« クロスゲーム | トップページ | ヤクルト、CS進出! »

2009年10月 9日 (金)

「赤い指」

川崎へ引っ越して一年ちょっと。

初めて、電車を降り逃し、横浜まで行ってしまいました。

本に没頭していたからです。

東野圭吾「赤い指」

 

東野圭吾。

気にはなってたし、兄を始めいろんな人に薦められましたが、

まだ一度も読んだことのない作家さんでした。

帰りの電車が暇で、でも、パワーもないので、

漫画か面白い小説に限定される中、

漫画は読む時間の割りにコストが高いので、

とうとう東野圭吾に手を出したわけです。

 

とはいえ、帰りの電車2回で読み終えました。

会社の昼休みに読み進めたのがまずかった。

おもしろいといつもこれだ。

我慢するけど、先が気になって、

「電車の暇つぶし用」という趣旨がどこかへいってしまう。

 

というわけで、東野圭吾「赤い指」。

面白かったです。文章自体にはさほど魅力は感じず、

そういうのは川上美映子とかの方がやはり好き。

とはいえ、東野圭吾。物語の引張りが半端ない。

掴みの部分とか、誰でも思いつきそうなストーリーなのに、

完全に掴まれしまいました。

前半の加害者家族の描写がいい。

人間臭すぎて、心汚すぎて、

嫌気が差してくるけど、そこがいい。

そこで完全に掴まれた。

 

そのせいか、捜査の下りが始まると、

少しだらけた感じを受けてしまいましたが、

結構すぐに、事件の核心に入っていくので、許容範囲。

 

ちょっと「展開早!」と思いましたが、

このくらいがちょうどいいんでしょうね?

コンパクトにまとめる技術に脱帽です。

ここで「展開早!」とか思ってるから僕の話は長いんだ・・・・

と脱線したので、元に戻す。

 

オチについては、ちょぴっとネタバレなので、ここから注意。

全然読んだことなかったので、構えがなかったのですが、

普通の推理小説なんですね。

最後のオチの返しはよかったけど、

説明セリフのオンパレード!には、

やはり、ちょっと違和感を感じてしまった。

2回返しですね。それくらいがちょうどいいでしょうか?

 

最後の伯父を看取るくだりは、なぜか、

まだ生きているネイビーのその時を想像し、

非常に寂しい気持ちになりました。

そうして、電車を降りるのを忘れました。

 

東野圭吾。

いろんな作品、読んでみようと思います。

|

« クロスゲーム | トップページ | ヤクルト、CS進出! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロスゲーム | トップページ | ヤクルト、CS進出! »