« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

昨日は、金沢文庫芸術祭って所に行ってきました。

大学の先輩がボランティアで関わっています。

前にも2,3回見に行ったことがありましたが、

今回が一番思い出深い!

 

祭りの最期にコンサートがありました。

林 英哲

プロの和太鼓奏者です。

でっかい和太鼓から小さいのまで!

いろんなのを使っての演奏です。

太鼓って音量の幅があんなに出るんだ!

と、その大小や強弱の幅の大きさに、

ただただ圧巻されるばかり。

 

ただのコンサートでなく、レクチャー形式で、

太鼓の歴史や、歌舞伎での太鼓の役割なども教えていただき、

大変勉強になったのであります。

伝統芸能とか見たことはあるのですが、

詳しくは全然知らなかったので、

視野が広がった、いい経験になったのです。

 

英哲さんの他に、若い方が2人演奏してました。

2人ともイケメン!

かなりのイケメン!

 

演奏の後、英哲さんだけでなく、若手の二人にも人だかり!

イケメンパワーで、おばさん客ゲット!

って狙いなんでしょうか?

 

地域交流がメインの祭りだったので、

子供が多すぎて、うるさくて、落ち着いて聞けなかったのが残念。

ただ、小さい子供に興味をもってもらうことも

あのコンサートの目的だったろうし、それは必要なことですから、

なんともいえませんが・・・・

 

それと、雨だったので、

急遽、小学校の体育館が会場になったのが、さらに残念。

始めは、海の公園の海辺の近くでの演奏予定だったので、

あれを海の近くで聞けたらもっと最高だったろうなぁー

とそこだけ心残りです。

 

太鼓の面白さを実感した一日でした。

結構、インスピレーションアップ!

| | コメント (1)

2007年9月29日 (土)

書くことがたくさんあるのに、

更新してない僕です。

 

昨日、久々に大学院に足を運びました。

なぜかって?

3号館交流会です。

 

僕がいた研究室のある研究棟全体の交流会です。

僕がいた2年間は僕が幹事をやってましたが、

僕が卒業した後も続きました!

嬉しい限りです。

 

とはいえ、今回の幹事は、

隣の研究室の先輩。

元々、僕の研究室の後輩が引き継ぐはずだったのですが・・・

どうやら、幹事能力ゼロみたいです。

 

第一回サンマ祭り

第二回おでん祭り

そして、今回は、また、

サンマ祭り!

 

旬ですからね。

 

その日、築地から仕入れた新鮮なサンマです。

Dsc00158 うまい!

2匹も食べました。

定食屋で食うサンマ焼きよりうまい。

バーベキュー形式って雰囲気はいいけど、味はいまいちが多いのですが、

今回は、味もいい感じです。

隣の研究室の先生が、サンマをさばくの見て、楽しみ、

その後ろで、刺身をつまみ食いし、うまい!

 

久々に、生物の話もして、

やっぱおもしれぇー

と思いつつ、

もう研究には戻るつもりもない僕がいます。

 

でも、研究は研究でおもしろそうなのです。

ただ、生活を考えるとなかなか進み難い道です。

 

そんなこんなで学生気分を満喫。

9月頭は、芝居で小屋にこもって学生気分

先週末は、大学の後輩を指導にいって学生気分

今週は、サンマで学生気分。

 

でも、平日は証券マン!

 

昨日で半期はしまったし、

来週から成績上げるように、頑張りますわ!

| | コメント (1)

2007年9月25日 (火)

さてさて、今月二度目の三連休は、

土日二日間、ワークショップを開きました。

昔、所属していた大学の劇研の後輩たち限定に!

 

新入生の基礎を見直すこと と

上級生の視野を広げること と

自分の劇団の布教です・・・・・

 

去年も同じ形式でやって、

自分が現役だった頃も一回やったので、

三回目のワークショップ開催でした。

 

まぁ、自分の本番が終わって力尽きていたので、

今回はほとんど準備できなかったのですが、

かなり成果の多いものになったと自負しています。

 

自己解放できていない子がいて、

「今を生きる」のキーティング先生の真似をしてみたり・・・・

目隠しして、叫ぶって奴です。

その子は、泣いちゃったけど、いい経験になったと思います。

ただ、

あれで、辞めたらどうしよう・・・・

って少し心配。

 

卒業してからやるのは、全然いいのですが、

そういう責任が持てないのが、少しやりにくいですね。

厳しくなりきれなかったのは、そのせいがあるかもしれません。

 

とはいえ、10代後半・20代前半、

最近触れ合ってない若いこたちと戯れて楽しかったです。

この前の本番もそうでしたが、学生に戻った気がしました。

 

一回、こんなにちゃんと稽古をつけたので、

今後の成長が楽しみになった小山でした。

| | コメント (1)

2007年9月20日 (木)

どうも、芝居が終わってぼーっとしてます。

ぼーっとしすぎて、腑抜けです。

ダラダラしすぎか、寝すぎか、

肩こりがひどくなりました。

こりゃ、運動不足だ!

 

だいぶ前に、友人に借りたDVDを取り出す。

ビリーズ ブートキャンプ

 

芝居が忙しくて、手が出せなかったけど、

今、やるべきじゃねぇーか!

 

昨日、会社から帰ってきて、

スーツとシャツ脱いで、

トランクス一枚で挑戦してみる。

 

汗だくで、10分間頑張った!

 

なかなか楽しい!

 

でも、10分だけなのに、

今日、筋肉痛・・・・・

 

芝居終わって2週間も経ってないのに・・・・

寝すぎはすごいね。

 

とりあえず、まだ、稽古はないので、

運動のために続けてみようと思います。

 

ビリーバンドを買いにいきます。

| | コメント (0)

2007年9月16日 (日)

世田谷区の中心

どこにあるかご存知ですか?

 

ボクの家の近くにあります。

 

いや、

あるみたいです。

 

さっき、コンビニに行こうと歩いていたら、

道路にガムテープがバッテンに貼られていました。

そこに、こうかいてありました

「世田谷区中心」

 

世田谷区の中心なのか?

世田谷が日本の中心だよ!って言いたいのか?

定かではありませんが、

前者だと思います。

 

地図でぱっと見、まぁ、中心っぽい位置にありますが、

真実なんでしょうか?

真実だとしても、なぜガムテープでこっそりと?

像でも建てるつもりかしら?

そしたら、かなりの税金の無駄だ。

中心なんて知って、なんの足しにもならない。

 

携帯も持ってなかったので、写真もないのですが、

不思議です。

 

イタズラでしょうか?

それにしては、バッテンのキレイで、

字がキレイでした。

 

イタズラにしては無意味すぎる。

ボクがこの前の芝居で炸裂したポキックより無意味すぎる。

 

謎は深まるばかりだ。

| | コメント (0)

2007年9月15日 (土)

芝居が終わって一段落。

ダラダラ3連休の始まりです。

 

そして、DVDを見た。

「それでもボクはやってない」

植草氏の痴漢冤罪の話題があるときに公開されたものだったので、

興味があったので、ずっと見たかったですが、やっと見れました。

 

痴漢冤罪だけなく、日本の裁判を問うものでした。

主人公の立場に、いつ自分が立たされてもおかしくないわけで、

全体として、個性的な役者をそろえ、コミカルに描いていても、

臨場感を感じずに見ることができません。

 

ボクは、示談ですますのだろうか?

やってないことを通すのだろうか?

 

自分の信念にはまっすぐいたい人間なので、

やってないことを通す気もしますが、

実際に目の前の事実になったときは、どうするか分かりません。

 

犯罪者は取りしまらければならないけど、

推定無罪でなく、推定有罪なんだな

と悲しくなりました。

 

ただ、誰が悪いわけではないのかもしれない。

刑事も、犯罪者に対して優しい態度ばかりとっていれるわけではない。

やはり、それを制度でなんとかしていかなければならないのだろう。

 

裁判員制度、いい内容になるか分からないけど、

現状の打破にはなってほしい。

そして、変な慣例ができ、それで腐敗しないことを願います。

 

それにしても、いいキャスト陣!

瀬戸さんステキだわ!

| | コメント (0)

突然の安倍辞任。

突然の総裁選!

 

面白くなると思いきや、

なんだこりゃ? 

 

お気に入りの麻生さんが危機だから言っているわけではない。

福田さんの話し方は好きだ。

 

でも、この総裁選はなんだ!

 

また、派閥か!

まだ、派閥か!

 

自民党は、本気で、選挙に勝つ気でいるんだろうか?

党員の声を聞くために、日程をずらしたのではなかったか?

危機に陥った麻生さん曰く

派閥で決めないで政策で争う

でないと国民の支持が得られない。

 

楽勝だったらこんなことを言わなかったかもだが、

もっともなことをおっしゃる!

 

でも、そんなことを気にせず、進む自民党。

 

日経新聞でドイツの新聞の記事を紹介していたけど、

国民の生活も、国際社会も見ない、

ただ権力にすがりついている集団

のようなことを書いてありました。

 

今回の総裁選の様相で、

周りを見れていないのは、

安倍だけじゃなくて、自民党全体じゃん

と再確認されました。

きっと、多くの人も思っている。

でも、それすら気づかない自民党。

 

そろそろ、本当に最期かもしれません。

 

とりあえず、少数派閥でも出続ける麻生さんに

がんばってほしいものです。

| | コメント (0)

2007年9月12日 (水)

髪がからに戻った小山です。

6連休から社会人に戻った小山です。

 

ただでさえ、相場感をつかんでいなかったのに、

あんなに休んで、しかも、

仕込み・本番と一日中芝居のことやって、

自分が社会人であることすら忘れてた状況の後ですから、

なおさら、相場感がつかめません。

 

復帰後2日間、ぼろぼろです。

 

そんなときの安倍辞任!

ロイター通信が一番早かったみたいですね!

 

辞意報道の瞬間、株価は急騰!

 

え?上がるの?

みんな喜んじゃった?

 

とびっくり。安倍さんの置き土産。

安倍フィーバー!

当然のごとく、僕はその波に乗れません・・・

 

しかも、ちょっと時間がたったら、

大暴落。

まぁ、当たり前ですけどね・・・・

 

それにしても、ほんと、

なぜこの時期に?

って感じです。

 

ストレスで体調崩したから

なんて理由にならないよ。

誰だって、ストレスで食えなくなったりすんだし、

一国のトップなんて、皆、それだけの責任負ってるわけで。

 

なんか、自分の国の総理があんなで恥ずかしい。

恥ずかしいを通り過ぎて、

あんな無責任な人間、政治家自体も辞めてほしいです。

大事な時期に、放り出す人間に、何ができるのだろうか? 

と憤慨しちゃいます。

 

ただ、急すぎなので

裏の力が働いてるいるのかなぁ?

とも思っちゃいます。

アメリカさんに、

もう、お前、いいよ

って言われたのかなぁ?

とか

 

なんか安倍さん自身の脱税疑惑もあるみたいだし・・・

 

そこらへん、PRISON BREAKを思いだしちゃいます。

 

次、誰でしょうね?

 

麻生さんも、本命だけど、

今はやりたくないんじゃないか?

と勝手に思ってますが・・・

 

自民党からしたら、小泉再登板しか、

この難局をのりきれない気もするけど・・・

 

個人的には、タニガッキーで、

ホントの方向転換して、政策論争で勝負ってのも、

ありかと思いますが・・・・・・

 

芝居の総括や片付けをさぼって、

最近は、ぼけーっとしてます。

明日くらいから、動き出そうと思います。

 

| | コメント (1)

2007年9月10日 (月)

久々の更新です。

小屋入り、本番とドタバタして、更新できませんでした。

 

unit-IF第2回公演

TAROT -THE FOOL-

無事に終了いたしました。

 

サンモールスタジオの方々を始めとする

ご協力していただいた多くの方々、

そして、

ご来場していただいたお客様

誠にありがとうございました。

 

今回も、多くのお客様に楽しんでいただいたようで、

大変、嬉しく思っています。

 

特に、今回、本格化した de=zeppar に関しては、

予想以上に、多くのお客様に気に入っていただき、

手応えを感じると共に、

さらに、よい手法として確立するために、

これからも、追求・発展させていきます。

 

前の告知の記事で、

この公演は多くの挑戦をした

と書きました。

de = zeppar や モンタージュなど、

見て楽しい舞台への挑戦はもちろんのこと、

今回は、作風自体に挑戦を加えました。

 

僕の芝居を長くみていただいているお客様は、

びっくりしたかもしれません。

前の作風の方が好きだ、

今回の方がおもしろい、

お客様によって、この変化の反応はまちまちでした。

 

僕は大きく作風を変えようとしているのではありません。

今回は、挑戦をしたのです。

今まで、物語を紡ぐようなお芝居を続けてきました。

ただ、人間を描く、人間の感情やその変化を描くことが、

手薄になってしまっていたのを自分では感じていました。

 

今回は、そこをきちんと描くことに重きを置いたのです。

重きを置きすぎて、作風が大きく変わりましたが、

僕の作品としての根底は変わっていません。

 

作風は変わりましたが、

この挑戦は、成長として感じていただける

自分の中で、一番いい作品に仕上がった

と確信し、第2回公演として、上演しました。

 

今回の挑戦、また、作品を見たお客様の反応を通じて、

多くのことを学ぶことができました。

 

次の作品は、今までの作風に近くなると思われますが、

今回得たことを活かして、

更なる発展を遂げた舞台を、お見せできると思います。

ご期待ください。

 

そして、次の舞台は、もっと短いです(笑)。

今までも

長い

と多くの方にご指摘をいただいていますが、

ご安心ください!

次回は、長くはしません!

 

繰り返しになりますが、

今回、

多くのお客様に楽しんでいただけたこと、

大変、幸いに思っております。

ご来場、誠に、ありがとうございました。

 

次回も、ぜひご来場ください。

そして、unit-IFのこれからをお楽しみください。

 

最後に、

unit-IFでは、劇団員を募集しております。

役者として参加したい方(受付は9月26日まで)、

スタッフとしてがっつり支えてくださる方、

ささやかに応援してくださるスタッフの方、

募集しております。

少しでも興味を持たれた方はぜひ、

unit-IF@hotmail.co.jp

までご連絡ください。

お待ちしております。

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »