« キーワードは鳩!<演出家日記> | トップページ | 道の先はいつも »

2010年6月14日 (月)

会社の隣の同期が薦めた時は「DVDでいいや」と思いましたが、
王様のブランチのリリコに薦められたので見ました。

「告白」

生徒に娘を殺された女教師と
その周りの人々の告白

結構期待していきましたが、
まぁまぁ!というのが全体の感想です。

ここからもうネタバレです。

冒頭はすごいよかったです。
松たか子、すごすぎ。
騒いでるのなぜかちゃんと聞いてる生徒の描写、
松たか子一人のセリフで、惹きつけられる映像。
そして、牛乳の中身。

あそこで終わってもいいんじゃないか?

と思ったほどいい出来でしたが、
それ以降が・・・・・・・・

・・・・・だったので、途中で色々考えちゃった。
なぜ、これが日本で受けているのだろう?
とかね。

ストレートな描写で分かりやすいからだろうか?
でも、この映画で描かれている人間の汚さを、
見ている多くは、
「こういうのはいるけど、自分とは違う」
「自分はこんなじゃない」
思いながら見てるんだろうな。
ただ汚さが顕在化されているだけで、
自分たちのことを描かれてるなんて、
思わないんだろうな・・・・

と悲しい気分になったりした。

自分に含まれる汚さを無意識に拒否するのが、
日本の大衆な気がしてるので、
この作品が受けたのがちょっと不思議。

ただ、中盤は、描写を顕在化、単純化しすぎていたので、
「現実のようなファンタジー」になりすぎていたからこそ、
客が「自分は違う」って思いやすく、見やすかったのが、
受けた理由なのかもしれない。

でも、僕はそこが中盤だれた理由な気がしてます。
ウェルテルとかマジで面白かったけど、それ含め、
殺人者の母とか、生徒を含めて、単純化しすぎ。

しかも、「37人の生徒」と書きつつ、実際の描写3人だし・・・・・

もっと単純化、汚さを顕在化せずに、
もっと複雑な人間に、リアルに描いた方が、
気持ち悪さは増すけれど、いい作品だったと思う。
ただ、そこをリアルにしたら、こんなに客受けはしないんだろうけど。

美月役の子、見た目めっちゃ好みだったのに、
そこまで惹き込まれなかったのが残念。

ただ、あれだな、聖書のエピソードで、
僕の名前の由来のエピソードが出てきたのは、
評価できるな。

とか思いながら、もう寝そうだったのですが、
松たか子再登場で、また、いい作品になりました。

それで気がついたのが、
松たか子が一人ですごいってこと。
同時に、松たか子の役だけはそこまで単純化されてないこと。

そうなると、子役たち可哀相だなぁ~となります。

美月役の子とか、殺人者の子達とか、
日本の子役にしては頑張っていたと思うのですが、
あの松たか子の対に置かれたら、陳腐に見えちゃうよ・・・・・

野田さんのオイルからメッチャ好きになった松たか子ですが、
ここまで来たら、すごいねぇ~って感じです。

ハリウッドでリメイクとか、
この話しは、絶対アメリカでは受けないと思うのですが、
リメイクするなら、松さんだけは連れて行ってほしいです。

松に始まり、松に終わる。中盤はなんだったんだ?

そんな映画でした。

|

« キーワードは鳩!<演出家日記> | トップページ | 道の先はいつも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キーワードは鳩!<演出家日記> | トップページ | 道の先はいつも »