« 虚構の劇団旗揚げ公演「THE GLOBE JUNGLE」 | トップページ | 「ランボー 最後の戦場」 »

2008年5月22日 (木)

上戸彩主演のテレビドラマ「ホカベン」

視聴率低いみたいですが、僕は、まだ、見ています。

 

このドラマ。

内容は結構おもしろいと思うのですが、

いかんせん、キャラとかの構成が・・・・

キャラ設定とか、ドラマの構成とか変えれば、

もっと普通におもしろいんだろうに。

 

初回からそうでしたが、とにかく、上戸彩の役がうざい!

だんだん落ち着くのかな?と思ったけど、

うざいまんまでございます。

 

「弁護士はクライアントのために働く」

まぁ、お金を頂いているわけだし、

そこから給料をもらっているわけなので、

当然といえば、当然なのです。

 

けど、上戸彩の役はがんばっちゃう。

「真実を明かさなきゃ!」

とか、

「自分をごまかせない」

とか!

そこまでならまだ分かるんですが、

「絶対」とかいう言葉をたくさん使ったり、

「私があなたを守ります」「私がやらないと!」みたいな

ちょいと知ってるだけなのに、

自分、なんでも知ってる、全能勘違い!

自己満のに、本気で他人のためとか言ってる!

かなりうざい!

 

と、毎回、テレビみながら、

うざい!うざい!

つぶやいてます。

 

ただ思ったの。

クライアント主義の事務所

その反対の上戸彩の役

 

わざと両端を極端に描いているのかなぁー

とね。

観ている側の心にきっと両端、どっちも持っている。

理屈として当たり前で、それに迎合できることも大切だ!

と思っている自分がいるのと同時に、

自分をごまかせない!心に動かされちゃう自分。

もいるわけで、

うざいうざいといいつつ、

けど、事務所も、周りも、それでいいのか?と、

その狭間で揺れ動かされるわけです。

 

物語としては完結させてはいるけど、

きっとそういう「問いかけ」を主体にしたドラマなんかな?

と思ったりする。

観た後に考えてね!系の。

 

そういうのは好きだし、

実際、僕は、自分ごまかせない派!でかつ、自己中!なので、

そこからへんが好きで観続けているのかもしれない。

 

とはいっても、テレビドラマで、

真剣な問いかけ系は、やっぱ視聴率はとれないよな。

まぁ、問いかけ系なら、視聴率狙いでないんだろうけど。

 

そんなこんな見続けます。

原作漫画の方がしっくりきそうですし、

上戸彩はうざいんですが、

北村さん、

かっこえぇー

だから、観る!

 

最近は、

仕事と芝居のほかに、プライベートがごちゃごちゃしてきて、

一杯一杯になってきました。

自分の一杯一杯は、認識できる方なので、

いつもは、なにか一つを放置して、乗り過ごすわけですが、

今回は、状況的に、何も放置できず・・・・・

がんばって、一つずつ処理していくしかなさそうです。

持つのかな、僕。

まぁ、明日はパズルだし!

あさって、ランボー見るし!

頑張ろう!

|

« 虚構の劇団旗揚げ公演「THE GLOBE JUNGLE」 | トップページ | 「ランボー 最後の戦場」 »

コメント

上戸彩の役たしかにウザイ
それがまたいいと思ってしまうんです。
あんなウザイひともうこの世には存在しないんでしょうね・・・。

投稿: リコ | 2008年6月12日 (木) 05時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 虚構の劇団旗揚げ公演「THE GLOBE JUNGLE」 | トップページ | 「ランボー 最後の戦場」 »