« こんな奴の芝居は見たくない? | トップページ | 愛と恋と友情と・・・ Made of Honor »

2009年3月 7日 (土)

久々のレヴュー。DVD見ました。

EAGLE EYE

 

予告とか見ていると、

高度に発達したコンピュータ社会の弊害

コンピュータの暴走による人間への危害

の話だと思ったいたのですが、

見ている感触は違いました。

 

これ見ていて僕が感じたのは、

人間の暴走。

それに対するコンピュータから警告。

 

普通に考えて、コンピュータ・アリアの言い分の方が正論。

やり方は過激だけれども、

よくよく考えれば、人間の方が残酷かもしれない。

 

そう思える作品であるのに、

物語的には、

暴走したコンピュータを食い止める人間への賛美

を描いていてなんだかすっきりとしない。

感情移入もできないし、

そこそこ面白いと思ったのに、

そんなに食いつかなかったのはそのせいか?

 

ただ、僕が感じたってことは、

人間の暴走を描く意思はあったのかな?

って思うけど、

なら、もうちょっと前に出していいのかな?

と思う。

 

物語的に、ラストに向かって、人間=善が強すぎ

 

まぁ、強すぎに描くことで風刺してるのかな?

そうだったら、あっぱれだけどね!

 

まぁ、仮にあっぱれだとしても、

大してスピード感ないし、

かといって、緩急っても前半静かなだけだし、

ヒロインさんもいまいちだし、

息子もそんな可愛くないし、

なんだかね。

 

いいすぎ?

うん。

|

« こんな奴の芝居は見たくない? | トップページ | 愛と恋と友情と・・・ Made of Honor »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな奴の芝居は見たくない? | トップページ | 愛と恋と友情と・・・ Made of Honor »