« Gaba日記 | トップページ | BLEACH 48巻 »

2010年12月 4日 (土)

この前見た映画雑誌に、

明暗を分けた映画として、
「17歳のカルテ」がのっていた。

これ以降、アンジーは伸び、
これ以降、ウィノーナは下がっていった
。と。

確かにその通りである。
これを読んでる時、
あれ、見たっけ?
と思ったので、借りて見てみた。

「17歳のカルテ」
Girls, Interrupted

見ているうちに、見たことあることに気が付く。
見た記憶は全くありませんでしたが、
見てないわけないのです。

僕、ずっと、ウィノーナ・ライダーの大ファンでした。
中1くらいから二十歳くらいまで。
今好きな女優さんといえば、石原さとみとか夏帆とか、
ズーイデシャネルとかですが、
初めて熱中した女優さんがウィノーナでした。

彼女出演の「若草物語」とかは、
クレアデーンズも出てて大好きだし、
「ナイト・オン・ザ・プラネッツ」も絵がまだ目に浮かぶ。
この作品がすごいいいってのはなかったけど、
出演作通して面白く、輝いていた気がする。

最近、出演も少ないので、あまり見てなかったのですが、
久々に見て感動。

大好きだったころの感情を思い出し、
昔大好きだった人を見る感覚。

好きだったという感覚なしにしても、
やはり、きれいだし、スタイルいいし、
演技も、醸し出す空気もいいし。

なんでこんな素晴らしい役者さんが、
下降線を下って行ってしまったのだろう

と残念になる。

子役からやり続けて、心が疲れてしまったのか?
ハリウッドの人間関係が原因で干されたのか?

彼女の後に、伸びたといえば、アンジーはもちろんのこと、
かぶるのは、キーラナイトレイなんですが、

キーラナイトレイも嫌いじゃないけど、
揺らぎの演技とかウィノーナの方が好きです。

ウィノーナを好きだった、と書きましたが、
久々にこの映画見て、今でも大好きなだなって思います。
また、メジャーに戻ってきてほしいです。

映画自体は、
見た記憶がなくなっていたくせに、
かなりいい映画でした。

ウィノーナ・アンジー・ウーピーはもちろん、
脇役の人たちも含めて、いい演技で、
それだけで、映画に魅入れるし、

内容も、異常を通してみた正常な感じで、
きれいに現実を描いていて、好きでした。

暇があれば、近いうちにまた見たいです。
っていうか、時間ある時に、
ウィノーナの出演作を見直そうかなと思います。

|

« Gaba日記 | トップページ | BLEACH 48巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gaba日記 | トップページ | BLEACH 48巻 »