« 著作権法の非親告罪化 | トップページ | マナーは、眞鍋に学べない。 »

2007年7月28日 (土)

ライオンを食らうサル

SPA!を読んでて知ったこと。

コンゴで、ライオンを食う

大型チンパンジー発見!

 

コンゴのジャングルは、広大な湿地になっていて、

なかなか人間が入っていけない。

今回の発見も、道路から40km奥に入った所。

ジャングルの広さに比べたら、ほんのわずかな距離。

まだまだ発見があるかも!

 

とSPA!には書いてありました。

 

ライオンを食う大型チンパンジー

 

すさまじい!

 

すごい進化だ!

 

こんなニュースを聞いて思ったこと。

地球を支配するほどの力を持つ動物が、

なぜ、こういう怪力な霊長類でなく、

ひ弱なホモサピエンスなのか?

 

と思ったのですが、

すぐに、解決されてしまいました。

 

だいぶ前に読んだ本

「幼児化するヒト “永遠の子供”の進化論」

著・グライム=ブロムホール

河出書房新書

を思い出したのです。

 

この本は、

サルが二足歩行するにいたった進化の一つの学説

「退行進化」(確か、そんな名前だった気がする)

について書かれた本です。

 

二足歩行を始めたサルは、

サルの胎児が成長未発達のまま、

生まれそのまま育ったサル

(きっと、遺伝子的に、胎児成長が途中止まる

って変異だと思うのですが・・・)

だという説です。

 

ウーパールーパーも、成体になっても、

ずっとなんかの動物の胎児のままの格好ですが、

それに似ているんじゃないか

と思います。

 

この本では、遺伝子学的なアプローチでなく、

形態学学的なアプローチで、

この説を説明しています。

 

チンパンジーの胎児と、

ホモサピエンスの類似性をあげています。

・脚が長い(これが二足歩行には必須)

・毛が薄い

・ペニスに骨がない

とかいろいろ。

結構説得力のある話です。

 

で、なんでこんな話をしたかというと、

二足歩行したサルが、力を得た最大の要因は、

ライオンを絞め殺せる怪力さ

ではなく、

集団をつくる能力

だったという話です。

 

チンパンジーの未発達な胎児として生まれたサルは、

脚の長さやそのほかの変異を利用して、

二足歩行を始めた。

未発達のおかげで得たものは、

二足歩行だけでなく、

頭の幼稚さ。

 

つまり、体も心も子供のまんま!

だから、

「永遠の子供」の進化論

って副題がついてます。

(原題では、こっちがメインタイトルです。)

 

心も子供のまんま!

それによって、

集団化の促進

攻撃性の減少

がもたらされます。

 

とくに、後者が大事です。

群れの中で、むやみな殺し合いがなくなったりして

集団の巨大化が進み、

社会化も発達したらしいです。

 

そのような進化をたどった猿に、

「ボノボ」って猿がいます。

性行為が好きな猿

として有名ですが、あれも、幼児化の表れであり、

一人のボスが、性行為を独占してない社会の表れでもある。

とその本では言ってました。

 

「集団の発達」の直接的な効果は、

そのパワーにあります。

 

二足歩行を始めた猿は、

ジャングルを離れ、サバンナに出ます。

 

ライオンとかうじゃうじゃいるサバンナ。

そんな中で猿が生きていくために・・・・

 

いくら怪力猿とはいえ、

ライオンの群れに囲まれたら終わり。

それに、怪力さ故、そんな大きな群れは作れない。

 

ひ弱な猿なら、もっとやばいでしょ?

と思われがちですが、そこで、集団性。

ちっこいけど、変なのが、大量に追っかけてきたら、

さすがの、ライオンの群れも逃げる!

って書いてあります。

 

ボブサップが一人で突進してくるのと、

小学生が100人突進してくるのの違いです。

 

僕にしたら、どっちも怖いですが、

広大なサバンナのインパクトとしては、

後者の方が大きいかもしれません。

 

そんなことがいろんなこと書いてありました。

(当然ですが、ボブサップは出てきません)

だいぶ前に読んだので、

適当に書いたところが多々ありますが、

オススメの本です。

 

まぁ、集団つくっただけじゃ生き残れない。

そこに、ちょっとした攻撃心も残っていたから、

支配的な動物としての君臨が始ったんじゃないか?

と思います。

 

とはいえ、その後のホモサピエンスの進歩を考えると、

ちょっとした攻撃性?

と疑ってしまうところもありますが・・・・

 

このお話はこの辺にしておきます。

僕は、進化とか、人間のその後の進歩とかに

すごい興味がありまして、

いつか、そんなのをモチーフにした芝居をしたい

と思ってますので、

ここで書きすぎるとネタバレになっちゃうので、

やめておきます。

 

ライオンを食う猿からここまで話が飛びました。

すいません。

暑くなりました。

夏ばてに注意!

|

« 著作権法の非親告罪化 | トップページ | マナーは、眞鍋に学べない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 著作権法の非親告罪化 | トップページ | マナーは、眞鍋に学べない。 »