

 

ただ、僕にとってはドンデンすぎたというか、

思わぬところで返されたので、

すげぇー

で流れてしまった感がありました。

 

もう少し、たくさんの伏線を張って、

くる!きっと、来る!

みたいのがあった方が、

返されたときの印象大きくなったのではないか?

と思ったのであります。

でも、これはあくまで、僕の感性の話なので、

話としては、あの返しでいい気がします。

 

話の流れとして、前半が弱かったのが残念。

前半、動き・ギャグ等で掴みにかかっていたのは、よかったのですが、

僕として掴みがきたのが、後半になってしまったので、

そこのあたりもったいなかったかな?

 

と、ダメだしも書きましたが、

見ていたときの感触としては、

自分の舞台を客として見たらこんな感じなのかなぁー

って思ったのであります。

劇団キキさん(漢字が分からない・・)の舞台を

初めて観に行ったときも、似たようなことを感じましたけど。

 

そういう作品にあまり出会わないので、

見ていると嬉しいし、

勉強にもなるし、

楽しいのですが、

 

そんなことを勝手に思われている方は、

いい迷惑なのかもしれません。

すいません・・・・・・

 

と、いろいろ書きましたが、

さてさて、劇研を卒業する子たちの今後の発展と、

残された劇研の更なる飛躍を願っています。

 

暇なので、打ち上げにでも顔を出そうかと思います。

昨日、飲んで、お腹が痛いので、酒は飲みませんが・・・・

昨日の酒といえば、

今朝、風呂に入ってでた後、

初めて眩暈というもので倒れました。

物を掴んでも足が耐え切れず、倒れた瞬間の記憶もなく、

自分でひやひやしましたが、寝たらよくなりました。

 

昨日はそんな酔ったわけでもなかったのですが、

今朝まで体に酒がのこっていたんですかね?

怖い!怖い!

 

こんなの書いていたらもうこんな時間です。

劇研の舞台は、千秋楽も終了した頃ですね。

お疲れ様です!

| | コメント (1)

2007年2月17日 (土)

さて、鼻がかゆくて死にそうですが、

今日は、前の大学の劇研卒業公演があるので、

横浜に行きます。

 

unit-IFにもいて、劇研の今期卒業生でもある4人が出演します。

うち、1人の脚本・演出なわけです。

 

4年前、彼らが初めて演劇をやった時からみてきたし、

unit-IFにも入って一緒にやってくれているし、

その彼らの学生演劇としての集大成を見れるわけなので、

楽しみなのであります。

  

それに、いつも見ている役者たちが、

他人の演出の下で演技している姿をみるのは、

違った一面をみせてくれるので、

勉強になります。

 

彼らの、彼らなりの感性で作った舞台で、

いつもと違った輝きを見せてくれることを期待して、

見に行くのです。

 

結構期待しすぎていて危険ですが、

期待されても、裏切らないものを作れる!

レベルにはいる。

と思っているのです。

 

期待しすぎですね。

・・・・・はい。

 

まぁ、もう、昼の公演が始まっているし、

これをみることはないだろうから、

プレッシャーもかからないので、

期待しすぎのことを書いても問題ないでしょう・・・

 

他の後輩たちもたくさん出るようなので、

彼らの成長にも期待しつつ、見に行きます。

 

わくわくです。

  

友人が

財布落として、見に行けなくなった!

と言ってきたので、

お金を貸しに行って、つれてかなければなりません。

ちょっと早めに出ます。

 

あぁ、くしゃみが・・・・・

本番中、出ないといいなぁ、くしゃみ・・・・

| | コメント (0)

2007年2月16日 (金)

のどがかわいている。

500mlのポカリを2本飲み干す。

父親が、なぜか、1000mlのポカリを持っている。

飲む。

残りは少しだ。

なんで、こんなにのどがかわくのか?

なんで、こんなポカリばっかりなのか?

 

そうだ、これは、夢だ!

 

と早朝に起き、水分をたくさん飲んだ。

そして、また、寝る。

 

そんなことを繰り返していたら、

知らぬ間に頭痛

風邪かと思ったが、偏頭痛のようだ。

 

久々に登場だ。痛い。

 

仕方なく、後輩にメール。

ごめん。今日いけない。

 

電王のエキストラ。

せっかく仲間に入れてくれたのに、

ごめんよ。後輩よ。

こんな僕を許しておくれぇー

と自責の念にかられつつ、

みんな白鳥さんに会えたカナぁー

と思いながら、また、寝ました。

 

頭痛は、意外にも軽かったので、

今は学校にきて、ポカリの飲みながら書いています。

 

ほんとうにすいません

という気持ちで一杯です。

久々にこんな気持ちになって、

こういうのは気持ちいいものではないなぁ

と思う。

 

こういう事態にならないようにしないといけないなぁ。

 

でも、偏頭痛は怖いね。

いつ来るか分からないし、

痛いし、きもいし・・・・

4月から社会人だし、そろそろ病院にいって、

偏頭痛抑える薬を頂きいこうかしら?

 

そんなことを思いつつ、

花粉の薬ジフテックを飲んだせいか、

頭が朦朧としている私。

一日一回

と言われたのに、

全然効かないから2回飲んでるいけない私。

 

一応、診察の時に、

この薬は一日2回までいけるけど、

眠くなるから一日一回で!

と言われた気がしたので、

大丈夫だとは思っています。

でも、先生に言わずに2回飲んでるから、

次の診察の時に怒られそうです。

 

かといって、この花粉には、耐えられません。

 

そんなこんなで昨日思ったことは2つ。

世の中にはいろんな人がいる

ってこと と

頑張っている人を応援できるってことはいいことだ。

(まぁ、例外はいろいろあるんだろうけど・・・・)

ってこと。

 

たくさんのお客さんに楽しんでもらえるようになるためにも、

もっとたくさんの人と話さなきゃなー

って思いました。

 

あぁ、目と鼻がかゆい。

 

最近のぼーっと抜けて、

やるべきことをいろいろ思い出してきました。

とりあえず、研究室のHPを作ります。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

昨日の雨のおかげか?

今日は、快晴

風が強い!

 

これは、

もしや?

JAL一番!

じゃない!

春一番!

 

(今のネタが分からなかった人は、

 お手元のキーボードを、よく見てください。

 あぁ、くだらねぇー)

 

で、ここまで来て指摘されたんだけど、

今日の春2番らしい。

昨日外出てないのが、バレバレ!

でも、雨なのに、春一番だったんだね。昨日。

こんなに春一番春一番かいて、

題名にまで、春一番書いて、

勘違いだったなんて、恥ずかしいけど、

まぁ、このままにしておこう。

お茶目だな。

お茶目だね!

・・・・・はい。

 

 

で、昨日は、TSUTAYAに行って、

DVDを借りました。

コソボの革命物 

イタリアの革命未遂物 

実話をモチーフにした二つの作品に引かれたのですが、

軽い気分で見たかったので、これを選んだ。

「16ブロック」

ブルース=ウィルス

汗がですぎて止まらなくなる感染症です。

 

 

・・・・・・はい。

 

昔、某映画番組の「アルマゲドン」の評価で、

ブルースの汗が画面から飛び出してきそうだった!

というコメントを聞いて以来、

ブルース・ウィルス = 汗

というイメージが定着し、あまり見なくなった俳優であります。

 

話変わりますが、

あるイメージが定着して見なくなった俳優といえば、

ニコラス=ケイジ! 

「シティ・オブ・エンジェル」を見て以来、

どんなに面白そうな映画でも、ニコラスが出てたら見ません!

どんなイメージか?

ニコラス・ケイジ = 胸毛

あるシーンのニコラスとその胸毛がキモすぎて

もう彼の演技は見れないのであります。

好きな人は、大好きなシーンなんでしょうが・・・・

一緒に見に行った女の友人と見終わった後、

ぼろくそに言ったのを覚えています。

 

さて、「16ブロック」に話を戻しましょう。

「ダイハード」っぽいと聞いていたのですが、

そんな、汗っぽくなかったです・・・・・(笑)

むしろ、脂汗?

 

ケイジのブルース 

ってなんかキモイですね。

刑事のブルースが、証人を、

16ブロック先の裁判所まで連れて行く!

って話です。

題名にもなった「16ブロック」

なんか意味があるのか?

と思ってましたが、何の意味もなさそうでした。

僕が、気づかなかっただけかもしれないけれど、

あれなら、14でも15でもいいじゃん!

と思いました。

 

いや、もしかしたら、

16という数字に何かの暗号がふくまれているかもしれない!

 

ってか、16ブロックでどれくらいよ?

ブロックの長さのイメージが湧かないよ!

16サンドラブロック?

くだらねぇー!

ちょっとイメージより長い距離だったので、びっくりしました。

案外長いのね。

16ブロック・・・・・

 

あと、証人役の黒人さんがしゃべりすぎで、うざい。

演出なんだろうけど、うざい。

しゃべりすぎ!

そこでしゃべったら見つかるだろう!

って所でまでしゃべってます!

 

ほんとにうザくて、

最後の方は、見るに耐えなかったのです。

けれど、最後に来た!

うざかったからこそ出せる最後のシーンの感触!

 

うざくなかったら、あのシーンは映えないんだろうなぁー

と関心し、感動しながら、演出のお勉強にもなりました。

 

あれは、見ないと分からない感触です。

言葉足らずの僕には説明できません。

 

おすすめってわけじゃないけど、はずれでもない。

一味違ったブルースが見れます!

 

・・・・・え?

僕が、知ってるブルースはアルマゲドン以前なので、

最近のブルースはあんななのかもしれませんが・・・・・

 

DVDには、

もう一つのエンディング

というのが入っていました。

が、ああいうのは嫌いなので、見ません。

 

作品を作るときっていろんなアイデアがありますが、それを

いかに削るか?いかに、選ぶか?

作品作りの醍醐味であり、出来を左右すると思うのです。

だから、

自分で選んで作った一つのエンディングに絞って

勝負してほしいなぁー

と思います。

 

ファンサービスで、

そういうのをつける気持ちも分からなくもないのですが、

せめてメイキング映像とかでとどめてほしい。

とか思ったり・・・・

 

まぁ、人それぞれなんでしょうけど。

 

あ、エキストラ、後輩からオッケーでました。

なんか後輩にたかっているみたいで、

いい感じはありませんが、

白鳥百合子の生演技を近くでみれるなんて、

もう滅多にないので、

そんなことは気にしません。

 

そうだ。

僕は、バカなのだ!

でも、時間帯かなり早いんですねよ

超早起きしていきます。

はははは、バカ!

これで、白鳥さんがいないシーンだったら、

ほんとに落ち込む気がしますが・・・・

 

花粉が強くなってきました。

今日から、寝る時はマスクです!

 

全然関係ありませんが、おもしろいニュースがあったので、

紹介。asahi.comから。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

「素直に辞めるアナタが好き」

 

 柳沢厚労相に巨大チョコ

2007年02月14日23時55分

 バレンタインデーの14日、「産む機械」発言で女性から強い批判を受けた柳沢厚生労働相あてに、NGO「ピースボート」が巨大チョコを届けた。

 重さ3.5キロ。表面には「素直に辞めるアナタが好き」とのメッセージ。メンバーは「きっとお返しは3月14日にあるはず」と、1カ月以内の辞任に期待を寄せる。

 昨年も、米国産牛肉の輸入再開に抗議して中川農林水産相にチョコを贈ったが、音信はなかったという。昨年に続き今年の「再チャレンジ」。厚労相の反応は?

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

なかなかおもしろいことしますね。

やめるにしても、続けるにしても、

なんか返しのいいアクションをしてほしいですね。

むしろ、続けるなら・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

今回は、確かな歓喜です!

 

合格しました。

証券外務員2種!

 

ギリギリな感触だったので、ひやひやしましたが、

合格通知!

 

そんな難しい資格じゃないのだろうけど、

他分野だからか、思った以上に苦戦した上、

参考書と、実際の問題の表記もかなり違って、

けっこう戸惑ったので、ヒヤヒヤしたので、

嬉しいのでございます。

 

素直に、

わーい!

  

一安心でございます。

 

今日は、3回も更新してしまったわ。

 

一安心だし、静かにぼーっとします!

 

ぼー

| | コメント (2)

Dsc00074 ネイヴィーです!

 

昼間っから、寝まくり!

 

母親が、100円ショップなのに、なぜか、

1260円のクッションを買ってきてくれました。

 

かなりフカフカクッションをゲットしたネイヴィーは、

歓喜の笑顔を浮かべ、今は、寝ています。

 

ちなみ、後ろにあるのは、僕のフリースです。

知らぬ間に、ネイヴィーのものになってました。

 

ちなみに、ここは、僕のベッドの上です。

フカフカベッドの上の、フカフカクッションに寝ているネイヴィー。

 

のどかです。

 

会社に出す資料の中に、

最寄駅から家までの簡略図を書け!

ってのがありました。

 

なんのためなのか?という疑問が浮かびます。

 

こういうときは、勝手に考えてみると面白い!

 

そして、浮かんだ結論は、

 

鬱になって、勝手に会社休んだりしたときに、

家に様子を見にこれるように!

 

そんな、来ないよなぁー

そんな社員いらないだろぉー

 

と思いつつ、今から書きます。

 

あぁ、絵は下手なのになぁー

| | コメント (0)

今日は、雨。

そう。

が降っている。

 

普段、自転車で学校に通っているので、

雨が降ると電車で通わなければならない。

 

雨の中、30分も自転車をこぐなんて、

危険だ

 

電車賃。往復で、

500円。

そんな遠いわけではないのに、

私鉄2本使うから、

少し高めだ。

 

この500円。

もったいない!

とは思わなかった。

今までは。

 

でも、今は、

大学行っても、特にやることがない。

いまや、だいたい家でもできるのである。

 

そう思った瞬間、

その500円がもったいなく感じた。

 

だから、今日は、家にいることにした。

 

ネットをみていたら、

大学の劇研の後輩たちが、

「仮面ライダー電王」に、エキストラででる

という情報を目にする。

 

横浜で撮影があり、

それで、うちの劇研に依頼が入ったらしい。

東映さんも、案外、安直だ。

 

胸が高鳴った!

 

前にこのブログに書いたように、

仮面ライダー電王には、白鳥百合子が出演している。

最近、気に入っている女優さん。

新人のグラビアさんが、女優として、

初の全国番組のレギュラーに登場!

それが、電王! 

 

話は少しずれるけれど、

演劇人は、皆テレビに出たいと思っている

という姿勢は好きではない。

きっと、テレビの方々はそう思っているのだろう。

多くの人もそう思っているに違いない!

 

でも、それは事実ではない気がする。

テレビにでたい演劇人もいるだろうけど、

演劇がやりたくて、演劇を続けている人も多い。

 

僕は、後者。

僕は、演劇が好きだ。

 

でも、胸は高まった。

それはなぜか?

 

生 白鳥の演技が見たい!

  

時々、ミーハーな僕。

 

そういうところ、バカだよね?

とよく友人に言われる。

 

バカだから、仕方ない。

 

というわけで、後輩にメール。

 

連れて行ってください!

 

返事は、

 

大丈夫だと思うけど、確認してみる!

 

ただいま、 

不確かな歓喜です。

 

証券外務員資格の結果。今日来る予定。

会社からメールが来る予定。

予定は未定、まだ、来ない。

 

自然と、

受かっている気がしているのが、

僕のバカなところ。

 

勝手に、受かったメールが来た想像する。

不確かすぎる歓喜

 

そこのあたりの返事をまちつつ、

今日は家にいる。

 

本を読みつつ、

会社に提出する書類を作ったり、

そんなことをしながら、

ゆったりすごす予定。 

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

うちの近くのも開花してました。

携帯の電池が切れていて、写真がとれなかったのが、残念。

そんな残念な気持ちを心に残しつつ、見ました。

「レディ イン ザ ウォーター」

M・ナイト・シャマラン 脚本・監督!

96107_3

シャマランの映画は

「ヴィレッチ」しか見たことないですが、

結構、その感性に共感するところがおおく、

陰ながら注目しているのであります。

gooからとってきたあらすじ。

「フィラデルフィア郊外のアパート。住み込みの管理人クリーブランドは、日々雑用や修繕に明け暮れていた。そんなある夜、中庭のプールに女性が潜んでいたのを発見したクリーブランドは、彼女を自室に連れ帰って休ませる。まだあどけなさの残る美しい彼女が一体どこからやってきたのか、何者なのか、“ストーリー”という名前以外は何もわからない。その謎を解く鍵は、意外なところにあった。韓国人の女子大学生が語る東洋の伝説に、彼女が奇妙なほど合致していたのだ。そしてすべては、伝説通りに動き始める……」

今回は、シャマラン自身がまとな役としてでています。

話としては、

好きな映画!

ステキな映画でした。

 

「おとぎ話」です。

ステキなおとぎ話です。

 

「人には役割がある」ってのは好きじゃなかったのですが、

現代社会の向けた深い意味合い をこめ

人々の触れ合い をキレイに描いていた気がします。

 

もともと、神話やおとぎ話が好きな僕なので、

はまりやすいですが、

おとぎ話の要素の世界観も広く、おもしろかったので、

映画の世界に浸かって、楽しむことができました。 

 

海の妖精

っていうと、ギリシャ神話あたりを連想してしまうのですが、

映画に登場するものは、インドっぽかったのが、

独自の世界観

って感じがして好きでしたね。

 

「映画によくあるパターン」を言って、

それにあてはめるのか、ずらすのか?あたりが、

スクリームっぽくて好きでしたし、

それを含めて、

映画と意識させて映画を進める!

手法も好きなので、(自分の舞台でもよく使いますが)

そういう面でも楽しめました。

 

というわけで、おすすめなので、ございます!

いろんな「あれ?」って所もあるけど、

素直に見れれば、楽しい映画です。

是非!

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

ぼー

っとしている私の目に、

非常に憤慨する記事が!

asahi.comから

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

みそ汁

      

「減量効果ないとは

     

断言できず」

    

関テレの報告書

2007年02月10日06時27分

 フジテレビ系「発掘!あるある大事典2」(放送打ち切り)のデータ捏造(ねつぞう)問題で、番組を制作した関西テレビ(大阪市)が総務省に提出した社内調査報告書で、「調査中」としている「みそ汁ダイエット」(06年2月)についての説明部分が9日、明らかになった。研究者のコメントの日本語翻訳が正確でなかったとしながらも、捏造を認めない理由を「ダイエット効果がないとまで断言することはできない」と記している。

 番組では日本語訳の字幕と吹き替えで、米国・テキサス工科大のキム・サンウー助教授が「味噌(みそ)は大豆製品の中で最も高いダイエット効果が期待できる」「朝食に味噌汁を摂(と)る事はダイエットには非常に効果的」と発言したと紹介された。

 しかし、関係者によると、関西テレビの報告書には、実際の発言が、「発酵した食べ物を、朝、食べる方が消化がより良いと思います」「なぜなら、胃はなんでも消化する準備が整っているからです」という内容だったと書かれている。

 報告書は、「同番組が、キム助教授のインタビュー時の発言を正確に翻訳して、日本語の吹き替え及び字幕を放送したとはいえない」と誤りを認めている。だが、番組全体については、「味噌汁にダイエット効果がないとまで断言することはできない」と、捏造と判断することを避け、「調査中」としている。

 キム助教授の発言は、番組のテーマを支える重要な要素だった。キム助教授は朝日新聞の取材に対し、「私の研究は発酵した大豆と減量を関連づけてはいない」と答えている。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

捏造で番組中止になった「あるある」

 

調査段階になっても、おかしなこと言ってます。

捏造を認めない理由を「ダイエット効果がないとまで断言することはできない」と記している。

よく分からない理由です。

 

効果がないと断言できない

から

効果がある 

とは言えません。

いえるのなら、研究なんていらないのです。

 

そんなことも理解しないのか?

捏造を認めたくないだけなのか?

どちらにしても、

こんなこと言って恥ずかしくないのか?

と思ってしまいます。

 

それに、

納豆にダイエット効果がない!

ということを調べるだけでも、きっと多くの検証が必要です。

 

この番組は、

納豆にダイエット効果がある!

ことを伝えようとして、

それの根拠となるデータをあげた。

そのデータの基の翻訳を勝手に変えた

 

それは、捏造じゃなくてなんになるのか?

 

まぁ、普通にデータを捏造しないとされる企画でも

方法の妥当性実験対象数の少なさ など

とても科学的とはいえないデータを基にしていることが多かったので、

僕は、この番組をほとんど見ていないのですが。

 

それに、これでもまだ「調査中」といってる現状。

そんなこと言ってる調査してる人間も早く解雇にすべきです。

そして、「調査中」と受け止めているメディアもどうか?

と思います。

 

やるしても、ちゃんとした実験の基、

ちゃんとしたデータを基にやってほしいですね。

 

もともと、浅い根拠でやってるのに、

さらに、捏造なんて、

終わってます。ほんと・・・・・・

 

そう思うと、

細木さんや江原さんはいいなぁー

と思います。

何、言っても捏造にはならないもの・・・・

 

まぁ、彼らの出る番組も見ていませんが・・・・・

 

なんか、もっとちゃんと書きたかったのだけど、

憤慨しているのと、

肩こりがひどいので、

ちょっと分かりにくい文章になってしまいました。

が、意味を理解していただければ、幸いです。

| | コメント (2)

2007年2月 9日 (金)

ぼーっとする一環で、

GyaOで、映画を見ました。

「集団左遷」

1994年の日本映画です。

柴田恭三主演!

 

バブル崩壊後、

リストラしようとする会社

されまいとするサラリーマンの話です。

 

けっこうすごいキャストでやっています。

意外におもしろかったです。

最後はちょっと人情物みたいで、嫌でしたが、

 

サラリーマンは、大変だなぁー

と思い、

愚痴はいけないね。やっぱ!

と思ったのであります。

 

それくらいです。

 

さらに、ぼーっとします。

 

ぼー

| | コメント (0)

やっと、終わりました。

試験行ってきました!

 

結果は・・・・

 

まだ、分かりません。

会社の人事に通達され、

そこから連絡がくるらしいです。

人事によると14日に連絡をくれるそうです。

 

出来は、五分五分でした・・・・

 

受かっても落ちてもギリギリだと思います。

計算問題はできたけど、

やはり、参考書の穴を結構突かれたので、

そこのあたりの出来次第・・・・・

 

落ちたら、1ヶ月後に再受験です。

それは、避けたいですが、いまさらどうしようもありません。

 

まぁ、とりあえず、14日までは、ぼーっとします。

久々になんもない!

稽古はあるけど、

短期バイトさがさなきゃ!だけど、

少しは、ぼーっとしたいと思います。

 

ぼー

| | コメント (0)

あと4時間もありません。

でも、参考書の内容は、ほぼ完璧に覚えた気がします。

なので、覚える気がしません。

完璧はいいすぎです。

8割くらいです。

 

昨日、全然違う種類の問題集の模試をやったら、

260/300

221/300

でした。

全然知らない内容があったので、焦りましたが、

まだ、合格圏内です・・・・・・

 

参考書は、出題範囲の全ては書いてないらしいので、

知らない問題もでるみたいです。

落ちたら、参考書のせいだと思うことにします。

 

今朝、大学に来たら、

チョコがおいてありました!

Dsc00070 気が早いけど、

チョコゲット!

義理でもなんでもうれしいものは嬉しい!

うちの研究室には、某女子大から

4年生が卒研で派遣されてきます。

その子たちが、片付けのために、昨日来てましたが、

僕は、早くに帰ったので、直接もらいそびれたわけです。

 

去年の子とは仲良かったですが、

今年の子達は、「お嬢様」って感じで、

崩しきれずに、あまり仲良くなれなかったですが、

最後に、こんなものくれて、

ありがたい!

ありがたい!

 

単純な僕は、ボルテージが上がりました。

 

こんなこと書いていて余裕ですね。僕・・・・・・・

 

まぁ、

やる時はやり、遊ぶ時は遊べ!

を最近徹底してますから・・・・・

まぁ、

遊びの方が多いんですが・・・・・・

 

さて、飯食べて、一時間くらい暗記して、

試験に向かうことにします。

がんばるぞ!

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

今日は、卒論発表の日

うちの研究室の後輩たちの発表です。

卒論提出の時も、直前までバタバタしてましたが、

今回も、バタバタしてました。

 

4年の後輩は2人います。

1人は、舞台で照明やっている奴で、

いろいろお世話になっています。

拓 君です・・・・・・・

本当は違う名前ですが、

この前、先生が学会の手伝いの名札を作ったときに、

間違えて、「拓」と書いたので、

最近はそう呼ぶようにしています。

 

もう1人の後輩は、一応、共同研究者です。

竹 レオン

今、勝手に作った略称です。

途中までは共同研究者でしたが、

間に合わない!

ということで、

卒論は精子の研究にした竹です。

来期は、僕の研究を引き継ぐはずです。

 

そんな竹の発表。

スライドの背景がしょぼかったので、

昨日、僕が作ってあげました。

後輩愛です。

勉強の息抜きに作ったのではありません・・・・・・

Takeiback モチーフに作りました。

和風なスライドです。

他人のために作ったわりに、

なかなかうまくいってしまいました。

 

その竹の発表!

 

後輩も・・・・

 

とは、ネタのことです!

 

彼も最後のスライドに、独自のネタを仕込みました。

彼も、全スライドの端に、先生の似顔絵が待機。

最後のスライドになったら、

動き出し、

「終」

と描くってネタ!

 

ついでに、

先生の似顔絵が破裂して、

中から精子が飛び出す!

 

冷静になってみると

結構ひどいネタです。

 

結構、受けていました。

 

ネタばっかりやって、

この研究室はどこへ向かうのでしょうか?

 

でも、続いてくれたのは、嬉しい限り!

 

ネタの質も、発表の質も一流の研究室になって!

と願っています!

 

さて、

証券外務員2種試験まで、あと一日!

昨日、問題集の模試をやりました!

2回分あったので、やりました。

 

1回目の結果

275/300

 

2回目の結果

269/300

 

7割取れれば合格なので、いい感じです。

でも、問題集にあった問題が、

模試にそのまんまでていたりしたので、

本番はもっと苦戦しそうです。

そんな簡単にいくわけないのです

ここで安心しないように!

と今日もせっせと覚えています。

 

明日で、解放されるか?否か?

 

ちょいと体調悪くて、集中切れ気味ですが、

なんとか頑張ります!

| | コメント (0)

2007年2月 7日 (水)

さて、9日の外務員2種試験まであとわずか!

参考書をまとめる作業は、

やっと昨日終了しました。

14章のうち、11章分まとめました。

残りの3章は、まとめた方が効率悪そうだったので、

気合で覚える章です。

 

まとめが終わったので、

今日から暗記と問題集解きが始まりました。

2日間で暗記と問題集をやるわけです。

まぁ、そのために、まとめたようなものなので、

今からが、本当の勝負です!

 

今朝は、家で、9時から勉強をはじめ、かなり好調!

後輩たちの卒論発表の練習には付き合わず勉強!

しかし!

集中力が2時間で切れた!

 

修論の時から思っていたのですが、

最近、集中力がない!

短期間の集中力には、それなりに自信があったのですが、

最近、だんだん短くなりつつあります。

まぁ、そんなこと嘆いていても仕方ない!

やるしかない!

進むしかない!

 

とりあえず、気分転換を含め、学校へ。

30分のサイクリングですから、

それなりに、気分転換できます!

 

気分転換といえば、

最近、CDを2枚買いました。

Panic ! at the disco

Fall out boy

 

両方ともバンド名です。

「エモメロ」

というジャンルに入るみたいです。

なんの略だ?

えもーしょなるめろでぃっく?

よく分からないけど、間違えて

「エロメモ」

といいそうなるけど、いいたくはないジャンル名です。

元々、ポップパンクばかり聞いている私ですから、

ジャンルがそんなに広がったわけではありませんが、

Panic! at the disco はおすすめ!

 

大学院入ってから買ったCDの中で一番いい!

と思われるアルバムです。

 

初めて聞いたときは、

グットシャーロットの曲調を頭に浮かべましたが、

どことなく、オフスプリング的な遊びもあり・・・・

 

も、ステキですが、

「遊び心」がたまらねぇ!

「ずらし」がたまらねぇ!

たまらねぇ!

たまらねぇ!

たまらねぇ!

 

と、ぶつぶつとつぶやきながら(?)気に入っているわけです。

Fall out も似た感じですが、僕は、Panicの方が好き!

 

そんないい曲のおかげで、

暗記は、はかどるのであります。

 

今が勝負所ですから、

逃げずに、集中して頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

昨日、学部時代の研究室の先生の最終講義があり、

横浜市立大学へと行ってまいりました。

 

最終講義は、

先生の今までの研究成果の紹介

を100枚以上のスライドで行われました。

 

始めは、内分泌の話が主でしたが、

後半は、環境の話でした。

東京湾のアマモ場再生会議の代表をやっているらしく、

その話は、最後の主な話題。

アマモ場再生の話は聞いてはいましたが、

ちゃんと成果がでているようで、嬉しかったです。

 

神経内分泌が専門の先生ですが、

最後は、環境問題を熱く語り、終了しました。

 

僕は、こういうことがやりたくてここに入ったんだよな

と思いかえしつつ、

卒研の時は、自分の研究に精一杯でそれ所ではなかった

のが、今になって、少し残念に感じました。

ただ、それが、あの頃の僕の限界だったことも事実なのです。

 

最近、環境への関心が、また、あがってきたところだったので、

とても面白い講義でした。

 

今の研究室では、先生とよく話しますが、

学部の時は、先生とあまり話さなかったのですが、

こんなにすばらしいことをたくさんやっていたのか!

とちょっと感動したわけです。

 

自分の研究が終わり、

研究への名残惜しさを感じていた時に、

先生の最終講義をきいて、

やっぱ研究っていいなぁー

って思いました。

でも、自分で決めたので、9日の証券の試験のために、

今は勉強しなければならないのです。

 

ついでに、帰りに、大学の劇研に顔を出しました。

すぐに帰るつもりが、一時間半も居座って、話してしまいました。

やっぱこの雰囲気はいいなぁー

と少し甘えてしまって居座ってしまったのでしょう。

 

それぞれ全然雰囲気が違うけど、

懐かしい場所に2つ連続でいって、

少しノスタルジー

 

でも、それに浸らず、今やることを頑張ります!

試験まで、今日入れてあと4日!

 

それとはまったく関係なく、

ヒンギス勝ったみたいですね。

忙しくて、全然情報を入れてなかったのですが、

嬉しい嬉しい嬉しい限りです。

僕も頑張ろう!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

先ほど、修論発表が終了しました!

同時に修士の研究が終わりつげたわけです。

 

時間が少し経つたび、

終わった実感 と 疲れ

そして、研究への名残惜しさ

が増していきます。

 

最後は名残惜しいもです。

ですが、自分で決めた道ですから、

次なる新たな世界で頑張っていこう!

と思います。

 

発表自体は、いい出来だったと思います。

長かった発表も、少し早口でしたが、所定の13分に収まったし、

質問も、そんな鋭いことを聞かれなかったで、

無難に答えることができました。

そして、すでに、何を聞かれたか?忘れました・・・・

 

気になるのは、前に記事書いた、

スライドに仕込んだ、ネタのウケなわけですが・・・・・

 

修論発表会。

思ったより、まじめな雰囲気でした。

2日日程の発表会で、今日が2日目で、

昨日から心配していたのですが、

かなりまじめな空気が流れている。

そして、

それを打破するような発表もなく・・・・・・

 

少し焦った僕は、

ネタをやめることはないけど、

内容はしっかりさせよう!

と昨日は、発表練習に励んだわけです。

 

ネタというのは、

 

発表の最後、

ご静聴ありがとうございました。

という時に、

ずっと端っこにあった先生の似顔絵が、

最後、動きだす。

動き出したと思ったら、精子の鞭毛がついている!

先生の似顔絵は、精子のヘッドだった!

というもの。

精子の研究室ならではのネタ!

 

下をクリックすると、見れると思います。

「MVI_2407.AVI」をダウンロード

まぁ、どこの発表かも分からないし、

発表の内容も出ていないので、

問題ないと思って、くっつけました。

 

で、結果ですが、

そんなにうけませんでした。

仕方ないっす。

あの雰囲気ですから・・・・

 

一昨日、追加したネタの方がうけました。

 

最後のスライドの後、7分間の質疑応答。

それも終わって、最後、

ありがとうございました

で占めます。

そのとき、おもむろに、プロジェクターにつないだまま、

パワーポイントのファイルを閉める。

すると、デスクトップ画面が表示されます。

 

デスクトップ一面にでかく、

「誠」

 

先生の名前です。

 

終わってホッとした時にきたからか、

2段攻撃だったからか、

結構うけました。

大うけじゃなかったけど、うけました。

 

備えあれば憂いなし!

 

それに、

発表の後、

こそこそとネタについて話している声が聞こえたし、

友達からは、

何をやってるんだ!

といわれたので、

満足、満足! 

  

もうこの大学でやり残したことはありません!

と思ってはいますが・・・

 

とりあえず、名残惜しさは感じていますが、

そんな余裕がないことに気づかされます。

 

証券の資格試験は、9日。

ぜんぜん終わってない。

1週間切ったのに!

結構発表に時間割いてしまったので、

かなり危険区域です。

がんばるしかありません。

 

そんな時に一枚の写真を紹介!

 Satu_1 この5枚。

なんと連番!

初めて見たので、

嬉しくて、とりました!

 

全部、同じ番号とかじゃなくてよかったです。

・・・・・

 

さらに、もう一枚。

Ki これは、うちの研究室から見える木。

木の一部。

なんで、とったのでしょう?

なんで、のせたのでしょう?

  

・・・・・・

 

というわけで、証券の勉強、再開!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

Img_2400  

 

 

 

昨日の夜、眠れなかったので、

こんなの作ってみました。

 

夜、暗い部屋でみると、

かなりキモくて

そして、かなり、怖い!

 

その場では、別のに変えて寝ましたが、

今は、戻っています!

 

えぇ!怪奇現象!?

 

じゃないですよ。自分で設定したんです。

 

この写真だと、そこまでキモさが伝わりません。

ぜひ、一度、自分の目で作ってみてください。

かなりキモイですから!

 

 

このせいか、なんのせいか、

昨日は、すごい嫌な夢でした。

 

30cmくらいのワニがそこらへんにいて、

子食いワニ と 人食いワニ がいるらしく、

色が違うだけの2種。

 

その中で、のんきに本を読んでいた僕。

それを聞いて、退散。

 

退散してるときに、

なぜか、ワニが飛び掛ってくる!

そして、噛み付かれる!

 

振り落とそうとしていると、

なぜか、ワニがうちの犬に変わっている!

さすが夢!

 

そして、犬を殺してしまいました。

でも、なぜか、悲しまない僕。

タイムスリップして戻れば大丈夫!

と思って平然としていました。

なんじゃそりゃ!?

 

起きて、夢から覚める。

そばで寝ている犬をみたら、

ちゃんと生きていました

こんな夢みるなんて、

寝てる時に僕は犬に噛まれていたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

昨日は、家に帰り、少し資格の勉強をし、

ふと、テレビをつけた。

最近はテレビドラマなんて全然見ないのですが、

面白そうだったので、見ました。

 

ハケンの品格

 

僕の勘違いでなければ、

「愛しさと切なさ」の女性が主役で、

「北の水曜パンチパーマ」

「総理の息子」がでてました。

 

勘違いでなければいいが・・・・

 

派遣社員と正社員の話

みたいです。

 

上にあげた三人がなかなかいい演技していて、

面白かったです。

 

友人に

派遣会社の派遣する方の仕事をしてる人

がいるのですが、

 

そういう仕事をしている「一ツ木」さんという役がいて、

友人の仕事の大変さを実感しながら見ていたわけです。

 

友人は100人くらいスタッフさんを抱えているらしいです。

たいへんだ!

 

「身内の急病、今日で5人目だよ」

という一ツ木さんのセリフを見ながら、

同じ言葉を言う友人の姿が容易に想像できました。

 

大変なお仕事ですね。がんばれ!

 

雰囲気、なんか

まじめなショムニ!

って感じもしますが、

忘れてなければ、来週も見たいです。

 

今から、修論発表の試写に行ってきます。

ネタをばらさなように気をつけながら、

試写してきます!

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »