« 遭難、 | トップページ | ウォンテッド »

2008年10月 3日 (金)

安定っての求めるものじゃない。

気がついたら、その状態にあるものだ。

求めても空虚なだけさ。

 

どうも小山です。

ゲームの実写映画化です。

あまりゲームをやらない僕が、

かなりはまったゲームの映画化です。

 

お姉チャンバラ the movie

 

ビキニのお姉チャンが、

バッタバッタとゾンビを殺していく

そんなゲームであり、そんな映画です。

 

見た目はゲームに忠実にしてあるようです。

とりあえず、主人公の彩お姉さんは。

 

ゲームの中の彩はかわいくて好きなのですが、

実写の彩もなかなか好きでした。

結構きれいで、かつ、殺陣がうまい

早回しとはいえ、殺陣がうまい!

こんな若い女の子で、かなりスタイルよくて、結構かわいくて

殺陣がうまい女優さんがいるもんだね。

そこに感動する。

 

ただ、演技へたっぴだ!

全体的に、演技下手っぴだ!

演技というか、台詞が妙に浮いている

声質もそうだし、台詞回しも。

しかも、ゲーム特有のくさいセリフも健在だし・・・・・

口に出すのは変な言語にして、字幕にした方がいい。

絶対にそのほうがいい。

 

殺陣はうまくて、そこそこCGも頑張っていたのですが、

どんどん話が、ぶっとんでいきます。

B級色がどんどん濃くなります。

最後は、ドラゴンボールな感じになり、

かとおもいきや、スターウォーズになったり・・・・・

 

でも、おねぇちゃんがきれいだから許せます。

しかも、戦闘中は、ほとんどセリフを言わないので楽しめます。

 

彩はビキニなだけで、

これといってセクシーなシーンはありません。

すこしくらいあってもいいんじゃないか?

と思います。B級だし・・・・

でも、B級だからこそ、

変な脇役のおねぇさんが勝手に脱いで、

勝手に裸ゾンビになってましたが・・・・

お前じゃねぇー

って!

 

まじで、B級色です。

 

ゲームに忠実な描写だと思いきや、

第2主役の妹の咲がこれまたかわいくない!

彩はかわいいのに、なんでだ~!

かわいくないくせに、演技も微妙だぞ!

もっとちゃんと探せ!

とそこだけ怒りたくなります。

 

彩を引き立たせるためでしょうけど、なんかね。

美人姉妹の方が楽しいよ。

 

ってなわけで、ゲームの方も、とっくにクリアし、

時々ストレス解消でやって、彩のステータスMAXまであと少しです。

そんな感じ。

|

« 遭難、 | トップページ | ウォンテッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遭難、 | トップページ | ウォンテッド »