« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

前にもこのブログに書きましたが、

明日、

正社員から契約社員になります。

 

給与体系と待遇が変わるだけで、

仕事の内容は、今までとまったく同じなのに、

今、不安です。

 

今までと同じ仕事なのに、

すごい緊張しそうです。

 

今までもある程度生活かかってましたが、

明日からはマジで生活かかった戦いになります。

 

いやぁ、「不安」ってすごい敵ですね。

心のダークサイドの中でも、結構なパワーの持ち主。

 

結局は、自分との戦いとは、

不安との戦いとも言えるわけで。

 

なんだか、今日は、いい精神状態でないので、もう寝ます。

明日、負けたら、マジへこみそう。

徐々に、慣れるだろうけど、それまでは勝ち続けたいです。

それまででなくとも、いつまでもね。

 

明日は、4月1日ですね。

みんなに年賀メールでも送ろうかな。

 

今年は、くだらないことする余裕もなさそうだな・・・・

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

結婚しました

 

 

と友人からメールが来ました。

タイトル「そういえば」

本文「結婚しました」

 

高校の時に一番仲良かった女友達。

演劇部にも参加してくれて、

なぜかよく数学を教えてあげていた友人。

 

結構仲良かったはず。

 

浪人時代もいきなり電話してきて、

地方の大学行ってからも、いきなり電話してきて、

大学時代は一年に一回くらいは会ったけど、

関東に戻ってきてからは、あまり会わず、

ここ2年くらいは会ってないんだけどね。

 

いきなり、結婚のメール。

びっくりした!

 

仲良かっただけに、

もっと早く教えてよ!

と思いつつ、

最近会ってないから仕方ないか

と思い直していたら、

久々に会いたくなった。

 

最近、色んな人に会ってない。

会おう、会おう、と言って会ってない人が

どんどん増えていく。

みんな忙しいから予定があわないもあるけど、

近くにいるときっかけがないとね。

地方とか海外にいる友人だと、

帰ってきた!ってのがきっかけになるけど、

あまり会ってない友人に、いきなりってもなんかね。

こういうメールもいい機会なんで、

久々に会おうかなぁーと思います。

まぁ、でも、向こうはお医者なんで忙しいかもなんですがね。

 

なんだか、どんどん結婚してくわ。

最近は男の友人もね!

 

なんだか、寂しい気持ちになるのはなんでだろう?

みんな大人になってくんだね感なんでしょうか?

 

とはいえ、嬉しいことですね。

おめでとう!

| | コメント (0)

僕、今まで、眉毛、上に揃えてきました。

眉毛があって、

目に近い方を、主に抜いてきた。

おでこの方は、ちょっと整えるだけ。

 

なんかの本に、

目と眉毛の間はあいてて方が・・・

って書いてあったのを信じたのか?

はえ際が後退し始めているおでこを

少しでも狭く見せようとしたのか?

なぜか分かりませんが、上に揃えてきました。

 

今までは特に言われなかったのに、

なぜか、ここ最近の一年、よく、

下に揃えろ!

といわれます。

男からも、女からも言われます。

 

上に揃えるのに特に執着もないので、

下に揃えてみようと思います。

 

僕、

頭の毛はあまり生えませんが・・・・・

眉毛はよく生えます。

 

一週間抜かないと、

抜いたはずの眉毛の下の部分は、

普通の濃さを10とすると、3くらいは生えます。

1ヶ月放置すれば、抜いてきた下の方も生え揃うでしょう。

 

そうなのです。

僕の眉毛、元々は太い・・・

今の2倍の太さはある。

 

なので、今から下に揃えるために、

放置プレイ・・・・・

 

したいのですが、

今月は、友人の結婚式の2次会が2個。

しかも、一つは乾杯の挨拶するのに・・・

 

放置でいいのかしら・・

と悩むのです。

 

え?

今の眉毛でも十分変だから放置でも変わらない?

Me 変かな?

変?

 

放置して、太くしつつ、

徐々に上から削っていくしかないようだね。

Me2 このラインを目指して、

揃えていきたい

と思います。

そんなとこまで、生えるんですよ。

  

頑張るよ。下に揃える!

| | コメント (0)

2009年3月28日 (土)

昨日の深夜に始めた、通しのだめ出しの打ち込み。

まだ、終わりません・・・・

一度寝たからだけどね。

 

なぜか、シャルロットチャーチを聞きながら。

高3の大学受験勉強してた頃、聞き続けてたから、

懐かしい。

 

あぁ、集中力が持たない。

僕の集中力は連続1時間が限界です。

 

集中してる時の集中の度合いと、

休んでの回復力には自信がありますが、

連続は一時間が限界です。

 

というと仕事は・・・・・

相場は午前2時間、午後2時間半・・・・

集中保ってないってことですね。

どっかさぼってるわけです・・・・・

 

ということは、

芝居は約100分。デ=ズッパですが・・・・

えぇ、どこかで気を抜いてるのです・・・・

 

まぁ、何事もうまく気を抜くのが効率のために大切です。

自分の限界知ってるとそれがやりやすいですが、

もうちょっと集中が続いたら・・・・

と思う今日この頃でございます。

| | コメント (1)

先週の日曜日に通しがありまして、

そのDVDを入手したので、

今、見ながらダメ出し書いてます。

3時くらいね。今。

 

仕事から帰ってきて、6時間寝ちゃったので、

深夜のダメ出しです。

別に、深夜にダメ出しメールしてるわけじゃないですよ。

 

パソコンに打ち込んでるだけです。

今回は自分の出演してるので、

しかも、デ=ズッパだし、

通しのダメ出しは、DVD見るしかありません。

 

そんな中、ふとメールをチェックしたら、

劇団員の藻瑚様からメールが来てて、

前に「稽古のコメント」について僕がみんなに送ったメールの

返信だったのですが、

誉めるのも大事!

って書いてありました。

 

その通り。

 

今、書いてる通しのダメ出しだって、

まだ、4分の1くらいだけど、

一個も誉めがない・・・・・・(笑)

 

僕、誉めるの苦手なんですよ。

別に、誉めたくないわけじゃくて、

むしろ、誉めたいんだけど、

なんか誉められないの。

まぁ、誉めるの大事って、

演出だけでなく、共演者間でも誉めあうのは大事なんですが、

でも、まぁ、演出家としてもっと成長するためには、

誉める技術!

培わないといけません。

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

普段、あまり会社の同期と食べたり飲んだりいきませんが、

時々は行ったりもします。

ただ、群れるのはあまり好きでないので、

(なのに、劇団の代表なんだけど・・・)

行くにしても少人数。

 

会社に2年間いて、その中の1年間くらい、

もしくは後ろだった同期がいまして、

今は隣の席なのですが、

来週フロアの異動があるので、

もはや、隣でなくなるだろう同期とよく食べに行くのが、

ど・みそ

 

京橋にあります。

Dsc00232 特みそこってり

大盛

 

こってりしていてうまい!

 

ただ、毎日食べたら絶対太る!

だから、時々、食べに行く。

 

僕、実は、ラーメン好きなんですよ。

特に、豚骨系が好きですね。

一番好きな店は、「百麺」!

あまりメジャーじゃないですが、安くてかなりうまい!

前の実家の近くにあって、よく行ったのですが、

最近実家にも行ってないし、実家も引っ越したし、

今度いつ食べにいくんだろう・・・・・な感じです。

 

横浜の大学にいた時は、

横浜駅周辺にうまいラーメン屋が多くて、

スカイビルの「壱八屋」とかお気に入りで、

駒場の大学院にいた時は、

駒場周辺のラーメン屋も多くて、

「山手」とか好きで、

で、実家の近くに「百麺」があって。

 

お気に入りが近くにたくさんあったわけですが、

今は、周りにお気に入りのラーメン屋が少ない・・・

川崎のラーメン屋、色々行ってるんだけど、ドンピシャ!がない。

川崎は豚骨系とか少ないのか・・・?

それに、会社の周りも散策しまくってるわけでもないので、

会社周辺の唯一のお気に入り「ど・みそ」に行くわけです。

 

いやぁ、うまかった!

「ど・みそ」に飽きるまでは散策しなそう・・・

 

では、「ど・みそ」で会いましょう。

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

いやぁ、勝ちましたね

日本。

テレビで見たかった!

あんな面白い試合もめったにない!

 

気になってほとんど仕事になりませんでした(笑)

 

皆さんそうなのか、相場も全然動かないし・・・

日経平均先物、1時間で30円幅しか動かないって・・・

今日は4番5番が機能してれば圧勝だったのに・・・

と途中からイライラ

しかも、

最後、なぜかダルビッシュ!

なぜ杉内続投じゃないの?

ストライクは入らないし、追いつかれるし、

あぁ、イライラ

 

でね、イチローですよ。

不調だったのに、最後の最後、おいしい所は、

きちんと持ってきますね。

城島とか今まで好調だったのに、

MVPか?と思ってたのに、今日の打撃不調。

一転、イチロー好調!

 

イチローの人間臭さを見れたWBCでしたね。

嬉しいのか、ちゃんとやれよ!なのか・・・・

でも、不調でも不調でも折れずに持ち直せるってやっぱすごいね。

全体を通してかなり楽しめた大会でした。

 

個人的には、青木にMVPとって欲しかったけどね。

 

でも、決勝、アジアの2国って。

次からWBCはあるんだろうかね・・・・

まだ、アメリカでやるんでしょうかね・・・・

 

3連覇を期待して、楽しみに待ってます。

 

それにしても、今日の相場の最後の上げは何だったでしょうね。

お祝いですかね??んなわけないって?

| | コメント (0)

2009年3月23日 (月)

3連休は休みじゃなかった。

金曜は、宝塚歌劇を見に行った後、後輩の追いコンに顔出しに、

あぁ田舎の金沢八景へ。

土曜は、お気に入りの劇団の2つの公演日程がかぶり、

昼から夜と2本立て。

日曜は、がつがつと9時間稽古。

しかも、通し。デ=ズッパ。きつい・・・・

 

というわけで、

小劇場でのお気に入りの劇団2つ、見てきました。

昼!

舞台藝術集団 地下空港 番外実験公演

ストラップ・オン・ザ・サードクライシス

 

いやぁ、よかった。

この劇団のでは一番好きだったし、

今まで見た小劇場演劇の中でもかなり上位!

毎回衣装がステキな劇団で、今回もステキで満足。

衣装だけで空間作れるっていいね。

そして、何が気に入ったって、入り!

自分の芝居でも、「入り」はかなり気を使っているのですが、

いやぁ、あの「入り」はすごい。

一人の男優の世間話タッチの一人セリフから始ります。

このトークがうまい。

というか、大学時代の仲間の男優に話し方に似てて、

好感を持てただけかもしれないけどね。

実験公演だから、このままトークで終わるのかな?

と思った直後、ものすごい濃い空間の展開。

濃すぎて、ちょっと!ちょっと!と置いてかれそうになるくらいの濃さ。

ただ、そのギャップで、あっと言う間に芝居の空間に包まれた!

しかも、芝居も1時間だったので、包まれたまま終われたのが満足。

この劇団、自分の芝居と雰囲気似てるし、好きだったのですが、

いつも何か物足りなさを感じていたのですが、

今回は、どんぴしゃ!

短い中に色々詰め込んだせいなのか、

やりたいことがちゃんと見えて、かつ、それがうまく集約されていた。

1時間なので、ストーリー展開が薄いのはちょいと仕方ないですが、

それはそれでいい!と思えるほど、いい芝居でした。

お気に入り!

でも、くやしいね!

ただ、コンテンポラリーダンスとかの実験、みたいなこと書いてあったわりに、

体の動きやその精度は、全体的な統制に欠いていたし、

そこら辺が残念なところ・・・・・

会場はアートギャラリーな所なので、照明は簡素でしたが、

それを考えるといい照明でした。

ただ、あぁいう所の照明だとreset-Nさんの照明の方が映えるよなぁ、

と久々にreset-Nさんを見に行きたくなりました。

 

続きましては、

小劇場ミュージカルコメディ・山下幼稚宴

「勝利の条件」

 

今回は、大学の後輩の熊野君が出演。

気に入った劇団に、自分の後輩が出るなんて、

なんだか嬉しいです。

小劇場なのに、歌と踊りがうまい!

それが光る山下幼稚宴

今回は、歌と踊りを中心にした構成だったので、

前回よりも楽しめました。

いやぁさすが!

ただ、ソロの所で、高音が出てない方がちらほらいて、

ちょっと残念でした。

なんだか、ステージ数多い関係で、喉にキテルみたいで・・・

そこは、頑張ってほしいですね。

たださ、コーラスとかはお互いに補完しあって、

かなりいい迫力でした。

ただ、歌がいいので、

普通の芝居の台詞回しの弱さが目立つ。

長セリとか、特に。

セリフも歌のように聞いてて心地よいセリフ回しが、

個人的には好きなので。

演技の動きも、ダンスあんなうまいのに!って思ってしまう所がある。

歌やダンスの稽古もやって、

さらに、演技も!って大変だろうけど、

そこのあたりもドンドン伸ばしていってほしいです。

ストーリー的にも、ちょいとシンプルだったな。

ミュージカルだからそれでいい!と毎回思うけど、

自分的には、何かを描く時はギャップを使うのが好きなので、

もっと人間臭さ・汚さを描いてもらえば、

ラストへの明るい芝居が、さらに感動できそうだなぁー

とか思ったり・・・・・

個人的には、

山下さんは一番始めに見た芝居が一番気に入っているので、

ファンとしては、そのお気に入りを超えるものが見たいですね。

でも、あの歌と踊りを2000円で見られるなんてね。

自分の芝居で、自分、次、踊るので、

あぁ、練習しまくんなきゃ・・・・

やばいものお見せできない・・・・

ってかなり焦ったもの事実・・・・・ウシシシシシ

今後も期待して、楽しみにしてます。

どんどん成長していって欲しいです。

そして、それに負けないように自分も頑張らなきゃって勝手に思います(笑)

 

お気に入りの劇団を二つも見ると、

自分のインスピレーションも、自然とあがっていきます。

特に、山下さんは、自分の7月の芝居と同じ劇場なので、

ドンドンと新しいアイデアが生まれてきました。

 

それに、やはり、いい芝居は、うれしいけど、

悔しくもある。

悔しさ感じられるだけでも感謝なんですが、

もっともっと頑張っていきますよ。

 

3連休、疲れたけど、久々の芝居漬け。

やっぱ、芝居はいい!

デ=ズッパのアイデアもドンドン出てきて、

7月の公演をぜひご期待くださいね!

 

ではでは。

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

正社員から契約社員になるのに必要な書類に、

親の署名が必要な物があったので、郵送で送る。

 

送り返してきたその封筒には、必要書類と手紙。

手紙には、

「仕事は生きるための戦いです。」

と書かれていました。

  

うむ。親はどういうつもりでこれを書いたのだろうか?

ヘラヘラしてないで真剣に仕事せよ!ってことなのだろうか?

 

キリスト教徒の両親っぽい言葉でもあるような気がするが、

宗教とか関係のない気もする。

 

まぁ、おっしゃる通り。

しかも、僕の戦いは、

もはや、戦いに負けたら・・・・

って状況なんでね。

言われてることをひしひしと感じるわけですよ。

 

この手紙、とっておいて家訓にしようか(笑)

 

うちの劇団員の一人が就活してて、

内定出たとかの話を聞いて、なんだか色々考える。

色々考えながら、自分の周りを思いかってみると色んな人がいるもんだ。

就職して努力して、学生時代から想像もつかぬほどうまくいっている人もいるし、

ただ生きるために面白くもなさそうに仕事をしてる人もいる。

安定の正社員か勝負の契約社員かを悩み、

クビになったらどうしようか不安がる人もいれば、

若い頃からフリーターで役者や声優を目指す人もいる。

勉強が好きなのか、研究が好きなのか、ただ流れなのか?

地位は高そうに見えるが不安定な研究職で頑張っている人もいる。

 

人生は選択。

選択と共に、自分の可能性はどんどん少なくなっていく。

決断とはそういうこと。

 

就活の時に、たくさん落ちて、いろんな業種回って、

自分は本当は何がやりたいのか悩み、

またこんな所で、自分に正直にならなきゃ!かでてきて

かつ馬鹿正直さが発揮され、

悩み悩んだ結果、今の仕事を心に思ったときに、

一瞬にしてさっと全て晴れたような気分になった。

 

今の仕事は好きである。

芝居を続け、生活は今の仕事で支える

って自分の人生ではベストな選択である。

 

改めて色々考えてみても、そこに行き着く。

今の状況に感謝しなきゃいけない。

 

自分にもっと自信をもって、

自分をもっと好きになって、

(これ以上好きになってもしょうがないのだが・・・)

自分の魅力を伸ばしたい。

そうなれば、

今よりも、他人をねたまず、うらやまず、

今よりも、他人に優しくせっし、

在りたい自分に近づける。

 

そのためには、

勝負に出た今の仕事で頑張るしかありません。

続けたいからこそ、安定を捨てて不安定な勝負に出た。

自分は安定にいては、自分に甘えるだけ。

 

生きるため

というより、

自分にもっと自信を持つための

ありたい自分でいるための戦い。

 

生きる尊厳の戦い。

 

こういう結論に達するから、

親はああいう言葉を送ったのでしょうか?

きっとまだ危機迫る生活の困窮を味わったことがないから

こういう結論に達するのかもしれません。

でも、まぁ、

まずは、自分の結論を満たすために、

頑張ります。

| | コメント (1)

2009年3月19日 (木)

いやぁ、キューバに勝ちましたね。

仕事中、結果が気になって仕事どころじゃありませんでした。

なんだか、キューバもかわいそう。

国際大会40回連続決勝戦まですすんでたらしいですよ。

すごいねぇ。

日本がちゃんと韓国に勝ってれば、

キューバが韓国を倒してくれたかもしれないのに・・・・

 

個人的にはこのWBCは、

青木岩村スタメンなだけで楽しめます。

ヤクルトファンですから!

今日は二人とも活躍したしね!

ってか青木すごすぎ!

メジャー行く時は年俸いくらになるんでしょ! 

さてさて、明日の先発は誰なのでしょうか?

明日はある意味消化試合。

明日、いいピッチャー使いすぎたら、

大事な準決勝、決勝で使えないし、

かといって、点取られすぎてもピッチャーたくさん使っちゃうしね・・・

マー君?

 

今、一番気になる所。

 

決勝まで進んだら、全ての会社、休みにしてくれないかなぁ・・・

別に、うちの会社だけでもいいですが・・・・

| | コメント (0)

2009年3月18日 (水)

やっとこさ、「屍鬼」、読み終わりました。

行きと帰りの電車と、会社の休み時間と、

時々家で読み続け、3週間。

太い文庫本5冊は長い!

 

ホラーというより、ミステリー。

状況説明が終わって、起承転結のが始まるまでは、

厳しいですが、そこからは、後の展開が気になってあっという間。

 

途中から、静信と敏夫の二人が主人公っぽくなりますが、

最後にかけてのこの二人の対比が、

この物語を深くさせ、

人間の「エゴ」をきれいに描いている気がします。

 

そう。人間の「エゴ」。

人間と家畜の関係などが語られる所なんか、

自分の劇団で9月にやった「OCT」を思い出されます。

いやぁ、なんだか似たようなこと書いてあって・・・・・

この本を「OCT」を書く前に読んでたら話変わってたかな?

と思いつつ、

この本を借りたのは「OCT」を書く前だったので、

普通に読めたはずですが、

まぁ、そんなもんです。

 

比べるの失礼かもしれませんが、

まだまだ「OCT」との共通項があって、

一人の少女が、悲劇の状況に置かれ、苦悩し、

そして、行動に移す!

って所。

ただ、OCTとの違いは、理解者の存在

 

先に書いた考えの違う主人公の二人の対比や、

苦悩する人に対する理解者の存在が、

この話をより深くし、そして、分かりやすくしていると思います。

 

でも、あれだね。小説なので、こう、

いいたいことをたくさん書ける。

10行くらいのセリフで会話とか

説明くさ!

と思いますが、

それが許され、それも読んでしまうのが本のいい所。

 

脚本書くときは、

なるべく説明臭くならないようにとか、

なるべく会話で!とかに

気を使ってしまいますからね。

 

なんで、説明とか多いから、

この小説は長い!

もっと短く出来ただろう!

と思うのですが、それは、

長いのとか気にせず、丁寧に状況や苦悩を描いたからこそ、

長いのにも関わらず、作品全体で一つのまとまりをもって

人間の「エゴ」をきれい描けている。

のではないかなぁと思います。

 

ただね、

ここで書かれている苦悩とか細かい思案とか好きだけど、

自分の似たようなこと考えるけど、

ネタが多すぎて、お腹一杯になって、

その結果、あまり頭に残らない・・・・・・・

 

外枠としては頭に残ることはあっても、

情報が多すぎて個々のことが頭に残らない。

これは残念なのですが、

ただただ僕の頭が足らないせいかもしれません。

 

まぁ、やっと大物小説を片付けました。

読まなきゃならない本がたくさんある。

やっと読めるよ!

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

高校の時、発症して年々ひどくなる花粉症。

今までは、一日3回の抗ヒスタミン剤。

朝飲むと眠くなって仕事できないから避けてきたけど、

最近は、朝飲まずには耐えられず、

昨日からはとうとう一日3回の薬でもかなり辛くなってきました。

 

目もかゆいからコンタクトもつらいし、

かといってメガネだとマスクができない。

 

だいたいマスクって息苦しいし、

仕事の効率が下がるから、

マスクはしてないのだけどね・・・・

そうも言ってられなくなった。

 

去年までは薬一日3回で大丈夫だったのに・・・・

今年もまた、薬の強さを上げてもらわなきゃですかね。

 

この季節は嫌いです。

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

小玉夏海さんという女優さんがいまして、

うちの劇団員の友人なんですが、

僕は、結構気に入ってまして、過去2.3回観てるのですが、

今回も、彼女を見るのが目当てで見に行きました。

天然工房ワークショッププロデュース

期間限定劇団ワンダース

「1/4 ある宇宙人のゆううつ」

 

池袋GEKIBAって所。

初めて行った。新しい所らしいが・・・・

壁とかきれいなんだけど、

そんなに客席広くないのに、

客席的にいい位置に、オペ席があるのが、

ちょっと意味不明。

しかも、暑かった・・・・・・

 

目当ての小玉さんは、

なんだか楽しそうに演技してたので、

個人的には満足です。

あまり、目に見えた変化・成長とかは見られないのですが、

彼女の独特な空間が好きなので、よしとしましょう。

なんじゃそりゃ・・・

 

個人的には、初めて彼女の演技をみたkiotkさんの公演の

彼女の演技が一番好きですが、まだそれを超えてきません。

それを期待しつつ、きっと今度も見に行くのでしょう。

 

芝居としては、

SEがほとんどないのに、空間を保てていた!

という意味ではまぁ満足ですが、

それだけ!という感じもする。

 

濃いキャラと、ちょっとした話の展開で、持っていたのかな?

役者さんはうまいというか、

芝居的にうまさは分からない感じの芝居だったので、

なんともよく分かりませんが、

空間力という意味では「ある」役者さんが多かったのが、

空間を保てた理由な気がします。

 

なんだか、天然工房という所が、

一年間ワークショップをしつつ、作った芝居らしいのですが、

そのワークショック参加費、月2万

高いのか、安いのか、分かりませんし、

役者さんがどう感じたのかも分かりませんが、

計24万もとっているのなら

もっといい脚本を提供しなきゃいけなんじゃないか!

と、正直、そう思ってしまいました。

役者技術なり、コネクト作りなり、いろんな要素もあるし、

何やってるのか知らないで批判するのもなんですが、

表に出てくる公演台本の質を見ると

そう感じざるを得ません。

 

まぁ、この芝居自体は1500円でしたので、

お客目線では妥当な値段だとは思いましたが・・・・・

 

僕も、チケット換金とはいえ、

役者さんからお金を頂いて芝居している身なので、

そこをもっと自覚して精進せねばならない!ってことは、

いつも思ってますが、

いつでも忘れちゃいけないことなんだと、

再確認させられました。

 

が~んばろ!っと。

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

今日、仕事中に演劇の神様が舞い降りてきて、困りました。

演出アイデア次の脚本アイデアがわんさかわんさか浮かんでくる。

仕事中に。おかげで、集中できやしない!

お願いですから、

仕事中はディーリングの神様が舞い降りてきてください。

まぁ、一度お会いしたことはありませんが・・・・

 

そんなわけで、金がありません。

でも、家にウォーターサーバを設置しました。

水ばかり飲むし、まじでたくさん飲むし、

買いに行くのも面倒だし、

大して値段変わらないだろう!

と・・・・・

 

サイトは、

http://mizu-hikaku.com/

を参考にしました。

いろんな業者があるんですね。

 

最大手のアクアクララにしようと思ったのですが・・・・・

水の配達曜日が決まって、しかも、時間指定できない!

昼間仕事に出ている僕には、水の受け渡しが出来ない。

満水のボトルと空のボトルの交換だから、

自分たちで宅配要員がいるわけだな!

そのせいで、自由が利かないのだな!

とウォーターサーバ自体を諦めかけたのですが、

そこで登場、

オーケンウォーターとコスモウォーター

 

水、ボトル交換でなくて、使い捨てパック!

配達が普通の宅配業者だから、

時間指定もできるし、

不在の時でもすぐに再送してくれる!

 

便利じゃん!

神奈川ではこの2つだけみたい。

特に違いもなさそうだし、

値段も大して変わらないので、

サイトの感じがいいオーケンウォーターにしたよ。

 

僅差の場合は些細なことが勝負の決め手!

Img_3715  

こんな感じ。

右手に見えるのは、

ティファールの湯沸かし器ちゃん。

ウォーターサーバのお湯機能を使うと、

湯沸し器ちゃんがラフランスになってしまう・・・

用なしになってしまうので、

いまだ、ウォーターサーバのお湯のスイッチを入れてない・・・

そう、冷却スイッチと保温スイッチが別々になっているの!

便利!便利!

 

金がないわりに、家電の揃い率は高いです。

後は、電子ジャーを新しくしたいが・・・・・

金が・・・・・・

 

仕事の時に舞い降りた演劇の神様は、

家に帰るころにはいなくなってました(笑)

ディーリングの神様。

早くお会いしたいです。

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

今日は、山下幼稚宴に見学に行きました。

漢字間違ってないよ。

幼稚園の見学はだいぶ先の未来だよ。

 

全然「隣」じゃありませんが、

だいたい、「隣」ってなんだ?って感じですが、

僕のお気に入りの劇団・山下幼稚宴さんの稽古場に

見学に行ってきました!

 

前回の山下さんの公演を見に行った時に、

一緒に見た大学の後輩が、今回の山下さんに出演することになり、

また、うちの制作が、制作の手伝いに行くことになり、

そのつてで、見学に行ってきました。

 

小屋入りまで後数日という忙しい時期なのに、

見学許可していただいて、

ありがたいと同時にかたじけなくもあり、

うん。太っ腹!

 

まだまだ、自分の芝居で手一杯な僕は、

客演とかもなかなか行く機会と時間がなく、

他の劇団さんの稽古とかってあまり見る機会もないのです。

 

最近、うちの劇団に、立て続けに見学者が訪れてたりして、

あぁ、見学だけもしてみたいなぁと思っての今回の見学です。

 

行ってよかった!

 

とはいえ、小屋入り前。稽古は通しです。

ただ、僕、用事があったので、7時までしかいれず、

昨日の通しの?ダメ出しを聞いて、ちょっとシーン練見ただけでしたが、

 

いやぁ、他の劇団さんの稽古って面白い。

自分の劇団と全然雰囲気違うし!

それと、演出家さんのダメダシも、

当たり前のごとく自分と観点が違う!

 

自分が重きを置いてない所に、重き置いていたり、

最近の自分が気にするを忘れていた所とかを指摘したりしてるのを聞いて、

あ、そんなのあった!と思い出したりと、

色々勉強になりました。

 

なんだか、最近は、

仕事でゴタゴタしたり、忙しかったり、

自分の役者復帰のリハビリだったりに、

パワーをとられていて、

なんだか落ち着いて演出できていなかった気がする。

 

自分が演出してる姿ってどう見えるか分からないし、

山下の演出さんのとさして変わらないのかもしれないし、

彼がすごいとか、自分がどうこういうわけではないのですが、

彼のダメダシを見ていて、

自分の演出のことを考えて、

すると、

今の自分の演出の不足点が、

自分の中で、整理されてきて、

もっとちゃんとやんなきゃなー

という気になったりしました。

 

やっぱ、視野を広くするって大事ですね。

演出だけでなく、稽古の雰囲気もそうだけど、

他を見るから、自分が見えるってことは多いし、

そういうのって、

芝居だけを見ていても感じられないこともあるんだな

と今回気づけたので、

見学、またなんか機会があれば、いろいろ行ってみたいです。

 

それとね。山下さん!

本番近いからなのか、いつもなのか、休憩なしでぶっとおし!

自分なんて、役者やっただけで、かなり体力取られて、

休憩だらけですからね。

演出だけの時でも休憩だらけですが・・・・・・

仕事もトイレ休憩多いですが・・・・・

いやぁ、あの体力と精神力には関心したしました!

というわけで、

山下幼稚宴様、お邪魔いたしました。

1週間後の山下さんの本番を楽しみにしています!

今日はこれから自分の演出の見直しでもしようかと思います。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

見たかった映画をようやく見ました。

近距離恋愛 Made of Honor

何でも話せる女性の大親友が、

結婚するとなって初めて、

彼女の大切さに気がつき求婚する

ってそんなありきたりな話です。

 

この映画が日本で公開されるくらいの時期に、

僕の女性の大親友が結婚するって話を聞いて、

別に僕は求婚する気なんてないですけど、

気になって見たかった映画です。

 

いやぁ、面白かった。

物語もありきたりで、

カメラワークとBGMがちょっといいくらいで、

ギャグとかもほとんどありきたりなのに、

どんどん引き込まれて楽しめました。

 

男性の方が、

大親友というか始めから彼女に恋してる

感じが否めなくて、そこだけ不満でしたが、

言いたいけど言えない。

そんな感情をうまく描写している所がよかったかな。

 

まだ、高校生の時に、

なんでも話せる、心から信頼する女性の友人と

そんな仲良くなくても恋に落ちてしまう女性って

どんな違いがあるんだろう?

ってことを考えたことがあります。

仲のいい女友達に対して、

彼女と話していてとても楽しいし、

でも、告白するとかはなんか違う気がする。

「好き」の線引きってどこ?

と真面目ながらに考えていた記憶があります。

 

今なんかね、ある程度自分なりの答えが見てて

人間性だけ見たら、その二つに違いはない。

恋に落ちるか、落ちないか!ただ、それだけ。

んな感じに落ち着きます。

  

文字通り、恋は「落ちる」もの。

「仲がいい」とか、「信頼してる」とかはまた別物なのだ。

 

そして、

「落ちた恋」はやがて「愛」に変わる。

「恋」が「愛」に変わらなければその二人はしだいに別れていく。

その一方、

長く続いた友情もまた「愛情」に変わることがある。

 

その二つの愛の違いは何なのだろう?

「恋」を経た愛 と 「友情」を経た愛

 

どちらも大切で、どちらも尊くて、

でも、心にはまったく違う二つのもので、

とはいえ、言葉ではその違いを説明できない。

 

まぁ、それはそれでいいのかな?

と思う。

大切なのは、

違いを認識し区別することでなく、

その気持ちを感じれること。

では、

「友情」を経た愛が、さらに「恋」に落ちるのだろうか?

 

気になる所ですが、

この「近距離恋愛」では、それは描いていません。

原題の「Made Of Honor」の言葉のまま、

元々あった恋はあったけど、自分をごまかしていたって話です。

なので、

始めから恋に落ちてる感じがしたという僕の不満は、

狙い通りだったのかもしれませんね。

 

なら、見てみたいと思う。

「友情」を経た愛が、さらに「恋」に落ちるのだろうか?

さらに言えば、

「恋」を経た愛が、また「恋」に落ちないのか?

 

そして、見たいと思うなら、

そのうち、描きたいと思うのです。

僕が「恋」やら「愛」やらをまともに描いたのは、

unit-IFの第2回公演の「TAROT」だけです。

あの作品はすこぶる好評だったし、

そういう作品の方がおもしろいんじゃないか?

という劇団員もいますので、

調子にのって、いつかまた、

そういう作品を作ってみたいと思います。

 

お楽しみに。

 

さてさて、レヴューに戻りましょう。

想いを伝え損ねている相手がいましたら、

ぜひ、この映画を見ると楽しめるんじゃないでしょうか?

 

まぁ、今そういう相手がいなくても、

誰でもそういう状況は経験しているわけですし、

もれなく楽しめるんじゃないでしょうかね?

 

あぁ、めっちゃ誉めてるよ!

オススメ!

| | コメント (1)

久々のレヴュー。DVD見ました。

EAGLE EYE

 

予告とか見ていると、

高度に発達したコンピュータ社会の弊害

コンピュータの暴走による人間への危害

の話だと思ったいたのですが、

見ている感触は違いました。

 

これ見ていて僕が感じたのは、

人間の暴走。

それに対するコンピュータから警告。

 

普通に考えて、コンピュータ・アリアの言い分の方が正論。

やり方は過激だけれども、

よくよく考えれば、人間の方が残酷かもしれない。

 

そう思える作品であるのに、

物語的には、

暴走したコンピュータを食い止める人間への賛美

を描いていてなんだかすっきりとしない。

感情移入もできないし、

そこそこ面白いと思ったのに、

そんなに食いつかなかったのはそのせいか?

 

ただ、僕が感じたってことは、

人間の暴走を描く意思はあったのかな?

って思うけど、

なら、もうちょっと前に出していいのかな?

と思う。

 

物語的に、ラストに向かって、人間=善が強すぎ

 

まぁ、強すぎに描くことで風刺してるのかな?

そうだったら、あっぱれだけどね!

 

まぁ、仮にあっぱれだとしても、

大してスピード感ないし、

かといって、緩急っても前半静かなだけだし、

ヒロインさんもいまいちだし、

息子もそんな可愛くないし、

なんだかね。

 

いいすぎ?

うん。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

いやぁ、今日の仕事はぼろぼろでした。

これでもか!これでもか!ってくらい負け続け、

銘柄変えても、やり方変えても、負け続け、

顔洗っても、タバコ吸っても、負け続け、

こういう日もあるよ!と思いつつ、

取り戻そう!頑張って、さらに負け続け、

取引終了3時には、完全にクールポコ状態でした。 

 

あぁ、イライラする。

来月から契約なのに大丈夫か?って感じです。

まぁ、こういう日もある!と思うしかない・・・・

 

書いてるだけでイライラするので、

なら、書くな!という感じですが、

話題を変えましょう。

 

CoRichってサイト、知ってますか?

クチコミサイトらしくて、

うちの劇団も宣伝がてら少し利用しております。

 

利用はしてたんだけど、あまりよく見てなくて、

この間ちょっと見てみたら、

団体登録と個人登録がつながっているみたいなので、

個人登録してみました。

宣伝がてら。

 

でね、まぁ、写真をのせる欄があるんですよね。

こういうプロフィール写真ってクセものですよね。

このブログだと、ロゴで顔を隠したりしてたりしてますが、

mixiだと、僕、「羊-da」なので(笑)、

Da こんな画像で攻めています。

羊にヨーダです。

 

でもね、

次また役者だし、隠す意味も特にないし、

そういうカモフラージュはなしにして、

今回は、素顔のせちゃるか!

と思い立った。

ただ、普通の素顔もアレなので、舞台写真にした。

 

Ichiyo 1年半前の「TAROT」で役者した時のです。

いい写真がなく、後ろの人を白抜きにしたのに、

肩にかかった手だけは白抜きにしていない

ちょっと怖い写真なんですが・・・・・

(クリックすると少し大きく見られるはず・・) 

どう?

仕事始めたばかりで、

精神的にも肉体的にも辛い時期だったのに、

なぜか肌の状態がかなりよくて、

お客様にそこを誉められた頃の写真。

芝居のために、5日間だけ金髪にした時の写真。

衣装は、劇団員が作ったゴーヤTシャツ!

 

なかなか面白い!

と自画自賛し、ウキウキだったのですが、

劇団員の一人に見せたら、

 

この人が演出してる芝居、あんま見たくないよね。

 

と言われ・・・・・

 

役者ならまだしも、演出がこれか・・・・・・

ある意味見たい気もするし・・・

宣伝になってない?

 

どうなんでしょうかね?

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »