« アタラシプロン第4回公演「ワールドシンフォニー」 | トップページ | 頭髪は抜けるだけにあるわけではない。 »

2008年11月 9日 (日)

24を見るなら、

プリズンブレイクを見るなら、

これを見ろ!

HEROES!

 

どうも小山です。

きっかけは忘れましたが、見始めましたHEROES

風邪ひいて、ほとんど家にいるので、一気に6巻まで進みました。

 

1巻~3巻くらいは状況説明みたいなので、時々飽きそうになりますが、

4巻くらいから、徐々に、ヒーローたちが交錯してきて、

目が離せなくなります。

マジでおもしろい

 

何がおもしろいって日本人役の2人!

ヒロとアンドウ君!

日本人の設定で、実際役者は血も日本人なんだろうけど、

日本語が下手!

二人だけでなく出てくる日本人役が皆、

カタコト日本語で、ウケマス。

しかも、日本の町並みとか、かなりナメタ描写です。

ある時には、

日本のはずなのに、歩く人は皆、東南アジア系

と面白いことになってたりしてます。

別に日本人をつかっても何の問題のないはずです。

そう思う、とわざと狙ってずらしてるかもしれません。

それか、日本なんてこの程度の描写でいいと思われてるか(笑)。

 

わざわざヒーローの中に、日本人を出してくれてるのに、

しかも、結構重要な役どころなのに、

この日本の描写のズラシには驚かされます。

まぁ、その驚きのおかげで、1巻~3巻を耐えられてた!

ってのはありますがね。

それに加えて、スーパーヒロだ!

ヒーロー」と「ヒロ」をかけるだけのために、

彼の名前はヒロになったんだろう

と思えるあたりが、親近感も沸き、溜まりません。

 

いろんな特殊能力者が出てきますが、

能力だけ見たら、X-MENとかぶっています

まぁ、かぶらざるを得ませんがね。

 

ただ、X-MENみたいに、始めから善と悪がはっきりしてるわけでなく、

元々皆バラバラで、徐々に交錯していくあたりや、

誰が悪なのか、味方なのか、とか色々考えられる所がおもしろい。

あとは、ヒーローものにしては、人間描写がしっかりしてて、

そこらへんの駆け引きが面白い!

 

特に、アンドウ君。

今の所、何の能力のなく、能力のあるヒロの付き人的役割なんです。

まぁ、彼の性格そのものも面白いのですが、

なんと、

シーズン2の表紙みたら、アンドウ君が一番真ん中に!

 

なんでだー!アンドウ君、いったいどんな能力あるんだー!

その能力はいつ出てくるんだー!

と、そのことを知ってから、先の展開が、さらに気になって仕方ありません。

 

人を励ます能力

超能力じゃないけど、今の人間が持っている一番ステキな能力

ってオチじゃなきゃいいなぁ

と思いつつ、

スケベで、ギャンブル好きなアンドウ君の今後を気にして、

7巻以降も見て行きたいと思います。

 

アンドウ君の特別の予告編もありました(笑)。

http://videocast.yahoo.co.jp/video/detail/?vid=288230376152270306 

オススメです!

|

« アタラシプロン第4回公演「ワールドシンフォニー」 | トップページ | 頭髪は抜けるだけにあるわけではない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタラシプロン第4回公演「ワールドシンフォニー」 | トップページ | 頭髪は抜けるだけにあるわけではない。 »