« Rolandの悲劇 | トップページ | いい曲です。Regina Spektor! »

2010年5月 7日 (金)

「もう二度と食べたくないあまいもの」井上荒野

お金がなくても、本は買ってしまいます。

「もう二度と食べたくないあまいもの」

井上荒野です。
偶然出会った荒野作品。
波がなく、ただただ淡々と進んでいくのに、
知らぬ間に、世界にどっぷり浸かっている。

ただの恋愛小説なのに、
こんなにどっぷり浸かってしまうのはなぜなのか?
なんで、自分がこんなに惹かれるのか?

その答えを知るために、
買い続け、読み続け、
読めば、世界に惹き込まれて、
答えが出ることなく、
答えを探ることすら忘れて、
物語は終わってしまう。

題名がステキすぎたので、
中身を見ずに買ったら、短編集でした。
基本、長編の深い世界観が好きなので、
短編はあまり読まない僕ですが、
今回も楽しませてもらいました。

「犬」とか最高です。
7月の自分の芝居に繋がる部分も多くて、
主演の藤ちゃに「犬」だけ渡しました。
読んでくれてるのかどうか知らないけど・・・・・

本って展開でなく、世界を楽しむものなんだ。

そんなことを改めて感じさせてくれる一冊です。

おすすめ。

|

« Rolandの悲劇 | トップページ | いい曲です。Regina Spektor! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Rolandの悲劇 | トップページ | いい曲です。Regina Spektor! »