« 風邪治すための七つの歩み。 | トップページ | 「酔って全裸」は「最低の人間」か? »

2009年4月21日 (火)

僕の家、集合住宅の一階に全部屋分まとめて、

郵便受けがあります。

上に上がる階段の手前にあります。

 

その郵便受けの近くに、

最近、蜂がいることが多い。

 

僕、蜂嫌いなんです。

なぜかよく襲われる。

小さい頃、公園の滑り台を降りたら、

なぜかそこに蜂の集団がいて、

そこにつっこむ形になって、

家までダッシュした記憶があります。

 

中学の頃、サッカー部の合宿で、

食堂に蜂がたくさんいて、

目の前の友人の頭に蜂が止まり、

友人は手で頭を払うのですが、

蜂は、飛び立とうにも彼の髪の毛の密林をさまよい、

ついには、

僕の目の前で、

彼の頭を刺した。

映画のように、

アップになり、スローになったその映像は、

いまでも忘れられません。

 

まだ、あります。蜂の記憶。

大学になり、北海道に旅行にいって、

広い草原があって、走り回っていたら、

なぜか蜂が僕の横をよく通りすぎる。

どんどん数が増えてくる。

これは偶然ではなく、狙われている。

と、車に避難すると、

僕をめがけて飛んできて、

窓ガラスにぶつかる蜂も現れて、

車を発進するも追いかける蜂もいて、

一番怖い記憶です。

 

そんなわけで、蜂、きらいです。

ゴキブリの次に嫌いです。

致命傷を負わせない分、ゴキの方がいいかもしれません。

 

で、ここ一週間ほど、郵便受けの近くに蜂が。

どこかに巣でもあるのかなぁー

と思っていたら、発見

僕の郵便受けの中!

 

全然気がつかなかった・・・・

一度、自分の郵便受けを開けたときに、

蜂でてきたことがあったのですが、

そのときも、なぜか、巣には気がつきませんでした。

 

巣といっても、まだ3部屋くらいしかない小さい巣。

とはいえ、2,3センチはある。

1週間くらい?

なんで気がつかない?

  

発見してから、急いで家に戻る。

手にとったのは、

割り箸 と ゴキジェット!

 

その中学の合宿では、理科の先生が、

蜂を割り箸で捕まえて遊んでましたが、

僕にそんな芸当はできません。

 

割り箸巣をはずすため。

そして、

アースジェットよりゴキジェット

同じ昆虫だし、効くだろう。

 

で、再び、郵便受けへ。

 

そっと開けると、

いた!

蜂が!

巣にくっついてる。

  

見つめる僕。

 

しばし、緊迫の時間が流れる。

 

蜂が飛び立った。

 

その瞬間、僕はよけようと後ろにのけぞり、

そのまま尻餅をつく。

 

遠くからみたら、蜂なんて見えないだろうから、

ただの変な奴だ。

いや、蜂ごときで尻餅ついたなんて、

そっちの方が恥ずかしいだろう。

 

そうだ。僕は恥ずかしい奴だ。

 

蜂がどっかに行ったのを確認。

巣を壊す所を見られるわけにはいかない。

 

割り箸で、巣を落とし、

巣があった場所に、ゴキジェットを噴射!

 

これで、もう近寄らないだろう。

巣だけでよかったね。蜂よ。

 

と家に着いた僕。

 

翌日、階段に蜂がいた。

その蜂かどうか分からないが似ている。

行き場所を失ったのか?

はたまた、

巣を壊した犯人を捜しているのか?

 

それにしても、いっこうに動かない。

下手に刺激して襲われたくないので、

じっと待つが、用事があるので階段を早く下りたい。

 

仕方なく。家に戻る。

ゴキジェット。

 

蜂に噴射。

 

悶絶の中、死にゆく蜂。

 

飛びそうになかったので踏み潰せそうな感じでもあったのに、

踏み外したリスクを負えずに、

ゴキジェットに頼る僕。

 

そんなもんだよ、僕。

 

でも、これで、平穏な日々を送れそうです。

 

あなたの近くにも、

いるかもしれませんよ。

蜂。

|

« 風邪治すための七つの歩み。 | トップページ | 「酔って全裸」は「最低の人間」か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪治すための七つの歩み。 | トップページ | 「酔って全裸」は「最低の人間」か? »