« ヤクルト、CS進出! | トップページ | 「A ストラップ デトロイト」 »

2009年10月11日 (日)

だいぶ前に見たDVD。

「バーン アフター リーディング」

 

予告編を見る限り、ナンセンスコメディなのかと思いつつ、

キャラがおかしいだけで、真面目にストーリーが展開されてました。

 

何がすごいってブラピがすごい!

ブラピが若い!若々しい!

いまや、大御所だろうブラピがあの役でいいのか?

と思いつつ、

最初から最後まで演じきってるあたりが

この映画の一番の見所だろう。

 

ある人にとっては人生をかけた一大事でも

支配層してみれば、ささいなこと。

そんな不条理や、風が吹けば桶屋的な感じが描かれているあたりは、

とても共感できるが、

ストーリー的に盛り上がりがなく、タンタンと進んでいくあたりに、

まぁ、そこは狙いなんだろうけど、

僕は退屈に感じたし、後に残るものがちょっと少なかった、

あっけなく終わった感がした。

まぁ、それも作り手の狙いな気がして、まんまとはまる僕。

 

なんか適当に見たい時にオススメな感じの映画です。

|

« ヤクルト、CS進出! | トップページ | 「A ストラップ デトロイト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤクルト、CS進出! | トップページ | 「A ストラップ デトロイト」 »