« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

最近、悩み事。

仕事の事、将来の事、悩み事。

 

悩みすぎると、

ネガティブすぎる時の直後に、

ポジティブすぎになったりで、

悩んでいるだけで疲れます。

 

ついさっき、

ネガティブすぎ状態に陥り、

最もネガティブな結論に落ち着こうとしたので、

どうしようもないので、寝ました。

ネガティブすぎて、どうもポジティブになれなくて

あぁ、これがもしかして「鬱」という奴なのか?

そんなものはただの甘えだと思っていたが、

僕にも来てしまうのか!

抗うために寝たのです。

夢の中で、

ネガティブ僕とポジティブ僕がいい争いをして、

起きたら、落ち着いてました。

寝ることは偉大です。

 

ずっと自分の作品に書いていることですが、

自分の本当の望みって分からない

でも、

それを逃げずに見つめないと、

必死に見つめて、必死に影でもいいから見つけないと

あとあと後悔しちゃう!

 

今の自分にとっても、

将来の自分にとっても、

ベストな選択をしたい!

と思ってやってきました。

幸い、後悔する選択はしていません。

今悩んでしまっているのは、

選択はよかったけど、

現状では自分の能力が足らないだけ。

なので、ここでまた新たな選択を迫られているのです。

 

才能は夢を見続ける力のこと。

分かってはいます。

でも、その夢って?

本当の望みって?

 

まだまだ悩みます。

 

真面目なことばかり書いてもアレなので、

本題に入ります。

へその位置は変わらない!

 

なんじゃそりゃ?

 

人生の悩みと同様の悩みが僕にはありまして、

その悩みというのは、

 

僕、太りました。

会社入ってかなり太りました。

毎週稽古していたのに、太りました。

 

それまで、片道30分チャリをしていたのが、

なくなったからでしょうか?

 

理由はともかく、太ってしまったのです。

 

その最も分かりやすい指標は、へそです。

 

過去、痩せていた僕のおへそは、

「でべそ」とは言わないまでも、

お腹のライン上にいました。

お腹の上を指でびーっとやっても、

へその上を凹凸なく通過。

 

それが、今、へそは隠れています。

おへその部分だけ溝。

1cmくらいの溝。

 

2年で、1cmくらい皮下脂肪がついたことが、

こんなにはっきりと見せ付けられるのです。

恐るべき「へそ」。

 

でも、不思議。

皮下脂肪。

へその所だけよけてつくんだね。

へその位置は変わらないで、

その周りをせっせ、せっせと脂肪が積み重なるわけだ!

 

ちょっと、待てよ!

 

ひょっとして、へその下にもついているのかもしれないぞ!

そしたら、1cm以上脂肪がついたことに・・・・・

あぁあぁあぁあぁ・・・・・・

 

とりあえずの目標は、へそを元に戻すこと。

増えた1cmの脂肪を燃焼させないと。

 

はげの気配  脂肪の気配 と 将来の不安の気配

なんだか着実に歳を取っているのを実感させられます。

 

頑張って、気合いれて、

心も体もアンチエイジング!

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

百害あって一利なし!

と言われるタバコですが、

一利はあるだろう!

と思っている僕であります。

 

ストレスのためすぎはよくない。

タバコの煙を見ると、

自分の中の汚い色々が体から出て行く感じ。

それだけでなく、ストレス解消にはなります。

 

2年ぶりの役者に挑もうとしている僕は、

実は、スモーカー

でも、スモーカーといっても、一日3本!

しかも、土日は吸いません!

 

会社にいる時だけ、仕事でうぉお!って時だけ吸うようにしています。

一日3本なら止めたら?

とよく言われますが、

一日3本なんだから、いいだろう!

とも思います。

お金もかからないし、ストレスの軽減は大切よ。

 

そんなことを思っていた僕に、衝撃の記事が目に入った!

タバコは、頭髪にも悪い!

 

な、な、なにぃ!

と、と、頭髪!

 

百害じゃない!万害じゃ!

 

どうも血行が悪くなり、頭髪に悪いらしい。

悩むぜ。悩むぜ。一日3本でもやめようか・・・・

 

でも、ふと思うの。

ストレスも頭髪に悪いんでしょ?

 

タバコによってる軽減されてるストレス

に対する頭髪へのプラスの影響

と、

タバコそのものの頭髪へのマイナスの影響

 

どっちが大きいのか!?

 

悩むね。悩むね。

 

悩んで、また、頭髪に影響がでたら、

これまた、本末転倒な話です(笑)

 

髪は大事だ!

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

脚本を書き終わって一週間。

書き終わったことで、糸が切れ、ゆ~るゆる

脚本修正のことはひとまず忘れ、

演出のこともちょっと忘れ、

ゆ~るゆる

 

僕の心。

無防備な状態。

 

そんな時に、

相場は最悪だわ、

役者ぬけるわ、

でひしひしと心に来る。

 

こういうときの対処法は、黙ること

心も口も黙ること。

 

イライラやら不満やらマイナスの感情は、

心で反芻すれば、増幅するだけ。

口に出せば、吐き出せる気がするけど、やはり増幅する。

 

何か書いて、心や頭を整理して、

後は押し黙り、押し黙り、押し黙り、

自然と消えるのを待つ。

 

まぁ、今日は、稽古の後、劇団員にちょいと愚痴ってしまったけどね。

いけない!いけない!

その時は楽だけど、回復を遅くする。

 

押し黙れ!押し黙れ!

 

さてさて、ゆ~るゆる期間もそろそろ終わり。

きっちり自分で終わらせる。

明日からバリバリ色々やりますよ!

そのためには、まずは、明日仕事で勝たないとね!

勝てるかな?

 

僕の薬はネイビーだ。

十数年、一緒にいてくれているかけがえのない存在。

いてくれる感謝で、十分いろんなものが消えていく。

 

あとは、テニスンのユリシーズの詩を心で唱え・・・・

僕のキャラに合わない詩なので、ここで公表はできません(笑)。

 

今夜はなんだか不思議な気分

ブログでこんなこと書くほど、不思議な気分

眠気眠気の状態から、すかっと起きた状態みたい。

 

さてさて、明日からまた糸をピンピン張っていきますよ。

| | コメント (0)

2009年1月23日 (金)

先月はいい感じだった仕事の方も、

先週からまたまた苦境に立たされてます。

 

またもや、将来も色々心配になってきますが、

まだもう少し、諦めずに挑戦していきたいと思います。

が、そろそろ資格も取り始めないとね(笑)

 

ってなわけがどうか知りませんが、

滅入るのは、仕事だけでなく、芝居も同様・・・・

 

配役が決まっていた役者の退団・・・・

一番、滅入るメールです。はい。

まぁ、これで、役者途中降板は3公演連続。

(前回は、多忙理由でしたが・・・・)

 

前々回、新人が途中退団した時の理由は、

稽古がゆるすぎる!

のが主な原因だったので、

今回の新人には、結構厳しくやっていたのですが、

それがいけなかったのか?なんなのか?

楽しめなくなったらしくて、退団です。

 

楽しむのは大切です。

役者が楽しんでない芝居が面白いはずがありません。

僕の信念です。

ただ、僕としては、お客様からお金もらう立場なので、

きつかろうが、厳しかろうが、

その料金に見合った演技を身につけさせねばならないのです。

その中で、

演技や空間を作る楽しみを味わってもられば!

と思い、今までもそうやってきました。

芝居の一番の醍醐味は、

本番に自分たちの空間を作って、

それをお客様が広げてくれた更なる空間を味わうことですから!

そのためにすべきことはしなきゃなのです。

 

高校時代から「本番だけでなく、その過程も楽しむ」と試行錯誤してきましたが、

やはり、そこらへんのバランスは難しいですね。

しかも、芝居の稽古はクリエイティブなので、厳しすぎてもアレで、

そう思って、一時期は、ゆるい稽古が多い時期もありました。

まぁ、今回は自分としては、

いいプログラムでいい感じに進めた!

と思ってしましたが、ちょいと力不足だったようです。

途中で投げ出す役者にも責任はありますが、

ここには、やはり、代表・演出の僕の責任もあります。

 

じっくり反省しなきゃなりません。

が、今は、そんな暇がない!

代役探し!

 

僕、元々男性と交流とるのが苦手なので、

数少ない芝居関係の知り合いも、どうも女性に偏りがち(笑)

なかなか見つからないの。

しかも、うちは、週一稽古で半年間!と劇団にしてはちょいと特殊なので、

これまた、かなりの制限。

 

もう練習も始っているから、

ある程度、技量ある人・・・・

 

と思うと・・・・・

 

ブーメラン!ブーメラン!

と頭をグルグルまわしたくなって、

まわしてみたりしてます(笑)

 

まぁ、でもね、何事にも問題はありますよ。

進み続けることが大切なのであります。

 

どんなに心が追い詰められても、

自分を見失わずに、

前見て、進むことは、忘れないように!

 

ワン

 

ツー

スリー

ゴー!

| | コメント (0)

2009年1月22日 (木)

今朝から腹痛で、下痢。

なぜか分からぬ急な下痢。

電車の中でクライマックスを迎えたら、

社会人生命が終わるのが怖くて、

会社を休んだのでありました。

 

最近、パブロンばっかのでるし、

花粉の薬も飲み始めたし、

ヒースレジャーもいろんな薬飲んだせいで死んだというし、

怖いからパブロン禁止令をだしていたのですが、

パブロン中毒の私には、耐え切れず、

パブロンを飲んでしまったら、

腹痛が治まったのであります。

 

よかったのですが、やっぱ怖いので、

しばらくの間は、パブロン断ちます。

 

さて、だいぶ前のニュースですが、

渡辺喜美さん、江田さんと組みましたね。

一人で離党して、どうしようもなくなるんじゃないか!と心配してたのですが、

すばらしい無所属マン・江田さんと組んだとなれば一安心です。

国民運動もステキだけど、きちんと政党作ってほしいですね。

したら、比例は民主にいれずに・・・って流れになるのに!

 

僕も、腹痛で苦しんでる場合じゃない!

| | コメント (0)

2009年1月21日 (水)

いまさら、読みました。

アガサ・クリスティー

「そして、誰もいなくなった」

 

森博嗣の「そして、二人だけになった」は読んだことあったのですがね。

サスペンスは普通に好きだし、

サスペンス物の脚本を書くために、

伏線やどんでんの書き方の法則とかも色々習得してきてるはずですが、

もち前の馬鹿正直で、毎回まんまと騙されるのが僕です。

 

今まで、なぜかアガサクリスティーを読みませんでした。

アゴタ・クリフトフという名前の似た作家がいて、

「悪童日記」というかなりお気に入りの小説の作者なのですが、

これは、「二人の証拠」「第三の嘘」と三部作の作品で、

文庫にもなっているので、ぜひ皆様に読んで欲しいのですが、

なんだか、名前が似ていて、「悪童日記」気に入りすぎてで、

ただ、読む気がしなかっただけかもしれません。

 

脚本を書き終わって、やっと本を自由に読めるので、

ゆったり読もう!と読み始めたのですが、

毎回のごとく、

読み始めはゆっくりだけど、

中盤にはいるにつれて、抜け出せなくなり、

一気に読み終えてしまうパターンでした。

 

そして、

今回も騙されました。

「そして、誰もいなくなった」

やはり、名作と言われるだけあって、

のめりこんでしまう。

 

オススメ。

 

ここからネタバレです。

 

死んだ人の誰かが犯人だと途中から思ったのです。

そうすると、一番始めに死んだ青年が犯人?

医者とグルになって、死んだとみせかけて、

どんどん殺していく?

死の確認は医者の仕事だったし、

始めの青年の死に方が唐突すぎて怪しかったので・・・・ 

 

死んだと思った人が犯人!

犯人は一人とはかぎらない!

とそこに行き着き、

それにとらわれすぎて読んだので、

まんまと騙されてしまいました。

 

判事が自分の死を偽ったのは面白かったけど、

みんなの目を盗んで毒を!

とかなんだか安直過ぎて、

ちょっと物足りなさも感じた。

だぁーん!ってものがなかったのが残念だけど、

まぁ、それはそれでありなのかもしれない。

| | コメント (0)

2009年1月20日 (火)

ニュースサイトというと、

asahi.comばかりだった僕ですが、

最近、よく見るニュースサイトがあります。

J-CAST ニュース!

http://www.j-cast.com/

 

どこの系列のニュースかよく分からないのですが、

いいサイトです。

毎日4こくらいしかニュースが追加されません(笑)

 

ニュースっていうか、問題提起?

 

最近のニュースの中からピックアップしたネタを、

バックグラウンドを解説してくれながら、

なかなかいい意見を言ってくれてます。

 

たくさん局があるのに、同じネタに対して、

どれも同じことしか言ってないどっからけ新聞達とは、

そこらへんが違っていて、

読んでおもしろいし、勉強になるし、

バックグラウンドの解説も少しあるから、

自分で考えさせられます

 

今まで知らなかった情報も多いし!

氷河期就活生にオススメじゃ。

普通のニュースに飽きてる人にもオススメじゃ。

コラムとかもたくさんあって、おもしろい!

 

おすすめ!おすすめ!

| | コメント (0)

2009年1月18日 (日)

昨日の稽古で死にそうになった体を抱えて、

千葉に、高校演劇の関東大会を見にいってきました。

 

僕が昔いた、戸山高校演劇部が関東大会まで進んだらしいのです。

 

とはいえ、今の部員の子と何のつながりもありません。

その昔は、長塚圭史さんとかが頑張っていたらしいですが、

僕が高校に入学する時には廃部になっていて、

僕が、一から集めて、「劇団のり」とか名乗って活動してたのですが、

その演劇部も僕の卒業数年で廃部になり、

その後、また出来上がったのが、今の演劇部なので、

なぁーんのつながりもありません。

 

unit-IFの第1回公演の時に、彼らの掲示板に宣伝したら、

見に来てくれたので、その時に少し知り合った子が連絡をくれて、

今回の観劇に至ったわけであります。

 

作・安陪健一 で

「アベケンⅠ」

って大層なめた題名です。

パンフの部活紹介にも、

数式しか書いてなくて(まぁ、舞台の内容には沿っていたのですが)

そこらへんが、

あぁ戸山っぽいねぇ。

と勝手に母校色を当てはめてみたり・・・・

 

芝居自体は、なかなか面白かったです。

空間とか、間の使い方は面白くて、いいじゃん!って。

音・歌詞を使ったネタとか、大概シュールで、ちょいと似たものも感じ、

笑えました。

が、なんか客が笑いすぎ・・・・

これで、そんな笑うのかよ!

って所でも大笑いとかあって、ちょいと驚き。

  

客層は、他の出場校を含めた高校生がほとんど。

一般の客とは違う。

きっと、普通の高校生とは違う。

演劇系の高校生の笑いのツボは、ここらへんなのか!

と、芝居もみつつ、

そこらへんも興味深く見てしまいました。

 

とはいえ、自分の好きなシュールさだったので、

結構笑いましたが・・・・・

一般うけするかどうかはまた別なのかもしれません。

 

でも、高校生であれだけ作れるのは、すごいね。

僕の時なんて、勢いだけのギャグ集団みたいでしたから(笑)

 

いつもと違う雰囲気の観劇で刺激になります。

ほとんどつながりないけど、

母校の演劇部、これからも頑張っていって欲しいです。

| | コメント (0)

2009年1月17日 (土)

長らく続いた「どうも、小山です」シリーズは終了。

あれがあると更新が滞ります(笑)

 

さてさて、やっとお正月気分になれそうです!

年末から頑張りつづけた劇団の仕事が、

ようやく一息つけそうです!

 

仕事は何か?って?

脚本です。

 

この度、unit-IFの脚本家が、

織方葵から小山一羊へと変わりました!

 

過去10年以上、高校生の時から、

執筆活動は織方葵の名でやってきました。

 

脚本が男か女か分かるだけで先入観になってしまうので、

男か女か分からない名前

もしくは、

女に捉えられる名前、

と思って、織方葵の名前でやってきました。

 

unit-IFを旗揚げする時に、小山に統一しようか迷ったのですが、

演出・役者の自分と、脚本の自分って、

自分の中の位置取りが違う!

と思い、織方を続けました。

 

お客様の中には、

演出の小山=脚本の織方 

ってのを知らなかった人もいるかもしれません。

むしろ、そっちの方が多いでしょう。

 

織方は、僕でした(笑)!

この前の外部のスタッフの人も、打ち上げの時に、

その事実を知ったりとか、意外に知られてませんでした!

名前を変えていたので、

このブログにも「脚本を書いてる」とは書かなかったのですが、

 

このたび、意を決して、

次回公演から脚本も小山一羊に統一することにしました!

 

過去の織方の作風は、引き続きますが、

歳をとったせいか、なんなのか、

作り方や、物事の感じ方が大きく変わってきて、

次回作品は、作風は変わらないけど、

僕の中の心の底の部分では大きく変わったので、

これを機会に統一することにしました。

 

あと、名前を統一しただけではありません。

次回作品の更なる特徴は、

脚本の相談相手を作ったこと!

 

ずっとそういう相手を探していたのですが、

なかなか見つからずにいたのですが

大学の劇研の後輩で、前回客演してくれて、

今回から入団してくれた徳弘君に頼むことにしました。

 

彼女の作・演出の作品を過去2回観たことあるのですが、

大いに気に入っているし、

本人には心外かもしれませんが、

どこか似た作風を感じるので、頼むに至っただけです。

 

他人と協力して、脚本書く!って初!

相談相手がいるって、自分の心の中でちょっと甘えになって、

決断力が鈍ってしまったりはしたんですが(笑)、

やはり、一番の利点は、作品の幅の広がり!

自分ひとりはこういう作品には至らなかっただろう、

新たな形の脚本に仕上がりました!

 

それだけでなく、

自分の書いたものに、他人の書いたものがどんどん入り込んでくる!

ってなんだか不思議で不思議で仕方のない感触

新たなインスピレーションです。

それに、

今回はネタに詰まることは多かったですが、

書き進めるのが苦しい!ってことは、以前よりは少なかったですね。

むしろ、ディーラーのその日の仕事の成績の方が、

脚本活動に影響を与えていましたし・・・・・・

 

個人的には、もう共著のレベルなんです。

ただ、相談して色々アイデアもらったけど、

決定権はひたすらこっちにあったので、

それで共著ってのもむしろ悪いかなぁ!

と思い、ちょっと迷い中。

まぁ、本人に聞いて、その意向次第ですが。

まぁ、一般の共著の度合いがどんなかも知らないし・・・・

 

というわけで、出来上がりました!

「眠れぬ森のアリス」

1月5日に第1稿をみんなに送り、

今日稽古だってのに、今朝まで書き直し続けて、

やっとやっと完成です。

どんな話かは、また後々。

 

まぁ、題名含めて、まだまだ修正するところがたくさんあるので、

そう心休めていられませんが、一息はつけます。

 

ってね。脚本で一杯一杯で、一時間後から始る稽古のプランゼロです。

演出プランもあいまいなまま、この公演の稽古初の9時間稽古に突入。

 

一時間で練り上げないと!

 

というわけで、7月末に公演です。

ご期待下さい。

| | コメント (2)

2009年1月 8日 (木)

消費拡大!

 

どうも、小山です。

ニュースを見ていたら、

「ワークシェアリングの推進を」との声が相次いでいる!

というのが目に入った、よ。 

なんでも、この制度は

「1人あたりが働く時間を減らして、雇用を複数の人で分かち合う」というもの

らしいです。

 

いいじゃない!いいじゃない!

僕が思うに、雇用確保だけでなく、

消費拡大に繋がるのではないかと思うの。

 

だって、みんな、残業しすぎ。

僕は、いつも金欠ですが、

周りの友人には、

残業が多くて使う暇がない!貯まる一方!

って人もいる。

 

日本の国民性では、そんなにお金使わないんだろうけど、

使う時間があれば使う!って人も結構いるんじゃないでしょうかね?

 

残業無くして、消費拡大!

楽しい世の中になりそうですが・・・・

| | コメント (0)

生きてます!私!

 

どうも、小山です。

全然更新してませんが生きてます。

今年一発目の映画は、

WALL・E

 

普通に楽しめました。

ただ、個人的には「ティンカーベル」の方がよかったかな。

WALL・Eは、心を空にして楽しむことができていい作品です。

 

個人的には、「2001年宇宙の旅」のパロディが一番キマした。

ディズニーがあんなことしていいのでしょうか?

 

細かいこと気にすると、色々違うだろ!って点がありましたが、

まぁ、そんなのは関係ない!と思ってみればいい。

ただ、ゴキブリのロボは、かわいいけど、・・・・・

 

「魔法にかけられて」でも、ゴキブリにインパクトありましたが、

最近のディズニーはゴキブリ好きなんでしょうか?

 

新たな一歩を踏み出そうと頑張ってるのかな?

このままいくと、

ゴキブリが主人公の映画とか作りそうな勢いですね。

 

もし、そんなの公開されたら、見たくないけど、

ディズニーのチャンレンジを賞賛して見に行きそうです。

 

| | コメント (0)

2009年1月 1日 (木)

左の鼻から血が流れる。

 

どうも、小山です。

2009年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

新年は、劇団の大仕事のため家に缶詰・・・・

同居人が実家に帰ってるため、ネイビーと2人。

なぜか、ネイビーが情緒不安定で、

僕が机に向かっていると、グスグスと泣き出す。

同居人が早く帰ってきてネイビーの世話をしてほしい・・・

 

仕事の進行が行き詰ると、風呂に入り、

ネイビーがなくと一緒に寝てやり、

そんなのの繰り返し。

 

風呂の入りすぎか、

パブロンの飲みすぎか、

アリナミンの飲みすぎか、

左鼻から鼻血がよく出る。

 

仕事が終われば、僕の新年休み!

とはいえ、連休中に終わるのか?

 

今年もよろしくお願いします!

| | コメント (1)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »