« 「ゲット・スマート」 | トップページ | 「P.S. I LOVE YOU」 »

2008年10月17日 (金)

イライラしたときは、物を書くと落ち着く

でも、物を書くことが主体になった時、

書くことでイライラしたりもする。

 

どうも、小山です。

そんなわけで、映画みたり、DVD観たり、芝居見たり、本読んだりしてます。

なんで、イライラしてるかって?

そりゃ、仕事の成績が悪いからですよ。

まぁ、成績は前からなんですが、

そろそろ将来が心配になってきました。

 

仕事しながらの芝居人ってだけでも安定志向なのに、

仕事でも将来不安ってよほど安定好きなの?

って思われそうですが、そんな「安定」が好きなわけじゃなくて、

好きなことを全部したい!ただの欲張りなだけです。

別に、一人でつつましく生きていくだけなら、心配いりませんが、

いい生活したい、結婚したい、子供もほしい

が、

芝居もしたい。自由な時間がほしい。好きな仕事をしたい!

 

そんな欲張りを全てを実行できるのが、

今の仕事なのでありますが、

それは成績がでてたらの話。

このままだとまずくない?

と最近自問自答が増えてます。

 

でも、「将来への不安」って

いつでも、どんな状況でもあるもの。

一見恵まれている状況でも、不安定でも、将来の不安はついてまわる。。

将来は、

楽観すれば、期待できるし、

心配すれば、どこまででも心配になる。

 

見方によっちゃ!ってことかしらね。 

だから、将来なんか気にせず、今頑張るのみです。

 

さて、そんな!かどうかは知りませんが、そんなDVDです。

「バンテージ・ポイント」

 

大統領が暗殺されました。

そこにいた大勢の中の3,4人をピックアップ。

その人の視点から、この暗殺を見てみよう。

 

ってなわけで、

1人の視点が終わったら、時間が巻き戻って、

違う人の視点が始まる。

いろいろ見るにつれて、徐々に暗殺の全容が見えてくる。

 

ただ、巻き戻しが多くて、なんか疲れる。

しかも、いいところで巻き戻し入るから、もっと疲れる。

 

なんだよぉー

って嫌になりかけたところで、

全体の物語が最後に動きだし、

視点となった3,4人の運命が交差しだす。

んで、なぜか、かっちょええカーチェイスも始まり、

後半はもう画面に釘付けです。

 

暗殺犯の頭のよさがはんぱないこと

警備員のおっさんが鉄人のごとく強いこと

には驚かされます。

 

前半、疲れなければ、楽しいラストが待ってます!

 

なんか支離滅裂な文章ですが、

まぁ、そんな映画です。

|

« 「ゲット・スマート」 | トップページ | 「P.S. I LOVE YOU」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ゲット・スマート」 | トップページ | 「P.S. I LOVE YOU」 »