« 体調が悪い! | トップページ | locofrank »

2008年6月 7日 (土)

ランボーに引き続き、

また、一人で映画に行きました。

最近、仕事がパッとしませんが、

そんなときは映画です。

 

見たのは、

アフタースクール!

 

邦画はあまり見ない私ですが、

佐々木蔵之助

堺雅人

大泉洋

と好きな男優揃いなので、見ないわけにはいきません。

 

SPA!のコラムに、

先が読めない展開

最後のドンデンに驚かされる!

ようなことを書いてあったので、

サスペンスなのかな?

と思って行ったのです。

とりあえず、yahooにのってるあらすじ

「母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、

 かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。

 探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)

 の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに

 神野の知らない木村の姿が明らかになり、

 事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。」

ここから感想です。

そんなネタバレしてませんが、

どんな雰囲気かは書くので、

今後見る予定の人は注意。

 

 

見ている途中に、

どんでん物といってもこの程度か。

映画じゃなくて、ドラマでもいいじゃん。

と思っていたら、

やられた!

まんまとだまされた!

 

自分の芝居ではドンデン物を時々やるのに、

ドンデンの映画や芝居を見ると、

まんまとだまされるのが私ですが、

今回も見事にだまされました。

 

ドンデン返しってのは、

始めに思い込みを作らせて、

それを前提にして話を進めさせて、

最後に、それを返せばいい。

自分の芝居でどんでんものを作る時は、

そういうことを肝に銘じているわけです。

結局、思い込みなんです。

ドンデンの中でも、僕は、そういう系のドンデンが好きなんですが、

まさに、そんな感じ!

そして、そこは、分かっているのに、だまされる!

 

しかも、前半は、あまり大したオチじゃない空気を出してるあたりもずるい。

 

構成的にも、うまく思い込みを利用しているわけですが、

キャストをうまく使っている。

キャスト自身がもっている独特の雰囲気

堺雅人だったら、頼りない男

大泉洋なら、バカ正直のいい人

みたいな「その役者が持っているイメージ」をも、

思い込みに使ってくるから恐ろしい!

 

うん。

騙された。

そして。やっぱ。ドンデン物好きだと再認識。

 

内田けんじさんの作品は見たことなかったので、

「運命じゃない人」でも見てみようと思う気になった。

 

最近のドンデン物だと、やっぱ、SAWシリーズが抜きん出てますが、

あれも、最初の思い込みなんだけど、騙される。

今回のは、「凄いオチがあるよ!感」がないのがSAWと違う感じ?

 

常盤貴子出てました。

最近、キレイだとは思わなくなってしまった役者さんだったのですが、

なんだか、この映画では、キレイでした。

やっぱ、キレイだ。

 

騙されたい人。ぜひ。

種あかしも、最後丁寧に行ってくれるので、

すっきりして帰れます。

すっきりしすぎがいいのかどうかわかりませんが・・・・

オススメです!

|

« 体調が悪い! | トップページ | locofrank »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体調が悪い! | トップページ | locofrank »