« 一体、マイナスイオンってなんなのか? | トップページ | 修士課程、修了! »

2007年3月21日 (水)

昨日は、周りの研究室の人たちと飲みました。

久々に、(といっても、そんな久々ではないけど・・・)

先生と飲みました。

最近、気になっていたタミフルの異常行動の話

昨日、先生に聞いて、少し納得した矢先に、

こんな報道が!

asahi.comから。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

治療薬「タミフル」、

 

10代の服用制限 

 

厚労省指示

2007年03月21日01時28分

 厚生労働省は21日未明、インフルエンザ治療薬「タミフル」服用後、自宅の2階から転落する事故が新たに2件発生したとして、輸入販売元の「中外製薬」(本社・東京)に対し、添付文書の警告欄に「10歳以上の未成年の患者に、原則として使用を差し控えること」を書き加え、医療関係者に緊急安全性情報を出して注意喚起するよう指示したと発表した。事実上、10歳代の使用をほぼ制限する措置となる

 厚労省は21日午前零時から、同省で緊急の記者会見を開いた。中外製薬幹部も同席した。

 説明によると、2件の異常行動は20日、同省に報告された。12歳の男児が2月7日、37・8度の発熱があり、医療機関でインフルエンザB型と診断された。昼と夜にタミフルを飲み、8日午前2時ごろ、素足で外に出て、近くの駐車場へ走り出した。父親が家に入れたが、2階の窓から飛び降り、右ひざを骨折した。入院後、独り言や、突然笑い出すなどの症状がみられたという。

 別の12歳の男児は3月18日に発熱。19日、インフルエンザB型と診断され、2度タミフルを服用、同午後11時半ごろ、家で就寝したが、約30分後に突然2階に駆け上がり、母親に連れ戻された。その後もう一度2階に上がり、家族が追いかけたが間に合わず、ベランダから飛び降りた。右足のかかとを骨折した。

 いずれも、命には別条がないものの、本人に飛び降りた時のはっきりした記憶はないという。

 同省は使用制限のほかに、自宅にいる際には「少なくとも2日間、保護者は未成年者が1人にならない配慮することについて患者・家族に説明する」とも加える。

 医師ら向けの緊急安全性情報の配布を厚労省が指示するのは04年3月以来。中外製薬の上野幹夫副社長は「指導にもとづき速やかに実行したい。今週中にはタミフルの納入先に周知徹底したい」と話した。

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

さて、

タミフルは飲んで大丈夫なのか?

 

昨日、先生に聞いた内容をまとめてみます。

これは、あくまで、うちの先生の意見であって、

どっかで調べたというのものではありません。

が、分かりやすく、的を得ています。

・タミフルを飲んで、異常行動を起したのか?

 インフルエンザで、異常行動を起こしたのか?

  インフルエンザでも、異常行動を起こすようです。

  なんとなく、イメージがつきます。

  タミフルを飲んだら異常行動を起こす確率と

  インフルエンザで、異常行動を起こす確率

  これをちゃんと比べないと、

  タミフルが危険かどうかは分からない。

  まったく、問題ないかもしれない。

 

・タミフルで異常行動が起きるとして、

 その異常行動で死ぬ確率と、

 インフルエンザ死ぬ確率!

  これもちゃんと調べなければなりませんよね。

  これをちゃんと調べた上で、患者に情報を与えて、

  患者に選ばせたりすればいいのです。

  まぁ、前者の方が高いなら、問題ですが・・・・

 

・どうせ病気で寝てるんだから、

 拘束具でもつければいい!

  確かに、そのとおりです。

  タミフル処方する時に、

  同時に、拘束具も貸せばいい!

 

他の研究室の人がいうことには、

学生にタミフルを処方する必要があるのか?

一日も早く治さなきゃならない社会人ならともかく、

普通の薬で、時間をかけて治せばいいのじゃないか?

それもその通りでございます。

まぁ、人によっては、重病な方もいらっしゃるんでしょうけど・・・

 

ただ、結局、思うのは、

ちゃんと危険性を説明した上で、患者が選べばいい!

そのために、きちんと調べる必要がある!

 

そうおもうと、今回の決定は、理解しがたい・・・・

10歳以上の未成年の患者だけが異常行動を起こす

のがはっきりしているのか?

と思えば、そうでもないみたい・・・・・・

何週齢以下の牛には、狂牛病が発症したことないから、

その年の以下の牛は、輸入可能だ!

といってるアメリカさんと変わりなんじゃないか?

と勝手に思うのですが・・・・・・

 

なぜ、10歳以上の未成年の患者だけ?

って思います。

タミフルを使用禁止にすべきだと思いません。

でも、きちんと説明するために、危険性を調べるなら

一旦、前面的に禁止するべきだとも思うのですが・・・・・

 

そんなことを考えていたら、別の考えが!

インフルエンザで死んでしまう人が

その間に増えても困るんだな・・・・・・・・

あぁ、そう思ったりすると、

あの決定、理解できないわけでもないかも・・・

と、上に挙げた疑問の再びでてくるわけです。

 

とりあえず、

早めに、ちゃんと調べて、公表してほしいです。

 

タミフルの話でもう一つ。

前から思っていたのですが、

いくら特効薬とはいえ、

特定の製薬会社が作っているものを、

政府が、大量に買い、備蓄するのはどうなのか?

 

足りない足りない!

と言ったりしてましたが、

なんか影の力を感じざるをえません。

 

その一方で、

タミフル異常行動の過剰までの報道!

影の力同士の戦いなんでしょうか?

 

僕らは、ただ、それに振り回される

コマにすぎないんでしょうか?

 

あくまで、仮想の話ですが、そんなこと考えつつ、

この前、バスで聞いた老人同士の会話を思い出す。

今、風邪ひいてんだよ・・・・

インフルエンザ予防接種受けたのに、

風邪はひいちゃうんだよねー

他の会話を聞いてる限り、博識そうな老人だったのですが、

インフルエンザと風邪は別物だろ・・・・

と心の中でつぶやきつつ、何も口には出しませんでした。

 

医療の説明義務、もっと果たしてほしいですね・・・

|

« 一体、マイナスイオンってなんなのか? | トップページ | 修士課程、修了! »

コメント

友人のいぬすけさんが、
タミフルについて書いていたので、
紹介
http://sea-urchin.cocolog-nifty.com/seaurchinblues/2007/03/post_a160.html

投稿: いちよう | 2007年3月23日 (金) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一体、マイナスイオンってなんなのか? | トップページ | 修士課程、修了! »