« どこまで下がる?株安! | トップページ | 「俺たちフィギュアスケーター」 »

2008年1月24日 (木)

見ました。

「SweeneyTodd」

 

書くのが遅くなっただけで、

実は、先日ここにも書いたMr.ビーンの直前に見たのです。

久々の1日2本!

 

チョコレート工場は見に行きませんでしたが、

おもしろそうなので、今回は見ました。

 

冒頭に思ったのは、

デップ、歌、うまい!

 

「歌ったことない」らしいのですが、

すばらしく様になり、かつ、うまい

やっぱ、デップはただものじゃありません。

 

面白かったけど、ちょっと単調かも。

白黒な感じの強いメイク衣装

ちょいと怪しい雰囲気が続くので、

そこらへんが退屈させられる。

とはいえ、そうだからこそ、

あの世界観は濃く作られ、

その分、深く吸い込まれるのも、

事実なわけであります。

 

単調と書きましたが、

そんな白黒な感じの中に、

時折、明るい景色なども入ってきて、

いい感じに緩急がついています。

とはいえ、その中で、

一番映えるのは、血の赤

この赤を魅せるために、周りが暗いんだろう

と思うほど、が映えてます。

 

「シンドラーのリスト」で、白黒映像なのに、

赤い服の女の子だけで描かれたのを思い出しました。

あと、赤の種類が似ていたせいで、「300」も思い出す。

 

そこのあたりで、がつんと魅力的な世界を作っている!

でも、やっぱ、展開は単調で、中盤は飽きる・・・・・

こんなこと言ってますが、

終盤のオチには、まんまと騙されている

かわいい男なのであります(笑)

 

歌も掛け合いが多くて、好きな感じです。

一番どうでもよさそうな歌が、一番耳に残ってるのもミソです(笑)

 

いろいろ書きましたが、

「面白い」という評価のうちにある映画です。

好きな人には超はまる映画なんだろうなぁー

と思う映画です。

僕も雰囲気とデップは好きですが、単調さをもっと変えてほしい。

まぁ、単調さもこの作品の雰囲気の一つなので、

なかなか文句も言いがたいですが・・・・・

 

|

« どこまで下がる?株安! | トップページ | 「俺たちフィギュアスケーター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どこまで下がる?株安! | トップページ | 「俺たちフィギュアスケーター」 »