« 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎 | トップページ | 「アドレナリン」 »

2009年12月 2日 (水)

「精霊の守り人」上橋菜穂子

このブログに「獣の奏者」にはまっていることを書いてあるのを見て、

頼んでないのに、稽古に持ってきてくれました。役者の免出君が!

「精霊の守り人」

 

免出君から時々本を借りるのですが、いいのが多いです。

「パンプキンシザーズ」とか泣ける。 

 

で、「精霊の守り人」です。

かなり面白かったのですが、

「獣の奏者」を読んだ後だったので、

少し完成度が劣るという印象を持ってしまった。

 

僕がただ動物好きって所で、

「獣の奏者」の評価が高いからかもしれませんが、

世界観の広がり的には、「獣・・」の方が広く拡がる感じがあった。

 

「獣・・」を読む前なら、文句なしに楽しめたけど

と思いつつ、

即効で読み終わってる僕です。

面白いです。

ふいに現実の不条理に絡めとられ、

苦しいけどもがく様。

最近、こういうことを何回も書いてるけど、

自分は、こういうのが書きたいし、

こういうのを読むのも、見るのも、大好きなんだ。

と改めて実感します。

 

最近、本ばかり読んでいるせいか、

読むスピードが異様に上がっていて、

しかも、どの本もはまりすぎてしまい、

もはや通勤の「時間つぶし」ではなくなっている気がします。

まぁ、いいか。

ここ数年、こんなに集中して本ばかり読んだりしなかったので、

いい傾向です。

 

全然関係ありませんが、

研究にいたときはそれなりに触れていたけど、

仕事上全然使わなくなった英語

そろそろ消えそうなので、勉強再開することにします。

異分野に行ったのは自分の意思だし、

使わない知識だからしょうがないけど、

知識がどんどん消えていくって寂しいものです。

 

そこはちゃんと努力しなきゃだね。

|

« 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎 | トップページ | 「アドレナリン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎 | トップページ | 「アドレナリン」 »