« 童話一人劇「あかずきん」始動! | トップページ | 意外な傑作「マッハ2」 »

2010年7月29日 (木)

3Dで見た方が面白かっただろうけど、
3D料金は払う価値はないだろう

「パーシージャクソンと
    オリンポスの神々」

126270415777616126701_2010_cinema_p

原題は、「the lihtning thief」と続編ありそうな副題がついてますが、
日本版は「オリンポスの神々」としてのは、
続編出しても日本では公開しないよ!って訴えでしょうか?

主人公、一瞬ザックに見えますが、ザックじゃない。

そして、ヒロイン

Imagesca2q2b80

かわいくない。
そのわりに対して殺陣がいいわけでもなく、
なんで選ばれたんだ?

ギリシャ神話好きとして、一応見ましたが、
世界観の掘り下げも浅く、
神々の身勝手さは出ていたものの、
話は少年の書いた冒険物な感じな展開。

そして、主人公。
血のせいか、苦労せずに強く、
他人を犠牲にして、
英雄になり、恋人ゲット!

ここからチョイネタバレだけど、

結局、ゼウス全能なんだから、
先生の言うとおり、ゼウスにお願いしにいけばよかった!
というオチでしょうか?

というか、
全能のゼウスは、
三下に大事な武器を奪われてくせに、
パーシーを疑った根拠は何?

そこらへん含めた神々の身勝手さ?

なんだかな、劇場いかなくてよかった作品でした。

|

« 童話一人劇「あかずきん」始動! | トップページ | 意外な傑作「マッハ2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 童話一人劇「あかずきん」始動! | トップページ | 意外な傑作「マッハ2」 »