« 大いなる陰謀 Lions for Lambs | トップページ | CHANGE! »

2008年5月 8日 (木)

「誰かが手を、握ってるような気がしてならない」

なぜだか、このブログへのアクセス数が、

今朝の2時間だけ桁違いに増えていた。

なぜだろう。

まぁ、いいか。気にせずに、GO。

 

本を読んだよ。

誰かが手を、

握っているような気がしてならない

 

岸田戯曲賞をとった五反田団の前田司郎さんの小説です。

それなら、戯曲を読め!って感じなんですが、

本谷有希子も小説もおもしろいので、いっか!と思って小説。

だって、題名が気にいったんだもん!

 

本谷有希子のことを書いたときも書きましたが、

日本語のステキな題名

に惹かれてます。

 

自分の作品も、そろそろそういう題名にしようかなぁ

と考え始めてるくらいです。

 

で、この題名。

口に出すと、音としてきれいなおさまった感覚!

ステキである。

 

話のあらすじは、

リオという中3のおねぇちゃん

ナオという中1の妹

ナオコという母に、タカシという父。

それと、神。

ナオは、小さい頃から神の独り言が聞こえる。

だから、両親は気味悪がっている。

ミナコは、ナオを生んだ時に不倫をしていて、

ナオはタカシの子じゃないかも?と後ろめたさを感じている。

そんな中、神は、自分の孤独に耐え切れず、

自分が自殺するために、人間を皆殺しにしようと考える。

そして、それを聞いてしまうナオ。

 

みたいな話。

特徴的なのは、文体

語りのような感じで物語が進みます。

そして、語る主がころころ変わります。

なので、ほとんど一人称で語られるわけです。

 

こういう文章好き!

広い視点!みたいな。

昔、小説書いてた時、

そういうの書きたくて仕方ありませんでした。

(結局、うまくいかなかったけど・・・・)

 

そして、さらに、特徴的なのは、

その語り手がいきなり変わる!

章とかで語り主が変わるのはよく見かけるけど、

ほんとにいきなり変わってます。

文章の切れ目があいまいで知らぬ間に変わってる。

僕とか私とかの一人称の変化などで気がついて、

変わっていたのかい!

と後ろに戻って読み直したり・・・・

 

始めは読みにくいですが、

慣れれば、意外に普通に読めます。

 

個人的には、

リオの語りの部分が好きだったな。

あぁいう考えの子好き。

実際にいたら、好きになってるだろう。

なんじゃそりゃ!

 

まぁ、そんな小説です。

結構、楽しめました。

 

いきなり仕事の話ですが、

最近、成績悪いんで、

このままディーラーとしてやっていけるのか

ちょいと不安になってきました。

そんな中、どっかのテレビCMで、

不安だからこそ、努力する!

と、しまだしんすけが、中高生に言ってました。

その通りである。

 

それに、どの職業いっても、

1度や2度はそういうこと思うんだろうな。

そんな順風満帆にはいきません。

ってなけで、何事も努力です。

|

« 大いなる陰謀 Lions for Lambs | トップページ | CHANGE! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大いなる陰謀 Lions for Lambs | トップページ | CHANGE! »