« "死刑廃止論の弁護士団”の残酷さ | トップページ | 松岡自殺の陰謀 »

2007年6月 4日 (月)

今週末からの上映開始ですが、

先行上映があったので見に行きました。

300

 

先行上映っていうと、

先行オールナイト!

ってイメージが強かったのですが、

最近は一日やるんですね!

しかも、予告編見てたら、

先行上映の多さビックリします。

ハリポタなんか3日間も先行上映!

なんか違う気もするが・・・・

 

客数を予想したりする上で、

やっぱ必要なことなんですかね・・・

 

さて、「300」の話です。

 

第3次ペルシャ戦争での、

ペルシャ VS スパルタ

「テルモピュライの戦い」

の話です。

 

理系ですが、世界史は大好きだった私

でも、もう忘れかけている・・・・

 

というわけ見に行く前日に予習

演出家としての予備知識用に、本棚に並んでる

世界史講義の実況中継

を手に取る。

 

予習をして驚いた!

第一次ペルシャ戦争

ペルシャがギリシャに攻めてきた!

このときは、エーゲ海に珍しく嵐が起きて、

ペルシャ軍撤退!

元寇みたいだなぁー

 

第2次ペルシャ戦争

ペルシャがまた攻めてきた!

ダレイオス1世だ!

ここで立ち上がるのが、そう!

ポリスいえば、アテネ!

アテネは他のポリスと一緒に戦おうとしたのに、

ペルシャの大群を恐れて、他のポリスは拒否!

アテネは海軍が強かったらしく、

陸軍が強いスパルタと組めば、強い!

らしいのですが、

そのスパルタも拒否!

スパルタ、拒否したのかい!

 

結局、アテネは、唯一賛同した小さなポリスと連合で戦う

これが、マラトンの戦い!

ペルシャは負けちゃうわけです!

 

そして、

第3次ペルシャ戦争

今回は、ダレイオス1世の息子クセルクセス!

その始めの戦いが、今回の映画の舞台

「テルモピュライの戦い」

レオダニス率いる300人のスパルタ軍は、

100万のペルシャ軍に

6回も突撃をする!

そして、全滅!

 

え?

全滅?

負けちゃうの?

映画見る前に勝敗知っちゃったよ!おい!

 

しかも、その後、

アテネ・スパルタ連合軍がペルシャと戦い、

最後には、ペルシャは負けた!

らしいです!

 

無駄死じゃん!300人!

犬死じゃん!レオダニス!

 

そんな予習を元に、いざ、映画館へ!

 

思ったよりも人気があり、ほぼ満席!

 

予習した時の最大の疑問!

なぜ、スパルタは300人しか戦いにいかなかったのか?

 

話の前半は、その経過の物語に費やされます。

少し眠いですが、納得!

疑問晴れて、いい気分で戦闘シーンを見れるわけです。

 

そして、思った!

無駄死にじゃない!

犬死じゃない!

スパルタのとった戦術もすばらしいし、

自分たちの誇りを掲げて戦うスパルタ戦士の姿!

背筋がゾクゾクします!

 

実際、ペルシャ軍も怖かっただろうなぁー

敵は300人しかいないのに、

なんでこんなにやられるんだ!

あいつら、妖怪か!

みたいな・・・・ 

 

でも、最後には全滅です。

降伏せず、退却せず、

自分の誇りにかけて、

戦場で散っていくのです。

 

そして、その話は、ギリシャ全土に広がった。

 

確かに、無駄死にだったけど、

この戦いのおかげで、

あとで、アテネスパルタ軍が勝てたんじゃないのかなー

って思ってしまいます。

 

僕なんかでも、そう思えるくらい、

この映画のスパルタの戦いは心に残りました。

 

思わず泣いてしまう。

いい映画でした。

 

この映画、半分実写・半分アニメ です。

そういう映画は結構見てきましたが、

一番いい出来です!

物語的にも、映像的にも!

違和感なく、一つの空間が出来上がっていました!

それに、映像がきれい!

いい絵が多い!

 

巫女さんが占うシーンがあるのですが、

巫女さん、ほぼ裸なのに、

いやらしさ というより、美しさ

すごいいい絵!

戦闘シーンも、

所々、いい絵のシーン

 

矢が降ってくるシーンは予告編にもありましたが、

かなりインパクト大!

「HERO」なんてめじゃネェー

 

レオダニスの最後 なんか

鳥肌立ちまくりの映像効果!

 

チラシに

マトリックス以来の映像革命!

ってありましたが、確かに!

特に、エンドロールの映像は、

物語とは合っていませんが、

映像だけみたら一級品です!

 

ギリシャの民主政も感じられて、

面白い映画ですよ。

 

面白いといえば、

ペルシャの描写!

 

ほんとにこんなだったの?

ってくらい、奇抜に描かれています!

 

外人が、日本人を描く時ぐらい奇抜に(笑)

 

特に、クセルクセス!

オカマ!ゲイ!?

すごい美系のオカマびっくりです!

 

あと、面白いといえば、チラシの宣伝文句!

アメリカ 2007年公開作品中1位

ギリシャ 「パイレーツ オブ カリビアン」を抜いて

     映画史上No1

ロシア 「ロードオブザリング」の2倍の興収

韓国  「ラストサムライ」の3倍の興収

スペイン 「マトリックス」の2倍の興収

イギリス 「コンスタンティン」の2倍の興収

 

見るだけで笑ってしまう

この比較対照のタインナップ・・・・

どういう基準で選んだのだ?

 

長く書きましたが、かなりオススメです!

今年は、洋画が強いし、

見たい映画が多いかもしれませんが、

ぜひ、この映画を見に行ってください!

後悔はしませんよ!

 

今週末から公開です!

|

« "死刑廃止論の弁護士団”の残酷さ | トップページ | 松岡自殺の陰謀 »

コメント

彼らは「無駄死に」ではありません!彼らがペルシャ軍を足止めできたことによってアテネ軍が体制を整えることができたのです。もしペルシャ軍があっさりテルモピュライを通過してたらヨーロッパはアジアの一部になっていたかもね。

大金をつぎ込んだ派手な映画はあまり好きではないんだけど,この映画は気になってます。

投稿: いぬすけ | 2007年6月 5日 (火) 13時48分

いぬすけ
見に行きなさい!

投稿: いちよう | 2007年6月11日 (月) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "死刑廃止論の弁護士団”の残酷さ | トップページ | 松岡自殺の陰謀 »