« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

さてさて、2007年も終わり。

ここで、このブログ初めての試み。

今年の映画ランキング!

 

とはいえ、僕が映画館に見に行ったもの限定です。

残してある半券によると、今年見たのは18個。

例年を数えてないから多いのか少ないのか分かりませんが、

まぁ、僕の中では平均的な数字な気がします。

 

では、

ジャンルごちゃ混ぜ!勝手にランキング!

(このブログでもかなりレヴューを書きましたが、

 全体を見渡して、改めて、コメント!

 それぞれ誉める所もありますが、下位にいくほど辛口になります。)

1 ヘアスプレー

1位はダントツ。笑いあり、涙あり、メッセージ深し!それだけでなく、見ているだけで、   自然に笑みがこぼれる、とっても幸せな映画です。

2 不都合な真実

地味だけど、2位。同時期にIPCCの発表もありましたが、今再び、世界を環境問題に目を向けさせた功績は大きい。そして、それだけの内容と、ゴアのトーク術があります。ゴアの大統領立候補にまだ期待しています。

3 ディスタービア

今年の、ホラー・サスペンスの1位。こんなにハラハラドキドキしたのは、スクリーム1ぶり!怖い!

4 スターダスト

再び、平和な映画が上位!ただのファンタジーと思いきや、意外に、かなり大人向けのファンタジー!センスのいい笑いが要所要所におかれ、やはり、クレアがきれいだ!期待していなかっただけに、かなり楽しめた!

5 エヴァンゲリヲン 序

もともとエヴァ好きですが、納得の出来。エヴァで泣くと思わなかった。屋島作戦のリメイクの質の高さをかって、5位!続きに期待ですね。

6 ダイハード4.0

半分義務感で、見に行きましたが、予想外にいい出来!ダイハード1,2と同じくらい楽しめました。汗っかきだけじゃないのね、ブルース。

7 300

半分イラスト、半分実写のスパルタの映画!絵がきれいで、かつ、スパルタのおっさん達がステキです!DVDでは上位になってるみたいですが、映画の段階でもう少しヒットしてもよかった映画!

8 SAW4

4まで出して、この質の高さ。でも、回を重ねるごとに増すグロさと、記憶があいまいなのに、1,2のネタでドンデンを持ってくる複雑さが、目をくらます結果になってしまっている気がする。

9 パンズ・ラビリンス

ダークなファンタジー。こういうファンタジー、初めて見て好きだったのだけど、ファンタジーの描きをもっと丁寧にやってほしかった。わざと、稚拙すぎる描写をしたんだろうけど、見ている分には、ちょいと不満。

10 ナイトミュージアム

おもしろかった。感動した。でも、そこで止まっちゃう。もう少し、インパクトがほしい。

11 ハリーポッター不死鳥の騎士団

ハーマイオニー、やっぱ、かわいい。

12 パイレーツオブカリビアン ワールドエンド

デップ、かっこいい。

13 スパイダーマン3

正直、あんま覚えてない。

14 ロッキー ザ ファイナル

前半眠すぎ。さすがに、最後の戦いは感動したが、それだけ。ランボーに期待。

15 マリー・アントワネット

衣装がきれい。ほかは、歴史のお勉強。

16 シュレック3

期待しただけに、残念。おもしろさ、2の4分の1。

17 ゾディアック

長い。話は面白いが、緩急がないくせに長い。

18 バイオハザード3

期待しただけに・・・・・の最たる例。ただのB級アクション映画になってしまった。

 

シリーズ物は、普通に面白いし、次も絶対見に行くけど、

そうとうな期待以上じゃないとインパクトがない分、

ランキングだと下になっちゃいますね。

 

とりあえず、新年は、AVP2ミスタービーンから始まる気がします。

では、よいお年を。

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

昨日は、大納会!

仕事は午前中に終わりました。

同期二人と、昼間から一杯!

納会!納会!

 

んで、誘われていきました。

バッティングセンター!

 

初体験です。

 

うちの近くにもあって、だいぶ前に、一度いこうとしたのです。

正確には、いきました。けど、怖くて。

早い球が飛んでくるのを見て、怖くてやめたのです。

 

小さい頃はサッカー少年だったので、野球は苦手。

授業とかでも三振だらけだったし・・・・・

でも、見るのは好きで、

バッティングセンターにも興味はあったのです。

 

で、昨日、行ってきた。

バッターボックスに立ち、2,3球打てば、

怖さはなくなりました。

まぁ、三振だらけでしたが、だんだんあたるようになって、

楽しかったぁー。

また、行きたいです。

 

ただ、問題が・・・・

 

筋肉痛。

普段、いたくならないところがいたくなって、

せっかくの休みだというのに、自由に動けない。

準備体操は、しっかりしたのになぁー

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

一年でもっとも楽しみにしているテレビ番組

M-1グランプリ

昨日、やっと終わりましたね。

 

全体としての今年の感想!

 

おもしろかった!

 

個人的には、「笑い飯」が好きです。

今年は、絶対優勝してほしかった。

毎年、それをのぞみつつ、

毎年、審査方法に疑問を感じていました。

今年の笑い飯は、最終決戦まで残れませんでしたが、

まぁ、今年のネタはつまんなすぎなので、

そこは納得(笑)

 

正直、決勝前半はつまらなかった。

トータルテンボスで、客があったまり、

会場に勢いがでてきてからは、

おもしろかったけど、それまでは、

今年、何?

って感じでした。

でも、これ、順番のせいがあると思うのですよ。

比較的静かな漫才、シュールな漫才が前半に固まり、

うるさい、速さのある漫才が後半に固まってた。

前者で場を暖めろっての難しい話しで、

確かに、前半はネタ自体のおもしろみが欠けていましたが、

そういう全体の流れが違えば、番組としてもっとおもしろかった

気がします。

 

とはいえ、今年は、M-1の中では、かなりいい出来!

最終決戦に残った3組は、おもしろかったし、

最終決戦の3つ漫才は、どれもはずれはなく、

かなりの接戦!

勢いのある、言葉遊び系の漫才

っていう同じ傾向の漫才が残る偏りがありましたが、

かなり楽しめました。

 

サンドウィッチマン優勝納得!

金髪じゃない方が、

バナナマンの二人を足して2で割ったようにしか見えなかったけど・・

 

一発目の「アンケート」のネタ、最高!

笑い飯の「奈良時代の人々の生活」と同じくらい完成度が高くて、

しびれました。

 

今回のM-1でもっとも気に入ったのは、

千鳥の「ワタミ」ネタと、

サンドウィッチマンの「YES!タカスクリニック」

 

千鳥には最終決戦に残ってほしかったけど、

まぁ、、ネタ的に、ちょいとズルいところがあったかも。

サンドウィッチマンは、これをいうために、

「YES!カレー」を先に言ってるあたりが、

かなりのお気に入りポイントです。

 

とはいえ、今回のM-1をもっとも盛り上げたのは、

チュートリアルでしょう。

 

間に入るオートバックスのCM。

ありゃなんだ!?

おもしろすぎでしょ。

あの寒い感じ。しかも、懲りずに、何度も何度も

あれ全部つなげて、M-1本番でやればいいのに・・・

と思ったりもしてしまいました。

 

笑い飯失速で残念ではありましたが、

納得の結果!今年のM-1は満足!満足!

 

とはいえ、やっぱ、

1組の漫才の制限時間が短すぎな感じは否めません。

 

そこは来年に期待して・・・・

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

さみぃ。

最近、まじ、寒い。

 

外も寒いですが、

僕の部屋も寒いです。

夜、眠れないので、

電気毛布買いました。

去年まであったのに、親が捨てちゃったので、

新しいのを買ったのです。

あったけぇー

 

まだ、寒い場所がありまして、

職場です。

 

僕は、もう、それはそれは、寒がりの冷え性!

でも、職場、むんむんの男だらけです。

あまりさむがりはいません。

みんなが暑い!といっても、

僕は寒い時は多々あります。

 

しかも、僕の席は、空調の下!

寒い外気が僕に当たります。

寒い!

席替えの前に、上司に、

寒くない所にしてください。

と頼み、

よし、分かった!

と言われ、選ばれた席が、今の席です。

わけがわかりません。

寒い・・・・・

 

というわけで、

ネクタイを締め始めました!

 

8月くらいからノーネクタイの許可が下りて、

それ以降、ネクタイしてなかったです。

そもそもネクタイって、

首絞められているわたりが、

サラリーマンの象徴!

みたいな感じがして、

したくなかったのです。

 

今でもしたくないのですが、

あったけぇー

 

僕、首筋背中が一番冷えるんですよ。

だから、首、ぎゅっとするだけで、

あったけぇー

上から降ってくる外気も、

背中に入らない!

 

ネクタイします!

でも、あまり、好きじゃないので、

あまり持っていません。

 

これを読んだ友人の方、

僕へクリスマスプレゼントに、

ネクタイ下さい。赤いネクタイ!

 

よろしく!

って、なんだそりゃ!

| | コメント (4)

2007年12月17日 (月)

最近、気になっている演劇人 本谷有希子

やっと、そのお芝居を見に行くことができました。

劇団本谷有希子「遍路」

 

感想

話とか、ネタとか、

おもしろかったんですが、

なんだか、入り込めなかった。

 

表現している感情とか心の状態とか

共感もできるし、理解はできるんだけど、

なんだか、マッチしない!

 

この手の芝居のジャンルを正式になんて言うのしらないけど、

現代演劇若手?

こういうお芝居って

表現のターゲットである感情やらシチュエーションが、

マッチする人には、でっかい感動がきて、

マッチできない人には、スルーだよなぁー

と毎度ながら思いました。

 

まぁ、話だけ見てもおもしろいですけど。

 

ただ、今回のは、共感できそうで、

でも、できなかったのが、残念。

 

僕が、まだ、「諦める」ってことをしてないからですかね?

 

芝居も続けるけど、サラリーマンにもなった僕。

サラリーマンの生活の単調さのせいか、なんのせいか、

心の中にモヤモヤが積み重なってはいってますけど、

でも、どの選択でも、モヤモヤはあるんだろうなぁー

とも思う。

むしろ、ない方が怖い。

モヤモヤの中をさまようことで、

自分にとっての最善の道を探れる気もする。

 

今の自分の選択は、自分にとって最善である

そう思っているし、

そう思い続けるために、

もっと、心の中をさまよいつつ、

もっと頑張らねばー!

 

と、思ったお芝居でした。

 

人生、取り返しはつかないのだ!

一瞬、一瞬が勝負である!

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

報告が遅れましたが、

金曜日の夜、会社の忘年会がありました。

幹事 兼 司会 兼 一発芸

 

しゃぶしゃぶ食い放題なのに、

緊張して、なかなかおいしく食べられない!

 

まずは、問題の一発芸!

 

前日の予行演習でのうけなすぎに危機感を覚えた僕。

最終手段を思いつく!

 

一発芸、一番手に登場した僕。

いざ、本番。

「シュールなすべり芸をやります。

 始めにお願いがあります。

 今から一発芸をやりますが、

 もし、おもしろくなかったら、

 左手を左上に上げて、

 サブプライムローン

 と叫んでください。」

 

つまんなくても、盛り上げるにはこれしかありません。

万が一、誰も言ってくれなくても、

「こんな芸がおもしろんですか?」

と返すことができますし。

 

一応、「場が凍りつく」「さぶい」がかかっている!

 

今年の証券業界は、

サブプライムローンと言っておきさえすれば、

とりあえずうける!

という安易な発想です。

 

もちろん、

僕が、率先して、何度も

サブプライムローン

と叫んだのは言うまでもありません・・・

 

一応、みなさんも一緒に言ってくれて、

なんとかやり過ごす。

僕の他に一発芸を披露した3人が

おおうけだったので、助かりました。

恐るべし!K大卒!

 

と、その一方で少し悔しかったり・・・・?

 

いやいや、僕の芸は、シュールなすべり芸しかない!

もっと磨きをかけていきたいものです。

 

司会の仕事が終わって、残りは10分。

落ち着いて、必死に肉を食いました。

 

忘年会が、今年一番の忘れがたいイベントになりました(笑)

| | コメント (1)

2007年12月13日 (木)

今日は、去年までいた研究室の忘年会に行ってきました。

ただ、素直に楽しめない理由・・・・

それは、明日、会社の忘年会があること。

そして、そこで、一発芸の披露があること。

 

ってなわけで、

研究室の忘年会で予行演習です。

始めは、よく話した先輩後輩2,3人に見てもらう。

案の定、ウケはよくない。

たくさんダメだしと、ネタをいただきました。

 

そして、忘年会が盛り上がったところで、

もう一度予行演習。

会社の社長と年が近い先生たち。

そんなに話したことない後輩たち。

リハーサルには、絶妙な環境です。 

 

で、結果は、

思った以上にうけない・・・

 

まぁ、題名が、

シュールなすべり芸

なので、うけなくていいのですが、

それにしても、うけなすぎ・・・・

 

ただ、その甲斐あって、いろいろ反省し、

いろいろアイデアが浮かんできました。

 

大丈夫!

だと思う。

 

先生、先輩、後輩、ありがとう!

 

サラリーマンの僕は、がんばります!

 

ってなわけで、明日のブログは、

ネタの経過と結果を発表したいですね。

とりあえず、がんばります!

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

昨日、unit-IFの稽古再開されました。

 

前回から、退団者も出ましたが、

入団者も増えて、新たなスタートです!

 

こうして芝居を続けることができるのは、

集まってくれているメンバーと

見に来てくださるお客様のおかげなんだなぁー

と、節目節目にいつも感じますが、

今回も感じました。

ありがとうございます。

このお礼は、面白い芝居を作り続けていることで、

返していきたいと思っています。

 

さてさて、稽古で体を動かすのは、

3ヶ月ぶり!

 

仕事はデスクワークですし、

家での運動も10月半ばからさぼり気味の私の体は、

なまりになまっております。

 

たかだか、4時間の稽古をしただけなのに、

死にました・・・・・・

新人向けに、基礎の基礎をやっていて、

自分は、あまり動かずに、指示が主だったのに、

死にました・・・・・・

 

今日の仕事も体が痛い・・・・・

 

体を動かす機会があるってことは大切さ

しみじみと感じました。

 

稽古の様子は、稽古場日記からどうぞ!

このブログからリンクしてあります。

 

話変わりますが、

ハリポタのラドクリフ君のギャラ、

16億円!

だそうです。

トップ女優に匹敵らしいですよ。

パイレーツ・・・のキーラ・ナイトレイが、9億らしいですから、

それ聞くとビックリです。

さらに、驚きは、ハーマイオニーとロンが4億!

単体で見ると多いけど、ハリーの4分の1!?

とさらに驚きです。

それにしても、エマ=ワトソンは4億もらってるんですね!

めざせ、エマ=ワトソン、逆タマ!

なんだそりゃ・・・・・

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

昨日、見に行きました!

虚構の劇団 旗揚げ準備公演

「監視カメラが忘れたアリア」

 

鴻上さんが、若い役者をオーディションで集めた新しい劇団です。

個人的には、やはり、劇団の芝居が好きです。

だいたい決まった役者と同じ演出の芝居。

作品としての楽しみと共に、劇団としての成長も楽しめる!

 

ただ、ある程度、実績を残した演出家さんは、

きっとある程度、自分の型ができてしまって、

それで、プロデュース型の芝居にして、

芝居の幅を広げているのかなぁー

って思ってます。

 

だから、今回、

鴻上さんが若い役者と劇団!

と聞いて、嬉しくなりました。

一度、実績を残し、型ができた演出家が、

若い役者と組むことで、どれだけ劇的に変化するか!

そんな大きな期待と共に見に行ったのであります。

 

見に行った感想としては、

鴻上作品としては面白かったですが、

思ったより「爆発的な」ものがなく、

結構、残念でもありました。

 

照明とか、舞台とか、

鴻上さんっぽくなくてキレイでよかったのですが、

役者を加えた舞台の絵の美しさは、なんだか、いまいち。

 

そして、全体的には、往々にして、鴻上の型!

まぁ、当たり前なんですし、それは面白いし、好きなんですが、

そこそこうまい若い役者を固定メンバーにして、

劇団として芝居をうつ続けるのなら、

もっと劇的な変化がほしいなぁー

と願っています。

そして、勝手に期待しています。

心のどこかで、

これじゃ、若手じゃなくて、

普通にうまい役者さん使った芝居でいいんじゃないの?

って気持ちが浮かんでしまっていました。

 

お話として、監視カメラの話です。

この間、「SPA!」の特集でもあって、

予備知識アリで見れたので、よかったです。

不安に付け込んだ、監視、管理、支配。

今は問題が表になっていないだけで、

一部が歪んだときに、大変な事故になるし、

社会が歪んだときは、大変な弊害になる。

そんなこと思ってしまいますわ。

うんうん。さすがに、鴻上さん。

話はおもしろい!

冒頭の携帯からの入りはしびれました。

ありゃ、すげぇー

ただ、鴻上作品にしては、前半の勢いが弱かった気もしますが、

後半は、やはり、もう、逃れられない!って感じで、

ステキ!

 

劇の中に、「天使は瞳・・・」のシーンもあって!

鴻上作品の中じゃあれが一番すきなんですが、

鴻上さんも好きなんだなーあの作品!

と思いつつ、

僕も、自分でここまで愛せる一つの作品を作りたいなぁー

とか思ったり・・・

 

役者さんは、鴻上布陣ってバランスの感じで面白かったです。

ステキな役者さんもたくさんいましたが、

あんたもっとそこがんばりなよ!

って思う役者さんもいたり・・・

そこがこの劇団の見所の一つなのかもしれませんが・・・・

ただ、ダンスは、全員うまくて、びっくりしました。

 

ステキな役者さんは、

小野川晶って女の子!

最近、赤い服を着た女性ってのがマイブームなんですが、

彼女が赤い服を着ていたから、ほめているわけじゃありません。

 

始めの方は、

動き堅いんじゃないの?

って思ってみてましたが、

徐々に、彼女の作る劇空間に引きずりこまれていきました。

他にも、うまい方はいましたが、

彼女ほど、空間を出してている役者はいなかった!

 

あと、渡辺芳博って人。

筧さんみたいな感じで、かつ、

語られない言葉の痛みをうまく表現していて、

とりこになっちゃう役者さんでした。

 

まだまだ、旗揚げ準備公演です。

五月に旗揚げ公演があるみたいなので、

期待しています。

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

いやぁ、風邪ひきました。

火曜日は会社休んだのです。

治ったと思って、昨日行ったら、仕事終わった直後に頭痛。

今日も微妙な感じで行ったら、午前でダウン。

 

ここまで悪化するのは久々。

僕、パブロン中毒で(笑)、

だいたい、パブロンで熱と痛みを抑えて、

気合をいれれば、動ける。

体調悪いけど、やることはやれる。

って感じで、ずっときたのですが、

今回は、寝ても、薬飲んでも、頭痛と熱が消えない・・・

パブロン飲みすぎ?

と思いつつ、部長にも言われたので、

久々に、内科の診察へ。

 

恐るべし、抗生物質!

なんだか、治りました。

治ってないかもですが、

これを飲めば、仕事できます。

 

明日は、鴻上の芝居もあるし、

一安心。

 

そんなこんなで、今月のスケジュールを覗いてみると、

忘年会だらけです。

去年よりも増えていて、週末が埋まってる・・・・・

うち、3つ幹事ですから、なんとも言えませんが。

まぁ、普段、集まれない友人も、

忘年会って名目で集まれるのが、楽しいですね。

 

早く、風邪を治して、普段、節約して、

忘年会に備えないと!

| | コメント (1)

2007年12月 3日 (月)

unit-IFの次回公演の劇場・シアターブラッツの芝居を見に行きました。

舞台芸術集団 地下空港

「OL と 魔王」

 

うちの役者の知り合いが、この芝居の関係者らしくて、

ついていきました。

 

喜劇と書いてありましたが、

喜劇でした。

  

コメディとしてはおもしろかった。

アンジャッシュのコントのような感じで、

コメディ的にはおもいしろい。

ただ、大掛かりなコントの域をでなかったのは残念。

コメディとしての物語の完結はありましたが、あくまで、コメディ。

こういうのもあってもいいとは思いますが、

個人的には、コメディでも、もう少し、深い話がほしかった。

 

魅力的な役者さんも多かったです。

役者は3グループに分かれていて、

それらが、だいたい、交互に出番が変わるって感じだったのです。

魅力的な役者が多かったのですが、それが固まりすぎて、

一つのグループの力量が足りない・・・

 

他の2つのグループの芝居で、

せっかくいい雰囲気になったのに、

そのグループの出番になると減速して・・・・・

ちょいと入り込めなかった。

個人的には、配役ミスなんじゃないか?という感じが否めません。

 

照明含め見た目も所々きれいでしたが、

なんだか、インパクトが足りない。

 

とはいえ、自分で喜劇というだけあって、

笑いのセンスはよかったです。

 

よそ様の芝居を久々にきつめに書いてしまいましたが、

楽しかったです。

今月は、観劇が多いです。楽しみ!

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »