« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

負けちゃいましたね。
日本を応援しつつ、パラグアイが3-0で勝つ!と予想しつつ、
見ていた僕ですが、やはり、応援は日本になります(笑)

あんなにハラハラした日本戦も久々!
でも、日本人でもパラグアイ人でもなかったら、
つまらない試合なんだろうなぁ~

と思いつつ、
それでもハラハラできるのが、決勝トーナメント!

PKは運なので、仕方ないですが、
僕としては、途中出場の玉田が許せない。
なぜ、あそこでシュートせずに、パスなのか?

肝心な所でシュートしない日本のFW

その課題が今回のW杯では解決されたように見えたのに、
最後の最後で、前の弱い日本みたいなプレーを見せて、
かなりがっかりしました。

あぁ、大久保の1点、見たかった。

試合後のインタビュー

日本の今後のことまで分からない
と言った岡ちゃんに対して、

Jリーグの応援お願いします
とまで言いのけた長谷部のすごさに脱帽。

そして、
的を得たコメントをしていた中田ヒデの解説を
途中で切ったTV局に「・・・・・・・」。
「100%を出したのはパラグアイ」がダメだったんでしょうかね?
日本のTV局的には、
「負けたけど、100%出したサムライたち」
な感じが好きなんでしょうね。きっと(苦笑)

ただ、パラグアイ戦、
本田も松井も封じれていたし、
遠藤中心に中盤でボールとられていたし、
なぜかフリーな時間が多かった大久保は、
見くびられていたのかしら?
と、
やはり攻撃面では課題を残すW杯でしたね。

強国見てると、FW一人くれよ!って思っちゃいますね。

でも、パラグアイも、初出場から数十年たって、やっと8強入り。
フランス大会での一回戦敗退の映像が、
今も思い出される僕としては、そっちでも涙物でした。

歴史を一つ一つ積み重ねていければいいですね、日本も。

さてさて8強そろいましたね。
4強南米独占は、
この試合の感じだとパラグアイはスペインに勝てそうにないので、
ちょっと難しいかもしれませんが、
それ含めた
アルゼンチン-ドイツ
ブラジル-オランダ

南米VS欧州3カード!
楽しみにしてます。

| | コメント (0)

昨日の稽古は、第3回通し。
後3回通しやって小屋入りです。

昨日は、通しの前に、細かな稽古。
残された課題、稽古量が少ない自分のシーン。

だんだんよくなってきしたが、
まだまだのびる余地があります。

そこを延ばすべく、このシーンの演出は、
演出協力の中村りえの演出権を徐々に増大させています。

自分演出の芝居なのに、
他人演出を受けられるこの感覚!

なかなかないよね!新鮮!
っていうか、
ここ数年他人の演出をまともに受けてないので、
役者小山に違う視点が当てられて、なんだか面白い。

本稽古前だけど、代役として出演が決まった中村りえ。
徐々に交流深める中で、勝手に近しい物を感じて、
ここまで任せる流れになっています。

いろんな人の力を借りて、広がりのある芝居に仕上げたいですね。

で、通しです。
途中から、徐々に集中力がなくなるのを感じましたが、
目標通り、「無難な」通しができました。

ここで、「無難な」物を一回やっておきたかったので、満足。

稽古は残り三回。

ここから精度を高め、
気持ちを上げて、広がりを出し、
全体を見て、まとまりを!

ご予約、ご来場お待ちしています。

| | コメント (0)

2010年6月27日 (日)

昨日のウルグアイVS韓国戦。

アジアの同胞として、これでもかってほど韓国を応援しましたが、
ウルグアイ、強いですねぇ~

同点に追いつかれてからの転換すごいし、
2点目とか衝撃でした。

そう、スアレス。
Pn2010062601000715___ci0003

大学院時代の恩師に似てる。
目と口の曲がり具合とか・・・・

それだけで彼を応援したくなった小山です。

南米はやっぱ強いね。
パラグアイ戦、大変そうだけど、楽しみです。

ガーナ勝ったみたいですね。
よかったよかった。

というか今日!
23時にドイツVSイングランド
3時にアルゼンチンVSメキシコ

今日、一日中稽古だよ~
どっちも見たいよ~

がんばってどっちかは見て、
月曜日はちゃんと会社に行こう!

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

会社の同期が、くれました。

スキャナー

Scan

うちの劇団、配布物は基本メール添付なので、
手書きでしか作れないものは、手渡しにならざるえなくて、
面倒で、時間ロスも多かったので、
スキャナー欲しかったのですが、

3年前にプリンター買ったとき、
スキャナーつきのHPでなく、なぜかCANONにした・・・・・

この前、ちょっとスキャンを頼んだのを覚えてくれてたのか、
くれました。ありがとう
何かお返ししたいけど、金がない(涙)

ついでに、タブレットもくれました。

Tabu

これもフォトショいじる時にほしかった品。
ありがとう~
ただ、使いこなせるかは微妙ですが(笑)

最近、家電が増えてなかった小山家に、
一気に増えたので、ちょっと嬉しい小山でした。

| | コメント (0)

ちょっと前になりますが、
うちの劇団の撮影班に不具合が生じまして、
通しのDVDが作成できない!
と言われ、困った困った!

前から欲しかったし、
後々必要だし、
あったら楽だし、

と自分の中で色々理由をつけつつ、
買ってしまいました!
ビデオカメラ!

Bide_2

家電はヨドバシ!
と決めている僕ですが、
今回は安さに負けて、
初めてたかたさんのお世話になりました。
安すぎですよ、たかたさん!

お金がないのに、毎度毎度の「どうせ買うなら病」で出て、
少なくとも暗所をとれるやつ。
かうならハイビジョン!

とこれを購入することにしました。

しかし、まぁ、僕も劇団もお金がないので折半です。
小山の破産が現実味を帯びてきました(笑)

とはいえ、せっかく買ったのに、
驚きの事実に直面!

ハイビジョンDVDを作れる設備がない!
ハイビジョンでDVD作れる、再生できるのって、
限られた機材なんですね・・・・
初めて知りました・・・・・

しかも、2時間とったらDVDだと4枚に・・・・・
ここまで普及しここまで便利なDVDが
業界の思惑だけでブルーレイにとって代わられることなんてない!

と思っていた小山ですが、
ブルーレイの存在意義を認識させられました。

まぁ、ハイビジョンじゃなくて、普通の高画質で撮っても、
それなりの画質は出るので、問題はないのですが・・・・・

と、買って始めに落ち込みましたが、
今回、演出兼役者の小山にとって、
さっそく役立ちまくってます、ビデオカメラ。

自分が出てるシーンとれるし、
週一稽古なので、平日に見直せるって、
この上なく便利なことにいまさら気がつきました。

でも、さらにショックなことが・・・・
家の大画面で見ようと、HDMI端子を買ってきたのですが、
ビデオカメラの穴に入らない・・・・・

ビデオカメラの穴にも「HDMI」書いてあり、
取説にも「HDMI」としか書かれてないのですが・・・・・

HDMIの規格ってたくさんあるの?
HDMI ミニってやつ?なら、書くよね、普通。

分かる人教えてください。

まぁ、ポイントで買ったので、
返品せずに他で転用しようと思いますが、

なんかショック・・・・

| | コメント (0)

せっかく外出予定がない休日で、色々やろうと思っていたのに、
偏頭痛が来て、それもおじゃんです。

何もできず、なぜか寝れず、見る映画も家になくて、
久々に、4年前の第1回公演のDVDを見直した。

自分の作品を冷静に見るには、
上演後ある程度時間が必要だとは思いますが、
その時間によっても、見方は変わるんだなぁ~
って、感じました。

たしか、2年前くらいに見直した時は、
ダメなところばかりが目についた。

演技がへたくそだ。
脚本の構成が微妙だ。
なんだこの演出は!

と。その反省点を、その後の演出に活かしてきたわけですが、
4年たって見直すと、なぜかいいところばかりが目につく。

あの頃から、演出の方法や方向がだいぶ変わったせいかもしれない。
今できていないような、気にしていないような所がしっかり見えたり、
あぁ、こんな所に時間かけていたんだなぁ~
と、今時間かけている所との違いが新鮮に感じられたり。
今では描かないだろうと思うような人間像を描いていたり。
まぁ、テーマ的な本質は全く変わってないんですけどね。

さすがに、今の方が成長はしていると思いますが、
今の作品に対して、視野が狭くなりがちな時期なので、
自分の過去の作品を通して、今回の作品を見直すことができました。

まだ頭痛い・・・・・

| | コメント (0)

2010年6月25日 (金)

デンマーク戦、すごかったですねぇ~
今までのW杯の日本の試合の中で、
一番いい試合だったんじゃないか!
と思うほど。

お祭りの好きの日本で、
あんなにも期待されない日本代表も珍しいだろう
ってほど期待されず、
岡田監督自身も、
終わった後は農家になる
とか言ってたのに、
いい形作れてますね。

そろそろ大久保の得点が見たい私。

なんだかヨーロッパ不振ですね。
それより、アフリカ勢の不振の方が残念です。
まぁ、強い国と頑張った弱く国のバランスのいい決勝トーナメント
見ものですね。

4強は全部南米なんじゃないか?
と思ってます。

私、パラグアイチーム好きです。
フランス大会のチラベルト率いるパラグアイが特に。
決勝1戦目のフランス戦は忘れられません。
とにかく、守って守って速攻!
好きなんです、なんか・・・・・

そろそろブラジル戦も見たいです。
まだ見てない・・・・今日きっと見る。

最近、セイコーの株価が上がってるな?
と思っていたら、何かの記事に、本田効果と書いてありました。
本当かよ!?W杯で腕時計株とか渋いよ!
と思ってしまったのですが、
まぁ、僕の相場感なんて当てになりませんからね(笑)

そんなわけで、決勝トーナメント。
眠れないよ~

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

道って、
どっち進もうか迷う時って、
突き当たりの交差点。

進んでる道がこれでいいのか?
って内心思いつつ、
まっすぐに進む道がある時は、
たとえ、いくつも横に曲がる道があろうとも、
とりあえずは、まっすぐ進むの。

どっち行こうか迷うのは、
突き当たりの交差点。

途中で迷おうと思っても、
風が吹いて進んでしまうこともある。

途中で迷おうと思っても、
迷いたくない自分がいる。

振り返らない道。
信じ続けた道。
過去に信じ続けた道。

そのままのまっすぐは、
過去に信じた道のまっすぐなだけであって、
今から信じる道とは限らない。

まっすぐに見えたとしても、
そこはいつも、
突き当たりの交差点。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

昨日稽古で、残りは4回。

その前に、BGM完成!
作っていただいた燦次元さんありがとう!
イメージを伝える難しさを互いに感じつつ、
なんとか進みつづけて、ようやく完成です。

空間をぐわっと広げてくれるはず!

今回の稽古は、シーンを流し流しの練習です。
シーン間の緩急を意識する練習にしたかったのですが、
今回の場転がいつもより複雑で、
しかも、デ=ズッパ初の客演さんも多いので、
場転を中心にした稽古になってしまいました。

反省反省。

でも、全てのシーンをこなせたのは、OK!

残りは4回です。来週から毎回通し稽古ですが、
通し以外の時間で、細かい所を詰めつつ、
あとは、流れを意識して、物語全体を把握して、
ステキな空間を作り上げていきます。

とね、どんどん演出の仕事を少なくしていって、
そろそろ役者に完全に集中したい所。

自分演出の舞台なのだから!
とタカをくくれないのが、
今回の役所の難しい所。

今回の役、演出の僕から見て、
役者の僕の善さを活かしにくい!
と漸く気がついたわけですが、

今までの善さにすがらずに、
自分の役者としての新たな味を見出せるように

物語の空間を作り上げられるように、
お客様に楽しんでいただけるように、

途中から、演出協力として、
僕の役の演出をつけてくれている中村りえの言うことをよく聞いて
残り4回の稽古と、平日の空いている時間を有効に使って、
がっつり作り上げていきたいと思います。

ご期待あれ!

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

僕の携帯電話、まだ902iです。
SO902iです。

あの形が好きなのと、お金がないので、
ずっともっています。

この時期になると、
役者が衣装チェックで大量の写真を送ってくれるのですが、
僕の携帯は古いせいで、処理が遅い・・・・・
写真は一枚しか送れない・・・・・

今日、さき姐さんと藤ちゃとのやり取りを終えてから、
異常にメール打つ処理が遅くなったので、
携帯内のいらないデータを消してたら、
間違って消してしまった!

狩野英考の着メロ!

僕のメール着信音、いまだに、50Aの「パーフェクトラブ」。
間違って鳴った時なんて恥ずかしいのですが、
かなり気に入っていたのよ、このフレーズ。

愛しさと切なさを兼ね備えてる、男子!

消えちゃった・・・・・・・

あの頃は限定ダウンロードだったけど、
今は常時ダウンロードできるんだろうか・・・・・・

狩野君。最近あまり見なくなったけど、
こうして、また、一人ファンが消えそうです。

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

前回公演では、オカマが愛を叫びましたが、
今回はオカマは愛を叫びません。

先週末は土日連続稽古だったのに、
日曜日の分の日記を書くのを忘れてました。

日曜日は、部分的なメンツしか揃わなかったので、
部分的な特練が多かったのです。

その中でも、注目の特練が、たまだ練!
主演の藤ちゃの相手役、われらがたまだの練習です。
でも、主演の藤ちゃはお休み・・・・・・
というわけで、演出のワタシが一肌脱ぐことに!

そして、なぜかがっちりと言い合うシーンを選択し、
小山、女役を100%で演じながら、たまだにダメ出しです。

たまだが徐々にステキな演技をかましてくるので、
ワタシもさらにステキに輝こう!と、ね!

最後は、購入したてのビデオカメラで二人を撮影。
休んだ藤ちゃに見てもらうつもりで撮ったのですが・・・・・・

ワタシ、結構自分の演技好きなんです(笑)
言い合いのシーンも好きだから、
異常に熱こもってるんですが、

いや、好きなんだけどね、
やっぱ、このシーンは藤ちゃの方がいいわ!
と思ったの。

うん。役者としては敗北だけど、
演出としては、勝利なのよ。

というわけで、
稽古始めの1時間で力を使い果たすという失態もおかしつつ、
いつか、男だらけの、オカマだらけの、痴話喧嘩芝居やりたいね!
と言いつつ、
面白そうではあるのだが、
稽古風景を想像しただけで、
やる気の失せる企画だ!

と気がつきました。

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

やっと鳩山政権が終わったと思ったら、
案の定の菅政権。

政権交代に少しは期待しましたが、
どんどん悪くなっています。

一番驚きなのが、支持率回復。
総理が変わって支持率回復。
その度に短期政権としてつぶれていったのに、
なんでまた、支持率が上がるのか?

新聞社のイタズラのせいか、
一向に政治的な変化を見せない大衆のせいか?

民主の政策、許せないのが二つ。

「沖縄選挙区の擁立見送り」

普天間問題を理由にしているが、
普天間問題を意識するなら、たとえボロ負けしようとも、
民意を問う候補者を立てるべきではないのか?
辺野古移設に賛成の候補者を立てて、
その必要性を訴えるべきじゃないのか?

口だけの「配慮」。
全くもって「責任感」を感じさせない。

「増税による財政再建」

法人税減税は賛成だが、本当にできるのか?
財政再建は必要だが、
増税によって、本当に経済は回復するのか?

そもそも赤字国債が増えたのは、
民主党のバラマキが原因。

意味不明なバラマキだけをして、
仕分けで、節約してるポーズだけ見せて、
結局は、弱い所からだけ搾り取ってるだけ。

もう半年以上たつのに、
成長戦略も外交方針も改革の大枠すらみせず、
実質的な大きな構造を変える改革は何もせず、
小さな小手先だけをどうにかしようとしてるだけ。

そして、今後もしようとしている。
まさに、鳩山個人のようなことを、
実際は党全体でやっている。

なぜ、増税の前に改革をしないのか?
構造を変えて、経済の活性化や教育改革を目指さないのか?

増税しても、結局は、また、利益誘導のバラマキか?
失われた10年の自民党と何が違うのだろうか?

早く日本に政策で集まった与党を作ってほしい。
ずっと回り道をしてるのだけど、
政治家の皆様の決断を期待したい。

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

家の近くの駐輪所

Dsc00312

注意喚起のつもりなんだろうけど、
一応、金を払って停める駐輪所なのに、
こうも、どうどうと宣言されては・・・・・・

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

まだ道が途絶えたわけでない

ただ細くなっただけ

いずれまた太くなることもある

途絶えたら止まるしかなく

落ちる行方を選ぶだけだが

まだ道があるのなら進んでいくしかない

その道の先が見えなくても

道の先はいつも見えない

たとえ今の道が太くとも

途絶えることすらないのかもしれない

落ちることすらないのかもしれない

風が吹かずとも進むのみ

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

会社の隣の同期が薦めた時は「DVDでいいや」と思いましたが、
王様のブランチのリリコに薦められたので見ました。

「告白」

生徒に娘を殺された女教師と
その周りの人々の告白

結構期待していきましたが、
まぁまぁ!というのが全体の感想です。

ここからもうネタバレです。

冒頭はすごいよかったです。
松たか子、すごすぎ。
騒いでるのなぜかちゃんと聞いてる生徒の描写、
松たか子一人のセリフで、惹きつけられる映像。
そして、牛乳の中身。

あそこで終わってもいいんじゃないか?

と思ったほどいい出来でしたが、
それ以降が・・・・・・・・

・・・・・だったので、途中で色々考えちゃった。
なぜ、これが日本で受けているのだろう?
とかね。

ストレートな描写で分かりやすいからだろうか?
でも、この映画で描かれている人間の汚さを、
見ている多くは、
「こういうのはいるけど、自分とは違う」
「自分はこんなじゃない」
思いながら見てるんだろうな。
ただ汚さが顕在化されているだけで、
自分たちのことを描かれてるなんて、
思わないんだろうな・・・・

と悲しい気分になったりした。

自分に含まれる汚さを無意識に拒否するのが、
日本の大衆な気がしてるので、
この作品が受けたのがちょっと不思議。

ただ、中盤は、描写を顕在化、単純化しすぎていたので、
「現実のようなファンタジー」になりすぎていたからこそ、
客が「自分は違う」って思いやすく、見やすかったのが、
受けた理由なのかもしれない。

でも、僕はそこが中盤だれた理由な気がしてます。
ウェルテルとかマジで面白かったけど、それ含め、
殺人者の母とか、生徒を含めて、単純化しすぎ。

しかも、「37人の生徒」と書きつつ、実際の描写3人だし・・・・・

もっと単純化、汚さを顕在化せずに、
もっと複雑な人間に、リアルに描いた方が、
気持ち悪さは増すけれど、いい作品だったと思う。
ただ、そこをリアルにしたら、こんなに客受けはしないんだろうけど。

美月役の子、見た目めっちゃ好みだったのに、
そこまで惹き込まれなかったのが残念。

ただ、あれだな、聖書のエピソードで、
僕の名前の由来のエピソードが出てきたのは、
評価できるな。

とか思いながら、もう寝そうだったのですが、
松たか子再登場で、また、いい作品になりました。

それで気がついたのが、
松たか子が一人ですごいってこと。
同時に、松たか子の役だけはそこまで単純化されてないこと。

そうなると、子役たち可哀相だなぁ~となります。

美月役の子とか、殺人者の子達とか、
日本の子役にしては頑張っていたと思うのですが、
あの松たか子の対に置かれたら、陳腐に見えちゃうよ・・・・・

野田さんのオイルからメッチャ好きになった松たか子ですが、
ここまで来たら、すごいねぇ~って感じです。

ハリウッドでリメイクとか、
この話しは、絶対アメリカでは受けないと思うのですが、
リメイクするなら、松さんだけは連れて行ってほしいです。

松に始まり、松に終わる。中盤はなんだったんだ?

そんな映画でした。

| | コメント (0)

2010年6月13日 (日)

だんだん稽古も残り少なくなっていきます。
今週は、土日稽古です。
いつぶりでしょうね~。
今回の公演では、土日稽古が2回あります。

昨日は、全員揃うのが、遅い時間だったので、
とりあえず、穴を埋めることに。

改善の兆しが見えてきた主演・藤ちゃと共に、
課題を抱える主演・エミネム。
この時期になると落とし所を必死で探すのが小山ですが、
さすがに、物語の軸になる主演は、そう簡単には落とせない。
そこで考え出したのが、「鳩」!
ルーピーじゃないですよ。

数々の体の癖を、同時抑える魔法の言葉「鳩」

今言いすぎたけど、結構効果が発揮されました。
昨日の稽古で、小山が何回「鳩」と叫んだことか・・・・・

しかし、これで道筋が見えてきたってもんです。
段取りで、演出が作るものも全て終えたし、
(新たなものがでてこないことを祈る・・・)
あとは、全体の精度をあげつつ、
自分の役者の出来を高めるのみ!

とね、思っていつつ、稽古後に飲みにいく。
金がないのに、「これは代表の務めだ」と自分に言い訳をして、
稽古の後の飲み会にはほぼ皆勤賞です(笑)
ここ数年は、あまり飲まないようにしていたのですが、
時々、出ちゃいますね、悪酔い
酔った勢いの普段にはない交流も貴重なのですが、
今朝の気持ち悪さと、体の痛さを感じると、
やっぱ、飲みすぎは嫌だと思います。

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

開幕しましたねぇ~

サッカーは小中でメインにやっていたので、
ドゥンガとかマラドーナとかが率いてる南米を、
応援しちゃう僕です。

決勝は、ブラジルとアルゼンチンで!
で、ブラジル優勝!

ただ、初のアフリカ開催!
アフリカ勢の活躍に期待ですね。
どこか一つでもベスト4に残ると、
地元も、全体も盛り上がるんですけどね。

時間帯的に、見られる試合があるのが、誘惑ですが、
やすべきことをきちんとやりつつ、楽しみたい!

と思いつつ、見始めると止まらないこの誘惑耐性の無さ・・・・

| | コメント (0)

今年見に行った芝居の中では、
一番面白かったと思う。

いつもうちの公演の受付を手伝ってくれる氏家ちゃんがでるので、
見に行きました。

カブ.牛乳や10回目の配達
ドラゴンテイル2

作・演出の方が、主役
それだけで脱帽です。

前説がお茶目な感じだったので、
コメディ系なのかと思いましたが、
結構真面目な芝居でした。

恋人が自殺した、残された男の内省。

最近、大学2年の時に作・演出した「p53」の再演でもやろうかと、
色々考え直してる時だったので、ドンピシャに参考になりました。

お話としては、
「地獄めぐり」という名の星の王子様的な感じで、
形は好きなんですが、芝居にパンチがなくて、
どうも引き込まれずにいました。

しかし、終盤、金崎敬江さんが出てきてから、
がっと引き込まれました。

それが、彼女のおかげなのか、演出のおかげなのか、
まぁ両方なんだろうけど、
話しもまとまっていく過程に、いい演出が入り、
そして、中央に魅入れる役者がいる。

久々にぐいぐい芝居に引き込まれました。

金崎さん、他の芝居でちょっと見たことあるはずですが、
こんなに印象に残ったのは今回が初めて。

これだけ空間を支配し、作り上げ、魅入れる役者さん。
ステキです。

自分も、自分の役者も、そこを目指しつつ、
また、見てみたい役者さんでした。
こう思えるの久々で、なんか嬉しくなりました。

お話、演出も気に入ったので、
また、見てみたいお芝居でした。

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

会社に入って3年ちょっと。
初めて、昼飯に、弁当持参!

Dsc00321  

タッパーだけどね。

自分で作ったわけではないので、
弁当男子と言っていいのか?
そうそう。
作ってもらったのよ!

まぁ、うちの弁当箱ないから、
タッパーで、しかも、おかずだけなんだけどね。

いつも不幸そうなブログばっか書いてますが、
たまには、幸せそうなこともあるのよ。

っていうか、
仕事が不調で、金がないだけで、
それ以外は、結構気に入ってる生活です。

金がないってのは結構でかいわけですが、
人は皆、ないものを大きく感じるのでございます。

そんな幸せな話しを書いてますが、
この弁当を食べて、仕事の成績の方はどうなったかは?
きっと、皆様の予想通りです(笑)

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

僕は、「きれい好き」です。
「きれい好き」ってなんでしょう?

そう!

「面食い」のことです!

違う!
わけでもないけど、
掃除の話し。

自分では、「きれい好き」だと思っていますが、
普通に汚すし、散らかし、ほっておきます。
僕の中では、

「きれい好き」=「汚さない」
じゃなくて、

「きれい好き」
=「散らかしても、掃除する頻度が高い!」

だと思ってます。

掃除するのは好き。前はよく掃除した。

しかし、ここ数週間、掃除してませんでした。
忙しい!と言って、掃除してませんでした。

こんな季節なのに・・・・・・

明日、エミネム嬢がうちに来るというので、
やっと今日掃除しました。
まぁ、そのせいで、やるべきことはなんもやってませんが・・・・

でも、掃除するって気持ちいい。
掃除した部屋にいるのって気持ちいい。

頭も、心も、すっきりした感じになる。

やはり、掃除はもっとするべき!
そのついでに、ネイビーもお風呂に!

心に余裕を戻しつつ、
このまま寝たら、最近の浅い眠りから解放される気がして、
このまま寝てしまいたいのだけど、
そうすると、また、明日の僕が苦労する。

どっちにしよう・・・・

| | コメント (0)

昨日の稽古は、宇奈根地区会館。
実家に寄る用があったので、小田急の成城学園前駅から。
歩いていけるかな?と主演の藤ちゃと一緒にめざしたわけですが、
藤ちゃの携帯地図と、途中の道にある地図を参考にしていたのに、
二人してまんまと迷い、炎天下の中、55分歩きました。

いやぁ。東京大空襲で焼けてない地域は、道が難しい。
と勝手な思い込みで完結する下町育ちの私。

まぁ、でも、まだ内面を掴みきれてない(笑)主演の藤ちゃと、
色々と話せたので、楽しかったから、よし!としましょう。

内面掴みきれてないってか、
掴んでると思ってる人でも、
実際は掴んでないんだろうけどさ。

というわけで、稽古です。

まずは、「役者入」です。
うちの芝居を見ていただいたことがある方は、分かると思いますが、
僕の暗い前説の前に、役者が舞台上に登場するアレです。
見ても、何をやってるか?分からないと思いますが、
一応、動きに筋書きがあります。
時々、大いなる伏線が含まれることがありますが、
全く無関係の時もあります。
しかも、その大いなる伏線も、二度目でないと分からない代物。

とりあえず、
空間を壊し、空間を作る、
昔の映画のタイトルコール
ような
そんな効果を狙ってたりします。

今回の役者入りもいい感じに意味不明に仕上がってます。
そして、もう稽古はしません(笑)
お楽しみに。

さて、第2回通しも終わったので、
シーンの方は、なるべく流しながら、
シーン間のつながりを意識していく方向です。

頑張ったおかげで、ちゃんと進んだ気がする。

ただ、小山、ある瞬間から、思考が停止しました。
普段は、情報が入ると、
いろんな思考フィルターを通って、
判断としてアウトプットされるわけです。

が、

何を見ても、何を聞いても、
何にもアウトプットされない。

もしくは、一つの思考フィルターしか通ってない。

なので、演技見て、
「まぁ、いいんじゃない!」
としかいえなくなり・・・・・・

これだと、後々かなり面倒になるので、
小山はおいといて、自主練してもらうことにしました。

ごめんなさい。

でも、自主練を見る機会なんてあまりないから、
色々といい発見ができました。
僕の指示を覚えてる具合だとか、
何考えて芝居してるんだとか、
そんな所が垣間見えたりしてね・・・・・・・

残り稽古もわずか、
また、思考停止に陥らないように、
頑張っていきます。

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

「つやのよる」井上荒野

つやのよる つやのよる

著者:井上 荒野
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「つや」という女性をめぐる長編小説。
今まで読んだ井上作品とは、ちょっと違う感じがしました。
今までは、

波風が起きず、淡々と話しが進んでいく、
その中で、いろんな感情が、淡々と動いていく。

感じでしたが、今回は、

大きく波風は起きていないのに、
その下の奥底では、大きな水流がうごめいている

って感じをうけました。

「つや」の話しなのに、
実際の「つや」はほとんど出てこない。

「つや」とかかわりのあった、
かかわりのある、
間接的にかかわりがあったかもしれない

そんな人たちの視点のお話が、
7人分で構成されていきます。

話を読み進めるにつれて、
徐々にその人たちの関係性が少しだけ見えてきますが、
サスペンス物のように、それを知るのが目的ではなく、
ただ、見えただけで、全貌をつかませようとはしていない。

それでも、実際の「つや」がなかなかでてこないのは、
この話し自体が、「つや」に関する「噂話」にすぎない。
ってことが徐々に感じられる。

作中にも時々登場する「噂話」という言葉。

本人たちの周りをぐるぐる回り、膨らむ噂話。
直接は知らないけれど、噂では知っている「つや」。

本を読んでいるにも関わらず、
噂を聞いているにすぎない感覚。

実際の「つや」の描写でなく、
周りの人からみた「つや」の描写。
それすらもなく、昔周りにいただろう人間の心の描写。
それらだけから構築されていく「つや」のイメージ。

「噂話」なんてこれ程度!
と言いたいのか、
ほら、「噂話」の力はこんなにも!
と言いたいのかは分からないけれど、

実際の「つや」の描写だけあったとしたら、
今のイメージとはどんな違いがあるのだろう。

とも思う。

でも、僕らは、そうやって、
それに近い風なものの中で、
生きているのだろう。

読者それぞれの中で、勝手に構築されていく「つや」

読者の創造性を膨らませてくれる本好きです。
映像になってしまったら台無しの、本の善さ全開!
って感じがして。

この話は「つや」がいまにも死にそうで、
そして、死んでしまった時間帯の周りの人間の描写。

自分が死にそうな時、
周りはどんな風に動くんだろう・・・・・

それも、本人には、知るよしもなく・・・・・

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

ブリーチ、45巻出ましたね。
ジャンプ読んでないので、2月ぶりで楽しみました。
ジャンプ情報で、一心が出来てきたと聞いていたので、
楽しみにしていたのに、そこまで入ってなかったので、
ちょっとネットで調べてしまいました・・・・・・・

ブリーチを読み始めたきっかけは、3巻の立ち読み。
オカルト漫画好きの僕にとって、織姫と兄の話はお気に入り。
そこからだんだんただの格闘漫画になってしまうのは、
さすがジャンプといったところですが、それなのに、
読み続けているのは、魅力的なキャラの豊富のおかげ。

なので、ここで、僕の好きなキャラランキング!

一位・砕蜂と大前田

砕蜂です。見た目です。
ただ、彼女一人では、ただのいけ好かないレズですが、
ここに大前田が加わることで、彼女の魅力がUPします。
デブで戦わない大前田!露骨に手荒く扱う砕蜂!
41巻くらいの限定解除の下りといい、
大帝との一連の戦いといい、いい味だしてます。
45巻ではあっさりやられてしまった砕蜂ですが、
まぁ、見せ場があってよかったです。
そういえば、あの最後の戦い、大前田、参戦してない?
さすが、大前田!

2位・平子真子

あの適当な感じが好きだったのですが、
最近、熱くなってきますね・・・・
それにしても、彼の自己紹介のシーンが、
彼の斬魄刀の伏線になっていたとは・・・

3位・草鹿やちる

見た目と位置取りが最高です。
なぜ副隊長なのか?本当に強いのか?
覇気みたいなしか見たことない・・・・
ヨーダ的な強さなんだろうか・・・・
なぜか最近出てこないね・・・・・

4位・夜一

見た目です。
猫が、あんなのに変身してくれるなら、
私は、猫を飼います。

5位・日番谷冬獅郎

彼も、見た目ですが、最近、・・・・・な感じになってきます。
前から、総隊長が経験を積ませたいのか、
とりあえず、始めにやられる役回りですが、
天才のくせにすぐにやられて、でも、なかなか死なない。
ブリーチ界のブルース・ウィリスとは呼ばれてはいない。

45巻で「叩ききってやる」みたいなこと言って、
もう完全に「かませ犬」ポジションに居座ってしまったようです。

それにしても、あんなけしからん乱菊さんにときめかない少年って。
雛森好きすぎな純情なのか、
それとも、早くに使い物にならなくなったのか・・・

6位・有沢たつき

彼女も見た目。たちどころもかなり好きなのに、
全然出てこないのは、なぜ?
最後の最後の伏線なのかしらね?

7位・ウルル

いつだかの「ソワルピン」が忘れられません・・・・・・

 

えーと、ここまで書いたけど、
今回の新刊はワンピースの方が、3倍おもしろかったです。
ブリーチには、もうちょっと頑張って欲しいですね。

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

基本的に収集癖もあるし、
ハードカバーの装丁とか好きなので、
電子書籍に興味なかったのですが・・・・・・・

電子書籍が普及すれば・・・・
自主出版しやすくなるじゃん!

実際、ipadの電子書籍の奴では、
自主出版の販売も受け付けてるみたいだし、

ワードを、電子書籍の形式にするソフトもあるみたいだし、
なんか、こう無名が戦いやすくなる世界っていいですね。

とはいえ、
自分の小説書こう構想は、ずっと停滞中ですが・・・・・
ネタはほとんど戯曲に持っていかれるので・・・・・

高校の時に、思いついた小説ネタをまだあたためますが、
小説書くなら、今はそのネタしかありません。

電子書籍に話を戻すと、
雑誌で表紙が動画になるってのがありましたが、
やっぱ、この方向性なんだろうな!と思う。

通販とか、ちゃんと360度撮影して、
電子書籍なら、商品を360度回転して見られる!
とかにしたら、需要は伸びる気がしたけど・・・・・・

最近にITの便利さの方向性にちょっと疑問を感じつつ、
もっと違う便利さを求めているのかもしれない私だけど、
今の便利さを、なるべく享受していきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

鳩山退陣!

仕事で使っている情報端末よりも、
民放の緊急ニュースの方が速く伝えたのには、
びっくりした・・・・・・・

アベの時に上がった株価もあまり上がらなかったし・・・・・
ここ2日、全然益がでない小山です・・・・・

小沢を道連れにできたのだろうか?
小沢は幹事長辞めた所で・・・・・・
と思ってしまう。

それにしても、代表戦まで2日って・・・・・

もう菅さんしかないじゃん・・・・・

菅さんが小沢と距離置いたらどうなるか分からないけど、
まぁ、距離置かなきゃ選挙に勝てないし、
距離置いたら、党内まとまらないんだろうけどねぇ~

菅さんなら、閣僚は横滑りなのかな?
誰が幹事長にするか?
とか気になる。

やっぱ、前原さんがいいなぁ。
これなら、選挙、どこに入れるか迷っちゃうね。
困ったね、みんなの党!

あと、何の要職につかなかった安住淳とかね。
ないと思うけど・・・・・・・

それにしても、
「聞く耳をもたない」って国民をなんだと思ってるんだ鳩
20年たっても、50年たっても、
鳩の言ってることはポッポーとしか聞こえないだろう・・・・

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »