« 「ソウ ザ・ファイナル」 | トップページ | 「ターミネーター3」 »

2010年11月 7日 (日)

「獣の奏者 外伝 刹那」

先日、本屋で偶然見つけて買いました。

獣の奏者 外伝 刹那

大好きな「獣の奏者」。
その続編が出てるなんて、全然知らなかった!
だから、見つけた時は、うれしくてうれしくて!

また、エリンで会える!イアルに会える!
そして、リランに会える

どきどきしてました。

結局、リランには出会えなかったのが残念です。
外伝というだけあって、物語が惹きつける魅力は、
本編に比べればだいぶ弱いですが、

もはや、この世界が大好きになっている僕にとっては、
十分に楽しめるお話です。

そして、いつも描かれる不条理にもがく人間像

どうしようもない現実が立ちふさがり、
それでも、それに抗おうと生きていく。
それが幸せなのはわからないけれど、
ただの愚かな行動なのもかもしれないけれど、
確かに生きている。

上橋作品は、今回も、そこはちゃんと描いていてくれて、
うれしく、そして、楽しかったです。

最近は、なぜか、面白いと思うことがあまりない僕ですが、
やはり、こういう「不条理の中のもがき」が好きなんだな
と思います。

自分の人生も、簡単に納得せずに、
もがいてもがいて、納得する人生を歩んでいきたいです。

|

« 「ソウ ザ・ファイナル」 | トップページ | 「ターミネーター3」 »

コメント

はじめまして、YO-SHIといいます。読書ブログやってます。

この本を、先日読み終わったところです。
魅力的な物語でしたね。
私は、人生も半ばを過ぎたかな、と思う年齢なので、直撃でした。

投稿: YO-SHI | 2010年11月16日 (火) 15時31分

YO-SHIさん、
コメントありがとうございます。

この本は、どの世代も楽しめますよね!
5年後とか10年後に、もう一度読み直してみたいです。

きっと感じ方は、全然違うはずですからね。

投稿: いちよう | 2010年11月16日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ソウ ザ・ファイナル」 | トップページ | 「ターミネーター3」 »