« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

チャダ って知ってますか?

 

どうも、小山です。

この間、yahooではなくて、

TVの「復活の日」で知ったのですが、

チャダって知ってますか?

 

最近、気がつくと「復活の日」がついていて、よく見ます。

この前は、元光ゲンジの大沢樹生さんが出てて、

涙が出そうになりました。

僕、ジャニーズはそんな好きじゃないんですが、

光ゲンジは好きだったですよ。

で、今の好きなのよ。

しかもさ、あんなに人気だったのに、

解散してこんなに成功してないグループも他にないでしょ?

引退したわけじゃなくて、ほとんど芸能界には残っているのにさ。

 

まぁ、舞台とかで活躍しているほかのメンバーとか、

発見すると嬉しいですけどね。

で、大沢さんも仕事がなくて頑張っていた時期とかもあって、

息子さんは難聴らしくて、って話で、

涙がでちゃう!

 

でも、まぁ、こんなことはどうでもいいですよ。 

この記事は、チャダです。

昔、日本で活躍したインド人の演歌歌手らしいです。

ビザの問題で、一時引退して、貿易会社を興して、

結構な金持ちになっていたらしいですが、

悔いが残っていると、妻の実家に居候して、

また、演歌の道に進み始めたらしいです。

 

そして、何十年ぶりに出た曲が、

踊るマハチャダ!

 

なめてんのかー!って曲名ですが、

なんだか不景気の影が潜み始めた日本にうけそうな・・・・・

サビの曲調がいいのですよ。耳に残ります。

僕は、それが、耳から離れなくて、離れなくて、

とうとう手に入れてしまいました。

踊るマハチャダ!

  

久々のマイヒット!

一ヶ月くらいは、仕事前に聞き続けます(笑)

 

どんなかっていうと、

陣内孝則のワイルドジャンボロックと似た匂いがします(笑)

 

こんな例えじゃ誰も分からないでしょうが、

youtubeとかで検索すれば聞けると思います。ぜひ!

(ついでに言うと、周りのダンスも結構好きです、必見!)  

 

あと、「復活の日」に出ていたのですが、

チャダの長女さんがきれい!

インドと日本のハーフは、こんなきれいになるのかい!と驚き!

しかも、インタビューでしっかりした意見を述べてるし。

結局、お前の行き着く先はそこか!

と突っ込まれそうですが、キレイでしたよ!

 

そんなことより、チャダです。

56歳で人生、方向転換なんて!

すごい!凄すぎ!

やりたいことやるってそれだけ大切なことなのかもしれない。

そんなことを実感させられますね。

いくつになっても、修正はできる!

いくつになっても、攻め続けている人ってステキです。

 

しかも、初めて日本に来たのは、15くらいで、

金がないのに親が無理して日本に送って、

みかんかなんかの農業の実習をして、

んで、なぜか演歌でヒットしたらしいのですが。

なんでも、

「お前のためにきびしくした」ってのに、

感動したらしいです。

これが日本人なのか!って。

僕、そういう言葉ってあまり好きではないですが、

でも、TV見てて、感動して涙が出てしまいましたよ。

日本の文化ってのは、そういう所にあるのかもしれないってね!

 

いやはや、前向きになれますわ。

僕も、前向きに、前向きに、頑張ります!

♪踊ろう踊ろう皆の衆、やなこと忘れて一晩中♪

| | コメント (0)

オール

ニード

イズ

ラブ

 

どうも小山です。

かなりの期待度で見ました。

「今日も僕は殺される」

原題は「The Deaths of Ian Stone」

 

変な怪物に殺されると、

その瞬間に違う世界で起き上がり、

その世界で新たな日常が始まる。

名前だけ同じで、職業とかは全然違う世界。

慣れたと思ったら、また、殺されて違う世界へ。

そんなのの繰り返し。

しかし、そこには黒幕が!

いかにして、このサイクルから抜け出すか!?

 

って話です。

話だけ見たら面白そうですね。

とりあえず、R-15ですが、意味不明です。 

そんなに、ヤバイシーンはない!

 

かなり期待度で見たせいかなんかのか

こんなに失望した映画久々でございます。

 

前半は、

自分が考えついた、いつかやりたい物語のネタに、かなりかぶってて、

やっべ、被ってしまったか?

とヒヤヒヤしたんです。

自分がやりたいのに近いくらいなんで、

前半はそれなりに楽しめました。

次、どうなるんだろう?

 

とはいえ、後半は、驚きです。

驚きのB級が待ち構えています・・・・・

 

こうするなら、

もっと残虐シーンとかエロいシーンとかを頑張れよ。

そこらへんも普通で、話もB級で何がしたいんだよ。

しまいには、そんな安直なラストかよ!

と、後半はイライラが募り、

それが払拭されないまま終わりを迎えます。

期待して損した・・・・・

 

幸せすぎて、イライラしたい人にオススメです。

| | コメント (0)

同じことは2度は起こらない

だけでは、理由にならない気がする

 

どうも小山です。

ライラの冒険ドラゴンライダーは、

第1話で打ち切りになったらしいですね。

結構楽しみにしていたので、残念です。

 

そんな中、この続編はでましたね。

ナルニア国物語 第2章

カスピアン王子の角笛

 

とはいえ、カスピアン王子の角笛自体は、

始めの始めでしか使われない!という不思議な副題です。

 

第1章の記憶といえば、

特典映像のメイキングで、

下半身「馬」の生物を演じる人々が、

CGのために、皆、下半身、黄緑のタイツをはいて、

岡の上に並んでいたことくらいです。

 

とはいえ、思い出す限りでは、

話はしょぼかったが、まぁおもしろかった?

 

第2章も意外におもしろかったです。

かっこよく育った長兄ピーターですが

狙いなのかなんなのか、分かりませんが、

カスピアン王子とキャラが被ってます。

向こう見ずの強がり!

見ていて、だんだんイライラしてきます。

 

で、まぁ、前回活躍のライオン様アスランですが、

なかなか出てきません。

 

戦況が振りになる中、

アスランいつ来るんだ?早く来い!

って感じがハラハラして楽しめます。

でも、まぁ、そこしか楽しめないかもしれません(笑)

なんだか、ロードオブザリングの第2章に繋がるものがあります。

 

まぁ、ここからネタバレなんで、注意が必要です。

 

一番の疑問は、

なんでアスランは、

始めの侵略の時から本気で戦わなかったのか?

そこがいまいち不明すぎですわ。

あんな強いなら、侵略許す前に戦えよ!

って感じです。

昔のことはおいていても、

早く助けに来い!

なぜ、頼まれるまで動かないのか?

 

なかなか面白かったけど、

なんだか最後は釈然としませんわ

| | コメント (0)

2008年11月25日 (火)

僕は、

きっと、

詐欺に、

ひっかかる。

 

どうも、小山です。

突然ですが、会社のブログを書くことになりました。

会社のHPに、なぜか、ブログ欄があります。

そのブログ欄には、いろんな分類があり、

僕の同期の代のコーナーもあります。

今までは、同期で交代での更新だったのですが、

なぜか選抜されて、2ヶ月間、一人で任されることになりました。

正確には、僕の同期のコーナーから分岐した、

一応、独立したブログとして、2ヶ月更新するらしいです。

3人選抜されて6ヶ月の企画らしいです。

んで、しょっぱなの2ヶ月が僕の担当なわけですな。 

成績悪いので、株の話なんて書きたくもなく、

このブログでさえ、最近、更新が滞っているというのに、

僕は何を書くんだろう???

と自分でも何も思いついていないのですが、

頼みに来た事務のおねぇさんがかわいかったので、

快諾していました。

いつか詐欺にひっかかりそうなアホです。

まぁ、それは、冗談でね、

仕事と捉えて、承諾したわけですよ(笑)

  

書く内容もそうですが、今悩んでるのが、

ブログのタイトル!

  

他に選抜された同期が、

「恋のから騒ぎ」とかけて、「株のから騒ぎ」とか冗談言ってて、

そうか、おいらも面白いのにしないと!

と、一生懸命考えてる最中です。

 

やっぱ、「羊」をキーワードにしようとすると、

「羊たちの沈黙」にかけようかな?

ってことになり、音だけだけど、

「羊たちはマンモス」ってどうだ?

でも、意味不明だし、音もあまりかかってないよ

と自問自答を繰り返し、

今日、「嫌われ松子の一生」にかけて、

「嫌われ一羊の2ヶ月」ってのを思いついたわけですが・・・・・

自分で、嫌われっていうのもなぁー

と悩むわけです。

なんかいいのありますかね?

募集中です。

 

まぁ、きっと、このブログとは、

スタイルや視点をかなり変えて取り組みますよ。

やるからには、いいものにしたいですしね。

このブログの読者の方々にも、

ぜひ読んでいただきたいのですが、

会社名をここで明かすのもアレなので、残念なのですが、

僕の勤務先知っている方や、偶然そこにたどりついた方は、

楽しんでみてください。

 

こっちの更新も頑張りますよ!

 

ではでは。

| | コメント (0)

2008年11月23日 (日)

「ベン」といえば、

「アフレック」だと思っていたが、

いまや、

「スティーラー」と言うべきだろう。

 

どうも、小山です。

映画を見に行こうと思って、

ビックスクリーンで見るなら、

レッドクリフかイーグルアイだろう!

と思っていたのですが、

心労がたまって、結局、くだらないので笑いたい!って気になり、

観てしまいました。

トロピックサンダー

 

くだらないコメディ物は大抵、僕が期待してる割にガラガラなのですが、

今回は、客席が結構埋まっていて驚きでした。

 

戦争物を撮るのに、

キャストを本物の戦場に送り込んでしまって、

キャストは途中まで撮影だと思ってる

 

って話です。

http://www.shijosaitei.jp/

ここで、予告編を見てくれ。

 

とにかく、キャストが豪華です。

ベンスティーラーは、前から好きでよく観ていますが、

もっとよく観ている彼が出ているのに、気がつきませんでした。

トム=クルーズ

結構重要な役なのに、ずっと気がつかず、

ラストのエンドロールの時に知りました。

彼が出てきたときに、一緒に観た友人が、

トムクルーズってつぶやいてくれたのですが、

そのときは、何がトムクルーズなんだ?ってほど気がつかなかった。

彼はこの映画にいるはずもない!って思い込みがそうさせたのか?

とはいえ、なんで出たんでしょう、トム。

結構、はまってたし、楽しそうだったからいいけど。

 

最後のエンドロールで気がついたといえば、

ベンスティーラー フィルム!

ほうほう、ベン、がんばっちゃってるジャン!

 

他、普通の俳優も豪華だし、

思わぬ大物一瞬出演があったりして、驚きです。

なんで、出てるのあんた?って・・・・

ベンは友達が多いんでしょうか?

それとも、

皆、くだらない映画に、本当は出たいだけなのでしょうか?

 

映画として、面白かったです。

ただ、前半は退屈で・・・・

あんまりネタもない、そんな精度もよくないし、

途中で、

あ、もしかして、これ、つまんないのかも・・・・

と思ってしまいました。

ただ、それがよかった。

そのおかげで、肩の力抜けたって感じ。

しかも、その直後に、超一級のネタが来て、大笑いした後は、

他の客の存在も忘れて、映画の世界に入り込んで、

家で見ている感じで、笑いまくりました。

 

コメディって、おもしろいんだろうな、と思って、構えて、

でも、構えた状態で色々笑っている私なんですが、

ここまで肩の力が抜けて劇場で笑えた映画はない!

って感じです。

 

日々の悩みもすっかり忘れて、笑いました。

えぇ、オススメです。

日本も、こういう映画が1位になるような

くだらない国になってほしいですね。

 

  

ここからネタバレよ

 

やっぱ。超一級は、

パンダ!

あのパンダの死骸!

意外さと哀れさで、笑いこみ上げてきた!

 

あと、アジア人の部下たちの反応が、いちいちステキ!

 

すばらしい!

 

2ができることを期待します!

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

君は努力なんてしていない

 

どうも小山です。

いまさら、見ましたよ。

「プラダを着た悪魔」 

 

ジャーナリストを夢見る女の子が、

キャリアを積むために、ファッションのセンスないのに、

一流ファッション紙の編集長のアシスタントに!

 

って話です。

なかなか面白かったです。

 

何がよかった!って、

仕事に対するシビアな姿勢と誇り。

 

あぁ、人は、自分の選んだ仕事を成すために、

こんなにも努力をしているのだな。

と圧巻。

 

まぁ、仕事のために全てを犠牲にするべきだと思いませんが、

ちょいと自分の仕事に対する認識は甘いんじゃないのかな?

と思い知らされました。

僕も、成績上がらないと嘆いてばかりでなく、

全力の努力と集中を発揮したいと思います。

少なくとも、取引時間中は。

 

話も、おもしろかったですが、なんといっても、

アンハサウェイ!

かわいい!

もともとキレイな感じですが、

目がかわいい所が彼女の魅力をさらにあげています。

その彼女がいろんなファッション見せてくれて・・・

満足!満足!

「ゲット・スマート」に引き続き、アンハサウェイべたぼめです。

前から好きなんですが、実は、そんなに出演作見たことはありません。

次に、つたや半額あったら、アンハサウェイ祭りでもしたいと思います。

 

| | コメント (0)

2008年11月17日 (月)

HEROESがもっと日本で普及しないかな

物まねが下手な僕が、

物まねができるキャラは2人もいるというのに・・・

披露しても誰も分からない。

 

どうも、小山です。

HEROES シーズン1 見終わりました。

バラバラだった能力者たちが、

徐々に絡んでくる感じが、

後の展開を気にさせて、ラストも予想しずらく、

以外に、世界観が大きく、面白かったです。

 

なんといっても、人間描写がいい。

ヒーロー物にしては、ちゃんと人間描写がされています。

数ある能力者だらけ話の中で、そこが、このドラマの特徴。

 

人間臭いヒーロー

ヒーローなのに、どことなくむかつくことが多い。

人間描写を深くすると嫌なところもでてきます。

変なところで優柔不断だったり、

人の言うことを聞かなかったり、

自分勝手に行動したり、

前といってることが違ったり・・・・・

うぜぇ、うぜぇ、と思いながら見てるのです。

最後までステキだったのは、アンドウ君だけ(笑)

 

最近の風潮ですかねぇ。

ってか、こういうのがアメリカでヒットするってのは、

なんか違和感な気もします。

(まぁ、アメリカのことをさして知ってるわけでもありませんが・・・・)

とはいえ、ダークナイトがヒットしたり、

アメリカの趣向も変化してきているのでしょうか?

 

完全なヒーロー、きれいな勧善懲悪ではなく、人間味・・・・・

 

そう思うと、アメリカ国民が求めているのは、

実は、欲深いブッシュのままなのかもしれませんね(笑)

 

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

ヒトの進化の不思議。

特に、利点がないのに、体毛がない。

さらに不思議なのは、

頭にだけはもっさりと生えている。

 

どうも、小山です。

この不思議は、unit-IFの次回公演で、

すっきり!と解明できますよ。

 

というわけで、頭髪です。

最近、抜け毛が激しくて、おでこがエム字に広がりつつ、

まいへあーです。

今日、会社の同期によって、新たな発見がありました。

白髪!

 

まいへあーは、ぬけるためだけなく、

白くなるという新たな仕事を見つけたようです。

 

見つけた!というより、思い出した

昔は、よく白髪がありました。

中学の時とか多かったです。

茶とかに染めるようになってから目立たなくなって、

大学で自由に暮らしていたせいで、存在するすらしなくなったのですが、

また、登場してきました。

 

苦労してるのです(笑)

 

でも、はげで白髪って・・・・

 

スキンヘッドにでもしようか。

金髪にしようか

 

でも、どっちの会社で無理・・・・・

スキンヘッドは無理なのかなぁー。

短髪坊主は大丈夫な会社なんですがね・・・・

 

まぁ、おおらかな心をもって、

まいへあーに新たな仕事を忘れてもらうしかないようです。

| | コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

24を見るなら、

プリズンブレイクを見るなら、

これを見ろ!

HEROES!

 

どうも小山です。

きっかけは忘れましたが、見始めましたHEROES

風邪ひいて、ほとんど家にいるので、一気に6巻まで進みました。

 

1巻~3巻くらいは状況説明みたいなので、時々飽きそうになりますが、

4巻くらいから、徐々に、ヒーローたちが交錯してきて、

目が離せなくなります。

マジでおもしろい

 

何がおもしろいって日本人役の2人!

ヒロとアンドウ君!

日本人の設定で、実際役者は血も日本人なんだろうけど、

日本語が下手!

二人だけでなく出てくる日本人役が皆、

カタコト日本語で、ウケマス。

しかも、日本の町並みとか、かなりナメタ描写です。

ある時には、

日本のはずなのに、歩く人は皆、東南アジア系

と面白いことになってたりしてます。

別に日本人をつかっても何の問題のないはずです。

そう思う、とわざと狙ってずらしてるかもしれません。

それか、日本なんてこの程度の描写でいいと思われてるか(笑)。

 

わざわざヒーローの中に、日本人を出してくれてるのに、

しかも、結構重要な役どころなのに、

この日本の描写のズラシには驚かされます。

まぁ、その驚きのおかげで、1巻~3巻を耐えられてた!

ってのはありますがね。

それに加えて、スーパーヒロだ!

ヒーロー」と「ヒロ」をかけるだけのために、

彼の名前はヒロになったんだろう

と思えるあたりが、親近感も沸き、溜まりません。

 

いろんな特殊能力者が出てきますが、

能力だけ見たら、X-MENとかぶっています

まぁ、かぶらざるを得ませんがね。

 

ただ、X-MENみたいに、始めから善と悪がはっきりしてるわけでなく、

元々皆バラバラで、徐々に交錯していくあたりや、

誰が悪なのか、味方なのか、とか色々考えられる所がおもしろい。

あとは、ヒーローものにしては、人間描写がしっかりしてて、

そこらへんの駆け引きが面白い!

 

特に、アンドウ君。

今の所、何の能力のなく、能力のあるヒロの付き人的役割なんです。

まぁ、彼の性格そのものも面白いのですが、

なんと、

シーズン2の表紙みたら、アンドウ君が一番真ん中に!

 

なんでだー!アンドウ君、いったいどんな能力あるんだー!

その能力はいつ出てくるんだー!

と、そのことを知ってから、先の展開が、さらに気になって仕方ありません。

 

人を励ます能力

超能力じゃないけど、今の人間が持っている一番ステキな能力

ってオチじゃなきゃいいなぁ

と思いつつ、

スケベで、ギャンブル好きなアンドウ君の今後を気にして、

7巻以降も見て行きたいと思います。

 

アンドウ君の特別の予告編もありました(笑)。

http://videocast.yahoo.co.jp/video/detail/?vid=288230376152270306 

オススメです!

| | コメント (0)

2008年11月 8日 (土)

「死ね」という言葉を言ってはならない。

そういう言葉をすぐに他人に投げる人がいるが、

きっと自分の言葉に責任を持てない人だろう。

どんなに親しくても、そこまで甘えるべきではない。

 

どうも、小山です。

誰の言葉かと言うと、僕の言葉です。

結構信念に近い言葉です。

「死ね」って言葉は本当に大嫌いです。

今日見た芝居で、そんなことを思い出しました。

 

最近、あまりレビューは書いてませんが、

芝居や映画やDVDを色々観てます。

ただ、書いていないだけ。

 

アタラシプロン第4回公演

ワールドシンフォニー

 

うちの劇団の藻瑚と秋山、二人も出演するので、

見に行きつつ、久々に芝居レヴューでも書きます。

 

場所は、てあとるらぼう

池袋の近くの東長崎って所にあります。

改築したてなのか、かなりきれい!

座椅子のクッションもいいし。

ちょっと天井低くて、横長で、ロビー狭くて。

構造的には、池袋小劇場に近いですが、

あそこよりはきれいです!

 

さてさて、お芝居ですが、

この劇団、前にも一回見たのですが、

ゆったりな同じくらいペースの芝居が続く感じの芝居で、

緩急が好きな僕は、そこらへんは好きになれなかったのですが、

今回も、そんな感じでした。そこは残念。

 

人間の醜い所や狂気を描く系のお話でした。

パンフの演出の言葉に、

「愛している」という言葉が飛び交う

って書いてあったので、

「愛している」と言葉の重みを考えずに簡単に言い過ぎる弊害

メインにして描くのかなぁー

と勝手に推測。

始めの方に、そういうセリフもあったし。

(そういう流れで、冒頭の言葉につながるわけです。

 僕にとっては、簡単に使ってほしくない言葉ってつながりで。)

でも、

「愛している」という言葉によって、追い詰められたり、だとか、

狂気への引き金を引かれた、って感じはせず、

登場人物の人々が元々醜さが突飛な人たちだっただけで、

ちょいと残念でした。

まぁ、始めからそういう狙いの話ではなかったかもしれませんが。

 

それと、人間の感情を表現していくのに、

なぜか、自分で感情をご丁寧に解説してくれる登場人物が多く、

そこらへんも、ちょっと入り込みにくかったかな。 

  

醜さを描くなら、客がもうこの場から出て行きたい!

と思うくらいの醜さを表現してほしかったなぁー

と個人的には思ってしまいました。

まぁ、一概にはいえませんがね。自分で作るなら、その方向では作らないし。

 

久々のレビューのくせに、辛口です。

すいません。

なんだか、最近、イライラして・・・・・・・・

 

まぁ、おおかた、仕事で成績が伸びないが原因ですが、

イライラしている自分が嫌で、さらに、イライラな悪循環です。

 

まぁ、落ち着いて考えると、

イライラしてたって楽しくないし、何の生産性もないし、

周りの人に迷惑かけるだけだし、

自分が近づきたい自分の理想像とは逆ベクトル。

 

なので、自己暗示で、イライラをまずは封じようと試みています。

僕、テンションコントロールとか自己暗示で動きやすい方なのです。

なら、それも、仕事に活かせ!って感じもしますがね。

ははは!(←壊れ始めた・・・)

頑張ります。

 

| | コメント (0)

2008年11月 6日 (木)

ペペロンチーノに

ぶつ切りの豚肉はいれない方がいい。

遠くからみたら、

焼きそばにしか見えないから。

 

どうも、小山です。

実家を出てから2ヶ月が過ぎましたが、

ちゃんと自炊は続いています。

 

とはいえ、料理本を見ないので、あまりレパートリーは増えません。

実家に居た時は、肉野菜炒めばっかり出てきたので、

僕もそんなんばかり作っていたのですが、

同居人が飽きるというので、

色々試しています。

 

今の所、

肉野菜炒め

麻婆ナス豆腐

カレー

シチュー

すき焼き

餃子(もちろん冷凍を焼いただけ)

 

で、今日、パスタに進出です。

好きなのはペペロンチーノなので、それにします。

一応、ネットでレシピを確認。

ゆでて、オリーブオイルで炒めるだけ。

 

とはいえ、僕がやると、問題だらけ。

パスタ煮るときに塩入れるの忘れて、味薄し。

赤唐辛子がなくて、七味入れたら、味薄し。

僕、にんにくダメだから、にんにく抜いたら、味薄し。

(この時点で、もはや、ぺペロンチーノではない・・・)

あと、豚肉としいたけが余っていたので、それをいれました。

が、豚肉がでかすぎて、焼きそばにしか見えない・・・・・

 

問題だらけで、作っているときは心配だったのですが、

食べてみたら、意外においしかったです。

 

今度は、我慢して、少しにんにくもいれて、

まともなペペロンチーノに早く再挑戦したいです。

 

ってか、パスタって安上がり!

 

そろそろ料理本もちゃんと見て、

ちゃんとした料理人になりたいと思います。

地道に地味に頑張ります!

| | コメント (0)

2008年11月 5日 (水)

YES! WE CAN!

 

どうも小山です。

マケインの大逆転はならず、

オバマ大統領の登場です。

初の黒人大統領です!

 

僕なんか海外に行ったことないから、

人種差別なんて過去の遺物!って感じで思っているのですが、

今でも映画でもよく題材になるし、

そういうのが、よくアカデミー賞をとるのを思うと、

まだまだ根深く存在するんだなぁー

と推測することができます。

 

だから、これは本当に歴史的なことなんだ。

特に、黒人の方々にとっては、すごいことなんだよな

と一人で静かに感動してしまいます。

 

話変わって、

今、竹中平蔵さんの本を読んでいるです。

僕の思考の論理のたて方と似ているので、

彼の本は僕には理解しやすく共感しやすいので、

よく読んでいます。

で、そこに、

努力を続けるには、「自分は必ず出来るはず」と信じること

と書いてありました。

確かにその通り。

でも、最近、仕事で疲弊していて忘れていました。

まだまだしょぼいディーラーでも、信じてもがいていきたいと思います。

 

話戻って、オバマ!47歳!若い!

地球一の大国の大統領になるって、実はかなりすごいこと

と当たり前のことを、TVを見ながら感じました。

 

自分が47歳になったら、どんな人間になってるだろう?

むしろ、前の自分が想像した27歳の自分 と 今の自分

んー、結構かけ離れている気はするね。

だいたい、証券にいる時点で、予想外だしね。

まぁ、仕事さえうまくいけば、満足な今だし。

自分を信じて、仕事もがきます。

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

あのブッシュジュニアでさえ勝ったんだ。

マケインも勝つさ。

 

どうも、小山です。

いよいよ、アメリカ大統領選挙!

面白い記事を見つけたので紹介します。

「暗いニュースのリンク」からの引用です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2000年以来恒例となった共和党の選挙不正活動も、

いよいよ今年は全米各地で全力展開中らしい。激戦地バージニア州では、

「共和党支持者は4日、民主党支持者は11月5日に投票してください」

というニセ選挙管理委員会のチラシが出回っている(実際の投票日は4日)。

カリフォルニア州では、地元共和党委員会に雇われた選挙運動員が

選挙人登録不正容疑で検挙されている。フロリダ州マイアミでは、

民主党支持者の記入済み不在者投票が大量に持ち去られ、紛失した。

2004年に問題を引き起こしたタッチスクリーン式電子投票機も、

仕込みは上々の様子だ。

ウェストバージニア、コロラド、テネシー、サウスカロライナ、テキサス等で

すでに民主党票が共和党票に自動変換される不具合(基本仕様?)が発覚している。

不具合が発覚した投票機は交換されるだろうが、間に合わない地区もあることだろう。

有権者にとってさらに困るのは行列だ。期日前投票ですら、

投票所前には数時間から十数時間も行列に並ばなくては投票できない。

行列で遅れた後には集計作業が待っている。

歴史的な高投票率が予測される今回の選挙で、州ごとに違う集計手順の中、

大統領に誰が選ばれたのかを決定するプロセスは、

決してスムーズにはいかないだろう。

あらゆる手法で公民権剥奪が横行するアメリカ大統領選挙では、

貧困層の票や黒人有権者の票があらかじめカウントされずに

毎回大量廃棄されているが、今回は廃棄する場所にも困るはずだ。

激戦州で早々に票集計結果が発表されたら要警戒である。

どうせ不在者投票分や郵送票、さらにはイラク他世界に駐留する軍人票

のカウントを忘れたり意図的に怠ったりしているに決まっている。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ってな記事です。

ゴア 対 ブッシュの問題だらけの開票は記憶にまだあるでしょうか?

あれはあれで怪しかったし、悔しかった!

投票機械も、おそろしやおそろしや・・・・・・・

まぁ、真相がどうなのかは分かりませんが、

今回も再現かなって、マケインが逆転するか!?

見物です。

 

あとは、オバマが暗殺されないことだけを祈っています。

 

なんか引用だけのブログになっちゃうなぁ。

あ、喉痛いです。

今朝、会社行ったら、痛くなりました。

空気わりぃ。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »