« SIGNS | トップページ | 日本橋 de プラネタリウム »

2007年3月 2日 (金)

またまた、シャマランです。

見ました。

「アンブレイカブル」

 

「アン・・・・」ってタイトルの映画は多いので、

見たと勘違いしてましたが、

見てませんでした。

だから、見ました。

 

これは、ドンデン返される!ってのを知っていたので、

さぁ、どうやって返してくる?

と意気込んで見ました。

 

「サイン」の記事で自分で書いたこと

ドンデン以外にも多くを表現してる!

ってことを忘れないように見ましたが、

やはり、ドンデンに気をとられます。

 

ドンデンが返されるって知ってる弊害も大きいですね。

 

で、最大の注意を払ってみたのですが、

もともと騙されやすい私です。

最後のドンデン返し!

全然気がつきませんでした!

 

返される1分前くらいで、分かった感じです。

 

ドンデン返しものが好きなわりに、

簡単に騙されるのが僕のかわいい所です。

 

・・・・はい。

 

まだまだ視野が狭いなぁー

と思いつつ、

もう少し、伏線のようなものはってほしかったなぁー

とか思ったり・・・・・

 

ドンデン以外のところも、なかなかいいお話で、

好きなお話でした。

 

ヒーローもので、

ちょっとおとぎ話っぽくて、

ステキな感じです。

 

シャマラン作品を立て続けに見ましたが、

話の内容は、ぜんぜん違うのに、

どの作品も似た雰囲気を出していて、

それが、ちょっと不思議ワールドな感じで、

そこらへんが好きなポイント

 

話とか、ドンデンも好きだけど、

独特の空間をきちっと毎回作りきれている所!

ステキです。

それが、僕の中で彼の作品の魅力の最大のポイント!

 

表現したい空間作り!

大切ですね!

 

自分の舞台作りでも、まずは、

そこを大切にしているのですが、

再認識させていただきました。

 

分かっていても、再認識し続けること

これも、また、大切ですね!

 

シャマラン、まだ、はずれなし!

 

やっぱ、好きなんですね、こういうの、僕。

 

ここからネタバレです!

注意です!

 

で、あのドンデンはすばらしいですが、

 

最後はいったいなんだ?

あの、実話を基にしてますみたいな文章は!

 

実話を基にしてるの?この話。

それとも、

シャマランのお茶目?

 

ってかあの文章自体もおもしろい!

殺人犯は殺したのに、彼は警察に通報?

それなら、殺人犯も通報しなさいよ!

なに殺してんのよ、あんた!

 

ヒーローになった瞬間から殺人者になるのかよ!

 

それに、

彼も簡単につかまるんだね。

最大の悪役が警察にすぐつかまるって・・・

よわ!

 

|

« SIGNS | トップページ | 日本橋 de プラネタリウム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SIGNS | トップページ | 日本橋 de プラネタリウム »