« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

この歳になって、

自分の体に受け付けないものが発覚するとは・・・・・

 

納豆

にんにく

朝バナナ・・・・

 

先週の木曜日から平日始めた朝バナナ

まだ三日しかやってない朝バナナ

そのうちのバナナ1本で過ごした2日は、

非常に気持ちが悪かった。

 

今日は、ひどい。

取引開始直前ぐらいに、急に気持ち悪くなり、

民主党ご祝儀で、どんどん株価が上がる中、

僕の吐き気の度合いもどんどん上がり、

おいしい相場の最中に、トイレで苦い味を味わうはめに・・・・

 

その後も、気分悪く、どんどん負けもかさみ、

午前中で早退した僕であります。

 

こんなのディーラーとして失格よ!

朝バナナなんてやめてやるわ!

 

ただ、

今朝雨にぬれて、冷房で冷えたのかもしれないし、

新しいディスプレイに変わって、目が疲れたのもかもしれないので、

バナナのせいだけにするのも、

バナナに悪い気がしますが、

バナナが悪いと思います。

 

寝て、おきて、調子乗ってブログなんて書きましたが、

また、気持ち悪くなってきました。

外は、暴風雨。

僕は、毛布、うっ!

 

インフルに展開などされないように、

今日は、ゆっくりと休んでいようと思います。

 

 

| | コメント (0)

2009年8月30日 (日)

DVDで見ました。

YES MAN

 

見る前の正直期待はしませんでした。

ただ、これを借りに行った時のDVD候補が、

「ドラゴンボール実写版」と「ベッドタイムストーリー」だったので、

まぁ、ジムキャリーを久々に!

と思ってみました。

 

面白かった。

なんか心に入り込み、

結構幸せな気分になりました。

 

多くの誘いや相談を、中途半端にはぐらかし、断り、

引きこもりに近い状況に陥った主人公が、

あるセミナーに出て、すべてに「YES」と答えると宣誓。

そこから、どんどん人生がいい方向へ向かっていき・・・・

 

という話です。

設定は面白いですが、

展開は普通に読める、

僕でも読める展開です。

 

が、これを面白くさせ、

幸せな気持ちにさせるのは、

ジムキャリーの力なのでしょうか?

 

とりあえず、最近の僕の心にはドンピシャでした。 

 

いやぁ、僕、色んな人と話すのは、好きなんですけど、

どうも小心者で、初対面に会うような誘いの時は、

ちょっと躊躇してしまって、断る場合があります。

時期によって違って、積極的に行く時期も結構あるんですが、

最近は、なんだか躊躇モードが強いです。

そんな時期に見たから心にきたのかな?

 

自分の経験でも思いますが、

恐れずに、躊躇せずに、色んな誘いを受ければ、色んなところにいけば、

出会いもあるし、そこから新たな関係が生まれるし、

色んな発見もあるし、人生楽しくなる。

まぁ、時々のマイナスはあるけど。

 

映画を見ながら、

こんなうまくいくわけはないだろ!

と思いつつ、

自分の実体験を思い出すと、

まぁ、いい出会いの方が多かったし、

それが今の自分に繋がっているわけで、

まんざら悪い気がしないし、

自分の未来にもちょっと期待してしまうところも出てきたり・・・

 

まぁ、そうと分かっていても、

しばしば躊躇モードが訪れる僕ですが、

前向きになれるいい映画でした。

 

前向きに!

| | コメント (0)

2009年8月27日 (木)

赤パジャマ青パジャマ黄パジャマ朝バナナ

 

会社の同期が痩せてきたので、

何してんだ?

と聞いたところ、

朝、バナナ一本

といったので、

さっそく真似をするかわいい僕です。

 

そう、また、太り始めたのです。

公演直前に以前の体重に戻ったのですが、

もはや、体重計に乗れないわ。

 

で、朝バナナです。

今日、初めて、朝、バナナ一本ですごしました。

 

そんなに空腹は感じなかったのですが、

10時くらいに異様に気分が悪くなり、

取引どころじゃありませんでした。

 

でも、買ったバナナは3本いり。

今は、会社の机に眠ってます。

くさ!

 

だから、明日も実験です。

 

同期は、

そのうち慣れるよ

と言ってました。

 

はたして、慣れるのか?

それとも、さらに、太るのか?

| | コメント (0)

2009年8月26日 (水)

金魚のドレーヌ

ウーパールーパーのマッコティーヌ

の同棲生活のその後ですが・・・・・

 

マッコティンが動きだしまして、

まぁ、時々なんですけど、

狭くて、あまりに動けなすぎなんで、

 

水槽大きくしました。

ドレーヌが動きすぎて、

うまく写真がとれなかったので、のせませんが、

今までの2.5倍くらい。

台の強度が心配なところですが、

今の所、大丈夫です。

 

広くしずぎて、

マッコティンとドレーヌだけじゃ、

またまた殺風景な水槽になりました。

 

が、大きくしたせいか、

マッコティン、よく動きます。

 

結構、楽しみです。

 

さてさて、ブログも停滞してましたね。

特に、理由はありません。

あるのかもしれません。

とりあえず、

また肩凝りがひどくて、

おかげで頭痛がひどいです。

 

憂鬱な日々です。

体調も悪いので、寝ます。

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

見に行きました。

リクウズルーム「ロマネクス」

 

僕が密かにファンをやっている中村理恵さんが、

出演するからです。

彼女の出演をここ数回見逃していたので、

久々で、楽しみにしていたわけであります。

 

舞台の作りもすごいすきで、

動きの感じも好きで、

次にやろうかなぁー

と思ってたことをやられてたりして、

結構そこらへんは好きな舞台でした。

 

照明もめっちゃ好みだし、

衣装も小道具もステキで、

テンションアップ!

 

そして、役者さんもステキ。

中村理恵さんの演技もステキでした。

いやぁ、いいねぇ!

とただのおっさんになりさがる(笑)

 

でもね、でも、話が分からない!

ってか、物語がないの!

あるのかもしれないけど、

分からないの!

 

しかも、ネタがサブカルチックでさ、

僕、全然分からなくて、笑えもしないし。

 

会場で出会った秋山嬢は笑っていたけどさ。

 

色々とテンションあがる舞台でしたが、

話についていけず、ちょっとぼーっと。

 

アンケートに、

この舞台でいだいたイメージを書いてください

って書いてあったので、

Dsc00264  

役者さんの似顔絵

 

部屋な僕が書き続けた。

書いてる途中に楽しくなった。

 

ほほほ。

 

最近が、心の方向性がばっしばっしと変わります。

悪い意味では、不安定というのですが、

今までになかった方向が加わってきたし、

前向きが多くなってきたし、

まぁ、後は、金だな、金。

切実・・・・・

| | コメント (5)

2009年8月19日 (水)

あまりゲームというものをやらない僕ですが、

なぜかうちには、WiiとX-BOX360とPS2とDSとPSPがあります。

どれもほとんど使ってません(笑)

 

中学くらいからTVゲームをはなれ、ずっとやってなかったのですが、

大学入って、芝居のネタにといろいろ始めました。

が、ほとんど長続きしませんでした。

そんな中ではまったのが、

ヴァルキリープロファイル

お姉チャンバラ

の二つ。

ヴァルプロは、世界観やストーリーが好きで、

お姉チャンバラは、

あまりむずい技とかなく、ただ、切りまくる!

というストレス解消にもってこい!って感じで好きでした。

 

まぁ、どっちも、

きれいなお姉さんが主人公。

ってことです。

ずっと画面みているのに、主人公がむさい男とか、

それだけでやる気が失せる僕であります。

 

モンハンのことは全然知らなくて、

CMとかで見る限り、

むさい男しか出てこなさそう!

という偏見があってやらなかったのですが・・・・・

 

最近、

どうもストレスが溜まりすぎて、

おかげで気性も荒くなって、

精神のぶれも大きくなってきて、

嫌だったので、

ストレス解消じゃ!とモンハンに興味をもち、

調べてみたら、なんと、

女性キャラできるじゃん!

とあっさり中古屋へ。

 

だいたいゲームは、

買って、失敗して、2,3回でやめる

という無駄パターンにはまっているので、

つまんなくてもいいように、

一番安かったモンハン2ndを買ってみる。

 

なんと500円。安!

 

主人公を自分でカスタマイズできる!

なんて素晴らしい機能付だ!

とそこに時間をかける。

もちろん女性キャラ

でも、こんなカスタマイズできるなら、大画面でやりたい。

小さい画面だと、あまりカスタマイズの意味が・・・・・

と思いつつも、楽しむ僕であります。

 

肝心の中身ですが・・・・・

 

まだ、分かりません。

だって、まだ右も左も分からない。

だんだん装備が揃ってきて、ある程度強くなったら、

楽しくなるんだろうなぁー

って気がぷんぷんですが、

そこまでもつかどうか・・・・・・

 

そこまでいけば、すぐにはまる僕なので、

そこまでいけるように、頑張ります。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

実家からウーパールーパーが移送されてきた話の続き。

「トリニティ」と名づけたと思いますが、まだ一回も呼んでいません。

同居人が僕の大学院時代の恩師の顔に似ていると言ったので、

我らがマコト様の名を勝手に拝借して、

マッコティーヌ

と新たに名づけました。

定着することを願います。

 

そのマッコティーヌですが、色々と問題が生じてます。

 

とりあえず、臭い。

恩師の名を勝手に拝借しておいて、

いきなり「臭い」とは失礼なんですが、

エサのイトミミズのせいなのか?

本人のせいなのか?

臭い。

家に帰って、リビングはいったら、やばい匂いだったので、

ネイビーの健康問題に発展する前に、

移送2日目にして、通気性抜群の玄関に左遷。

 

問題は玄関にコンセントがないこと!

5メートルの延長コード買って、

床にきれいにめぐらせて・・・・・

結構な労力をかけてます。

 

結構な労力をかけてるわりに動かないマッコティーヌ。

このままだと、水槽の存在意義が危ぶまれ、

かつ、

動かなすぎて、餌のイトミミズを残しまくりです。

 

そこで、登場したのが、

Dorenu  

金魚!

 

 

金魚とウーパールーパー

 

絶対にやっちゃいけない組み合わせな空気がぷんぷんですが、

その結果は2,3日後に出るでしょう。

ダメな組み合わせなら、どっちかがいなくなってる・・・・・・・

 

いなくなることを望んでるわけはありませんよ。

僕の勝手な予想で、大丈夫だろうと思っての組み合わせです。

全く根拠はありませんが、

なかなかいい見た目!

 

水槽に動きを!

イトミミズの残飯処理を!

という悲しい定めを課せられた金魚は、

同居人曰く、「奴隷」のようなもので、

名をドレーヌと名づけました。

 

マッコティーヌ と ドレーヌ

 

二人の冒険の様子は、

時々お知らせします。

| | コメント (0)

2009年8月15日 (土)

昨日は、お芝居を見に行きました。

前回、客演してくれたすずき麻衣子の出演です。

劇団銀石第6回公演

「リチャード・イーター」

 

場所は、池袋シアターグリーンのBIG TREE です。

桜美林大学系の劇団みたいですが、

まだ若いカンパニーで、第6回で、BIG TREE。

すごいんだろうなぁ~ 面白いんだろうなぁ~

と期待して見に行ったわけです。

 

パンフに「銀石メソッド」なるものの説明が書いてあって、

言葉をつないで、速遅を操り時間を支配して

人間性剥き出しにして、空間支配して・・・・

とか。で、

「体感」を楽しんでください。

って書いてあって、

言ってることとか共感できるし、楽しめるかなぁ~

と期待度が上がったわけです。

 

「銀石メソッド」なのか、

セリフの速さやつなぎは、結構心地よくて好きでした。

そして、音好きでした。特にSE。ああいう抽象系好きです。

照明も好きで、衣装も好きで、

場転の動きとか、ときおり見せるくだらなさとかの演出も好きで、

全体的に好きなんですが、

声が・・・・・・・

 

役者の半分くらいが、喉にかけてこもる様な発声。

主役にあたる悪リチャードが、それが一番顕著で、

何言ってるか聞き取りにくい。

別に聞き取れなくて、声のリズムを楽しむ系かな?

と思いつつも、

半分の役者は普通に澄んだ声で聞き取りやすいので、

違うんだろうかな?

とも思いつつ。

 

それでも、半分くらいは、喉かけ発声だし、

きっと演出なんだろうな。

客演系の人たちに浸透してないだけ?

とか見ている間、ずっと悩んでました。

 

後で聞いたら、

ここは、発声とかあまりしない。

らしく

ただ、かれてただけ?

と拍子抜け・・・・。

せっかく「銀石メソッド」とか言って、

いいセリフのスピード感とか表現して、

たくさん役者いるのに、それを浸透させていて、

いい感じだし、聞こえる物に気を使ってる感じなのに

なのに、「声」に気を使わないのか?

不思議でなりませんでした。

 

脱線しましたね。

物語的には、

主役にあたる黒リチャードを筆頭に数人が聞き取りにくく、

前半が特にそれがひどかったので、

物語の内容がつかめずにおいてかれ、入り込めずにいて、

ちょっときついかなぁー

と思ってたら、

後半は声が出てきたのか?だんだん持ち直してきて、

話も分かるようになってきて、ギャグもおもしろくなってきて、

いい感じに入り込めつつあったのですが、

噛む人が多かったり、

佳境に入ると、一部で何言ってる分からない病が再発したりで、

なんとももったいない感じでした。

 

しかも、2時間20分。

前半から空間がっちり作ってもらえて入り込めたら、

長さを感じずに楽しめたかもですが、

前半崩れたので、ちょっと長いと感じざるをえない。

とはいえ、尺については、他人のことを言えない僕でございますがね・・・・・

 

早いセリフ回しも大好きだったのですが、

始終すぎて疲れたし、ゆっくりがほどないので、

最後、物語的には盛り上がっているのに、

(話的には、加速をだそうとしていると思われるのに)

加速感が全然出てこないのが残念でした。

後半は、空間作られていて楽しかったので、

それで、少し最後ダレ感を感じてしまってもったいなかったです。

  

いいことがあって、

前に山下幼稚宴さんの「君に天使を」に出てて、すごい気にいった

北尾亘君って役者さんが出ていて、テンションアップ!

立ち姿きれいすぎで面白かったですが、

いやぁ、偶然だけど、また見られて、嬉しかったです。

あと、皇太子役の女の子の声がやたらによかったのですが、

あまりセリフがなくて、

おいおい、せっかくいい声なのに・・・

と残念で仕方ありませんでした。

 

他団体さんの感想は、あまりだめ出し的な感想を書かないようにしてるのですが、

今回はなんか多いですね。すいません・・・・

全体的に好きになれそうなんだけど、

もったいなさが目立ったからでしょうかね?

 

 

自分の公演終わって、

次の作品の構想は練り始めてます。

最初の1,2週間は順調だったのに、

最近は、イマジネーション停滞期です・・・・・

 

いつも全力で書いてますが、

今回は時間もあるので、

とことん追求して、広い視野もって、

これでもかってくらい練り倒し、

書き直し続けて、いい作品を作っていきたいなぁ

と思います。

 

やっぱり、芝居っていいですね。

| | コメント (2)

2009年8月13日 (木)

DVDを見ました。

「6年目も恋愛中」

 

韓国映画です。

6年間付き合っていて、

まだ、結婚はしていなくて、

同棲に近い状態を送っている

カップルのお話。

 

この文章を書いてる誰かさんにそっくりな境遇ですが、

だからこそ、見たのでありますよ。

恋愛中のお相手と。

 

ちょっとネタバレですからね。注意です。

 

6年目の馴れ合い感

刺激を求める感

どこへ向かっていくのだろうな不安

から、

男が浮気に走ります。

しかも、危険そうな女に。

ジェシカ=アルバに!

 

見ているだけでハラハラな展開なはずなのに、

なぜか退屈なのが、この映画の特徴です。

 

その後も、

おい、そこは彼女に見られるだろう!

おいおい、部屋に連れ込むのかい!

とリスクを顧みなすぎな男の行動に憤慨し、

感情移入もくそったれもない。

 

もっとそこらへんの感情を、

浮気の葛藤とかを描いてくれてるんだ!

と思ったら、なんとも行動派のお二人でありまして、

葛藤を描く前には行動を起こし、結果、

何かの行動の後の感情しか見られなかったのが、

退屈だった原因なのかもしれません。

 

そして、よく事故る。

3回くらい事故ってました。

おいおいおい!また、事故かよ。

 

つり橋効果でしょうか?

全然活用されてませんでしたが・・・・・・

 

というわけで、色々と参考にはなりました(?)。

まぁ、映画の中の二人よりは、いい関係だわな。

と、のろけて終わっておきます。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

僕は、納豆が好きでした。

昔は、よく食べてました。

 

でも、昔からよくお腹が痛くなってました。

中学3年の時、あることに気がつきました。

納豆を食べた日の翌朝は、必ずお腹が痛くなる。

この仮定は、何度かの実験を経て、立証されました。

 

僕は、それ以降、大好きだった納豆を、

もう十数年食べていません。

 

しかし、今日、なぜか、猛烈な衝撃が!

同居人が食べている納豆を見て、

匂いをかいで、

どうしようもなく、

食べたくなりました。

我慢ができなくなりました。

 

僕の心の何かを暗示しているのでしょうか?

 

十数年経ったし、お腹の調子も変わってるかもしれない。

と都合のいい言い訳が僕の頭をよぎる。

 

そして、誘惑に負けた。

 

あったかなご飯に、

納豆をかけ、

口に運ぶ。

 

うまかった。

うまくてすぐに食べ終えた。

 

禁断の実を食べたイブの気分のようだ。

 

さぁ、明日のお腹の調子は大丈夫なのか?

一時の誘惑に負けて、

明日電車で猛烈な地獄を見るか、

それとも何事も起きずに、

僕の納豆ライフが再開されるのか?

 

乞うご期待である。

| | コメント (0)

今朝の地震怖かったですね。

週末の地震はライブハウスにいて、

スピーカーの振動と勘違いしてましたが、

今朝のは地震だと気がつきました。

 

台風それましたね。

がっかりです。

 

今日が強い銘柄を買ってるのに負け続ける

意味不明イライラ取引で、

イライラのせいで最後までぶっ飛ばし続けて、

死にました。

そんな帰り、丸善に向かい、これを買う。

「幸せ 最高 ありがとう マジで!」

本谷有希子の戯曲です。

 

先日は、芥川賞候補作の

「あの子の考えることは変」

を買いました。

 

僕の本棚で一番ある本は、

鴻上尚史だったのですが、

そろそろ本谷有希子が抜きそうな勢いです。

 

「あの子が考えることは変」

今までの作品となんか違った雰囲気をうけたんですが、

面白かった。

横ちんを襲う描写とか、電車の中なのに、笑ってた。

 

ただ、後半、二人がとびすぎて、ちょっとついていけなかったのが残念だ。

「絶望」あたりの方が、そこらへんの共感は強かったかな。

 

で、

「幸せ 最高 ありがとう マジで」

前半、マジやばいね。

嘘でいきなり、「愛人です」とか、

「あの人は私のこと絶対知らないって言います」って、

その設定だけで、もう、面白いっす。

 

次書く自分の作品のモチーフに被っていて、

ちょっとびくったけど、これに影響されすぎずに、

自分の世界を作れるように、頑張りますよ。

 

途中、時間をあけてから読みを再開したので、

前半の没頭からさめてしまい、

後半なかなか入り込めなかったのが残念ですが、

今回ほど、「不条理」を感じたことはなく、

そこらへん自分の永遠のテーマなので、そこは参考にしたい。

しかも、それを笑い飛ばしてるあたりとか、

自分の前回の作品に被ってはいるんですが、

自分の作品にはそこに何が足りなかったのか?

真剣に考えたいと思います。

まぁ、比べちゃ失礼だけどね、

端くれとしては、比べて伸びたいですわな。

 

というわけで、

芝居、見に行けばよかった!

と思う読書でした。

金をケチって、行かないなんて思うんじゃなかった。

今度は見逃さないぞ!

でも、金はないぞ!

あぁ、夜にゲがつく店ででも働こうか・・・・

 

マジすごい。

惚れるわ、本谷有希子。

惚れるっても、

もし会っても、会話続かないかもだし、

いい雰囲気でも、キスはしないし、

頼まれても、絶対に抱かないけど、

マジで、尊敬というか、尊敬ではないな、

なんというか、

惚れ惚れ・・・・・

 

  

のんぴょ~ん

と横島忠夫を憑依させて所で、

今日のこの支離滅裂ブログは

ここで、終了。

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

とうとうできましたね、渡辺喜美新党!

いやぁ、現職も5人そろってよかった!

 

政権が取れそうになるとドンドンぼろがでるのが民主党ですが、

今回もその例に漏れませんね。

自民のもですが、あのマニュフェストは何なのですかね?

さっき、TVタックル見て思いましたが、本当に、

国家観が描かれていない!

どういう国益を追求していくのか見えない。

両党、目先の問題だけをいっていて、

麻生じゃありませんが、中長期のビジョンが見えません。

 

バラマキばっかで、財政再建はどこへいったんですかね?

 

国防とか政権とる上でかなり大事なのに、

実際に、街中でそれを一番言ってるのは、幸福実現党・・・

 

子供手当ては大事だけど、それだけで少子化対策?

教育の方向性はそっちのけで、何の国益が追及できるのか?

子供が増えればいいってもんでもないだろ!

 

弱者救済はいいが、金持ちから税金取りすぎたら、

金持ちは日本からいなくなっちゃうじゃんか!

 

と不満たらたらな僕です。 

 

とりあえず、みんなの党に期待です。

というか、そこしか入れるところがありません。

 

僕の好きな政治家は、小泉です。

小泉改革は間違いだった!

と時の閣僚だった麻生が言ってしまっていて、

なら、お前は総理でいるな!

と思いますが、

小泉改革が間違いだったのでなく、

改革が途中で止まり逆行したこの2年がだめだった!

と誰も言わないのが不思議でなりません。

痛みの伴う改革で、さぁ成果を出そうという時になって、

止まったら、それは、ダメな部分しか見えてこないのは当然。

 

小泉劇場が悪かった!

とマスコミは言ってますが、

政治に興味を持つ人が増えたし、

自分の一票で政治が変わる!と思えた素晴らしい選挙。

そして、実際に変わりかけた。

何が悪いんだ?

ただ、民主の策略が弱すぎたから一方的に流れただけ。

あのレベルの大きな波を双方で起こせれば、

それは、楽しい、興味深い選挙になる!

と思ってしまう僕であります。

 

話がずれましたが、

小泉改革が悪かったとは思わない。

続かなかったのがいけないんだ。

それはだれの責任か?

続けなかった小泉の責任でもあると思うが、

すべての、ほとんどの責任は、

小泉の、そして、国民の信頼を、あっさりと裏切った

「あべ」にあると思うのです。

 

あの人が、まだ政治家をやっていることが信じられません。

あの人自身がやり続けてる選択をしたことも信じられないし、

それを許容している周りの政治家も、マスコミも理解できません。

 

そこの責任も問わず、改善点を見出さず、

ただ、改革が間違いだった!といい、

そして、財政再建そっちのけで、

バラマキに走る2つの政党。

なにが政権選択だ!

 

無駄使いを簡単になくせるだったら、誰も苦労しない。

金をもてあましてる鳩ちゃんに言われたくないよ。

無駄使いを無くせるとか・・・・

 

もはや、政権選択でなく、

まともな政界再編にしか期待が持てません。

 

まともな政界再編が起こるような選挙結果になってほしいです。

 

なんだか、途中からイライラして支離滅裂な感じですが、

とりあえず、頑張れ、みんなの党!

| | コメント (0)

2009年8月 9日 (日)

動物好きな、犬好きな僕ですが、

植物には、あまり興味がありませんでした。

 

でも、最近、植物を育てるのが楽しい。

Pakira 「パキラ」とか言う植物です。

同居人の元家に1年いて、

今の家に1年にいる、

2年目植物。

今年の春から夏にかけて、急成長してきたのですが、

事件です!

1ヶ月前、強風にせいで、1m下に落下。

3本あった幹の2本が折れ、もうだめか・・・・

と落ち込んだのですが、

その後、折れた横から新芽が生え、

急回復を見せて今に至ります。

 

この劇的な変化!生命力!に心打たれて、

最近、植物を育てるのが楽しいのです。

 

で、この間、追加。

Blueberry ブルーベリー!

こいつは、まだ、土が根付いてないのか?

何の変化も見られませんが、

じわじわとでも育っていく姿を楽しもうと思います。

なんだか、趣味が年寄りっぽいな・・・・

そのうち盆栽でも・・・(笑)

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

最近、映画とか見ると、憂鬱になります。

ハリーポッター見たときは、

なぜか自分の無力さを感じたし、

今回は、なぜか自己嫌悪に陥りました。

自分大好きな僕が、自己嫌悪なんて想像つきませんが、

最近、気持ちの浮き沈みが激しい僕です。

 

人生、変化を恐れずに、前に進まなきゃですな。

 

見ました。

「天然コケコッコー」

 

夏帆好きなのに、いまさら見たのですが・・・・・

微妙・・・・・・

 

そもそも、都会-田舎って構図が好きじゃない。

ずっと都会に住んで僕としては、

そんな違うのか?

と思ってしまいます。

とはいえ、田舎に住みたくはないけれど。

物というより、人がいないとこにずっといるのは、

なんだかいやな気がします。

 

「砂時計」もこの構図でしたが、そんな嫌な気がしませんでしたが、

今回は、その嫌な気がムンムンに出ていて楽しめず。

 

夏帆の演技のなんだか微妙。

これが評価されたのか?と不思議に思いつつ、

これ以降の夏帆の演技の方が断然好きな僕であります。

 

というわけで、

退屈しつつ、我慢してみたけど、

最後まで退屈な映画でした。

 

最近は、退屈だと10分で見るのやめるのです。

前は、退屈でも最後まで見ましたが、

歳でしょうか?

先週借りたは、「ジャージの二人」「フィクサー」は、

10分で見るのやめました。

 

今回は、夏帆ってことで我慢してみましたが・・・・・・

 

今の気分のせいで面白くなかっただけかもしれませんが・・・・・

 

早く、落ち着いた気分に戻りたいです。

どうしたらいいのか分からないけど。

| | コメント (6)

2009年8月 5日 (水)

先日、実家に行ったら、

玄関前に、ウーパールーパーの水槽が置かれてました。

低温で生きるはずじゃ?

夏に外の水槽?

 

どうやら、親は世話を放棄したようです。

そして、

ここにウーパーがいるということを

わざわざ僕に言うってことは・・・・

 

小山家の動物係として、

引き取ることを申し出たのです。

 

Rimg0728 黒いウーパーです。

僕が家を出る前に、親が買ってきたので、

もう1年以上は生きています。

でかすぎです。

僕の手持ちの水槽では、

彼(彼女)がまっすぐになれるのは、

四角の水槽の中を、斜めに位置したときだけです。

 

とはいえ、

暑い外で、変な虫がたくさんいた水槽よりはマシだろう!

と僕は思うのですが・・・・

 

でも、少し臭いね。案の上。

エサのイトミミズが臭いね。

そして、動かないね。

 

動かなすぎなので、

ちょっと動いただけで嬉しくなる!

貴重な一歩。

 

オスかメスか分からないのですが、

動かないコマをイメージして、

トリニティー

と名づけました。

今つけました。

なので、まだ、呼んだことはありません。

 

やきもちをやいているのか?

こんな黒い物体にやきもちをやいているのか?

ネイビーが、始終僕につきまとってきます。

かわいいのですが、夏は暑いのよ。

 

でかい水槽を買えって?

お金がありませんよ・・・・・

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

映画観てきました。

ハリーポッター 謎のプリンス

 

結局、男一人で見に行ったのですが、

右隣も、左隣も、男一人だったようです・・・・

 

「謎のプリンス」をなぜか「謎のプリンセス」だと勘違いしていたので、

なんだか、変な印象を受けました(笑)

 

映画としてはとても単調でした。

シリーズの中では一番下かもしれません。

 

恋愛に焦点が当てられていましたが、

なんだか、描写が浅いというか・・・・

結構ドライなんですよね。

欧米の若者の恋愛はドライなのかもしれませんが、

そして、僕は、ドライな恋愛は好きですが、

それは今の歳だからであって、

10代半ばの描写は、もっとドライでなくてもいいかと思う

とりあえず、一連の恋愛描写に魅力は感じない。

 

恋愛を絡めた展開が、なんだか、

ヨン様の「大王四神記」を彷彿とさせる。

 

とはいえ、物語的には面白かった。

僕は、小説読まずに映画オンリーな人なので、

そこらへんはドキドキでした、が・・・・

この映画の出来だと、

原作ファンで映画を見てない人たちに、

やっぱ見なくていいや!

という印象を与えかねない出来・・・・

 

とはいえ、僕の狙いの半分以上は、

ハーマイオニーに成長なので、(笑)

十分に楽しめました。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »