« 「バイオハザード4 アフターライフ」 | トップページ | 綿矢りさ「勝手にふるえてろ」 »

2010年9月12日 (日)

今日は、小学校の同窓会にいくために、
我が育ちのふるさと、東陽町に行ってきました!

東陽町に駅に着いたら、
そこに住んでいる大学の同期に偶然出会い、ビックリしつつ、
中学は地元でなく国立に行った僕は、
20歳の時に、十人ほどの飲み会に顔を出したきりで、
それ以降、誰に会っていないので、
ほぼ、みんな17年ぶり!

話せるのだろうか?と緊張して会場に向かいました。

案の定、誰が誰か分からず、
分かった所で、何の思い出があるか思い出せず
の状況が続きましたが、

久々の再会に徐々に思い出して楽しめました。
小学校時代の担任も、ご健在でお会いできて、
近況も報告できたし、満足です。

昔仲良く良かった友人は全て来ているわけでもなく、
来ていたとしても、自分も、彼らも変わり、
昔のようなあうんの呼吸の会話ができずにいると、
何か時の経過というか、時のはかなさを感じます。

時は、わずらわしいことも流してくれますが、
心温まる思い出流してしてしまうと思うと、
なんだか寂しい。

常に、今を積み重ねるしかないんだな
と感じさせられます。

と感傷に浸っているというか、
酔っている僕です。

小学の同窓生に、駒場の16号館にいた方がいて、
僕がいた3号館の隣の建物なのですが、
世の中の狭さを感じます。
どこかですれ違っていたのでしょうか?

今日は、色んな人にあってお腹一杯なので、
やることこなして、早めに寝ます。

|

« 「バイオハザード4 アフターライフ」 | トップページ | 綿矢りさ「勝手にふるえてろ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「バイオハザード4 アフターライフ」 | トップページ | 綿矢りさ「勝手にふるえてろ」 »