« 左手で脳に刺激! | トップページ | 「フラガール」 »

2008年4月10日 (木)

創聖のアクエリオン

だいぶ前の作品ですが、

パチンコ化されて、印象深い主題歌と共に、

再び日の目を浴びたアニメ

創聖のアクエリオン

 

僕の主題歌に魅せられて、

見たい見たいと思っていました。

毎回、カラオケの締めの曲はこの曲!

が、TSUTAYAに行ってもいつも貸し出し中。

そして、とうとう今日、全部見ることができました。

 

とりあえず、「エヴァのパクリ?」疑惑は払拭できない。

その点は、ウィキペディアでは触れられていなかったが、

かなり意識されているはず。

OP映像で出てくる生命の樹とか、

キャラ設定もほとんどかぶっている。

アスカも、レイも、まやさんも、健介も。

きっとシリウスはかじさんだな。

って、一番エヴァを感じたのは、

アクエリオンが立ったとき、

皆で順番に「立った」「立った」「立った」と言うシーン

シンジがのる初号機が初めて歩いた時の「歩いた」

にそっくりであったのです。

そして、司令!

 

そんなエヴァパクリ疑惑があるといえども、

その中で独自の世界観を作りあげ、

エヴァと同等の面白さがあるから、

見てよかったと思います。

 

むしろ、

こんなそっくりにしてあるのに、

よく独自の世界観、独自のおもしろさを出せてるなぁ

と感心するわけであります。

 

とりあえず、

エヴァのように重くないので、軽い気持ち見れるし、

深夜枠だっただけあって、下ネタも入ってるし、

制作者の遊び心満載さも楽しめる。

 

それに、ちゃんと人を描けている。

レイカと、ピエールの回は、

泣きそうになりました。

 

気に入った主題歌も、

シーンの中で使われるとさらによく、

ナイスなタイミングで入るあの歌の始まり

ステキな「映像と音のコラボレート」で、

毎回、鳥肌立ちまくりでした。

 

でも、この作品の決め手は、

その世界観!

途中、世界観関係なく、

ほのぼのと遊びに走ってる回が多く、

最後にたたみかけられのは残念ですが、

「堕天使」と「羽なし人間」で作られた世界観

そして、

1万2千年前の戦いと現在の登場人物の関係

など

徐々に明らかにされていくので、

そして、

最後は驚愕の連続なので、

どんどん引き込まれていくのです。

 

結構、「愛」の話が多かった!

そこらへんはよくありがちで、

多くの場合は引いてしまうのですが、

この作品では、それがうまく表現されていて、

心にずしずしと響いてくるのです。

ほんと、泣きそうなくらい、愛!

 

いいアニメでした。

皆様もぜひ見てやってください。

|

« 左手で脳に刺激! | トップページ | 「フラガール」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左手で脳に刺激! | トップページ | 「フラガール」 »