« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

僕の前の作品「TAROT」で、

韓国ドラマ好きのマダム「あけみ」を登場させた僕ですが、

僕自身、韓国ドラマはあまり見たことはありません。

 

韓流ブームが起こる前の

「シュリ」とか「シルミド」とかの韓国映画は好きですが、

ドラマは、「チャングム」「キムサムスン」をチラ身程度。

 

で、この間、

実際に韓国ドラマ好きの役者に「見ろ」と渡されたドラマ

「復活」

 

おもしろいです。

題名は微妙だけど、

マジ、おもしろい!

 

まだ、3話までしか見てませんが・・・・

 

2話まで見たら、完全にはまります。

この後どうなるの?

と逃れられなくなります。 

 

始め、顔と名前と血縁関係が覚えにくいです。

特に、僕のような韓国ドラマ初心者はきっとそうだろう!

HPからプリントした人物相関図を片手に見ると、

分かりやすくなって、面白さ倍増!

 

主人公の上司に、北村弁護士に似てる方がいて、

その人が異様に気になる。

3話の最後なんて、

北村さん、北村さん

と心の中で叫びつつ、

鳥肌立ちまくりの展開!

 

ドラマで、鳥肌とかって久々です。

おそるべし韓国映画!

 

女優さんもきれいだし(結局そこかい!)

Soihyeon 個人的なお気に入りは、

イ・ガンジュ役のソ・イヒョン

チェジウみたいで、きれいでござんす。

 

アニメの実写化しかなくなってきた

最近、異様につまらないのが多い

日本ドラマに飽きてきた方!

プリズンブレイクの間延び展開にイライラしてる方!

ぜひ、オススメです!

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

笑った!笑ったよ!

俺たちフィギュアスケーター

(原題:BLADE OF GLORY)

 

男子シングルから永久追放を食らった

元チャンピョンの2人のライバルが、

ペアで、男二人コンビで、フィギュア界に復活!

 

って話です。

わが国の映画館には、

コメディでも静かに見る

という嫌な風習がありますが、

今回は、大声出して笑うお客が僕以外にもたくさんいたので、

気持ちよく笑えて、それが、さらに面白さを引き出す!

いい感じで見れました!

 

とにかく、面白いです。

実際には、見られないトンデモなフィギィアの技

男子二人のペアならではの技

たくさん出てくる実物のフィギュアスケーターたち・・・・・

 

見てるだけで笑えてくる

話もシンプルで、

やることは徹底してくだらなく、くだらなすぎて

とはいえ、感動させるところはちゃんとつかんでくる。

アメリカコメディの真骨頂って感じの作品です。

 

いろんなことが吹き飛んで、

気持ち晴れ晴れする映画です。

 

見ろ!

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

見ました。

「SweeneyTodd」

 

書くのが遅くなっただけで、

実は、先日ここにも書いたMr.ビーンの直前に見たのです。

久々の1日2本!

 

チョコレート工場は見に行きませんでしたが、

おもしろそうなので、今回は見ました。

 

冒頭に思ったのは、

デップ、歌、うまい!

 

「歌ったことない」らしいのですが、

すばらしく様になり、かつ、うまい

やっぱ、デップはただものじゃありません。

 

面白かったけど、ちょっと単調かも。

白黒な感じの強いメイク衣装

ちょいと怪しい雰囲気が続くので、

そこらへんが退屈させられる。

とはいえ、そうだからこそ、

あの世界観は濃く作られ、

その分、深く吸い込まれるのも、

事実なわけであります。

 

単調と書きましたが、

そんな白黒な感じの中に、

時折、明るい景色なども入ってきて、

いい感じに緩急がついています。

とはいえ、その中で、

一番映えるのは、血の赤

この赤を魅せるために、周りが暗いんだろう

と思うほど、が映えてます。

 

「シンドラーのリスト」で、白黒映像なのに、

赤い服の女の子だけで描かれたのを思い出しました。

あと、赤の種類が似ていたせいで、「300」も思い出す。

 

そこのあたりで、がつんと魅力的な世界を作っている!

でも、やっぱ、展開は単調で、中盤は飽きる・・・・・

こんなこと言ってますが、

終盤のオチには、まんまと騙されている

かわいい男なのであります(笑)

 

歌も掛け合いが多くて、好きな感じです。

一番どうでもよさそうな歌が、一番耳に残ってるのもミソです(笑)

 

いろいろ書きましたが、

「面白い」という評価のうちにある映画です。

好きな人には超はまる映画なんだろうなぁー

と思う映画です。

僕も雰囲気とデップは好きですが、単調さをもっと変えてほしい。

まぁ、単調さもこの作品の雰囲気の一つなので、

なかなか文句も言いがたいですが・・・・・

 

| | コメント (0)

2008年1月22日 (火)

ひどいですねぇー

株安!

 

インドなんて、10%下がって、一時取引停止ですからねぇー

サーキットブレーカーなんて初めて聞きました(笑)

 

他のアジアの指数を見ながら仕事してるんですが、

台湾とか香港とかも10%下げるんじゃないかと、

ひやひやしながら、楽しみにしてましたが・・・・・

 

でも、インド。

2000下がった後、1時間で1000上がりましたから。

なんだか、すごそう。

 

というわけで、今月はずっと苦戦です・・・・・

全然上がらないんだもん。

 

そんなことはいってられず、

毎日取引です。

 

どこまで下がるんだ?

下がるたびに、下値予想はどんどん下がるし・・・・

 

明日は、1万2千円割れ?

と、思ったら、

FRB緊急利下げのニュース

さぁ、歯止めかかるか?

 

明日が楽しみ!

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

見てきました!

Mr.ビーン カンヌで大迷惑

 

「僕の演技の根源の一つ」って思っているくらい

Mr.BEANは大好きで、高校の時に、何度も何度も見てました!

また、ビーンが見られる!

ってだけで、わくわくな鑑賞前!

 

見た!

 

面白かった!

 

ただ、「往年のビーンのネタ」はほとんどなく、

新しい方向のネタが多く含まれていました。

その点、少し不満なのですが、

新たなネタの完成度が高く

見終わった後は、十分満足!

 

始めの半分は、正直つまらない。

ビーン的なネタも薄く、

かといって、新しいネタの勢いもいまいち・・・・

しかし、後半にかけて、ヒートアップ。

そして、最後にかけては、

前半の平坦さがいかされた新しいネタ!

もう、ビーンで泣きそうにもなり、

見終わった感じがあんなにいい映画はめったにない!

最後に満腹食わされて、満足満足な映画でした。

 

それに、 

僕の好きなバンド・SHEBANGのカバーソングが入っていたり、

ローワンアトキンソンの、あの「ピアノマイム」も入っていて、

そこら辺も満足であります。

 

ここからネタバレね。

 

どこが面白かったって、やっぱ、

「Playback Time」!

カンヌで上映されてた映画、確かこんな題名。

 

監督のおっさんがずっと写ってるオープニングも最高だが、

「Playback Time」と出てきた途端の巻き戻しには

完全に吹きました。

 

でも、一番の吹き所は、

「その男は誰だ?」

 

あんなにうまくかみ合っていて、

しかも、最後感動に持っていくなんて、

すごい、新ネタで攻めてきたなぁー!

劇場版1よりも凝っていて、感動感激!

 

出来がよすぎた分、

もっとしっかり「Playback Time」をみせてほしかった!

と欲張ってみる。

 

んだぁ、まんぞくだぁー

| | コメント (0)

2008年1月16日 (水)

今年初めての映画館での映画鑑賞でこけました。

AVP2 エイリアンVSプレデター2

 

はっきりいって、つまらない。

予告編は面白かっただけに、がっかりだ!

1からの続きからだったらしいのですが、

終わってからチラシを見るまで気がつかなかった。

  

エイリアンシリーズも、

プレデターシリーズも、

好きだ!

エイリアンも、

プレデターも、

好きだ!

 

だから、見に行ったのだが、

なんか知らないがつまらない!

微妙だった、1よりつまらない!

 

両作のオリジナルの良さは、

ハラハラドキドキ

いきなりドーンで、ワー!

なはずなのですが、

二つ合わさると良さが消えるのはなんでだ?

 

超びっくり症の僕でさえ、びっくりしない、

エイリアンの数々の登場・・・・・

存在意義がないだろう・・・

 

プレデターに到っては、普通に歩いています。

ウルトラマンとかゴジラを見ている感じになります。

 

しかも、暗すぎてよく分からない。

エイリアン・プレデターはかっこいいが、

戦う時は早くて、暗くて、何してるかイマイチ分からない。

 

結構お金もかけていて、

エイリアンとかプレデターもちゃんと描いて、

B級を作ろうとしているようには見えないのに、

なんで、こんなつまらないのだろう。

何がしたいのか?

 

ただ、

つまらない理由は、

分かりました。

 

人間が弱すぎる!

 

オリジナルでは、

弱くても頑張っていた人間が、

化け物たちと戦うわけで、

そこにハラハラが生まれていたはず。

 

今回の人間は死ぬのが早い。

強そうな奴も弱い。

 

両方とも強いだけにハラハラ感がない。

巻き込まれる人間は巻き込まれるだけ。

これじゃぁあねぇー

 

バイオハザードのアリスでも投入してくれたらなぁー

 

あれも強すぎだが・・・・・

 

がんばれ、シガニーウィーバー!

 

年末映画はしけてましたが、

今週末から続々と面白映画の登場です。

ビーン

スウィニードット

28週後・・・・・・(笑)

 

楽しみ!

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

昨年、お世話になった劇場、サンモールスタジオ

オーナーである佐山泰三さんが作・演出なさってる芝居

深沢ハイツ203

 ~ニュートンの林檎~」

を見に行きました。

 

お話として、タイムスリップのお話。

今まで見てきたタイムスリップの映画や芝居に比べ、

かなりうまく練られたお芝居でしたが、

毎度のごとく、

タイムスリップの辻褄合わせは難しいなぁー

と思いました。

しかし、今回は、

タイムスリップ物を見るときの自分の見方にも

問題があることに気がつかされる!

いつも僕は、「主人公の時間軸の一過性」で、

物語を見てしまいます。

つまり、

主人公が未来に初めて行ったときの出来事(未来1)です。

その後、主人公が過去に戻った時には、

違うパラレルワールドが出来て、

そのパラレルワールドにおける未来(未来2)が存在します。

僕は、どうも、未来1で解釈する傾向があるのですが、

最近見た作品は、だいたい未来2を描いています。

そこらへんで、辻褄合わせで、僕の中にズレが生じます。

 

今回の場合も、一緒に見に行った人と話し、

未来2での話しだ!

と気づかされ(気づくのが遅いのですが・・・・)、

おぉ、それなら、辻褄合うじゃないか!

と納得したのですが、

よくよく考えたら、問題がちらりほらり。

未来1のその後からいって、

描かれた未来2は存在しえるの?

ん?する?やっぱ、無理?

頭の中で迷走が始まり、今にいたります。

 

タイムスリップ物は、人によっても、

認識の仕方や、解釈の仕方が異なるので、

そこで、辻褄のズレが生じてしまうのは仕方ないのですが、

こうして、見終わった後に、色々考えることができる話は好き

「タイムスリップのパラドクスを頭の中で迷走」が狙いなのか、

僕の思考が足りないだけなのか?

分かりませんが、

ここまで見終わった後に、悩んだのも久しぶり!

 

自分もそうですが、

こういう作風は好きです!

 

色々書きましたが、

この作品、60分で、色々詰まってるあたりがすごい!

難しい話しの中に、きっちりと笑いも入っているし。

僕の芝居はどうしても長くなりがちなので、

そこのあたりかなり参考になりました。

 

金曜の夜、仕事で大失敗して、

それを引きずって、そのまま3連休に突入ですが、

仕事のことを忘れられて、いい芝居でした。

 

週明けのNY市場上がらないかなぁー

と願いつつ、

もう少し、タイムスリップネタに浸ります。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

次世代DVD規格争い

やっと、決着がつきそうですね。

 

まだまだ長引く?

どうなるんだよ、おい。

と思っていたのに、

あっけなく決着がついて、少し拍子抜け・・・

 

決め手は、

ワーナーが、ダブル規格からブルーレイ一本化に決定!

これで、アメリカ映画の7割がブルーレイで販売。

 

このニュースで動いたのがパラマント!

この前、HD一本化を言っていたのですが、

HD一本化の、東芝との契約で、

「ワーナーが動いたら、この契約は破棄できる」

みたいなすごい条項があるらしくて・・・

2008年までのHD契約から抜ける構えもあるらしいです。

 

ホントにあっけない幕切れ。

それにしても、

ワーナーがブルーレイに一本化した理由はなんなんでしょうかね?

気になります。 

規格統一は、正直嬉しいけど、

あっけないのが、やっぱ、残念。

こんなもんなんでしょうかね?

 

昔は、ソニー好きだったのに、

今は、気がつけば、HD陣営

テレビは東芝だし、ゲームは、X-box

 

DVDレコーダーをまだ買ってなくて助かりました・・・・

 

とりあえず、

規格統一、万歳!

| | コメント (1)

2008年1月 7日 (月)

アートを作り出すには、

生き急がないことだ!

と、ついさっき、思った。

思って、そして、納得し、

最近、悩み続けてきたことに、

ようやく、答えが見えてきた。

 

気にしていないと、勝手に生き急いている僕。

社会人になってから、それが加速しています。

 

仕事柄ってもあり、さらに、加速です。

すぐに結果を求めるとか。

なんかの刺激を求めたせいか、

漫画、小説も、早く先が知りたい!精神から、

細かい描写を飛ばし読みして、先を急いだり、

ご飯も、早く腹いっぱいになりたいから、急いで食べたり・・・

 

そんな生活が続いていました。

特に、9月に芝居が終わってから、その傾向が強い。

ダラダラ生活している反動で、刺激を求めるんでしょうか?

 

そんな状態に気がつくのは、

そんな状態に違和感を感じるときです。

 

最近、やっと気がつきました。

 

ここ最近、

次の芝居のイメージを固めなきゃで頑張っているですが、

なかなか進まない・・・・・

 

話の筋みたいのは、ガンガン浮かぶのに、

登場人物の細かい描写とかかなり薄いし、

なんだか、イメージすら浮かばない。

 

前まで出来ていたことが全然出来ない。

原因を探っていくと、そこにぶつあたるのです。

小説とか読んでても、話の筋ばっか追って、

細かい描写を無視していたのと同様に、

自分で、イメージする時も同じ傾向が出てきてしまった!

 

とはいえ、原因が分かったのは、ラッキーです。

相場環境は悪いですが、幸い、仕事の調子は悪くないし、

少し落ち着いて、急がないように注意して、

じっくり、ゆっくり、暮らしたいと思います。

 

生き急ぐことの恐ろしさ・・・

 

毛沢東が

「人間が創造的な仕事をするための3つの条件は、

 若くあること。無名であること。貧乏であること。」

と言ったらしいですが、

 それ、そうあることに意味があるんでなく、

 行き急がない結果にそうなっているだけ、

 な気がしてなりません。

 

年をとると、昔と同じでも焦ってきて、行き急いでしまいますし。

そのことも如実に感じる最近でありますが。

  

年末は、旧友に会って、これまた、年を感じたのも、

どっかに影響してるかもしれませんね。

とはいえ、思えば、異常なほど生き急いでいた気がする。

ここ最近、情緒が不安定だったのも、このせいかもしれない。

 

サラリーマン 兼 芝居の演出

その落とし穴の一つはここにあるのかもしれません。

 

気がついて、よかった。

 

じっくり、ゆっくり。

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

2008年

今年もよろしくお願いします。

 

年賀メールの通信速度が飛躍的にあがったのを感動した新年

年賀状が、歯医者から一枚で、さすがに驚いた新年

まぁ、年賀状も年々送らないと、こうなりますね。

年賀メールはマメに送ります。

環境対策です(笑)

 

さて、新年なのに、昨年を振り返ります。

昨年は、仕事に、芝居に、かなり大変な年でした。

自分的にも、よく乗り越えたなぁー

と感心する一年でありました。

 

ただ、問題も多々。

一番の問題は、

悪態をつく!口が悪くなったこと!

悪態、愚痴、悪口、など、マイナスな言葉って、

言葉として発することで、心のそれらを増幅する

と思っているので、なるべく発しないようにしています。

が、昨年は発しまくった。

原因は、仕事です。

取引中、見知らぬ画面の他の取引者に対して、

くそやろう!

うざいよ、馬鹿!

とつぶやきながら仕事をしてるので、

それが日常化しています。

 

危険です。だめです。

今年は、まずは、これを封じます。

でも、なにも言わないわけにはいかなそうなので、

やられたときは、

たぁーかぁーのつぅーめぇー

とつぶやきます・・・・・・・

 

あと、昨年末思ったことは、

もう26歳だってこと。

心の中では、22歳で止まってるんですが、

もう26歳なんですよ、僕。

体も少し衰えたし、頭皮はかなり衰えたし・・・・・

年末の暗い空気に、ちょいと焦りを感じました。

40になっても、あまり中身は変わらないんじゃ・・・

とさらに焦ったり。

毎年、かなり頑張っているので、それなりに飛躍はしているのですが、

これからは、年の波に負けないためにも、

インパクトのある飛躍

がどんどん必要になってくる!

それが、自分をさらに奮い立たせるんじゃないかと!

 

というわけで、今年の目標は、

インパクトのある飛躍です。

 

いきなり、つるっぱげ!とか言ってるんじゃありませんぜ。

 

と、新年迎えて、やっと明るくなってきました。

(頭皮の話じゃありません)

 

こんな奴ですが、

今年もよろしくお願いします!

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »