« 犬の土地柄 | トップページ | マケイン、大逆転!? »

2008年10月30日 (木)

そう簡単に

「やめてください」とは、

言えません

 

どうも小山です。

僕は毎朝、東海道線で川崎~東京まで通勤しています。

少し早い時間帯なので、

女子高生やきれいなおねぇさんはほとんどいなく、

おっさんばかりの満員電車です。

 

今朝も満員電車に乗っていると、

運良く、きれいなおねぇさんと同乗できました。

さらに、運がよいことに、おねぇさんは、

人波に流されてきて、僕の前で位置取りました。

 

あぁ、今日はなんていい朝なんだ!

 

このときは、そんなことを思っていました。

 

ここまで読み、題名を見ると、

僕が痴漢したみたいに思われるかもしれませんが、

違いますよ!

 

僕の左斜め前におっさんがいました。

方向は僕と向かい合っていて、

ちょうど僕の左肩とおっさんの左肩がぶつかる感じです。

僕の目の前、つまり、おっさんの背中左側にきれいなおねぇさん!

という構図です。

 

満員電車なので、

この3人の登場人物たちも押されているわけです。

 

そのとき、手が動いた!

 

おっさんの左手が、

ちょうど僕の大事な所の前に位置取られていました。

しかも、僕の小さなバックは僕の腹側にあり、

その下におっさんの手がある。

僕の位置からは、おっさんの手が見えません。

 

ここまでくると、だんだん話がみえてきます。

そうです。

僕、痴漢されました。

 

僕の大事なアソコを、電車でさすられたのです!

しかも、おっさんに!

ホモ痴漢です。

化学で「ホモ置換」って言葉があった気もしますが、

まぁ、関係ありません。

おい、相手が違うだろ!

普通、この状況なら、痴漢の対象は、

目の前のおねぇさんじゃないの!

なんで、僕なのさ!

そう思わざるえない・・・・・ 

 

いや、押されて不可抗力で、

手がアソコに押し付けられていただけかもしれない。

実際、そのとき僕はそう思おうとしてました。

でも、確かに、手は動いていた!

 

僕がもしその状況になってしまったら、

無理やり手を石のようにして動かしません。

きっと、それが普通だと思うのです。

 

でも、確かに、動いていた!

 

おっさんの顔を見るけど、何食わぬ顔。

そこで、僕は、言えませんでした。

「やめてください」と。

 

気持ちよかったからではありません(笑)

会社の同期に「不覚にもたってしまったんだね」と言われましたが、

たつわけありません。

 

でも、いえなかった。

「やめてください」と。

一つは、故意なのか自信が持てなかったから。

本当に、ただ不可抗力で、押されているだけかもしれない。

それくらい動きはソフトタッチだったわけです。

がしっとつかんでくれば、そりゃ確信犯ですがね。

そんな奴はきっと少ないんでしょう。

そう思うと、世の女性も大変だ。

故意に触っているかどうか分からないくらいに触られて、

「やめて」と言おうにも言えない。

 

もう一つの理由は、

なんだか恥ずかしかった

だって、そうでしょ。ホモ痴漢だよ。

男性が女性に痴漢!だったら、周りは完全に女性の味方だけど、

満員電車の中で、男が男に、

「やめてください。あんた、僕に痴漢したでしょ!」

って言ってたら、

それ、被害者男性の味方につく前に、まず、笑います

僕だったら、とりあえず、両方の顔をチラ見して、心で笑います。 

 

他人を笑わせるのは好きですけどね、

そういうのは、ちょっと嫌なわけですよ。

 

というわけで、次の駅までソフトタッチを我慢。

情けない・・・・・

 

でも、男のなんて触って何が楽しんですかね。

分からない。

 

それにしても、初痴漢被害がホモ痴漢なんて・・・・

きれいなおねぇさんならまだ許せたものを・・・・

 

萎えに萎えた今日の朝でした。

 

最後に。

 

痴漢は犯罪です。

ホモ痴漢は、特に、犯罪です。

 

|

« 犬の土地柄 | トップページ | マケイン、大逆転!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬の土地柄 | トップページ | マケイン、大逆転!? »