« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

呪いを作るのは私たちの心だ!

 

どうも小山です。

DVDを見ていて、久々のHIT!です。

「ペネロピ」

 

クリスティーナ・リッチの主演です。

 

先祖の呪いのせいで、豚の鼻で生まれた少女。

母は悲しみ、屋敷の中でのみ暮らさせていた。

呪いを解くには、名家の人と結婚する人。

しかし、お見合いするも、顔を見たら皆逃げる。

はたして、呪いの行方は・・・・・

 

豚の鼻のクリスティーナ・リッチです。

この作品見て、彼女はやっぱかわいいんだな!って思います。

豚の鼻でもあまり不細工でない!

Pene01 ほらね!

もっと不細工にしてもいいと思うのだが、

それは、きっと狙いなんだろう。

 

ファンタジー的な物語も十分面白いのだが、

この作品の面白さは、ほかにもある。

映像がきれい!

これでもか!これでもか!ここでもか?

ってほど、色々なところできれいな映像が出てきます。

ここでは必要ないだろう!って所でも、

絵のようなきれいな映像が出てきたりします。

ステキです。

さらにステキなのは、

これでもか!ってほどきれいな映像で攻めてくるのと同時に、

これでもか!ってほどシュールなネタでも攻めてくる!

これでもか!これでもか!ここでもか?

 

面白い物語

見た目のきれいさ

くだらないシュールさ

自分の舞台で目指すエッセンスが豊富に含まれている!

この映画はすごい!

さらに、凄いのは、

人間描写もきちっと!でも、分かりやすく描かれてます。

 

しかも、ファンタジー風なので、気軽に見ることができます。

 

いやぁ、いい作品です。

オススメ!

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

時間があるのはいいことだ。

やらなきゃならないことをこなすことができる。

 

どうも小山です。

冒頭の言葉。

そりゃそうだ!

というわけで、やらなきゃならない前回公演「OCT」の舞台写真

unit-IF HPにアップしました。

http://unit-if.com/ へ

historyから舞台写真にいけます。

 

今まで、舞台写真ってのはあまりなくて、

HPにのせられなかったのですが、

今回はのせるために頑張ってとったので!

 

見に来られなかったお客様は、

こんな感じだったのか! と、

見に来られたお客様には、物語を振り返っていただいて、

再度、もの思いにふけっていただけたらと思います。

 

ではでは、週末ももう終わり。

明日から厳しい現実が待っている。

逃げずに戦いつづけよう。

才能は夢を見続ける力!

| | コメント (0)

襲う怪物自体よりも、

襲われて極限状態に追い込まれた人間の方が、

恐ろしい

 

どうも、小山です。

DVD見ました。

「MIST」

 

この映画の監督が、冒頭の言葉のような言葉を言ってました。

そんな感じの映画です。

 

急に霧に囲まれて、霧の中から化け物が!

スーパーマーケットに閉じ込められた人々。

徐々に追い詰められて、

脱出を図るもの、待ち続けるもの、奇行に走るもの。

 

そんな映画。

怪物事態は、B級じみているが、

シャマランの「ハプニング」に似た感じ。

それよりは、人間の極限での恐ろしさを焦点に描いています。

「ES」的な印象を強くうけますが、

「ES」を見たときよりは、気持ち悪い気分にはならず、

結局は、

人間は怖い

ってよりは、

人間は馬鹿だな

って気分で終わります。

 

その辺は、自分の作品に通じる感じあって好きです。

馬鹿だけど、その状態の中でどう生きるか!ってね。

 

ここからネタバレよ。

ネタバレだけど、この感想の核心だから、

今後この映画見る気ない人は、ぜひ。

 

結局の原因は、異次元の窓でした。

軍の科学者が、異次元の窓を開いて、向こうの生物が来た。

それにしては、この次元じみた怪物が多い。

異次元なら、もっと全然違う生物が登場してもいい気もしますが。

まぁ、異次元か。色々な解釈が出来る。

 

まぁ、この映画で何が怖いって、

人間云々ってより、

実は、科学の暴走

 

先日、TVで知ったのですが、

日本でいうSpring8みたいなヨーロッパの施設で、

今度、ブラックホールの作製に挑むらしいのです。

 

ごく小さいものだから危険はない!

と学会の許可が出たらしいですが、

人間の知識なんて有限。

もし、小さくても吸収を始めて大きくなったら、

その瞬間、地球なんて飲み込まれてしまう。

 

ちょっと危険だよ。

MISTとか、ハプニングとか、コアとか、

デイアフタートゥモローとか、

SFなわけですが、

現実でもこんな危険な話があるとは恐ろしいものです。

次の芝居の題材にしようにも、

その実験は、僕の次の芝居予定の前に行われるらしいので。

 

そこらへんの怖さを感じた映画でした。

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

サリー サリー

魔法使いサリー

 

どうも小山です。

小泉元総理、政界引退です。

今年、一番ショックなニュースです。

 

僕の記憶にある総理の中で、

一番総理らしい総理であり、

唯一総理の仕事をした人だろう

と尊敬をしていた政治家です。

 

麻生が総理になって、

あぁプライマリーバランス黒字化よ・・・

と悲観的になる私からすれば、

いまこそ小泉さんに頑張ってほしかったのに・・・・・

 

旧竹下派の力がそがれた今でも自民党は変わらない

とさとったのでしょうか?

とはいえ、小泉さんがあっけなくいなくなるとは思えないのです。

 

自由な身になって、政界再編の仕掛け人になってほしいと思います。

 

さてさて、麻生内閣。

早くも政治資金の問題や失言が相次いでます。

政治資金の話も、

自分の所の金をそんなに把握していないの?

その程度の大臣、その秘書に任せていいわけ?

だいたい、だいぶ前から色々報道があって辞任してる人もいるのに、

任命する前にもっと調べるとかできないものか?

とあきれんばかり。

失言にいたっては、

本命の麻生・鳩山以外にも、わんさわんさと出てきて・・・・

総選挙はあるのだろうか・・・・

 

まぁ、いまや政策がそんなに違わないので、

違わないなら、民主に任せてもいいんじゃない?

って思う今日この頃です。

が、

民主も最近どんどんしょぼくなっているので、

もう共産党でもいいか!

って気分です。

が、

もう社民党でもいいか!

とはならないのが、僕です。

 

はたして・・・・・・

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

自分の幸せのためのなら、

他人の心なんて傷つけたってかまわない。

だって、自分にそのつもりはないことでも、

相手はどこかで勝手に傷ついているんだから。

 

どうも、小山です。

ついさっき思いついたセリフです。

 

公演が終わってから!と、我慢していたドラマ

プリズン・ブレイク シーズン3!

やっと見ました。

 

こっからネタバレだから、注意ね!

 

だいたい死にすぎる!

あんだけしぶとかったサラが一瞬で・・・・

契約更新ができなかったとしか思えない!

 

あの一瞬だけ出てきた、意味深なイケメン君はなんだったのだろう。

シーズン1で、あれだけ長々と過去の回想ばっかやってたわりに、

今回は、何の説明もなく、あっけなく殺されるし。

 

だいたい、シーズン1と構造が一緒でしょ!

トゥウィーナーの位置にバスケ少年

17歳とか言ってるけど、顔フケすぎだし。

ハンナ・モンタナの兄役は30代なのに、あの若さを見習ってほしい(笑)

で、偉大なるアブルーチの位置に、変な麻薬王ね。

そいつに取り入ってって、まったく同じじゃん!

しかも、また、ティーバックにやられているし・・・・・

 

友人の評価は高かったが、シーズン1前半のドキドキには程遠い。

人間描写はうまくなり、話の無理やり感は少し薄れたが、

その程度。

 

しかも、ちゅーとハンパな終わり方。

7巻締めだから、もっときちっと終わるのかと思ったら・・・・・

ってか、スクレかわいそうでしょ・・・・・

 

リンカーンさえ助けなければ、

無実の一般人がどれほど助かったのだろうと・・・・・

最後になって思ってしまった。

 

時間つぶしにはなります。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

最近、更新が滞っている理由を答えよ。

1.NYダウが乱高下しすぎだから

2.explorer7をインストールしたら使いにくくなったから

3.パソコンの調子が悪いから

4.犬が来たから

5.抜け毛が激しくてショックだから

 

どうも、小山です。

3は若干あってますが、直接的な理由ではありません。

とはいえ、早くデータ整理して、バックアップとらないと危険です。

 

答えは、4です。

公演が終わったので、とうとう犬が来ました。

新居に、ネイビー様の到着です。

新居に越してから1ヶ月の到着。

 

僕の日常の不足因子がやっと補完されました。

 

とはいえ、13歳の老齢での引越しはかなりの負担です。

僕が飼い主とはいえ、

ずっといた僕の母親とも、

仲が悪いが同居犬のメリーとチェリーともお別れ。

そして、小さい頃から育ったあの家ともお別れなのです。

 

徐々に視力も落ちています。

連れてくるのを、一時期悩んだ時期もありましたが、

実家も近々引っ越すし、

家に帰るとずっと僕に付き従うネイビーの飼い主はやはり僕だと思い込み、

ずっと世話をすると決めたネイビーですから、

つれてくることに決めました。

 

って、まぁ、案の定、不安全快です。

この前、ネイビーつれて旅行した時は、

トイレで姿消すだけで、キャンキャン泣いて大変でしたが、

今もそんな感じです。

同居人もいるので、ドアを開けたままも嫌なので、

狭いトイレにネイビーといることもあります。

特に、仕事に行く時は、泣きすぎ。

かわいそうだけど、30秒もすれば、泣き止んで寝始めるのがネイビーです。

ただ、やはり、さすがに、かわいそうなので、家に一人にするときは、

好物のジャーキーつきガムをあげることにしました。

一人は寂しいけど、好物はもらえる!

ネイビーにとっては、変な心境なわけです。

 

新居にきて、3日目。

そろそろ、自分の住まいだと認識し始めたようです。

僕の同居人も新たな飼い主(同居人?)と認識したようで、

僕によりも、なついています。 

 

親からの報告によりますと、

実家にのこったチェリーは、餌を食べないようです。

いつもネイビーにちょっかいだして喧嘩していたのに・・・

おもしろいもんです。

 

犬がいると、自由度は下がりますが、

やはり、ネイビーが近くにいるのと、いないのとでは、

心の落ち着きが違います。

 

でも、昨日は、

家に一人のネイビーを心配して(?)、

ボロ負けしました。

 

明日は勝とう!

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

ネット復帰!

 

どうも、小山です。

我が劇団unit-IFの第3回公演「OCT」

無事終了いたしました。

 

予想以上に多くのお客様に来ていただき、

毎回、ほぼ満席で嬉しい限りでございました。

 

ご来場していただいた方々、

誠にありがとうございました。

 

打ち上げ後、あまり寝ていないので、

まともなことはかけそうにもありませんが、

 

今回、好評が多く、喜びつつ、

多くのご指摘をいただき、

次回への課題も見えてきました。

 

少々ゆったりしてから、また、次回の作品に

がっつりと取り組んでいきたいと思います。

 

感想・ご意見、参加希望などございましたら、

お気軽に、僕にでも、劇団にでも、メールしていただくか、

この記事にコメントいただけたらと思います。

 

僕が、芝居100%で、仕事6連休の間、

リーマンブラザーズ、破綻しましたね。

 

今日の日中足とかひどいし・・・・・・

 

明日から仕事復帰です。

ほぼ忘れました(笑)

 

頑張ります。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

叔父と伯父の違い。

叔父は、父母の弟。

伯父は、父母の兄。

さらに、詳しく言うと、

叔父は、「お」にアクセントを置き、

伯父は、「じ」にアクセントを置くのが、

正しい発音のようです。

 

どこまで本当の話なのかはわかりませんが、

ややこしい違いです。

 

どうも、小山です。

姉がお子を産み、伯父さんになりました。

 

ついさっき、会ってきました。

抱っこしてきましたが、

ネイビーより軽いわけで、

変な感じです。

 

名前は、このブログにも、前に書きましたが、

当初の予定通り、「のあ」になりました。

 

めずらしい名前ですので、この名前の子がいたら、

僕の姪の可能性が高いです。

 

もっと感想を書きたいですが、

更なる感想は、

次回公演「OCT」のパンフレットの「演出のあいさつ」に書きました。

感想の続きを読みたい方は、ぜひ、

「OCT」にご来場ください。

 

感想なんてどうでもいいって方も、

「OCT」にご来場ください。

 

別に、「伯父」「叔父」の話ではありませんので、

ご安心を。

 

次の更新は、きっと公演後です。

 

ではでは、

劇場にてお待ちしております。

| | コメント (0)

我が劇団には、

絵のかける劇団員がいる。

矢木敬だよ。

 

どうも、小山です。

まだ、新居にネットがつながらないので、

HPの更新のために、また、実家にいます。

 

HPの更新

 

次回公演「OCT」のイラスト集を、

HPにのせました!

 

このイラスト集

絵のかける劇団員・矢木敬が独自に描いたもので、

本編の内容とは直接関係ありませんが、

結構似ていたり、

矢木なりのユーモアやエロさが含まれていて、

かなり楽しめます。

内容的に、ネタバレなのか?ひっかけなのか?

って所も楽しめると思います。

 

http://unit-if.com/ へGO!

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »