« 衝突映像流出について | トップページ | ひしほ醤油 »

2010年11月10日 (水)

衝突映像流出について

久々に時事について書こうと思う。

衝突映像流出の犯人、発覚しましたね。

ネットでは英雄視されているとか・・・・・・

僕は、政府関係者なのかなぁ?と勝手に思っていましたが、
海上保安官だと聞いて、悲しくなりました。

海上保安官の身分がどこにあるのか詳しく知らないけど、
一応、国境を守ってるんだから、軍人に準ずるものなのかと思うと、
そこの統率すらしっかりしていないことが怖い。

過去の戦争にそんなに敏感になる必要はないと思うし、
中国に対しても、もっと強気の態度でいいとは思うけど、

文民統制的な意味とか、国防の統率とかを考えると、
海上保安官の犯行って事実が、なんか怖い。

「国民が知るべき」って思うのは勝手だけど、
国民から選ばれてるわけでもない人間が、
国防・外交に関わることを、しかも、職務上知りえたことを、
公表するのはどうなんだ?
と思ってしまう。

とはいえ、
船長釈放の判断を地検のせいにしてる政府とか、
機密であるはずの映像の情報管理とか、
お粗末なのは確かだし、イライラもしますがね。

でも、そこで手をあげていいのは、
海上保安官ではなくて、
まずは、他の政治家がちゃんとすべきなんじゃないかと思う。
政府内・与党内も含めて。

最近、テレビをあまり見てないせいか、
政治の動きがよく見えませんが、
「みんなの党」の影も薄いし、
相変わらず、政府の国家像が見えないし・・・・・・

だんだんと関心すらなくなっているので、
今は、自分の目の前のことに集中していきたいと思う。

|

« 衝突映像流出について | トップページ | ひしほ醤油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衝突映像流出について | トップページ | ひしほ醤油 »