« 「デストラップ 死の罠」 | トップページ | しごとのえいご »

2010年9月 4日 (土)

本日も、ツタヤの昔の名作特集から

「ジャガーノート」

あらすじ
大西洋上で、豪華客船に爆弾が仕掛けられた!
犯人の名前は、その名も、ジャガーノート!
天候が悪くて、乗客脱出できません!
地上では、犯人捜査頑張ってます。
海軍の爆弾処理班が、飛行機から降下して到着!
犯人は捕まるのか?
爆弾は処理できるのか?
それとも・・・・・

ツタヤさんは、
面白くなかったら返金!
と謳っておりました本作品。

なかなか面白かったです。

爆弾処理はハラハラさせられますからね。
しかも、2個同時に別々のところで処理!がよかった。

爆弾一個だったら、かなりの確率で解体されるだろう!
と思ってハラハラしないけど、
二個同時とか、他にも四個あるとか、
いつ爆発するか分からずにドキドキできますからねぇ~。

最後には心理戦も見られたし、
微妙に人間描写も細かいし、

始めは微妙そうだったけど、
徐々にのめりこんでいきます。

1974年の作品だそうです。
頑張ってます。
ウィキペディアによると、
爆弾処理では定番の「赤の線か青の線か」は、
この作品が先駆けだそうですよ。

この最後の駆け引き。
心理戦のようでいて、論理的な感じがよい。

おすすめです。

|

« 「デストラップ 死の罠」 | トップページ | しごとのえいご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「デストラップ 死の罠」 | トップページ | しごとのえいご »