« 痛恨の一敗。 | トップページ | 花見 »

2009年4月 3日 (金)

えぇ、痛恨の二敗目です。

今日は仕事しながら、

自分はこんな下手だったっけ?

と自問してしまいました。

まぁ、今日は最後になんとか取り戻せましたが、

それでも負けです。

先月までは

早く終われよ!

と思っていた取引時間も、契約マンの今となっては、

あぁ、あと一時間しかないのかよ・・・・

と時間が惜しくなります。

心の持ちようによってこうも変わるわけですね。

 

人生悲観モードの僕は、TSUTAYAに行き、

目に入ったので借りた

SAW5

 

SAWシリーズはスクリームシリーズと同等くらいに好きです。

スクリーム1のラストの衝撃を超えたのは、

SAW1のラストでしょ!

SAWシリーズにいいところはドンデン返しと分かっていても、

まんまと騙される!そして、その騙し方に関心するわけです。

スクリーム2のラストみたいなことはしません。

スクリームは、3のラストは、一人で勝手に感動して泣きそうでしたが、

SAWシリーズでは、やっぱ4のラストですかね。

あの返しはすごすぎて、泣きそうでした。

 

ただ、4は1~3に全部にリンクしてるので、

情報量が多すぎてパンクしそうになります。

 

もはや、1だか2だか3だか4だか区別がつかない状態で、

しかも、登場人物もごっちゃっごちゃな状態で、

でも、見直すパワーもなく、そのまま見ました

 

5は、1~4までとリンクしてるとはいえ、

なんか分かりやすい作品。

そう。とにかく、分かりやすい!

丁寧すぎるし、ストーリーもストレート。

描写のグロさも4ほどではない。

まぁ、4はグロすぎだから、これくらいがちょうどいいのかもしれない。

とはいえ、ビビリな僕は、ビクビクとそのスリルを味わう。

 

4までとは明らかにストーリーの空気が違う。

そして、ラスト!なんか、

そう来たか!あぁ、SAWっぽいね!

ルールにのっとってるし!

うまいなぁ~

いい絵だなぁ~

と思うのですが、

ちょっと流れてしまうラスト。

4まではラストに衝撃の収束をぶつけて、

それが好きで、それがSAWの醍醐味みたいに思っていたので、

ちょっと不満かな。

まぁ、ちょっとそこらへんも違う感じの作品でした。

 

SAW5見終わったら、頭が痛くなりました。

頭痛です。

 

そうそう、このブログのコメントで、

桜は、完全に咲くまで散らない!

って書いてありまして、

美しく咲くことが約束されてるなんて、さすが桜!

と思いましてね。

人間なんて、咲く前に落ちてく人がたくさんいるってのにね。

 

自分は、自分の花を咲かせ続けたいですね。

人生、頑張ります。

|

« 痛恨の一敗。 | トップページ | 花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 痛恨の一敗。 | トップページ | 花見 »