« くも膜下出血からの回復 | トップページ | 「獣の奏者」 »

2009年11月10日 (火)

予告編とかでみる限り、

きれいな映画

なのかと思っていたら、

意外に怖くて、なんか気味悪い。

 

パフューム

ある人殺しの物語

って副題がついてるけど、

史上最強のストーカー

という副題に変えるべきだろう。

 

主人公、

とりあえず、変態すぎ。

そして、アーティスト気質炸裂しすぎて、

かなり面倒くせぇ奴です。

笑えますが、だんだんイライラしてきます。

 

匂いだけで、遠くにいる人の位置まで分かるって、

どこまで逃げても無理じゃん。

人工衛星よりもすごいじゃん。

匂い求めて執拗に追いかけてくる。

怖い。

ジェイソン級に怖い。

 

全然気がつかなかったのですが、

ローラ役の子、

レイチェル ハード ウッド

って名前の子。

ピーターパンの実写版で、超気に入っていたウェンディ役の子でした。

ウェンディの時の方がかわいかったですが、

十分すてきな大人に育ったようで、嬉しかったです。

 

最後にいくにつれて、笑えるシーンが増える映画でした。

みんなで酒飲みながら見るといいかもしれません(笑)

|

« くも膜下出血からの回復 | トップページ | 「獣の奏者」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くも膜下出血からの回復 | トップページ | 「獣の奏者」 »