« ひしほ醤油 | トップページ | いい歳して、オネショ・・・ »

2010年11月11日 (木)

見ました。

オーケストラ!
Le Concert

邦題も原題もシンプルなネーミングです。

お話は、

30年前に指揮者を辞めた男。
掃除人として働いている劇場への依頼を盗み見て、
その楽団に代わって、パリで公演を打とうと、
昔の仲間と頑張って・・・・・

って、これまた、よくありげな話です。

あらすじのわりには、コメディ色は強くありません。

始めの展開が早いのは好感が持てますが、
その後は淡々と進み、そんな面白いわけでもない。

けれど、見終わった後は、大満足です。

音楽系の映画はだいたいそうですが、
最後の音楽で持ってかれますね。

そこまでにイライラさせられるのが多いのも、
音楽系映画の典型ですが、

今回は、イライラはさせられずに普通に見れたし、
本当にいい音楽だったので、満足なのです。

意外に、
ロシアの抑圧の時代や共産主義系の話、
ユダヤ人抑圧などが絡んできて、
そこらへんが面白みを深めた気がした。
もっとここらへん抑圧に理解があれば、
もっと共感できたのかもしれない。

とはいえ、
一番はやはり、
メラニー・ローランmelanie laurent!

Le_concert_16_3

イングロリアス・バスターズのヒロインです!

こんなところで再会できるとは!

イングロリアスの時と同様に、
始めは、「普通にきれいだな」 くらいの印象なのですが、
彼女の魅力にどんどんはまっていき、
途中からは彼女だけを見始め、
見終わった時には、もう見られないと残念な気分になります。

きれいだ!

そして、なにより、

印象的!

最近、好きな女優さんも少なくなってきてますが、
もはや、好きな女優と言ってもいいでしょう。

何に出ているのか?
どれだけ出ているのか?
全然知りませんが、

彼女の出演作を見漁ってみようかなと思います。

普通に面白い映画です。

おすすめです。

|

« ひしほ醤油 | トップページ | いい歳して、オネショ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひしほ醤油 | トップページ | いい歳して、オネショ・・・ »